CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
なんやかんや。

 

 金曜日。

 

 

 サクサクと。今日こそは。

 

 

 昨日に書き過ぎてますし。

 

 

 「報告」「確認」「案内」とかを。

 

 

 いきましょ。

 

 

 

 「Reggae Boom」。いや、別にブームになっていないです。FREDDIE McGREGOR船長の新曲のタイトルです。今週に「来月にリリースするから出航準備しろ」と電話頂きました。

 

 

 

 

 「Reggae Boom」は、DAVID RODIGAN先生のUK/BBC 1Xtraの番組最新回のド頭でオン・エアされました。日本からも試聴できるので確認下さい。

 

 

 BBC Radio 1Xtra

 LINK

 

 

 で、聴いての通り、「THE JAMAICANSの『Ba Ba Boom』のリメイクっぼくない?」は正解です。TOMY COWANが在籍した同コーラス・グループの、〈TREASURE ISLE〉からだったハズ、ロック・ステディ賛歌を船長はレゲエ賛歌に再生しています。

 

 

 プロデュースは船長とCLEVIE BROWN〈STEELY & CLEVIE〉で、昨年に二人が中心となって制作した船長最新作『TRUE TO MY ROOTS』の延長線上にある曲と言えると思います。

 

 

 TRUE TO MY ROOTS

 LINK

 

 

 発売の詳細は改めますが、是非お楽しみに。船長は同曲をリリースして今夏のUS&EUツアーに突入予定です。

 

 

 

 戻って、DAVID RODIGAN先生の番組で、その「Reggae Boom」に続けてオン・エアされたのはESTELLE & TARRUS RILEY「Love Like Ours」。火曜日のココで紹介した新曲。こちらも試聴してみて。

 

 

 

 

 ええ、昨晩のWREP「MIGHTY CROWN - REGGAE Mi REGGAE」内のSAMI-Tの最新MIXでもオン・エアされていた曲。

 

 

 で、同曲はVP RECORDSからの発売予定曲で『REGGAE GOLD 2017』収録決定曲。

 

 

 で、『REGGAE GOLD 2017』は今週に発売日、全ての収録曲・内容が決定。来週の月曜日に正式発表予定。お楽しみに。

 

 

 で、その前にリリースされる兄弟シリーズ『SOCA GOLD 2017』も是非ヨロシク。US6/23発売予定。

 

 

 SOCA GOLD 2017

 LINK

 

 

 

 あと、DAVID RODIGAN先生のラジオで思い出した、と言うか、忘れてないよ、は、「MUSICOLOGY」。

 

 

 コチラは日本の番組で、東京・J-WAVEの番組で、明日土曜日が放送日。

 

 

 MUSICOLOGY

 LINK

 

 

 ええ、先週の「前編」に続いて、明日に「後編」が放送予定。

 

 

 テーマは引き続き「BOB MARLEY」。引き続きMCのグローバーさんと、SAMI-Tと自分でトーク。

 

 

 収録の際も「前編」→「後編」と録音しましたけど、「前編」で「こーゆー感じ」を把握した感じと言うか、「アーリー」で温まった感じで、「後編」で「よーし」となった感じ。

 

 

 良かったら是非。ラジコとかで是非。エリア・フリーも是非。タイム・フリーも是非。まだタイム・フリーで「前編」も聴けるかも。ヨロシクです。

 

 

 

 あと、コレは昨日に発表された件。ええ、RYO the SKYWALKERが新作を8月2日にリリースするコトを正式発表してました。

 

 

 

 BUSH HUNTER

 LINK

 

 まっ、「洋楽」も、MORGAN HERITAGEの新作が出たばっかで、ココから来月末にはCHRONIXX、7月にはDAMAIN MARLEYと新作が続きますけど、「邦楽」も、7月の頭から、JUMBO MAATCHの初ソロ作、FIRE BALL、コレは20周年記念作になるのかな、で、RYO the SKYWALKERも、と今年・今夏は楽しみが色々。

 

 

 で、そのRYO the SKYWALKERの新作には昨年にVP RECORDSから世界発売した「Vinyl Days - Dancehall Teach Me Everything」も収録決定。昨年の時点では配信と限定7インチでのリリースでしたので今回で初CD化。

 

 

 Vinyl Days

 LINK

 

 

 で、その7インチに関して、現在も「在庫は?」のお問い合わせありますけど、ウチの分はゼロ・完売。特製ジャケット&カラー・ヴァイナルだったりだったので、再追加予定もナシです。スイマセン。他店とかの在庫を検索してみて下さい。

 

 

 

 

 あと、「在庫」と言えば、現在のウチの通販商品もワサワサしていたりします。Tシャツとかはサイズ切れとかも出てきています。

 

 

 通販

 LINK

 

 

 で、Tシャツと言えば、昨晩にUKツアー中のCHRONIXXのマネージャーから「送ってもらったRTME x OutDehのTシャツを着てCHRONIXXが昨晩にショーやったよ」の報告有。「写真とかないの?」と確認中。

 

 

 RTME x OutDeh

 LINK

 

 

 ええ、同コラボ・TシャツはEUでも今後に発売開始予定。UK / フランス / スペインとかで。それに向けて再生産も予定はしていて、現在にウチで欠品しているサイズとかも追加する予定ですけど、まだ未確定。

 

 

 

 ああ、それとCHRONIXXと言えば、今月頭にNYで撮影・公開されていた「アコースティック・セッション動画」を紹介するのを忘れていました。GW期間だったよ。

 

 

 曲は新作『CHRONOLOGY』収録決定&先行配信開始中の「Majesty」と、もう代表曲と良いかもしれない「Spanish Town Rockin」。是非確認して。

 

 

 

 Majesty - Accoustic

 LINK

 

 Spanish Town Rockin - Accoustic

 LINK

 

 

 CHRONOLOGY

 LINK

 

 

 

 えー、以上にします。今日は。もう少しサクサクと言うか、上手く単的に書けたハズ&書けるべき。

 

 

 昨日も「伝える、って難しいね」&「言葉をたくさん使い過ぎて、逆に伝わらなくなるな」。

 

 

 なんかスイマセン。

 

 

 ヘタクソで。

 

 

 

 えー、今週もありがとうございました。

 

 

 来週もヨロシクお願いします。

 

 

 良い週末を。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ご報告。

 

 木曜日。

 

 

 早っ。

 

 

 いや、確かに「もう木曜日?」ですけど、届くのが。

 

 

 ええ、昨日に「公開」と公開した画像です。

 

 

 

 

 

 ええ、コレはステッカーです。

 

 

 ホントは「金曜日に届くよ」とマイ・デザイナーのMORROWから聞いてました。

 

 

 で、楽しみにしていたものが「早っ」でしたので、「わーい!!」となってしまいまして、ちゃんと事前に予告とかしないまま、あと、浮かれてちゃんと説明とかしないまま「公開」したコトを少し後悔してます。

 

 

 ええ、「何コレ??」となった皆さんも多いハズですし、何ヶ月も掛けてコツコツとやってきたものをよーやく「公開」するにしては「雑過ぎたな」と後悔しました。「伝わらないよ」と。

 

 

 で、以下の通りです。意味と理由と目的は。

 

 

 今年はウチのクライアントであるGREENSLEEVESの設立40周年の記念年です。

 

 

 

 

 GREENSLEEVESに関しては改めてコチラを確認ください。

 

 

 Riddim Online

 LINK

 

 

 現在GREENSLEEVESVP RECORDS内のレーベルとして活動中です。

 

 

 VP RECORDSはウチのクライアントなのでGREENSLEEVESもウチのクライアントになっています。

 

 

 

 

 で、昨年末にVP RECORDSの会議で「来年2017年はGREENSLEEVESの40周年を盛り上げよう」「再度広くにその存在と歴史、伝えてきた音楽、保有している膨大なカタログを伝えよう」と決まって、「はーい」&「わーい」と。ええ、個人的にはもともとVP RECORDSよりGREENSLEEVESに愛着を持ってましたから。内緒ね。いんふぉーまー・ふぃ・でっど。

 

 

 で、そうした展開の「告知に使えるモノ」と色々と素材を提供されるんですけど、どれも自分からすると「見たコトある」「過去のモノ」ばかりだな、と。

 

 

 勿論、それはそれで大切なモノですし、その歴史を感じてもらったりするのには効果的なモノなんですけど、自分みたいなオッサン仲間達だけがそうやって「見たコトある」「知ってる」「懐かしー」となって、それで完結しちゃうかもなぁ、とも。

 

 

 ええ、確かに70&80年代を中心としたものもドーンで、そうしたイメージも強いですけど、90年代ダンスホールとかもドーンですし、00年代のそれこそ〈DIWALI〉とかもドーンですし、現在もGREENSLEEVESが活動を継続している中で、もっとそうしたイメージとかを若い人達と言うか、それを知らない人達に届けないとダメかな、と。仮に古い音源でも知った時は新譜・新曲ですし。ブランニューですし、その人にとっては。

 

 

 あと、「見たコトあるものばっか」だと、それを知っててくれているオッサン仲間達からしてもそれ以上でもそれ以下でもない感じと言うか、なんか「フレッシュ」ではないかな、と。「で?」&「それで?」となるしかないかな、と。

 

 

 そもそも「40周年」ってオッサン仲間達には「もう?」ぐらいだったりで、ユーツ達には「俺達関係ねぇっす」だったりもするかなぁ、と。そのままにそのまましているだけでは、特に「40周年です」と言っても受け入れてもらえない感じかな、で、なんか難しいな、と。

 

 

 で、春先の会議で「なんかオッサン仲間達にも、ユーツ達にもフレッシュで、見たコトなくて、今回の周年に合わせて提示・提案できる新しい素材とかないですか?」と伝えたりしましたけど、なんかイマイチだな、で、内緒な、ウチとして欲しいモノは見つからない感じに。内緒な。

 

 

 で、「無いなら作ろか」と。

 

 

 で、色々と検討して企画したのが、今回のコラボのイラストです。

 

 

 ええ、イラストを依頼したのはTONY McDERMOTT。とにー・まくだーもっと。GREENSLEEVESはレーベルのスタート時からアートワークが秀逸だったコトで知られますけど、その多くを手掛けてきたのがTONY先生。UKのレーベルでUKのイラストレーターがジャマイカのレゲエ作品のアートワークを描き続けてきたコトで、そのアートワークもGREENSLEEVESだけではなく、レゲエの歴史、そのカルチャーの一部として世界で認識されている感じ。

 

 

 

 

 で、TONY先生に依頼したのは「コレを描いてください」。

 

 

 

 

 ええ、今回の40周年の告知用としてGREENSLEEVESが公式に使用している写真。GREENSLEEVESのUKのレコード店、元々のオリジナルの店の外観を撮影した写真。「見たコトある」「知ってる」多数のハズ。今回の40周年告知で「見た」「知った」も多数のハズ。

 

 

 ええ、「GREENSLEEVESのオリジナル・アートワークを手掛けてきたTONY先生に、GREENSLEEVESのオリジナル店舗・オリジナル写真を現在に新たに描いて頂く」、「GREENSLEEVESの歴史の中の人がGREENSLEEVESの歴史を描いて頂く、40周年に、新たに」と依頼させて頂きました。

 

 

 まっ、それによって、イラストに「オリジナル」「歴史」、なんて言うか「物語」としての「リアリティ」を与えるコトになるのではないかな、と。誰が描いても良いってもんではないですし、何を描いても良いってもんでもないでしょ、と。

 

 

 で、それによって、「見たコトはあるけど見たコトはないモノ」になるでしょ、と。「現在に描くコトで、新しく描くコトで、現在の空気感も含んだフレッシュなモノ」になるでしょ、と。「オッサン仲間達〜ユーツ達にとってフェアなモノ」になるでしょ、と。

 

 

 あと、こうした「リメイクみたいなコトはレゲエのカルチャーの一部でしょ」と。現在も〈STUDIO ONE〉〈TRASURE ISLE〉のリディムはオリジナルだけではなく、そのリメイクも作られ続けて、時代を超えて受け継がれていますし、それによって世代も飛び越えて愛されたりしているでしょ、と。それもレゲエ・レーベルならやれるし、レゲエ・ファンには理解できるでしょ、と。レゲエのやり方として。

 

 

 ああ、もう〈DIWALI〉もリメイクされる時代にビックラしていますけど。「昨日」とは言わないですけど、「こないだでしょ」ぐらいなんですけど。

 

 

 ええ、そうしたリメイクみたいなコトも含ませるコトで、GREENSLEEVESの昔からのイメージはそのままに、それは残しつつ、新たなものとして再生したら良いかもな、と。終わったレーベルではありませんし。ココからも続きますし。ココで一度リフレッシュさせてみると伝わるイメージもリフレッシュできる、リ・ニューできるかな、と。

 

 

 

 

 以上です。このイラストの説明は。作って意味と理由と目的は。全体としての「物語」は。

 

 

 全部想像と妄想ですけど。

 

 

 で、こうしたウチの「物語」に賛同してくれて、協力頂いたTONY先生GREENSLEEVESに感謝しています。

 

 

 まっ、交渉の際には「皆さんの告知にもなるんです」と思ったのも事実ですけど、そんなのは生意気です。思い上がりです。そう依頼させて頂いて、と言うか、頂けるコトに感謝しています。長年のGREENSLEEVESのファンの一人としても。正直全てが合意された時には「良いの?」でしたし。

 

 

 ええ、あと「良いの?」と思ったのは、届いたイラストにウチのロゴとか描いてくれているのを見つけた時も。TONY先生からは「コレで誰がこのイラストを自分に描かせてくれたかハッキリする」「自分のイラストだし、GREENSLEEVESのイラストだけど、君達のイラストなんだから」とメールで説明されて、PCに向かって深々と頭を下げる感じに。

 

 

 

 

 あと、「こんな機会を与えてくれて感謝しているよ」には「こちらの台詞と気持ちです」と。

 

 

 以上です。余談は。

 

 

 で、このイラストを一つのアイコンとして、ココからGREENSLEEVES40周年のプロモーションとか開始していく予定です。ステッカーやポストカードとか配布します。どっかに貼ったり、誰かに手紙書いたりして、より多くの人達に見せるのに協力ください。「何コレ?」と聞かれたら説明してあげてください。

 

 

 あと、多分Tシャツとかも作ります。それも実現したら着てください。インナーとかにしないでください。「見せて」です。

 

 

 ええ、最終的にはこうした展開を通じて「聴いてみよ」にしたいです。GREENSLEEVESの音源を聴いてもらいたいです。素晴らしい楽曲が大量にありますから。多くの皆さんにとってのブランニューは大量にあるハズですし。自分もそうですし。それは楽しいですし。

 

 

 

 

 どーか、サポートください、と言うか、こーしたなんやかんやをシェアしてください。みんなで色々とシェアして伝えて、みんなに伝えて、みんなで受け継いでいければと思います。

 

 

 ええ、昨日も「レゲエ作品を紹介するにはどの媒体が効果的ですか?」と関係筋からご質問ありましたけど、レゲエに関しては「えっ?、みんなでしょ?、媒体は、好きな連中で伝え合って広がっていくんじゃないの?」と思ってたりもします、どっかで、ホントは、本音は。自分もそうですし。以前も現在も。仲間からの「アレ聴いた?」ですし。

 

 

 ヨロシクお願いします。

 

 

 「早っ」と書いたのも遠い昔。

 

 

 「長っ」が現在。

 

 

 失礼しました。

 

 

 また明日。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
公開。

 

 水曜日。

 

 

 公開。

 

 

 GREENSLEEVES。

 

 

 祝40周年。

 

 

 特別コラボ。

 

 

 24x7 RECORDS x GREENSLEEVES x TONY McDERMOTT

 

 

 

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| - | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
『募集』『要注目曲』〜『日記』まで。

 

 火曜日。

 

 

 サクサクと。

 

 

 今日はサクサクと「ご報告」「ご案内」していきます。

 

 

 「募集」ー。昨日にBULBY YORKの新曲、最新プロデュース曲、配信開始曲、VYBZ KARTEL, LOLA MONROE & CANDY GLOSTER「Can’t Dweet Like We」を紹介しました。改めて以下から試聴下さい。

 

 

 Can't Dweet Like We

 LINK

 

 

 で、BULBYから「同曲に合わせて踊っている動画を募集しています」とのコトです。世界各地を周っているBULBYですけど、世界各地でそうした動画を撮影して、それらを楽曲のプロモーションに使用したいそうです。ですけど、今回の日本滞在中には時間がなくて撮れなかったので、「告知して」とのコトです。

 

 

 フルでなくてもいいみたいです。「20秒ぐらいでもいい」みたいです。ダンサーの皆さんでもいいですけど、そうでない方でも、一人でなくても仲間とかでもいいみたいです。「女子がイメージに合う」とは言ってます。

 

 

 「だったら」の皆さんは是非。ウチ宛に送って頂いたら、BULBYに送るようにします。こうした時代ですので、それからどうなるかはもしかしたら面白いかもしれません。ヨロシクお願いします。

 

 

 

 「要注目曲」ー。先週末にNY / SohoのAPPLE、スマホ/PCとかでアレなAPPLE、先週にクラッシュしたウチの事務所のメインPCもAPPLE、で、ESTELLEがイヴェントを開催しました。VP RECORDSの仕切りで。

 

 

 

 

 で、ESTELLEと言えば、説明不要の女性人気R&Bシンガーです。SEAN PAUL、GYPTIANとかとのコラボでも知られていて、VP RECORDSとも関係はありますけど、これまではメジャー、ATLANTICを主戦場に世界で活躍してきているスターです。自分も08年の『SHINE』、12年の『ALL OF ME』はどちらも好物で、かなり好きなシンガーの一人です。

 

 

 

 

 

 SEAN PAUL & ESTELLE

 Come Over

 LINK

 

 GYPTIAN & ESTELLE

 Majestic Love

 LINK

 

 

 そのESTELLEが「なーんでVP RECORDSの仕切りでイヴェントを?」ですけど、その先週末のイヴェントでESTELLEが正式に発表しました。新曲「Love Like Ours」を。その新曲がTARRUS RILEYとのコンビネーション曲となっているコトを。それがVP RECORDSの制作で、BLACK CHINEYのSUPA DUPSのプロデュースでフロリダで制作されたコトを。

 

 

 

 

 で、事前に聴かせて頂いてますけど、「メローだね」「気持ちいいね」でして、是非注目&リマインドして頂きたいと思います。「この曲のためだけにTARRUSと横浜レゲエ祭に来て欲しいな」ですけど、それはないと思います。で、既に一部でアレされていますけど、正式にまた試聴とか色々とアレさせて頂きたいと思います。

 

 

 で、同曲はVP RECORDS『REGGAE GOLD 2017』への収録も決定・発表されています。『REGGAE GOLD 2017』の発売発表はまだされていない、近日に発表予定、ですが、同曲はその目玉曲の一つとして収録決定です。是非ヨロシクです。

 

 


 「決定」ー。で、『REGGAE GOLD 2017』と言えば、この曲も収録が決定しています。またそれ以前に、6月9日にシングルとして先行配信されるコトも決定しました。

 

 

 ああ、ROMAIN VIRGO「Now」です。UK/EU拠点のMAXIMUM SOUNDSプロデュース、SKANK & RAVEリディムの新曲です。

 

 

 

 

 こちらもアレされていますので、正式なアレの前に検索・試聴してみて下さい。頭から聴いていると「ROMAIN?」「なんか歌い方変わった?」ですけど、途中から一気にあの歌い込む、と言いますか、ソウルを注入した歌声に展開して行く感じで、「ROMAINだね」とグッとさせられます。

 

 

 で、ROMAIN VIRGOはおそらく年内に、やっと、よーやく、遂に、多分、新作をリリースする予定です。もう決まってからにします。

 

 

 

 「好調」ー。そうそう、戻って、先週末のNYのAPPLEと言えば、ESTELLEとは違う場所、BrooklynのAPPLEでCHRISTOPHER MARTINのイヴェントも開催されました。ESTELLEと同様にAPPLEを通じて動画配信されていたみたいです。

 

 

 

 

 で、CHRISTOPHER MARTINがこのタイミングにそうした特別なコトをやる、そのためにNYにやって来るのも、USで人気が上昇しているからです。先週にも2月発売・本格世界進出作・デビュー作『BIG DEAL』がUSで再浮上して、Billboard他のチャートで上位に再び食い込んで来ている、みたいなコトをアレしましたけど、確実・着実にその歌声は拡散されています。

 

 

 BIG DEAL

 LINK

 

 

 で、それに合わせて、同作収録曲「Magic」オフィシャル・ビデオも先週に公開されたのと、そのオフィシャル・ビデオが「短編映画」仕様と力が入ったものになっている感じです。

 

 

 Magic

 Official Video / Short Film

 LINK

 

 

 まっ、一部のUSメディアを見ていると「レゲエのR KELLY」とか書かれていて、「確かにセクシーなチューンは多いけど、そこまでエロではないでしょ」「少なくとももっとユーツでアイドルっぽいよ」とR KELLYよりもエロいかもしれなくて、でも、確実にモテなくて、ただ確実にR KELLYの方が同世代のオッサンが突っ込んでましたけど、いずれにしても現地の女子がキャーキャー言う感じになってきています。

 

 

 

 

 で、まぁ、「日本でももっと知ってもらいたなぁ」でして、チトそれにつながる企画も動いています。正しくは動いて頂いてます。また報告しますけど、とりあえずCHRISTOPHER MARTINを是非ヨロシク、『BIG DEAL』をヨロシク、「Magic」もヨロシクで、そうだ、「Magic」も多分『REGGAE GOLD 2017』に収録されるよ、でした。

 

 

 

 「掲載」ーQUEEN IFRICA『CLIMB』『MUSIC MAGAZINE』最新号で紹介頂いています。レヴュー頂いたのは鈴木孝弥さん。ありがとうございます。

 

 

 CLIMB

 LINK

 


 で、書かれている「ジャマイカ臭濃厚」はその通りで、それが何よりの魅力だと思います。個人的にはその濃度・純度の高さに惹かれます。

 


 あと、直球主体で、時に暴言と言うか、暴投も上等な荒れ球の投手みたいなイメージですけど、実は直球だけでなく変化球も得意で、実は暴投と思ってた球もストライク・ゾーンのど真ん中過ぎてビックラしただけだったりして、実はものすごく信頼できる投手だったりします。

 


 で、8年ぶりとなるこの新作、登板でもしっかりとゲームを作るどころか、緩急自在な全17曲で見事に完封勝利をしている感じです。ETANA、JAH9とか若手・後輩の活躍も目覚ましいですけど、ジャマイカのレゲエ女性チームの中心的存在としてもっと知ってもらいたいです。もう少し登板間隔が短いといいな、とは思います。

 

 

 

 

 ああ、何で野球で例えているのかはよくわかりません。多分、交流戦の日程を確認していたからだと思います。「ヤクルト vs 楽天」に行きたいです。

 

 

 スイマセンでした。

 

 

 で、掲載されている『MUSIC MAGAZINE』に関して、なんか色々とワサワサしています。SNSとかで。巻頭の「日本のヒップ・ホップ・アルバム・ベスト100特集」に対して色々とワサワサしている感じです。

 

 

 まっ、個人的にもその特集を確認しつつ、「そうなんだ?」「そうなの?」と偏りを感じたのは事実で、ファン&関係者の皆さんがワサワサするのも想像できましたけど、同時に「こーした特集ができるぐらい作品・歴史が存在しているんだな」とも。そのやり方はソレとして。あと、「ワサワサされるコトも見越しての企画」とも。

 

 

 とかウダウダ思いつつ、昨晩にジャマイカから来日と言うか、帰国しているYUMI-HI POWERさんと、JUNさんにサクっと会いに。自分がウダウダ思っていたコトがホントにウダウダだったと思わせてくれるぐらい豪快・豪傑なアマゾネスに圧倒されました(失礼)。

 

 

 

 

 と、ココは「日記」でした。

 

 

 

 と、以上です。今日は。

 

 

 と、「サクサク」のつもりが長かったか。今日も。

 

 

 なんかスイマセン。

 

 

 また明日。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
日記。

 

 月曜日。

 

 

 今週もヨロシクお願いします。

 

 

 なんか色々と。

 

 

 先週末からなんやかんや。

 

 

 今日は「日記」。自分の記憶の整理整頓のためにも。

 

 

 なので、「読まなくていい」です。

 

 

 ココでアレな皆さんは「また明日」。

 

 

 ココでアレしない皆さんは「自己責任」。

 

 

 後から「長い」「ダラダラ」「くだらない」「知らんがな」等、文句・クレームはナシで。確認済。

 

 

 


 金曜日。夕方に連絡をくれたのはBULBY YORK。「今夜来ない?」。

 

 

 

 

 プロデューサー&エンジニア。昨年に自身のプロデュース作『EPIC & TING』をVP RECORDS / GREENSLEEVESからもリリース、あと、MAXI PRIEST『EASY TO LOVE』のプロデュースとVP RECORDSからのリリースにも参加・貢献している人。

 

 

 EPIC & TING

 作品LINK

 

 

 EASY TO LOVE

 作品LINK

 

 

 それと最新プロデュース曲「VYBZ KARTEL, LOLA MONROE & CANDY GLOSTER / Can't Dweet Like We」をVPALから配信リリースしたばかりの人。

 

 

 Can't Dweet Like We

 試聴LINK

 

 

 あと、90年代からジャマイカのMIXING LABスタジオを拠点に、〈FAT EYES〉のプロデューサーとして活躍している人。FATなFATTA+ギョロ目なBULBYのコンビ=FAT EYES。自分が知り合ったのもその頃。BOOGIE MANのジャマイカ・レコーディングの時。

 

 

 

 

 聞けば、「MICHAEL FRANTI&SPEARHEADSのエンジニアとして来日している」「今夜に渋谷DUOで単独公演」「来いよ」「会おうぜ」。

 

 

 MICHAEL FRANTIはUSのサンフランシスコを拠点に世界的に活躍するヴェテラン・アーティスト。様々な音楽を取り入れて独自の音楽、そして強いメッセージ性を持った音楽で人気を集めているヴェテランのスター。

 

 

 「レゲエ・アーティスト」ではないけど、最近もSTEPHEN ‘DI GENIUS’ McGREGORBLACK CHINEYSUPA DUPSと一緒にフロリダで楽曲制作していたりして、「こっち側」の人のイメージ。

 

 

 ちゃんと観たコトなかったのでBULBYからの誘いには「喜んで」。あと、ちゃんと観ようと思っていた彼らの来日の主たる目的の翌日土曜日のGREENROOM FESTIVALのチケットが取れなかったので、「ラッキー」&「単独公演があるのは知らなかったのは内緒」。

 

 

 

 

 なので、金曜日の夜は渋谷DUOでライヴに参加。「なるほど、こういうライヴをやる人なんだ」「音源だけではわからなかった」の後に、BULBYとリンク&再会。

 

 

 

 BULBYとは「久しぶり〜」&「呼んでくれてありがとう」から、「BOOGIE MANは元気にしてる?」&「してるよ」とか、「ねぇ、VYBZ KARTELの曲ってどうやって録音してる?」&「いや、マジでiPhoneで。ジャマイカあるある」とかワイワイ。

 

 

 で、ワイワイしてたら、MICHAEL FRANTIさんも会話に参加してくれて、「STEPHENが言っていた『コージ』って君?、もっと若い人だと思ってたよ」とガハハ。

 

 

 

 

 二人から「明日も来るでしょ?」と言われるも、「いや、明日のGREENROOMのチケットは取れなかった」「完売で当日券発売予定もナシとサイトに出てました」と言うと、「自分達からプロモーターに言ってあげるから大丈夫」で「マジですかー!?」とウシシ。

 

 

 そしたら、BULBYが「そうだ、RTME & OutDehのTシャツが欲しいから、そのチケットの代わりにちょーだい&持ってきて」。「どーしてTシャツのコトとか知ってるの?」には「SNSで見た」。

 

 

 RTME & OutDeh

 LINK

 

 

 

 で、渋谷DUOを後にして、自分と同じようにBULBYと旧友で、自分とスレ違いでBULBYとリンクしていたMIGHTY CROWN一家の女将、小松さんに「こっちも無事BULBYに会えたよ」と連絡したら、「それは良かった」&「それよりどうもFRANKIE PAULが亡くなったみたい」&「SNSとかで訃報が拡散されている」と聞いて、少し浮かれていた気持ちがドーンと落下。急降下。

 

 

 

 

 ずっと具合が悪いコト、片足を切断したコト、色々と心配&不安な状態にいたコトは知っていたけど、突然の訃報はショック大。自分が想像していたよりも「えっ・・?」で「えーーーっ!?」。

 

 

 会ったコト、観たコト、勿論聴いてきた作品とかが頭の中でグルグルし過ぎてクルクルパーになりそうになったけど、落ち着いたタイミングで思ったのは、勿論「マジか・・」&「悲しい・・」&「残念・・」もありましたけど、それ以上に、それ以前に思ったのは「ありがとう」。

 

 

 ホントにたくさんの、たくさん過ぎるぐらいの歌声、曲、作品、思い出、景色を遺してくれた人。個人的ななんやかんやもたくさん。自分の中の一部。自分の中の「レゲエ」にしっかりと刻まれている人。すぐに「R.I.P.」ではなく、それを確かめた感じ。それに「ありがとう」な気持ち。それしか思わなかった感じ。

 

 

 ココからもしかしたらその聴こえ方が変わるかもしれない。でも、ずっと聴いていきます。その「素晴らしさ」を理解できたみたいに、また何かを理解できるコト、何かを気付かさせてくれるコト、そうしたものも楽しみにして聴いていきます。ありがとう。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 土曜日。横浜に。GREENROOM FESTIVALに。BULBY & MICHAEL FRANTIさんのおかげで無事入場させて頂いて、「スイマセン」&「感謝します」。

 

 

 会場ではオーバーヒートの石井さん、あと、「チケット取れなーい」と自分がワーワー言ってた時にワサワサしてくれたイチロー君近藤さんとかの仲間達ともリンク&「良かったね」と。

 

 

 あと、偶然会えた小野さんからは「SEAN PAULのATLANTIC / VP RECORDS所属時代のベスト・アルバムがWARNER / RHINOから今夏にリリース、日本盤もリリースされるんだってぃえ」と聞いて、「それは良い話だってぃえ」。

 

 

 で、BULBYが「PA卓のところに居る」と連絡されて再リンク。「入れてくれてありがとう」&「Tシャツ持ってきてくれてありがとう」とお互いに。

 

 

 

 

 そのままBULBYが臨時でエンジニアを務めるコトになった、正直「この人達を観たくてチケットが取りたかったんだよ」だったSOJAのライヴを観るコトに。USのレゲエ・バンドで、USではレゲエを超えた大人気バンドで、その存在の大きさは日本ではきっと想像以上。グラミーにも複数回「REGGAE BEST ALBUM」でノミネートされている人達。

 

 

 

 

 で、最初は「えっ?」。「日本人の前での初ライヴで緊張してる?」「時差ボケとかで喰らってる?」と、その素晴らし過ぎる音源、アルバムとかとの「差」に「大丈夫か!?」。一緒に観ていたイチロー君とも「違い過ぎますよね・・」と不安に。

 

 

 でも、中盤からは「あー、エナジー入ってきた」「良かった」で、「もう少し聴きたいな」で45分ぐらいのショーは終了。MCで「新作も用意している」とか言っていたので、それと一緒にもう一度来日して欲しいところ。

 

 

 で、そのまま最後まで色々と観せて頂くコトに。日本人アーティストも色々と。素晴らしかったのはCHARA。ずっと苦手だと思っていた彼女の歌声の素晴らしさ、その存在感の大きさにビックラ。バックのバンドの演奏とアレンジが秀逸。

 

 

 その自分の反省と感想を確認しつつ、「FRANKIE PAULの歌声が苦手」と言っていたあの人がもうそれを生で聴いて、そのイメージを変えることはできないのか、とか思っていたら、スマホが続々とブルブル。「聴いたよ」と仲間達からの連絡が連続。

 

 

 ええ、J-WAVE「MUSICOLOGY」を聴いてくれた仲間達からの連絡。MIGHTY CROWNSAMI-Tと一緒に参加して「BOB MARLEY」をテーマにトークしたりした番組。その一週目「前編」が放送されてました。

 

 

 MUSICOLOGY

 LINK

 

 

 自分はオン・タイムで聞けなかったので、事前に番組音源とかも確認してなかったで「どうだったんだろ?・・」で、多くの仲間達が「聴いた」「聴いてた」の報告のには「大丈夫だったってコトだよね?」と思いつつ、そうした報告の末尾に「(笑)」「w」とか多くて「大丈夫なのかな?」とも・・。まっ、ラジコのタイムフリーで聞いてみて。あと、来週も「後編」が放送されるので是非ヨロシクです。

 

 

 で、なんやかんやとして「人が多すぎ」「客がおしゃれ過ぎないか」「もう帰ろう」「もう帰りたい」とかしてたら、仲間のユーツの宮田君から「是非ヨロシク」と連絡が。

 

 

 ええ、宮田君が4月にLAまでCHRONIXXのショーを観に行った時のレポートがQeticのサイトに掲載される日時が決定で、「是非ヨロシク」の連絡。翌日曜日、と言うか、昨日の日曜日の正午に公開。皆さんにも是非ヨロシク。

 

 

 Qetic

 「旅の目的はCHRONIXX」

 LINK

 

 

 

 

 翌日。日曜正午。そのQeticでの公開を確認して、CHRONIXX本人にも「掲載されているよ」と転送・報告。珍しく即レス到着。ツアー中のUKの時間だと深夜でしたけど、「まだ起きてたのね」。

 

 

 

 

 で、CHRONIXXからは、そのサイトへの感想がレスされているかと思ったら、「7月に日本に行く時に車の部品を買って帰りたい」で、そのまま続けて何枚もどっかからコピペした車の写真・画像が連続で届く感じに。

 

 

 

 

 「何コレ?」と思いつつ、見ていたら、どれも4WDの画像。「何枚続いて送って来るんだろ?」と思っていたら、そこからテキストが開始。「こういうの買いたいんだよね」「家が山の上だから、4WDで丈夫なのがいいんだよね」「車高が高い方が運転しやすいんだよね」とか続けて届いて、「そうですか」と同時に、それに何てレスしようと思っているうちに「Bless」と「会話終了です」の連絡が届いてさせられてポカーン。「特に意味ナシ」&「きっと深夜に暇だったんだろ」&「まさか部品ではなくて、車を買って帰りたいというコトではないだろ」と思うと言うか願うコトに。

 

 

 そんな報告を宮田君にしつつ、「掲載してくれてありがとう」とか伝えつつ、なんやかんやとしているうちに「腹減った〜」で、近所のスーパーに買い出しに行くコトに。でも、なんとなくそのまま「近所だけど、まだ一度も歩いてみたコトない道を歩いてみよ」にするコトに。天気が良いと、暑くなってくると行動範囲が広がるのは自分でも「よくわからん」&「俺あるある」。

 

 

 で、気づいたら、地元から二駅ぐらいの幡ヶ谷までテクテクしてて、何年も東京で暮らしていながら、初上陸した幡ヶ谷で「ホントに腹ペコ」となって、「幡ヶ谷でなんか食べるところ・・」で「あっ!?」。

 

 

 ええ、以前にお世話になった、元FIRE BALLとかをご担当されていた慶松さんのタイ料理屋があるコトを思い出して「行ってみよ」と。「幡ヶ谷」&「SPICE MARKET」と検索。

 

 

 で、「見つけた」で「入店」。「こんな立派な店をやっているなんてスゴいな」ですけど、店のポスターで「昨年が8周年!?」で、歩いて来れる場所なのにその間に一度も来なかった自分の不義理具合もスゴいな、と反省も。思い出してみると、慶松さんにも10年会ってない。最後に会ったのもFIRE BALLの10周年の時だったし。今年で20周年だし。

 

 


 で、「あー、美味しかった」と店を出ようとしたタイミングで慶松さん登場。でも、最初に目が合っても反応ナシ。「まぁ、忘れているよね」と思った瞬間に二度見されて「えっ」&「わっ」&「ビックリした!!」&「何してんですか!?」。覚えていてくれてありがとう。

 

 

 

 

 そこからガハハ。そのまま会ってなかった時間のコトを話したり、と言うか、会ってなかった時間がなかったように普通に「そんでさ」とか話せてなんか楽しくなったり。話が止まらなくなりそうだったけど、店が忙しくなったタイミングに「また来るよ」&「いつでも来てくださいよ」とバイバイ。なんか不思議な感じでしたけど、なんかそうやって普通に再会できたのが嬉しい限り。BULBYともそうだったけど。あと、店内で延々とDENNIS BROWNが流れていたのも勝手に嬉しかった感じ。

 

 

 そこから「暗くなったね」とテクテクと帰宅して、そのまま自宅でスロー・ダウンしてたら、珍しく色々な人達から連絡が連続&大量。「みんな暇か?」と思いつつ、一暇だったので、人一人にレスとかダラダラ。大半がくだらないコト。それが最高。そんな関係でいてくれる人達の存在が最高。

 

 

 で、そんな相手&履歴を確認しつつ、「全員レゲエで知り合った人達だよ」も確認。仕事とか、国籍や世代や年齢もバラバラだけど、全員との共通点・接点・最大公約数は「レゲエ」。レゲエが好きなのは音楽としてだけの魅力ではないのは知っていたけど、それを再確認する感じに。女子から連絡されるコトはないのも知っていたたけど、それも再確認する感じに。

 

 

 まぁ、なんかよくわかりませんけど、「なんかいいね」な週末でした。「また今週もがんばろかな」とさせてくれる週末でした。そういう意味で「正しい週末」を過ごせました。

 

 

 そんな週末をアレンジしてくれた全ての仲間達に感謝です。

 

 

 許してくれて、リマイドしてくれて感謝です。

 

 

 REGGAE TEACH ME EVERYTHING、あと、FRIENDS FOR LIFEな瞬間たくさんでした。

 

 

 

 

 と、「日記」でした。

 

 

 大事なご報告・ご案内は明日からです。

 

 

 スイマセン。

 

 

 改めて今週もヨロシクお願いします。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ドーンドーンドーン。

 

 金曜日。

 

 

 ドーンドーンドーン。

 

 

 本日は配信開始&発売開始がドーンドーンドーン。

 


 「知ってますよ」は承知。なので、サクサクと。

 

 

 フォロミー・マッシヴ&クル〜、BOY KENな感じでヨロシクお願いします。

 

 

 CHRONIXX「Skankin’ Sweet」。新曲&シングル。6/30登場予定『CHRONOLOGY』収録曲。「Majesty」&「Likes」に続く先行配信曲・第3弾&最終先行配信曲。本日配信開始。SOUL CIRCLE MUSIC。

 

 

 

 LINK

 

 

 

 『TOTAL REGGAE - GREENSLEEVES 1977-2017』。『TOTAL REGGAE』シリーズ新作。テーマはGREENSLEEVES40周年。40曲。2CDはUS6/16発売予定。本日先行配信開始。VP RECORDS。

 

 

 

 LINK

 

 

 

 MORGAN HERITAGE『AVRAKEDABRA』。グラミー受賞『STRICTLY ROOTS』以来となる新作。本日配信&輸入盤CD発売開始。既に国内配信好発進。朝にiTunesでは2位でした。CTBC MUSIC。

 

 

 

 

 

 あと、コレは初めてのご案内。

 

 

 KRANIUM「Can’t Believe」。CHRONIXXと同じOutDehのチーム・メイトの新曲&シングル。DENNIS BROWNのアレをアレしているダンスホール・チューン。本日配信開始。ATLANTIC RECORDS。

 

 

 

 LINK

 

 

 で、KRANIUMはUSでココ最近に絶賛勝ち上がり中。既にATLANTIC、メジャー契約していますけど、ED SHEERAN他数々のリミックスとかにも参加して拡散中。HYPERBEASTでもドーンと紹介。是非チェックして。

 

 

 

 LINK

 

 

 

 で、「是非チェックして」と言えば、コレも。一昨日にジャマイカで放送された現地の人気番組の動画。ゲストはJAH CURE。色々と話していますけど、気にして頂きたいのは番組内で少し「Telephone Love」のビデオが流されているコト。

 

 

 

 LINK

 

 

 ええ、「Telephone Love」は昨年に配信開始された人気曲。年内にVP RECORDSから発売を予定・目標としているJAH CURE新作にも収録予定曲。それに向けてビデオも制作された感じ。ココから正式公開されますけど、是非注目&期待して。

 

 

 

 LINK

 

 

 あと、JAH CUREのTシャツ、残りはMサイズだけになってますけど、VP RECORDS / RIDDIM DRIVENからの直輸入オフィシャル商品はウチの通販していますので、是非ヨロシクです。

 

 

 

 LINK

 

 

 以上です。とりあえず。

 

 

 ああ、あと、コレもまた確認ですけど、どんな感じで放送逸れるか確認してないですけど、昨日にご案内したラジオは明日に1回目が放送予定。良かったら是非。

 

 

 LINK

 

 

 

 えー、ホントに以上。今度は。

 

 

 もっとアレしたいコトもありますけど、コレとか、もう今日はココまで。時間切れ。

 

 

 

 

 

 

 えー、今週もありがとうございました。お疲れ様でした。

 

 

 来週はチト楽しみにしているコトがご報告・ご案内できるハズ。

 

 

 来週も是非ヨロシクお願いします!

 

 

 良い週末を〜。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 木曜日。

 

 

 突然の豪雨・・。

 

 

 洗濯物が気になっていますけど、いきましょ。

 

 

 ええ、気にして頂きたいのは洗濯物よりもこっち。

 

 

 CHRONIXX。6/30登場予定の本格世界進出作「CHRONOLOGY』の発売に向けて、新曲「Skankin’ Sweet」明日・金曜日・19日に配信開始するコトは昨日もお伝えした通り。

 

 

 CHRONIXX

 LINK

 


 で、iTunes、REGGAE ZION、Spotifyから楽曲へのリンクも届きましたので、今夜24時から是非ヨロシクです。

 

 

 

 iTunes

 LINK

 

 REGGAE ZION

 LINK

 

 Spotify

 LINK

 

 あと、Spotifyでは「FUJI ROCK FESTIVAL ’17」でもピックアップ。こちらも是非。新作発売もですけど、来日も近づいてきているな、です。

 

 

 Spotify

 LINK

 

 

 で、CHRONIXXが同曲配信開始日の19日からUKツアーを開始、既に現地入りしているコトも昨日にお伝えした通り。

 

 

 

 

 で、現地では昨日にBBC Radio1Xraに出演。ZINCFENCE REDEMPTIONと共に、「Skankin’ Sweet」を披露。その動画もアップされましたので是非確認ください。生演奏でも音源通りの品質、アドリブとかは入ってますけど、その歌声&演奏力の高さも再確認できます。

 

 

 Skankin' Sweet

 Live / BBC Radio 1Xra

 LINK

 

 

 で、確認ですけど、「Skankin’ Sweet」は先に新作から先行配信されている「Majesty」「Likes」と同様に配信シングルとなります。iTunes、REGGAE ZION、Spotify、レコチョク他の国内配信サイトでお願いします。

 

 

 

 

 

 次。

 

 

 あと、配信と言えば、コチラも明日・19日・金曜日に開始となります。

 

 

 VP RECORDS『TOTAL REGGAE - GREENSLEEVES 1977-2017』。リ・コンパイル・シリーズ&廉価設定シリーズ『TOTAL REGGAE』からの新作で、GREENSLEEVESの40周年を記念した作品。40曲収録作品。CDは2枚組商品。

 

 

 TOTAL REGGAE - GREENSLEEVES 1977-2017

 LINK

 

 

 で、CD商品は来月・6月16日発売を予定していますので、先行配信となります。配信は世界共通で明日19日開始ですけど、コレはUKでのCD商品発売日、明日19日、に合わせている感じです。UKはCD商品も配信も明日19日から。それ以外の地域ではCD商品発売日は6月16日。で、基本的に日本はUS発売日に準じているので、配信は明日19日、CD商品は来月16日、という感じになっています。

 

 

 また同作に関しては、CD商品発売日に向けてなんやかんやと紹介させて頂きます。色々とそれに向けて仕込んでいるモノもありますので。改めてヨロシクお願いします。

 

 


 次。

 

 

 

 昨日にラジオ収録をしました。東京のJ-WAVEで土曜日に放送されている「MARUNOUCHI MUSICLOGY」という番組用です。

 

 

 MARUNOUCHI MUSICLOGY

 LINK

 

 

 番組は一人のアーティストについて語り合う内容で、昨日は「BOB MARLEY」をテーマに、番組ナビゲーターのグローバーさん、一緒に参加したMIGHTY CROWNSAMI-Tと三人で収録しました。

 

 

 で、今週の土曜日20日と来週の土曜日27日の二週にわたって放送される予定みたいです。良かったらチェックしてみてください。radikoとかで。エリアフリー&タイムフリーとかで。

 

 

 えー、なんか昨日は色々と新鮮&「こーゆー感じで番組って作られるのね」と改めて学習した気分。改めて「言葉で伝える」コトの難しさとか面白さとかも考えた感じ。貴重な経験をさせて頂いたJ-WAVE&制作関係者の皆さん、柴田さん、塩田さん、繋いでくれた中川さん、そしてグローバーさんに感謝します。ありがとうございました。

 

 


 で、その収録の後に、SAMI-Tとそのまま「なんか軽く食べない?、お茶しない?」に流れる感じに。会うのも久しぶりで、二人だけで会うのはかなり久しぶり。なので話したいコトも聞きたいコトも色々。

 

 

 

 

 SAMI-Tの先日のUKツアーのコトとか、SAMI-Tとしてリリースした「My Bredda」のコトとか、同じ一家のFIRE BALLが制作している新作のコトとか、あと「こないだのYARD BEATのクラッシュ見た?」と自分がそのクラッシュを見ていて気になったコトを「見たよ」だったSAMI-Tに解説してもらったりとか、まぁ、ほとんどインタヴュー状態。

 

 

 

 

 

 

 いつも全ての質問にちゃんと答えてくれるので、面白いだけではなく教えられるコトもあります。それは知識とかという意味だけではなく、もっと感覚的なコトだったり、上手く言えないですけと、物事の見方、「角度」だったり、なんか自分なりに気づかされるコトも多いです。

 

 

 昨日も短い時間ではありましたけど、なんか「そっか」「そーだよな」と収穫が多かったです。

 

 

 まっ、あと、昨日の一番の収穫は、そうした会話、雑談を通じて、チト自分がココ最近に余裕がなくなっているコトに気付かされたコトだったかもしれません。

 

 

 色々と重なっている時期ですし、色々とやらないといけないコトもやりたいコトもありますけど、それがどっかで「やらされている」になってたかな、と。疲れた時に「楽しむコト」と何度も自分に言い聞かせているのも楽しめていない証拠よね、とか。

 

 

 ええ、チト最近に自分でも「ミスやトラブルが続くな」ですけど、それも「やらされている」に気持ちが陥ってるせい、余裕を失くしているからだったりして、無意識・無自覚なままに、そうした時は決まって、ただ目の前のコトを「やるコト〜」だけが目的になっていて、「それをどーやる」「そもそも何のためにやる」とか、意味や理由とかが欠落してて、そうした想像力が欠落してしまってて、そうして想像力が欠落しているから、一緒に動いている周りの仲間達への思いやりや配慮も欠落してて、それがミスやトラブル、それが凡ミスぐらいのものから〜人間関係のトラブルまで色々と発生・発展させたりもして、それも全部が自分が原因で、自分が「加害者」なのに、勝手に「被害者」みたいにつもりになったりしてて、自分勝手になってて、それでまた上手くいかない、いくわけがない、でして、まぁ、痛いと言うか、クズと言うか、グズグズと言うか、救いがない感じになるんですけど、「ああ、最近はそうかもね」「余裕なかったね」「最低だよね」となんか昨日に思いました&気づきました、SAMI-Tとの短い時間の中で。リフレッシュと言うか。

 

 

 

 えー、再起動〜、っす。

 

 

 何度でも〜、っす。

 

 

 ええ、パソコンも何度も再起動して生き返ったし。

 

 

 うん、ココからもう一度。

 

 

 ちゃんとしよ。気持ちから。

 

 

 

 

 GIVE THANKS、です。

 

 

 全ての仲間達に感謝、です。

 

 

 許してくれている分は返したいぞ、です。

 

 

 FRIENDS FOR LIFE、です。

 

 

 今さら、です。

 

 

 今から、です。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 水曜日。

 

 

 落ち着いて、落ち着いて、と自分に。

 

 

 ええ、パソコン・トラブルはスティル。

 

 

 メールとかレスできていない皆さんにはスイマセン。

 

 

 自分のメールの「ポート番号」を知っている人はスタンド・アップ。

 

 

 えっ?、そんなに居るの? 知ってて普通なの? そうなんだ・・。

 

 

 

 ええ、色々と慌てたり、困ったりしていますけど、まずは落ち着いて、と自分に言い聞かせているのはアタフタしている証拠。

 

 

 そんな中ですけど、CHRONIXXです。やらないといけないコトが山積みなのは。

 

 

 

 

 『CHRONOLOGY』発売前の最後の先行曲、「Majesty」「Likes」に続くシングル、新曲、「Skankin’ Sweet」の配信を昨日にセットしました。今回はスムーズに一発で登録完了できました。

 

 

 CHRONIXX

 LINK

 

 

 「Skankin’ Sweet」は明後日、5月19日金曜日配信開始致します。今回はこれまでと違って、海外と同じ配信開始日に同時配信致します。無理と無茶に対応してくれた山本さんに感謝します。

 

 で、音源は公開されていますので、是非予習&試聴ください。

 

 

 Skankin' Sweet

 Soundcloud

 LINK

 

 

 で、その19日はCHRONIXXのUKツアーの開始日でもあります。二ヶ月のUSツアーに続いてのツアーです。既にバックを務めるZINCFENCE REDEMPTIONの面々と現地に入っています。

 

 

 

 

 

 

 で、USツアーにはJAH9JESSE ROYALとかが公演によってゲストとして出演、NYのFEDERATION SOUNDMAX GLAZERが全公演でプレーしていましたけど、昨日にUKツアーのゲストが発表されて、それがなんとKING JAMMY御大のJAMMY’S SUPER POWER。楽しみな組み合わせです。現地にいる人達は是非。

 

 

 

 

 

 

 あと、19日と言えば、MORGAN HERITAGEの新作『AVRAKEDABRA』の正式発売日でもあります。今回も前作でグラミーを獲得した『STRICTLY ROOTS』同様に、自分達で運営するレーベル〈C.T.B.C.〉制作作品で自分達によるプロデュース。既に人気の「Reggae Night」他収録です。

 

 

 

 

 で、インチキして先に聴かせて頂きましたけど、「さらに進化」「さらに前進」「とにかく素晴らしい」で、「レゲエ」は勿論ですが、「MORGAN HERITAGE」ならではの、そのワン&オンリーな世界観がシッカリ&ガッチリと捨て曲一切ナシで凝縮されている感じです。グラミーで浮かれるコトなく、地に足が着いた落ち着きと自信を感じさせつつ、前進し続けるグループとしての野心も挑戦も含まれているのも素晴らしい限りです。

 

 

 

 

 で、配信はiTunesとかで予約受付開始されていて、CD商品もTOWER RECORDSとかで予約開始されています。チェックしてみてください。

 

 iTunes JP

 LINK

 

 TOWER RECORDS Online

 LINK

 

 

 

 こちらからは以上です、とりあえず。

 

 

 

 あと、皆さんにですけど、SOJAが出演する土曜日の「GREENROOM FESTIVAL」のチケット余っている人は連絡ください。「落ち着いて」とか言っていたら既に完売になっていたのを知って凹んでいます。

 

 

 

 

 

 ええ、「落ち着く」のは大切ですけど、「過ぎ」はダメです。

 

 

 「あー」「もー」となります。また。

 

 

 

 ココから急ぎます。

 

 

 慌てず落ち着いて急ぎます。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「ご報告」&「ご確認」。

 

 火曜日。

 

 

 今週もヨロシクお願いします。

 

 

 えー、昨日に更新しません&できませんでしたけど、チト喰らっています・・。

 

 

 えー、昨日からパソコンがやられてます・・。

 

 

 えー、メインのパソコンです・・。

 

 

 えー、その対応にもやられています・・。

 

 

 ええ、ご報告でした。

 

 

 

 

 えー、今日は以下をご確認ください。

 

 

 色々と公開されています。全部確認しておいてください。

 

 

 

 

 CHRISTOPHER MARTIN「Magic」オフィシャル・ビデオ

 

 

 LINK

 

 

 2月に登場したデビュー&本格世界進出作『BIG DEAL』収録曲。同作用に録り下ろされた新曲。スロー&メロー&セクシー。で、「ビデオ」と言うよりも「短編映画」な感じになっています。焦らずスローに確認ください。メローな歌声と曲の世界観を確認ください。セクシーな気分になった女子は連絡ください。電話はつながっています。

 

 

 BIG DEAL

 LINK

 

 

 『BIG DEAL』は先週のUS「BILLBOARD / REGGAE」で「4位」に再浮上。全米ツアーの影響も効果的。ガッチリとした歌物&ダンスホール・シンガー作品としてガッチリと拡散している感じ。未聴の方は是非。アルバムとしての完成度・構成力も見事です。

 

 

 

 

 RAGING FYAH「Would You Love Me Feat. CIDADE NEGRA - REMIX」オフィシャル・リリック・ビデオ

 

 

 LINK

 

 

 

 

 

 先週に配信開始された楽曲の歌詞ビデオ。ジャマイカとブラジルの組み合わせで「何言ってるのかわからん」の人達にはお勧め。改めてですけど、RAGING FYAH最新作『EVERLASTING」収録曲のリミックス。オリジナルでフィーチャーされているのはBUSY SIGNAL。このリミックスはブラジルの「国際レゲエ・デー」に合わせて制作・公開・発表された曲&ヴァージョン。

 

 

 EVERLASTING

 LINK

 

 

 

 

 改めてと言えば、JAH9「Prosper」オフィシャル・ビデオも。

 

 

 LINK

 

 

 JAH9最新作『9』収録曲。同作からは4本目のビデオ。今月はUS西海岸のツアーも開始。ツアー・タイトルは「Unafraid」で、コレも『9』収録曲からでオフィシャル・ビデオ有。こちらも改めて確認しておいて。

 

 

 9

 LINK

 

 

 

 

 Unafraid - Official Video

 LINK

 

 

 

 

 

 あと、USと言えば、今週の木曜日に、NY/ブルックリンのMILK RIVERで、上記の作品も全てリリースしているVP RECORDS主催「SHOWCASE」が開催。

 

 

 

 

 当日は2月に『AWAKENING』をリリースしているSPIRITUAL、先月に『RIDDIMENTARY - SUNS OF DUB Selects GREENSLEEVES』をリリースしているSUNS OF DUBADDIS PABLO、AUGUSTUS PABLOの息子とか出演。多分会場のドリンク代ぐらいだけ。NY在住&滞在マッシヴは行ってみて。SPIRITUALの生歌に関して報告して。

 

 

 

 AWAKENING

 LINK

 

 

 

 RIDDIMENTARY - SUNS OF DUB Selects GREENSLEEVES

 LINK

 

 


 以上です&以上にします。

 

 

 

 

 

 あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

 

 

 

 もーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

 

 

 とか言わない。

 

 

 もう言わない。

 

 

 もう言わないことにする。

 

 

 もう言ったところで何も直らない。

 

 

 もうそれだけはわかりました。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 金曜日。

 

 

 いっつぁふらいでぇ〜ふらいでぇなぁぁあぁい〜。

 

 

 ああ、ハウンド・ドッグの大友康平な感じで歌ってみました。

 

 

 「嵐の金曜日」という曲だったと思います。検索不要です。

 

 

 まー、なんか悔しいですね。

 

 

 ただユーツ時代に耳にしたぐらいの曲が突然頭の中でグルグルするのって。

 

 

 ただ、金曜日にホットドッグ食べてただけなんですけどね。

 

 

 嵐でもないですし。東京は。全く。

 

 

 ああ、あと、「嵐」と書くと、現在なら「ジャニーズ」なんでしょうけど、「横浜銀蝿」とかまでフラッシュ・バックですよ、オッサンとかには。「らん」ですよ。呼び方は。ドラマーの人ですよ。いや、「ちゃん」を付けるとキャンディーズになるから不要です。

 

 

 まぁ、あと、「嵐」を「らん」と呼んでいた当時に、THE CLASHを意識して頑張って買ったライダーズの革ジャン&リーゼントにして遊びに行ったら、仲間に「THE CLASHと言うよりは横浜銀蝿」と言われたのも悔しかったねぇ。高かったんだけどね。革ジャン。当時の自分にとっては。

 

 

 ああ、「THE CLASH」と言えば、例の「ハマースミス宮殿の白人」企画の7インチ。そろそろアレして下さい。「ドーン」だったのも「まーまー」になってます。在庫が。他のTシャツもですけど。是非ヨロシクです&お買い求め頂いてる皆さんに感謝します。ありがとうございます。

 

 

 WHITE MAN IN HAMMERSMITH PALAIS

 LINK

 

 

 

 通販

 LINK

 

 

 

 ああ、あと、「横浜銀蝿」と言えば、「横浜」でして、「横浜」と言えば、今日に「横浜レゲエ祭」「後夜祭」が発表されてました。横浜銀蝿は出演しませんね。サウンドではないですしね。それで良し。行けば良し。

 

 

 横浜レゲエ祭・後夜祭

 LINK

 

 

 えー、当日は「パシフィコでレゲエ祭」→「中華街で夕飯」→「ベイホで打ち上げ」でどうでしょうか? MURASAKI画伯他オッサン仲間達、連絡ヨロシクです。ええ、翌日は「完全オフ」とのセットで。オッサンだから。後から来るよ。嵐のように。革ジャンぐらいズッシリと。身体にね。

 


 えー、ホットドッグ完食しました。

 

 

 いきましょうか。

 

 

 今日はコレ。

 

 

 「絶対確認しておいて」な「公開」案件を三発

 

 

 【公開】JAH9「Prosper」オフィシャル・ビデオ

 

 

 LINK

 

 曲も映像もナイスです。シュッとしていて「らしい」です。

 

 

 昨年にVP RECORDSから登場してます最新作『9』収録曲です。コレで同作からは4本目のビデオです。発売後に続々と制作&発表されています。それだけ作品が発売後に好調&好評だから。ロング・セールスを継続しています。

 

 

 9

 LINK

 

 

 先月までCHRONIXXのUSツアーにも参加してましたけど、ココから本人のUSツアー&世界各地のフェス等を転戦予定。『9』もさらに拡散されるハズ。未聴の皆さんはチェックして。

 

 

 

 【公開】CHRONIXX新曲「Skankin’ Sweet」オフィシャル・オーディオ

 

 

 

 LINK

 

 

 昨日に正式発表しました『CHRONOLOGY』収録曲です。USツアーでも全会場で歌った曲です。アルバム発売前に最後の先行曲として配信予定になっています。また詳細報告します。

 

 

 改めて昨日に公開・更新しました案内ページをご確認下さい。ヨロシクです。

 

 

 CHRONIXX

 LINK

 

 

 

 【公開】TORY LANEZ Feat. KRANIUM「Bodmon Song - REMIX」

 

 

 LINK

 

 

 ええ、TORY LANEZの楽曲に、CHRONIXXと同じOutDehのクルー&チームに所属しているKARNIUMが参加しています。先日もED SHEERANの「Shape Of You」に参加したREMIXを公開してますけど、どちらも公式です。全員〈ATLATIC〉WARNER MUSIC所属です。

 

 

 「日本のWARNERさんがKRANIUMをもっとプッシュしてくれたらなぁ」と独り言です。ええ、昨日もSAMI-T(MIGHTY CROWN)がラジオで、WREPで、KRANIUMのコトをブッシュしてましたけど、そろそろアレしておかないとアレな状況になっています。現在もUSツアーしていまとけど、現地ではかなり盛り上がっています。「日本盤出して」と追加で独り言しておきます。小野さん&トライデント君、お願いします。

 

 

 と、三発確認しておいて、でした。

 

 

 と、なんか雑な書き方でスイマセンでした。

 

 

 うん、なんか色々とアレと言うか、荒れているな、です、今日は。

 

 

 頑張る。

 

 

 以上。

 

 

 えー、今週もありがとうございました。

 

 

 来週もヨロシクお願いします。

 

 

 来週には発表できる新しい案件も有、予定、未定、希望。チト楽しみにしているので楽しみにしておいて。

 

 

 良い週末を。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

| 報告 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |