CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
なんやかんや。


 木曜日〜、

 

 

 なので、コレから。

 

 

 ALBOROSIE
 Unprecedented Time

 GREENSLEEVES / VP RECORDS
 作品案内
 
LINK

 

 

 明日6月5日が発売日・配信開始日なので、今晩24時〜配信開始となります。

 

 

 OFFICIAL VIDEOは既に公開されていますので、映像を通じてもそのメッセージは伝わると思います。

 

 

 ALBOROSIE
 Unprecedented Time

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 改めてですけど、タイトルは「前例のない時間」の意味で、現在の「コロナ」をテーマに、それに強い気持ちで向き合っていくコトを訴えている楽曲です。

 

 

 

 

 是非ヨロシクお願いします、

 

 

 なんですけど、是非、早く終息して、「あー、あのコロナの時にALBOROSIEとか曲をリリースしていたよなぁ」と言えるようになって欲しいと思っています。

 

 

 

 

 えー、で、「俺とか大丈夫よ」と強い気持ちだけで乗り越えようとしているのはソレとして、無意識なままに感染している可能性はありますし、無意識なままに周りに感染させる可能性もありますので、事務所をパス・スルーしてくれたコトには感謝しますけど、「オイオイ、マスクはしとけよ」と仲間に。

 

 

 で、その過信と無意識に注意しましょ、と。

 

 

 差別とかにも。

 

 

 リスベクトとマナー。想像力と理解。#RTME

 

 

 で、「あーあ、コロナのせいでジャマイカにも行けないなー」と過ごしている皆さんにはこちらも是非。

 

 

 

 

 コレも既報済&確認になりますけど、UKの〈MAXIMUM SOUND〉の新作『JAMAICA ROCK RIDDIM』も明日発売で今夜24時〜配信開始になります。

 

 

 まっ、タイトルの通りのリディム・アルバム&ワン・ウェイで、リディム名がアレだったので「ジャマイカに行った気になって」もそうなんですけど、ジャマイカのレゲエ、ワン・ドロップを伝承&更新したリディムで収録曲のどれもが良いです。

 

 

 まっ、BRIGADIER JERRYのフレーズも使用したBUSY SIGNAL「Jamaica Jamaica」が推し曲になるんでしょうけど、個人的にはそれに加えてPRESSURE、あとTHE KEMISTの曲がお気に入りの感じ。

 

 

 全9曲を使用した試聴音源も公開されているので確認してみて。

 

 

 JAMAICA ROCK RIDDIM

 LINK

 

 

 と、ウチ関係ではないですけど、アレしておきたいのは単純に「いいね」だったのもありますけど、コレに限らず、〈MAXIUMUM SOUND〉の姿勢と言うか手法とか思考に共感しているのもあるかと思います。

 

 

 以前に比べてジャマイカのレーベルからのリディム・アルバムやワン・ウェイ、同じリディムでの大量リリースとかが少し減っちゃっていますけど、〈MAXIMUM SOUNDS〉はずっと変わらずにそれを続けていて、「リディム」を軸とした曲制作という以前からのカルチャーを継続しているだけではなく、それらがどれも秀逸です。

 

 

 それがUKを拠点としているのも親近感みたいなものもあるのかもしれません。

 

 

 知っては長いですけど、プロデューサーのFRENCHIEと会ったのは最近で、以来頻繁に連絡取ったりしていて、その制作の仕方からダラ話とかするようにもなっていて、以前よりも近く、興味も関心も増しているからかもしれません。

 

 

 ええ、先日もレゲエとジャマイカの話から「文化の盗用」の話にもなりました。

 

 

 ええ、コレはジャマイカ人ではない自分達は無意識ではダメなコトなんですけど、その会話の中でお互いの国の中で生まれた独自のレゲエのカルチャーの話にもなって、それも興味深かったです。

 

 

 ええ、と、色々とアレもしているので、なんか一度ちゃんと仕事してみたいんですよね〜、

 

 

 と、脱線しそうなので&してますから、アレしますけど、是非『JAMAICA ROCK RIDDIM』チェックください。それから他の〈MAXIMIM SOUND〉作品も是非。

 

 

 で、ウチ関係に戻りますけど、昨日も「ヘロヘロ〜」なままにワサワサしてました、「もっと早く言ってくれよ」とキレキレしながら。

 

 

 ええ、CHRONIXX、次の動き=MOVEが決まりました。

 

 

 

 

 できる限りオン・タイムでそのMOVEに付いていけるようにします。色々と調整中ですけど、近々にお伝えします。

 

 

 

 

 で、それまでに再度「Dela Move」をヨロシクです。

 

 

 CHRONIXX

 Dela Move

 SOUL CIRCLE

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 コレに続いてMOVEしていきます。

 

 

 で、その準備にアタフタなので今日は以上にします。

 

 

 またね〜。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 13:23 | comments(0) | - | - | - |
なんやかんやと『ドレドレ』。

 

 引き続き、体調調整中〜。

 

 もう少し〜、なとこ。

 

 今日も早く帰って休んどこ〜、なとこ。

 

 

 なので、サクっと、今日も。

 

 ウチ以外のコトにします、今日は。

 

 

 

 

 

 

 DRE ISLANDがデビュー・アルバム『NOW I RISE』を5月29日にリリースしています。

 

 

 DUBSHOT RECORDSとKINGSTON HILLS ENTERTAINMENTの共同制作作としてリリースされています。

 

 

 で、めちゃくちゃ良いです。

 

 

 失礼ですけど、想像・期待していた以上、遥かに素晴らしいです。

 

 

 失礼ですけど、アートワークは「???」なんですけど、ホントに良いアルバムです。

 

 

 昨日の「ヘロヘロ〜」な時に、「あー、リリースされていたな、ドレドレDRE ISLAND」と検索しました。

 

 

 「体調もアレだし、サクッと雰囲気だけ確認しとこか、ドレドレDRE ISLAND」と聴き始めました。

 

 

 結局そのまま姿勢で最後まで全部聴き入ってしまってました。

 

 

 ええ、「なんだコレ、めちゃくちゃ良いじゃまいかー!!」とテンションが上がりました。

 

 

 仕事のメールには「ヘロヘロ〜」をアレにレスもしなかったくせに(スイマセン・・)、すぐに藤川毅さんとか仲間達に「聴いた??」「そうそう良いよね」or「聴いてない??」「だったら聴いてみてよ、めちゃ良いから」とLINEしてました。

 

 

 アルバムは全15曲で、POPCAANとの「We Pray」とか既発ヒットも複数曲収録されていたりしていますけど、そうしたヒットとかシングルでは知り得なかった表現やスタイル、そのポテンシャルの高さにビックラして、失礼ですけど、「良い意味でいなたいラスタ・アーティスト」だった自分の中でのDRE ISLANDのイメージが「超モダン&アーバンなラスタ・アーティスト」に更新されました。

 

 

 

 

 ええ、ホントに捨て曲ナシ、良い曲&歌だらけで、どの曲のリディムも音品質で、全体のバランス感覚と時代感も見事で、曲順も上手く、ヴァラエティでお楽しみどころも満載に構成されている完成度の「アルバム」でした。先のPOPCCANもですけど、CHRONIXX、JESSE ROYALとかの仲間達との曲も効果的に配置・機能されていました。

 

 

 クレジットとかは確認していませんけど、きっと参加しているプロデューサーは多めで、それぞれの曲もなんですけど、それらを「アルバム」としてガッチリとまとめてみせたコトにリスペクトです。丁寧なお仕事。

 

 

 まっ、ゆえにアートワークは個人的には「どーして??」にもなるんですけど。あくまでも、個人的には、ですけど。

 

 

 えー、現時点で今月のベスト・アルバムです、個人的には、って、まだ3日ですけど。

 

 

 ええ、是非皆さんもドレドレと聴いてみて。

 

 

 以上にします、今日は。

 

 

 ああ、あと、一つだけ。

 

 

 昨日も自分はとっとと帰宅していますけど、通販は問題なく商品発送させて頂いてます。

 

 

 で、「ご回答」です。

 

 

 新作のTシャツの在庫は黄色だけです。

 

 

 LINK

 

 

 白と黒は全サイズ完売しています。今後の追加生産・入荷予定はナシです。

 

 

 お問い合わせ頂いてる皆さんにはスイマセン&ご了承願いします。

 

 

 ヨロシクお願いします。

 

 


 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 13:48 | comments(0) | - | - | - |
なんやかんや。


 えー、スイマセン、

 

 って、謝るアレでもないですけど。

 

 

 昨日も「なんかイマイチ・・」と早々に帰宅してしまいましたけど、なんかそんな感じです。

 

 

 やりたいコトもやらないといけないコトもあるんですけどね。

 

 

 えー、色々と整えていきましょ&いきます、です。

 

 

 で、ポイントだけにします、今日は。

 

 

 VP RECORDS。「BLACK OUT TUESDAY」に参加&GEOGE FLOYD氏の家族への寄付を呼びかける声明を出しています。

 

 

 

 

 もし、「何??」なら検索して。溢れていますから。

 

 

 

 VP RECORDSJAH CURE公式MIXTAPE公開

 

 

 Love Notes From JAH CURE

 Mixed By DJ POLISH

 VP RECORDS YouTube

 LINK

 

 

 JAH CUREの新旧のヒット曲、ラヴ・ソングを中心にした選曲と構成のMIXTAPE音源。約42分。

 

 

 MIXしたのはDJ POLISH。ジャマイカ、モンティゴ・ベイ出身のサウンド・マン&セレクター。現在はNY、マイアミでも精力的に活動中&人気者。

 

 

 是非聴いてください。

 

 

 

 

 えー、最後。コレは個人的なアレですけど、「良かったら」とご案内。って、まだ1ぺージも読んでいませんけど。

 

 

 

 

 今年にUKのレゲエ・ジャーナリストのJOHN MASOURI(ジョン・マスーリ)さんが新書『REBEL FREQUENCY』を発刊しています。

 

 

 サブ・タイトル「JAMAICA’S REGGAE REVIVAL」の通りに、現在の「レゲエ・リヴァイヴァル・ムーヴメント」をテーマとした内容で(らしく)、表紙にもそれを牽引しているCHRONIXX / PROTOJE / JESSE ROYAL / KABAKA PYRAMID / ALBOROSIE / JAH9 / RAGING FYAH他の作品のアートワークが掲載されています。

 

 

 まっ、全て英文だったりもしてアレだったりもしますけど、もしアレならアレしてみてください。自分はアマゾンからアレしました。

 

 

 あと、「レゲエ・リヴァイヴァル・ムーヴメント」に関しては、鈴木孝弥さんによるJAH9『NOTE TO SELF』の解説・紹介にも、

 

 

 JAH9『NOTE TO SELF』

 今の世界にもとめられている新作

 LINK

 

 

 また、その中でも触れられている鈴木孝弥さんが対訳した『レゲエ・アンバサダーズ』はそれがテーマだったりもしていますので是非。限定数の発行なのでお早めに。

 

 

 『レゲエ・アンバサダーズ』

 現代のロッカーズ

 進化するルーツ・ロック・レゲエ

 DU BOOKS

 LINK

 

 

 

 と、以上にします、今日は。

 

 

 なんかスイマセン、

 

 って、謝るアレでもないですけど。

 

 

 皆さんもご自愛を。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 12:48 | comments(0) | - | - | - |
なんやかんやと変更多いです。


 今月&今週もヨロシクお願いします。

 

 

 今月、6月のVP RECORDSカレンダーはBERES HAMMOND

 

 

 

 

 隣にはJAH9も。

 

 

 で、コレから。

 

 

 JAH9ですが、先週末に不具合がありましたYouTube「Could It Be」OFFICIAL VIDEOですが、週末に無事復活・復旧しています。ご迷惑お掛けして申し訳ございませんでした。

 

 

 

 

 改めて同最新ビデオ&同曲収録の新作『NOTE TO SELF』のYouTube Playlistをまとめてご確認ください。

 

 

 JAH9

 YouTube Channel

 NOTE TO SELF

 Playlist

 LINK

 

 

 で、戻って「6月のVP RECORDS」ですけど、まとめて以下のリリース予定を確認ください。

 

 

 「コロナ」の影響で色々と予定が変更となっていますので再確認頂ければと思います。

 

 

 【6月5日・金曜日リリース】

 

 

 ALBOROSIE
 Unprecedented Time
 GREENSLEEVES / VP RECORDS
 配信シングル
 作品案内・OFFICIAL VIDEO他
 
LINK

 

 

 

 【6月12日・金曜日リリース】

 

 

 RICHIE SPICE
 TOGETHER WE STAND
 VP RECORDS
 配信アルバム
 作品案内・OFFICIAL VIDEO他
 LINK

 

 注: 輸入盤CD&LP商品はUS6月12日→同7月10日発売に変更

 

 

 

 【6月19日・金曜日リリース】

 

 

 AUGUSTUS PABLO
 ANCIENT HARMONIES
 GREENSLEEVES / VP RECORDS
 輸入盤2枚組CD
 作品案内
 
LINK

 

 注: US6月26日発売→同6月19日発売に再変更
 
注: 配信は4月24日開始中

 

 

 以下、同作収録4タイトルの各輸入盤LP商品

 

 

 AUGUSTUS PABLO
 BLOWING WITH THE WIND
 GREENSLEEVES / VP RECORDS
 輸入盤LP
 
注: US6月26日発売→同6月19日発売に再変更

 

 

 

 AUGUSTUS PABLO
 RISING SUN
 GREENSLEEVES / VP RECORDS
 輸入盤LP
 
注: US6月26日発売→同6月19日発売に再変更

 

 

 

 AUGUSTUS PABLO
 ONE STEP DUB
 GREENSLEEVES / VP RECORDS
 輸入盤LP
 
注: US7月3日発売→同7月31日発売に再変更

 

 

 

 AUGUSTUS PABLO
 ROCKERS COMES EAST
 GREENSLEEVES / VP RECORDS
 輸入盤LP
 
注: US7月3日発売→同7月31日発売に再変更

 

 


 【6月26日・金曜日リリース】

 

 

 

 

 BLACK ARK IN DUB
 BLACK ARK VOL.2
 VP RECORDS
 輸入盤LP - 2タイトル
 配信アルバム - 2タイトル
 作品案内
 
LINK

 

 注:  輸入盤2枚組CD商品はUS5月8日発売開始中

 

 

 

 以上です。

 

 

 色々と変更が多くて申し訳ありません。

 

 

 なお、「コロナ」の影響で今後も変更・再変更が発生する可能性はあります。

 

 

 引き続きUSは深刻、特にVP RECORDS本社の在るNYは深刻な状況です。

 

 

 

 

 本社スタッフも在宅勤務を継続していたり、フロリダ支部・倉庫も時間を制限・短縮した中で活動・出荷していたりもします。

 

 

 で、そうした状況は国内各店の商品入荷にも影響する可能性はあります&しています。

 

 

 上記で掲載した発売日は発売の有無の目安として捉えて頂き、配信はそのままに、CD&LP商品の国内販売等は各店の通販等でご確認頂ければ幸いです。

 

 

 で、こうした状況の中で各商品をお買い求め頂く皆さん、また、発注・販売頂いています国内各店の皆さんに深く感謝致します。

 

 

 重ねて、変更等が多いコト、ご迷惑お掛けしていますコトを深くお詫び申し上げます。

 

 

 で、上記はこれまでにお伝えしてきた作品となりますが、今後に新たに追加させて頂く作品もあります。

 

 

 VP RECORDSでは6月にリリースを予定している作品が他にもあります。諸々確認次第、近日中に正式にご案内させて頂きます。

 

 

 何卒ヨロシクお願いします。

 

 

 と、以上にします、今日は。

 

 

 えー、改めて今月&今週もヨロシクお願いします。

 

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 16:08 | comments(0) | - | - | - |
なんやかんやと色々と。

 

 金曜日。

 

 

 早いですね、一週間。

 

 

 で、ちょうど一週間前になりますけど、その音楽は変わらず在り続けるコトを思った一週間でもありました。

 

 

 

 

 REGGAE ANTHOLOGY

 BOBBY DIGITAL

 X-TRA WICKED

 VP RECORDS

 作品案内

 LINK

 

 

 REGGAE ANTHOLOGY

 BOBBY DIGITAL

 SERIOUS TIMES

 VP RECORDS

 作品案内

 LINK

 

 

 コレもちょうど一週間前、ただ、ウチからの日本でのリリース&配信開始は今週・月曜日から。

 

 

 AGENT SASCO

 LOCO

 SOUL CIRCLE & 24x7 RECORDS

 作品案内・バイオ・OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 AGENT SASCOは発売に合わせてジャマイカの人気番組「ONSTAGE TV」にリモート出演、新曲「LOCO」の紹介に合わせて、同曲が収録されるEPの話もしています。

 

 

 

 

 ONSTAGE TV

 MAY 23 / YouTube

 LINK

 

 

 で、そこでの発言の通り、現時点で新作EPは今夏登場予定、タイトルは『AGENT SASCO VS ASSASSIN』予定、全6曲予定、SEAN PAUL / CHRONIXX / KRANIUM他参加予定。国内はウチから予定。

 

 

 コレもちょうど一週間前、ただ、ウチが日本でのプロモ&マーケティングを担当するコトになったのは今週月曜日から。

 

 

 THE WAILERS

 Feat. SKIP MARLEY / FARRUKO

 SHAGGY / CEDELLA MARLEY

 One World, One Prayer

 SONY MUSIC UK

 作品案内・バイオ・OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 

 ASTON BARRETT JR.を中心に新体制となったTHE WAILERSの最新曲、豪華ゲストを迎えた「現在=コロナ」へのメッセージ・ソング。

 

 

 

 

 新曲「One World, One Prayer」も新作からの先行曲、今夏に登場予定のアルバム収録曲。引き続き新しい情報が届き次第ご案内させて頂きます。

 

 

 コレもちょうど一週間前、JAH9「Could It Be」OFFICIAL VIDEOが公開、最新作『NOTE TO SELF』収録曲・同作から4曲目&最後のOFFICIAL VIDEOとして公開されています。なんか今日から突然見れなくなってますので、対応させて頂きます。また見れるようになったら是非。その間に他のビデオをまとめて確認ください。

 

 

 JAH9

 NOTE TO SELF

 VP RECORDS

 YouTube Playlist

 LINK

 

 で、その翌日には滞在先のタンザニアからライヴ配信を実施していて、そのフル動画も公開されています、コレは是非見て頂きたい内容です。

 

 

 

 

 JAH9

 NOTE TO SELF - Unplugged

 

 VP RECORDS - YouTube

 LINK

 

 

 で、このまま今週を振り返っていきますと、今週月曜日から通販・RTME新商品「VP RECORDS STORE TEE」の商品発送を開始させて頂いてます。

 

 

 SHOPPING INFO

 LINK

 

 

 で、既に白ボディと黒ボディの商品は全サイズ完売、在庫は黄色ボディのみとなっています。

 

 

 あとですね、昨日に見ていたら途中で落ちちゃったCHRONIXXのインスタ・ライヴ、ROCK HOUSEのチャリティのやつ、ですけど、その途中で落ちちゃった「Skankin Sweet」の動画が上がっていますので確認ください。

 

 

 

  

 CHRONIXX

 Accoustic Jam

 YouTube

 LINK

 

 

 で、ギターを弾いているのはN’NAMDI ROBINSON、亡くなられたNAMBO ROBINSONの息子です。

 

 

 あと、太鼓を叩いてるのはHECTOR LEWIS=ROOTS PERCUSSIONIST、亡くなられたBARBARA JONESの息子です。

 

 

 どちらもCHRONIXXの専属バンド、ZINCFENCE REDEMPTIONのメンバーです。16年の初来日、17年の「FUJI ROCK」来日にも参加しています。

 

 

 で、CHRONIXXもCHRONICLEの息子でして、CHRONICLEは存命ですけど、まとめて三人とも「二世アーティスト」という共通点もあったりします。多いです&増えています。

 

 

 で、コレもちょうど一週間前、は、ROOTS PERCUSSIONISTのソロ曲「Love Saviour」もリリースされています。

 

 

 ROOTS PERCUSSIONIST

 Love Saviour

 OFFICIAL LYRIC VIDEO

 YouTube

 LINK

 

 

 今週に一番聴いたのはこの曲で、一番やり取りしたのもROOTS PERCUSSIONISTと言うか、HECTORでした。「スゴく良い奴」と言うと生意気ですけど、スゴく前向きにさせてもらいました。

 

 

 

 

 あと、今週に「なんで二人なのにわざわざZOOMを使うの??」なままに二時間ぐらい話して、スゴく前向きにさせてくれたMASTA SIMONにもリスペクト。

 

 

 それと、今週に見た「BOUNTY KILLER vs BEENIE MAN」もそう。

 

 

 

 

 配信後に「こういうのがDANCEHALL」「現在のはTRAPHALL」とジャマイカのプロデューサーとか関係者、複数、それも全員若者、ってか、自分からしたらほとんど全員若者なんですけど、彼らがSNSで少しワーワーとアレしたり、「DANCEHALLを取り戻せ」としていたのはソレとして、

 

 

 番長とキング、あの二人だったからこそ可能にできた、その二人のスキルやヒット曲の多さだけではなく、お互いのコレまでの関係性や時間やそこに存在する「物語」、あとこれまでの時間をお互いにダンスホールを、レゲエを、ジャマイカをレペゼンし続けてきた事実とプライド、そんななんやかんやがそこには現れていて、自分はそう感じて、なんかグっとくるものがありました。

 

 

 

 

 まっ、昨年のジャマイカの「Reggae Sumfest」以来の対決・共演で、決して「遂に」とか「歴史的」とかではなく、自分も「さーて、今回はどんな感じなんだろうね〜」「無観客&配信ってどうなるの??」でしたけど、その想像&期待よりも遥かに素晴らしく思いました。

 

 

 事前に「CLASH」とかにされていましたけど、客が視界に入らない二人にはきっとどうでもよく、それが逆にリラックスもさせて、自分たちのペースに集中もできて、ただただお互いにそれを楽しみながら、疎通しながら、その楽しさを世界に向けて発信している様子、その本気&暗黙の了解なままに展開させてみせる想像力にも創造性に溢れたエンターテイメント性の高さ、プロフェショナルな姿勢がたまらなく素敵に思えました。その意味では猛烈に「DANCEHALL」で、ソレは自分の好むソレでした。

 

 

 もし、あの「警官登場」場面も演出だったとしたら最高過ぎました。ソレもソレでした。

 

 

 うん、なんか前向きと言うか、楽しくなりました。リスベクトしかなかったです。

 

 

 えー、良い一週間でした。久々に。久々に「疲れた」でした。

 

 

 疲れるぐらい発送作業させてくれた通販購入者の皆さんにも感謝しています。めちゃくちゃ嬉しくて、楽しくて、励まされて、張り切って発送させて頂きました。なんか、「やっと汗かいてる感じするぜ」「座ってばっかだったしさ」でした。サポートに深く感謝します。

 

 

 来週も良い時間になりますよーに、は自分次第だろ、と自分に。

 

 

 今週もありがとうございました。

 

 

 あと、少し早いですけど、今月もありがとうございました。

 

 

 良い週末を。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| - | 15:23 | comments(0) | - | - | - |
なんやかんや。


 「あー」

 

 「もー」

 

 

 事務所のプリンター君、ダメみたいです。

 

 

 メーカーさんは「生産終了」「修理部品在庫ナシ」だって。

 

 

 保証も「12年前に切れています」だって。

 

 

 検索したら「部品販売終了」「部品中古品は高額」だって。

 

 

 あと、「新人君採用」なんですけど、コロナの在宅勤務とかのアレでノート型バソコンが品薄なのは聞いていましたけど、プリンターもそうみたいでした。

 

 

 羨ましいな。 

 

 

 えー、本日に送る納付書、通販の荷物に同封する納付書は急遽自宅から駆けつけてくれたプリンター君でプリントしています。

 

 

 ええ、レアです。ある意味。「特典」とか言っときます。

 

 

 

 えー、で、「あー」とか「もー」はプリンター君だけじゃなくて、今朝のインスタ・ライヴも。

 

 

 コレね。

 

 

 

 

 ええ、「7時開始だよ」と早起きして、コーヒーとかアレしつつスマホを叩き起こして、「始まった、MAX GLAZERだー」としばらくそのまま見て、「待ったよ、CHRONIXX〜」と、CHRONIXXがジャマイカから歌っているのを見てて、「Skankin Sweet〜」と楽しくなってきたら、突然「あー」。

 

 

 ええ、CHRONIXXのライヴの途中に通信が落ちちゃいました。

 

 

 で、「えー、こーゆーコトもありますね」と困った感じになったホストのMAX GLAZERは、もう一度CHRONIXXに繋ぐかと思ったら、「えー、では、SHAGGYと繋いでみましょー」としちゃって、「もー」。

 

 

 いや、SHAGGYにはノー・ディスリスペクトですけど、CHRONIXXをもっと見たかった感じ。

 

 

 でも、少し時間を置いてから、CHRONIXXは単体でインスタ・ライヴしてて、それはZINCFENCE REDEMPTIONの面々とセッションしている感じで、それはそれで貴重な感じでして、「あー、いつもこんな感じでやっているんだね」を確認したりできました。何よりも皆さん元気そうで何よりでした。

 

 

 

 

 えー、で、自分がアレするのもアレですけど、自分も「見て」とココとかで告知していましたので、それを確認頂いて「早起きして見てたのに」な皆さんにはスイマセンでした。申し訳ございませんでした。

 

 

 

 で、その代わりに、と言ったらアレですけど、全然内容が違うモノですけど、コレをご案内させて頂きます。

 

 

 

 

 コレはVP RECORDSから。コッチはそんなに突然に落ちたりしないでしょうし、落ちても聴き直せますので。

 

 

 VP RECORDSのPlaylistに「NEW REGGAE VIBES」というのがあります。Apple MusicとかSpotifyとかのストリーミング・サービスで展開しているPlaylistです。

 

 

 それにCJ FLYが登場&最新のレゲエ&ダンスホールを選曲しています。

 

 

 LINK

 

 

 CJ FLYはNYのラッパーです。JOEY BADA$$等と共にアーティスト集団〈PRO ERA〉を結成しています。

 

 

 で、「なんでラッパーが??」ですけど、ジャマイカ系でレゲエ&ダンスホールは「当たり前」でして、今年に登場した自身のデビュー・アルバムもタイトル『RUDEBWOY』からして自身のバック・グラウンドとかもレベゼンしている感じです。

 

 

 

 

 この「BOY」に「W」を咬ませて「BWOY」とスペルしている部分でそれが伝わりますけど、タイトルのラスタ・カラーのグラデ仕様とか、ジャマイカ・カラーの網シャツ着用姿からもクドく伝えています。

 

 

 まっ、こうしたレゲエが本職ではないけど大好きな人気者にこうした企画に参加してもらうことによって、より多くの人に聴いてもらう&知ってもらうコトにつなげていけたら〜、な企画です。VP RECORDS三代目君の。

 

 

 良かったらチェックして頂いて、あと、もしラッパーとかラップ好きの友達や知り合いがいて、その人達が「レゲエとかダンスホール聴きたいけど何から聴いていいかわからない」とか言っていたらコレをオススメしてあげると良いのかもしれません。ヨロシクです。

 

 

 と、今日は以上にしまーす。

 

 

 ええ、チト、プリンターとかなんやかんやします。

 

 

 あと、「描き直せる??」とも言われてますし。

 

 

 ええ、昨夜にSOUL CIRCLEの仲間とかに「早く描いてよ」「いつもの感じで」と言われて描いたんですけど、

 

 

 

 

 今朝にその仲間から、「いや、俺達やSASCOはウケたんだけど、なんかそうじゃない人もいてさー」と連絡されました。

 

 

 ええ、「ロコ」を伝えるために描いたら「オコ」になった人がいたそうです。

 

 

 見て不愉快になるだけではなくて、それをわざわざ伝えるって相当に「オコ」な証拠ですし、相当に酷いってコトですよ。

 

 

 残念ですね、一生懸命描いたんですけどね。15分ぐらいでしたけど。

 

 

 えー、代わりに描いてくれる人、待ってます。

 

 

 以下を確認してアレしてください。ヨロシクです。

 

 

 ええ、データで。

 

 

 プリント・アウトとかはご自身で。

 

 

 

 AGENT SASCO

 LOCO

 作品案内

 LINK

 

 

 

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| - | 15:45 | comments(0) | - | - | - |
なんやかんやと『巻いてます』。


 ラッキー・デイ。

 

 

 いや、特に今日がラッキーというコトはなく。

 

 

 それどころか、事務所のプリンターが動かなくなって困っていますし。

 

 

 「叩いてもダメかぁ〜」ですし。

 

 

 まっ、いいや。「知らねーよ」でしょうし。

 

 

 いや、「LUCKY DAYE」です。

 

 

 

 

 スイマセン、知りませんでした。

 

 

 「ニューオリンズ出身で現在はLAを拠点にメジャーで活躍している注目の大型新人R&Bシンガー」と今朝に知りました。不勉強で申し訳ありません。

 

 

 ああ、新しく知れたコトがあった今日は「ラッキー・デイ」なんでしょう。一つ賢くなりました。うるさいですね。

 

 

 えー、で、そのLUCKY DAYEがデビュー・アルバム『PAINTED』の発売1周年を記念して、同作収録の人気曲のREMIXヴァージョンを新たに公開&配信開始しまして、それにCHRONIXXも参加しています。以下からご確認下さい。

 

 

 LUCKY DAYE

 Roll Some Mo

 Feat. CHRONIXX / MEDISUN

 OFFICIAL AUDIO

 LINK

 

 

 で、今朝にCHRONIXXが突然インスタでライヴをやっていましたけど、そこにもLUCKY DAYEが招待されて一緒に曲を楽しんでいました。

 

 

 

 

 なので、「あー、ちゃんと関係があった上で参加しているんだな」と想像したりしていました。

 

 

 LUCKY DAYEがちょいちょい会話にパトワを入れるのに、彼がCHRONIXXのコトは勿論ですけど、レゲエとか好きなんだろうな、と想像しました。

 

 

 あと、それを見ながら「非常事態宣言が解除されたから髪切りたいな」と伸びた髪を触っていましたけど、「CHRONIXXとかって髪の手入れは大変だろうな」と大きなお世話なコトも想像していました。ええ、コレもうるさい。

 

 

 ああ、で、曲の「Roll Some More」はザックリと「もーちょい巻こうぜ」です。

 

 

 で、「そうだね」です。

 

 

 ああ、いや、自分はLAではなく、ジャマイカでもなく、日本で暮らしていますので、「巻く」の意味は違います。

 

 

 ええ、「今日は時間ないから巻いていこうぜ」です。

 

 

 「ダラダラ書いてんじゃねーよ、クソ野郎!!」です。知ってますよ。

 

 

 ココから巻いていきます。

 

 

 「THE WAILERS100再生突破中」

 

 

 THE WAILERS

 Feat. SKIP MARLEY / FARRUKO

 SHAGGY / CEDELLA MARLEY

 One World, One Prayer

 OFFICIAL VIDEO - YouTube

 LINK

 

 

 先日にアレしたTHE WAILERS最新曲「One World, One Prayer」のYouTubeの再生回数が100万回を突破しています。登場&配信開始から一週間も経たずにこの回数は「早っ」&「多い」です。

 

 

 

 THE WAILERS

 Feat. SKIP MARLEY / FARRUKO

 SHAGGY / CEDELLA MARLEY

 One World, One Prayer

 作品案内

 LINK

 

 

 それに初めてアレさせて頂くことになったTHE WAILERSのパリューとか知名度とか人気を改めて確認したりもします。

 

 

 あと、やはりBOB MARLEYの実娘CEDELLA、孫のSKIP MARLEY、説明不要のSHAGGY、プエルトリコの人気者のFARRUKOが参加しているコトもその拡散とかに影響・効果があるとは思います。

 

 

 

 

 

 何よりも曲のテーマが「現在」=「コロナ」に向けたメッセージであるコトは大きいと思います。

 

 

 また、現在にSHAGGYは新作『HOT SHOT 2020』リリースとか、

 

 

 

 

 SKIP MARLEYはH.E.R.との「Slow Down」がUSで大人気&レゲエ・アーティストとしては初めてBillboardのなんちゃらで1位になったりしていて、そうしたタイミングとかもあると思います。巻いてますので各自で「なんちゃら」は検索・確認ください。

 

 

 

 

 

  次。

 

 「MIKEY SPICE動画」

 

 

 

 

 MIKEY SPICEが2月にVPALからリリースした新作『ARE YOU READY』の発売を記念したライヴ配信を週末に実施しました。そのフル動画が公開されました。

 

 

 MIKEY SPICE

 ARE YOU READY - LIVE

 YouTube

 LINK

 

 

 まっ、コロナとかの影響もあって、こうした企画を実施するコトになった、またそれに時間を要してこのタイミングになったかな、と想像しています。ただ、その時間があった分だけ、しっかりとした内容でのライヴ配信になったとも想像しています。

 

 

 フル・バンドで、ギターにはDALTON BROWNE、キーボードにはROBBIE LYNの顔も見えます。あと、コーラス城もバッチリです。是非チェックしてみてください。

 

 

 で、「MIKEY SPICE??、RICHIE SPICEじゃなくて??」だったら「残念〜」。

 

 

 で、「RICHIE SPICE」と書くところをちょいちょい「RICHIE STEPHENS」と書く自分はもっと残念〜。なんだろね、なんかよく間違えるんだよね、も、またうるさいです。

 

 

 まっ、MIKEY SPICEは90年代から活躍するヴェテラン・シンガーです。その低音でソウルの在る歌声が魅力です。その歌声が健在なのはこのライヴ動画からも確認できます。

 

 

 あー、LUCIANOと近い時期に注目を集めて登場して、二人とも最初の頃にFREDDIE McGREGOR船長の〈BIG SHIP〉からアルバムをリリースしていて、

 

 

 

 

 

 

 船長は二人を「ジャマイカン・ソウル・シンガー」とアレしていましたけど、LUCIANOはご存知の通り、その直後にラスタ・シンガーとして大ブレイクして、MIKEY SPICEはそのままに現在まで歌い続けている感じです。

 

 

 まっ、自分の中では同時期から活躍しているBENJY MYAZと同じファイルで保存されている感じですけど、どちらもシーンの動向・流行とかとは関係なく、自身のスタイルで歌い続けていて、それでジャマイカとかで支持を集め続けている感じです。

 

 

 

 

 ええ、最新のダンスホール&レゲエは日本とかにも情報がたくさん届きますけど、注目は集まりますけど、そうしたシーンとは違うところで現地で地道に&着実に人気&支持を獲得しているアーティストはたくさんいます。

 

 

 ゴスペル・レゲエの人達もそうですけど、それは日本にもJ-POPとか以外で、あと、TVやメディアやチャートに関係ないところで人気を得ているアーティストがたくさんいるのと一緒です。最新だけでは語れない&判断できないのも一緒です。

 

 

 あー、と、またダラダラ書いてる場合じゃないです。

 

 

 巻いて巻いて〜です。

 

 

 えー、報告です。

 

 

 通販のコト、先週末に発売受付開始&今週に商品発送開始しましたRTMEの新作「VP RECORDS STORE TEE」ですけど、今朝までに3カラーの中で、白ボディ&黒ボディ全サイズ完売しました。

 

 

 - SOUVENIRS -

 24x7 RECORDS

 ONLINE STORE

 LINK

 

 

 「早っ」&「多い」はなんかと一緒ですけど、その発送作業に今日もワサワサしています。

 

 

 ええ、「『RIDDIM』最新号も同封して〜」とか、商品以外に用意するモノも多く、「ミスすんな」です。

 

 

 

 

 で、黄色ボディ全サイズ(M〜XXL)在庫有ります。一部のサイズは「そろそろ」ですけど、コレを書いてる現在は在庫しています。

 

 

 まっ、白&黒ホディも「夏まで〜」と多く生産しましたけど、黄色ボディはさらに多く生産していたからかもしれません。白&黒と同様にオーダーは多く頂いていますし。

 

 

 

 

 いや、「いっつも白と黒ばっか」「サイトがまるでモノクロ」とか言われたりしているのは「全く気にしていません」で、それを理由に黄色ボディで生産したり、より多めに生産したのではなく、「黄色&レッド」の組み合わせがテーマとなっている「VP RECORDS」のカラーだったりするからです。

 

 

 商品を受け取られた方は同封されて頂いたステッカーもですけど、VP RECORDSのビニール袋を見ると「あー、なるほど」と理解頂けるかと思います。

 

 

 

 

 まっ、レーベルにはそれぞれに「定番・公式カラー」ってあったりしますけど、「黄色&赤」はVP RECORDSの中ではその一つだったりもしていて、それを伝える上でも多めにしています。

 

 

 いや、春のLSTの時もホントはその予定でした。黄色も生産予定でした。ただ、使いたい黄色のカラーがアレだったのでアレしてました。

 

 

 と、そんな感じになっています、と。

 

 

 あー、あと、「白とか黒の再生産・再入荷は??」のお問い合わせを頂きましたけど、現時点では予定していないです。それより次の新作に動いてます、現在は。そっちも早くお伝えできるように巻いていきます。

 

 

 と、以上にします、今日は。

 

 

 またね〜。

 

 

 ああ、あと、明日の朝に見れる人は昨日にアレしてコレを見てね。

 

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 14:35 | comments(0) | - | - | - |
なんやかんやと『ぶっきらぼう』。

 

 火曜日。

 

 

 いきましょ。

 

 

 まずは「ご案内」から。

 

 

 今日もライヴ配信&動画のコトから。

 

 

 KOFFEE

 

 
 KOFFEE
 W

 BBC 1Xtra
 BIG WEEKEND 2020
 
LINK

 

 

 先週末にUKのBBC 1Xtraが「BIG WEEKEND」を開催。現地は三連休で、「BIG WEEKEND」は毎年この週末にBBC 1Xraが開催してきたフェス。

 

 

 今年はライヴ配信で実施で、KOFFEEは23日に出演、「W」を披露した動画がコレ、上記から確認ください。

 

 

 で、確認すると「W」はGUNNAとのコンビでシングルとしてリリースされている曲。「W=WIN=人生を勝利させましょ」。そのOFFICIAL VIDEOも改めて是非。

 

 

 KOFFEE & GUNNA
 W

 OFFICIAL VIDEO
 
LINK

 

 

 

 次。

 

 TOGETHER WE STAND

 

 

 

 

 4月12日にジャマイカからライヴ配信されたコロナ対策のチャリティ番組。VP RECORDSとジャマイカのTV&ラジオのメディアが中心となって企画、政府も参加して国公認・公式のチャリティ番組として実施。

 

 

 

 TOGETHER WE STAND

 HIGHLIGHTS

 LINK

 

 

 で、当日は6時間以上の生放送でしたけど、そのハイライト=アーティストのライヴ&コメント・シーンを中心とした2時間番組として日本時間の今朝に改めて放送、改めて募金を募りました。その2時間番組の動画がコレ、上記から確認ください。

 

 

 登場順ではないですけど、JIMMY CLIFF、ZIGGY / DAMIAN / KY-MANI / JULIAN / SKIP MARLEY、FREDDIE McGREGOR、CAT COORE (THIRD WORLD) & ROBBIE LYN、MAXI PRIEST、BUJU BANTON & LENKY、CAPLETON、SHAGGY、RICHIE STEPHENS、SEAN PAUL、GYPTIAN、ALBOROSIE、MUNGA、FANTON MOJAH、DING DONG、OMI、JESSE ROYAL、KOFFEE、VERSHON、CHRONIC LAW、SINGER J、IKAYA、RUNKUS他出演、

 

 

 また、STING / GLORIA ESTEFAN / WYCLEF JEAN / ESTELLE / DJ KHALEDとかもコメントで、

 

 

 番組進行はNAOMI COWANで、ジャマイカ首相も出演してます。

 

 

 

 で、タイトルの「TOGETHER WE STAND」は同番組に出演&トリを務めたRICHIE SPICEの楽曲から付けられています。

 

 

 RICHIE SPICE
 Together We Stand

 - SINGLE -
 OFFICIAL AUDIO
 
LINK

 

 

 で、同シングルを勿論収録して、それをアルバム・タイトルにしたRICHIE SPICEの新作は6月12日に先行配信開始、7月10日にCD&LPをVP RECORDSから発売開始予定です。是非お楽しみに&ヨロシクお願いします。

 

 

 RICHIE SPICE
 TOGETHER WE STAND

 - ALBUM -
 作品案内 / OFFICIAL VIDEO他
 
LINK

 

 

 

 次。

 

 ROCK HOUSE

 

 

 ROCK HOUSEはジャマイカのホテル&リゾート施設名です。夕陽&海の美しさで知られるリゾート地、ネグリルに在る施設で、その広い施設の中ではレゲエのイヴェントが開催されたりもしています。

 

 

 そのROCK HOUSEがコロナへのチャリティを目的としたインスタ・ライヴを実施します。

 

 

 

 

 日本時間・5月28日・午前7時〜、@ROCKHOUSEHOTELのインスタ・アカウントで視聴できる予定です。番組は一時間の予定です。

 

 

 ホストはNYのFEDERATION SOUNDのMAX GLAZER。ROCK HOUSEで頻繁にダンスを実施しているサウンド・マンです。

 

 

 ゲストにはSHAGGY、そしてCHRONIXXが登場予定です。是非チェックください。

 

 

 で、SHAGGYは昨日にアレしたTHE WAILERSの新曲にも参加しています。

 

 

 THE WAILERS
 Feat. SKIP MARLEY / FARRUKO
 SHAGGY / CEDELLA MARLEY
 One World, One Prayer

 OFFICIAL VIDEO
 
LINK

 

 

 あと、CHRONIXXの新曲も改めてヨロシクです。

 

 

 CHRONIXX
 Deal Move

 OFFICIAL VIDEO
 
LINK

 

 

 

 次。

 

 BOBBY DIGITAL

 

 

 先週5月22日に亡くなられました。

 

 

 その歴史・軌跡・功績を伝えるドキュメンタリー他色々な動画が有りますけど、自分はコレを週末に再確認していました。

 

 

 BOBBY DIGITAL
 & HEATWAVE SOUND SYSTEM
 at VP RECORDS
 Vinyl Showcase 2018
 
LINK

 

 

 2018年の動画、4月のRECORD STORE DAYの時にNY・クイーンズのVP RECORDSの店頭で開催されたイヴェントの映像です。

 

 

 イヴェントはNYのサウンドを中心にアナログ・レコードでプレーするイヴェントで、BOBBY DIGITALは息子のGIARKと共にHEAT WAVE SOUNDとして特別ゲストとして登場しました。

 

 

 BOBBY DIGITALはKING JAMMYの門下生です。KING JAMMYのスタジオでSTEELY & CLEVIEとして独立する前のSTEELY JOHNSONとCLEVIE BROWNE等とエンジニア&トラック・メーカーとして活動する以前、彼らとKING JAMMYの「DIGITAL革命」を牽引する以前は、KING JAMMYのサウンド=KING JAMMY SUPER POWERのエンジニア&マニュピレーターとしてキャリアを開始しています。

 

 

 KING JAMMYから独立して〈DIGITAL B〉レーベル&スタジオを開始してから自身のサウンドとしてHEATWAVEも運営していました。

 

 

 自分がBOBBY DIGITALと直接会ったのは一度で、その時は会話は特にせずに挨拶程度でした。

 

 

 直接話したのも一度で、それは電話で、たまたまBOBBY DIGITALがNYを訪れていて、VP RECORDSの社長と一緒に居た時に、社長が自分に電話をくれて会話させてくれました。社長は自分を知ってくれていたので。

 

 

 その突然の電話に自分は何も質問は用意していませんでしたけど、挨拶ぐらいしかできない感じでしたけど、少しだけ質問を、「どーしてあんなにシンプルで、強くて、クリアなサウンドを作る&作れるようになったのですか??」みたいなコトは聞きました。

 

 

 BOBBY DIGITALはぶっきらぼうな感じに、ラフに、「俺はダンスの現場を見てきたから」と言い、少し面倒臭そうに「そこで新しい曲だけでなくて過去の曲もたくさん聴いて知った」「そこで客がどういう音に反応するか知った」「曲だけでなく音だ」と。

 

 

 そのまま「どういう音にしてどういうバランスにするとどう鳴るのか、どう客が反応するのかは頭の中でイメージできた」「それをカタチにするだけだ」と。

 

 

 あと、マスタリングをほぼしていなかった当時のジャマイカで「自分のプロダクションの音のバランスは自分の頭の中でイメージがあって、それをカタチにしていただけだ」「それがクリアに強く揃ったモノになっているだけだ」とも。

 

 

 「原点はサウンドの現場なんですね」には「そうだ」「そこで音が鳴って人が楽しむからだ」で、その短い会話の中で、自分の中のBOBBY DIGITAL=「名プロデューサー」の強いイメージに、「サウンド・マン」のイメージが追加トッビングされました。

 

 

 で、 戻ってですけど、BOBBY DIGITALがこの日のイヴェントに登場するコトを知った時は「ホント??」でした。

 

 

 VP RECORDSのクイーンズの店の立地とかを思うと、しかもその横の空き地スペースで、無料で開催されるコトを思うと。

 

 

 決してそれがダメとか、その場所とかがダメとかと言う意味では勿論なく、ただ、「レジェンドがわざわざジャマイカから??」「レコード運んで??」「HEATWAVEって普通に観れない&聴けなくない??」「いいの??」とかと、勝手に。

 

 

 でも、その後の電話での短い会話、自分の中でのイメージの更新によって、「あー、きっと楽しかったんだろうな」と想像&イメージできるようにもなりました。

 

 

 ええ、その昔からの、自分の原点だったりするサウンドの場で、イヴェントの内容からして、いい意味で気楽に&自由に&好きに遊べる機会、それも息子と一緒にNYに旅行して楽しめるとかで「楽しーぜ」だったんだろうな、と、プレーしている様子もぶっきらぼうなままに見えてても、と、勝手に想像しました。

 

 

 この翌年のRECORD STORE DAYではVP RECORDSのフロリダ支店での同様のイヴェントにも登場しています。それにも「昨年が楽しかったからなー」だったと勝手に想像&イメージしました。

 

 

 で、それからほぼ一年後に他界は突然で早過ぎます、です。

 

 

 BOBBY DIGITALは「もっとやりたかったなー」だったかと思います。

 

 

 自分ももっとBOBBY DIGITALに聞きたかったコトもあります。

 

 

 

 遺された音源は引き続き聴き続けていきます。

 

 

 BOBBY DIGITALが頭の中でイメージしたコト、それをイメージして、想像して、想像を膨らませて楽しんでいきます。

 

 

 

 改めてお悔やみを。

 

 

 長ーい。

 

 

 スイマセン。

 

 

 またね。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 14:25 | comments(0) | - | - | - |
なんやかんやです。

 

 今週もヨロシクお願いします。

 

 

 ワサワサ。

 

 

 「ご報告」をまとめてドーン。

 

 

 「配信開始」ー。

 

 

 ASSASSIN
 LOCO

 作品案内

 LINK

 

 

 先週からワーワー言ってるAGENT SASCOの新曲です。

 

 

 海外はSOUL CIRCLEから先週22日配信開始でしたけど、日本国内は本日にウチから配信開始させて頂きました。

 

 

 配信LINK

 

 

 改めて無茶な進行にご対応頂いた各配信事業者の皆さんに深く感謝致します。ありがとうございました。

 

 

 で、OFFICIAL VIDEOも是非ご確認ください。

 

 

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 で、AGENT SASCOはこの「LOCO」を第1弾に、夏にはEPをリリース予定でいます。既に完成していて、めちゃ強力&豪華内容となっています。

 

 

 国内はウチからアレしていきますけど、できる限り海外に遅れないようにお届けできるように努めていきます。是非ココからの展開にご注目&ご期待頂き、まずはこの「ロコ」をガッチリとヨロシクとお願いします!!

 

 

 

 「初案内」ー。

 

 

 THE WAILERS
 Feat. SKIP MARLEY / FARRUKO
 SHAGGY / CEDELLA MARLEY
 One World, One Prayer

 作品案内・本日公開
 
LINK

 

 

 THE WAILERSです。現在はオリジナル・メンバー、ASTON “FAMILYMAN” BARRETTの息子を中心に活動中です。

 

 

 BOB MARLEY亡き後もそのスピリットを受け継いで止まるコトなく活動し続けていますけど、昨年のFAMILYMANが体調を崩したコトを受けて、FAMILYMANはバンドのメンター的な立ち位置に、その息子で父親とも一緒に活動してきたASTON BARETT JR.がリーダーとなって、受け継いでバンドを前進させています。

 

 

 

 で、その新体制の第1弾曲として5月22日に「One World、One Prayer」をリリースしています。国内も開始されています。

 

 

 配信LINK

 

 

 BOB MARLEYの娘のCEDELLA、孫のSKIP、プエルトリコの人気者のFARRUKO、そして説明不要のSHAGGYを迎えた豪華メンツでの楽曲となっています。

 

 まっ、テーマはある意味、BOB MARLEYの「One Love」で、現在のコロナに脅かされている世界に向けての内容で、「人種・文化を超えた一つの世界=One World」で、「より良き未来を共に祈ろう=One Prayer」といったメッセージ・ソングです。

 

 

 OFFICIAL VIDEO、コレは「仮VERSION」らしいですけど、公開されていますので、是非ご確認下さい。

 

 

 OFFICIAL VIDEO
 
LINK

 

 

 で、この「One World, One Prayer」は夏の終わりのリリースを目指しているTHE WAILERSの新作からの第1弾・先行曲としてSONY MUSIC UKからリリースされていますけど、この新曲〜新作の一連のプロジェクトに関して、日本でのなんやかんやに関してはウチが担当するコトになりました。

 

 

 まっ、決まったのも先週金曜日の夜で、それで早速ご案内が後手に回っているのもウチらしいポンコツ加減ですけど、先方がウチに連絡してきたのが「遅いわ」が理由だったとも言い訳させてもらいます。#また言い訳か

 

 

 まっ、それでもウチを探して連絡してくれたコトには「感謝」でして、ずっとその連絡を「迷惑メール」と勘違いしていたのは「申し訳ありません」でして、初対面がPCでZOOMでウチからは自分だけで、先方はいきなり14人も出てきて「多いわ、全員の名前が覚えられません」は「しゃーないな、一人一人の画面も小さいし」。

 

 

 今回に色々と組むコトにさせて頂いた理由や思いはありますけど、それはまたアレさせて頂くとして、ココからの展開&リリースに是非ご期待&ご注目願います。ヨロシクお願いします!!

 

 

 

 「公開」ー。

 

 JAH9「Could It Be」OFFICIAL VIDEO。

 

 

 OFFICIAL VIDEO
 
LINK

 

 

 日本時間の金曜日の24時に予定通りに公開されました。最新作『NOTE TO SELF』収録曲、同作からの4曲目&最後のOFFICIAL VIDEOとして公開されました。是非ご確認ください。

 

 

 NOTE TO SELF

 作品案内

 LINK

 

 

 で、その翌日と言うか当日の23日はJAH9の誕生日。その誕生日には予定通りに「NOTE TO SELF - Unplugged」がライヴ配信されました。

 

 

 

 

 ええ、コロナでジャマイカに帰国できず、現在はアフリカ・タンザニアに滞在中のJAH9ですけど、現地より新作を中心に、これまでのヒット&代表曲、あとカヴァーとかもガッチリと披露しました。

 

 

 で、その模様は現在にVP RECORDSのYouTubeチャンネルでフル公開されています。全75分ぐらいの第充実内容で、OFFICIAL VIDEOとか、通常のLIVE動画とはまた違う、より「素」な感じも伝わるJAH9の魅力を確認ください。

 

 

 NOTE TO SELF
 Unplugged
 LINK

 

 

 ええ、現地のTV局とVP RECORDSの共同制作で画質も音質も良い感じです。ヨロシクお願いします!!

 

 

 

 「通販」ー。

 

 

 週末土曜日にRTME新作「VP RECORDS STORE TEE」発売受付開始させて頂きました。

 

 

 - SOUVENIRS -
 24x7 RECORDS
 ONLINE STORE
 
LINK

 

 

 で、「うわっ〜」です。

 

 

 えー、即反応頂いた皆さんに深く感謝致します。

 

 

 ただですね、チトそうした皆さんが予想以上に多くて、それととっても有難い限りではありますけど、既にカラーとサイズによっては完売が発生しています、少し困ったコトに、「夏に向けてココからいきましょ」のつもりでしたので・・。

 

 

 で、コレを書いてる今の在庫ですけど、

 

 白・ホワイト・ボディ: M&Lは完売。XL&XXLは有

 

 黒・ブラック・ボディ: M&L&XLは完売。XXLは有

 

 黄・イエロー・ボディ: M〜XXL全サイズ有。

 

 

 で、在庫が有るカラー&サイズの中には残数がタイトになっているものもあります。

 

 

 煽るわけではありませんけど、もしアレなら是非お早めにご検討ください。

 

 

 改めて感謝致しますと共に引き続きヨロシクお願い致します。

 

 

 えー、で、週末は「BOUNTY KILLER vs BEENIE MAN」とかあったりしましたし、

 

 

 

 

 あと、週末には休日出勤して、ココも書いて、BOBBY DIGITALのコトも書いてますけど、そのコトでも少しあったりしますけど、

 

 

 

 

 全て改めます。

 

 

 今日は、今は、ワサワサ、

 

 

 チト久々の大量発送・通販とかで、チト時間切れ。

 

 

 改めまして今週もヨロシクお願いします!!

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 16:44 | comments(0) | - | - | - |
なんやかんやと休日出勤。


 土曜日。

 

 

 休日出勤。

 

 

 「公開」ー。

 

 

 JAH9「Could It Be」OFFICIAL VIDEO。ご案内・予告させて頂いていました通りに昨夜に公開されました。

 

 

 JAH9
 Could It Be
 OFFICIAL VIDEO
 US5/22・JP5/23公開
 
LINK

 

 

 追加のご案内として、「Could It Be」は最新作『NOTE TO SELF』から4曲目&最後のOFFICIAL VIDEOとなります。

 


 以下から「Could It Be」を含む全ての『NOTE TO SELF』収録曲のOFFICIAL VIDEO、本作用の特別VIDEO他をまとめて確認できます。是非ご確認願います。

 

 

 JAH9
 NOTE TO SELF
 YouTube PLAYLIST
 
LINK

 

 

 あと、「Could It Be」は配信・CD・LP全商品フォーマットに収録されています。全フォーマットで発売開始中、配信&国内入荷・発売開始中です。

 

 

 JAH9
 NOTE TO SELF
 作品案内
 
LINK

 

 

 ヨロシクお願いします。

 

 


 「訃報」ー。

 

 

 BOBBY DIGITALが昨日に亡くなられました。

 

 

 昨日の夕方に海外の仲間から「数時間前に亡くなった」と連絡がありました。自分のコトをよく知っている仲間でしたので急いで連絡してくれた様子でした。

 

 

 すぐにOVERHEATの石井さんに連絡しました。自分の中でBOBBY DIGITAL、〈DIGITAL B〉と言えば、石井さんがすぐ浮かぶのですぐに電話しました。

 

 

 今朝に石井さん、OVERHEAT、Riddim Onlineに訃報が掲載・公開されています。ご確認ください。

 

 

 Riddim Online
 
LINK

 

 

 以下、BOBBY DIGITALの作品集です。

 

 

 REGGAE ANTHOLOGY

 BOBBY DIGITAL

 X-TRA WICKED

 VP RECORDS

 作品案内

 LINK

 

 

 

 REGGAE ANTHOLOGY

 BOBBY DIGITAL

 SERIOUS TIMES

 VP RECORDS

 作品案内

 LINK

 

 

 こうした時に、こうしたコトをネタに商品の告知をするのは不謹慎です。

 

 

 また、個人的にもBOBBY DIGITALに対する想い、その〈DIGITAL B〉〈BLICKWALL〉レーベル音源に対する特別な思い入れが、「そんなゲスなコトすんなよ」とさせます。

 

 

 でも、ただ「亡くなった」と伝えるのも嫌で、少しでもBOBBY DIGITALのコト、BOBBY DIGITAL自身が自身のコトよりも知ってもらいたかった自身が制作した音源を伝えたいと思いました。

 

 

 タイミングは誤っていたとしても、自分がいつまでそうできるかもわからなく、その突然の訃報にはそれも思いましたので。

 

 

 不快に思われる皆さんには謝罪します。申し訳ありません。

 

 

 

 

 

 作品を通じて、もしかしたら、「BOBBY DIGITAL??」「ヒップホップの方なら」という人でも、「知ってる」という楽曲は多いと思います。「知ってる」という人でも「コレもそうだったか」もあると思います。

 

 

 それを通じて、BOBBY DIGITALの存在の大きさ、才能の大きさ、功績の大きさ、損失の大きさ、痛みの大きさも伝わるかと思います。

 

 

 上記のどらちの告知画像も石井さんが自身で撮影された写真をお借りしています。

 

 

 BOBBY DIGITALに感謝を。そしてご冥福をお祈りします。

 

 

 呼び捨てにしてスイマセン。

 

 

 

 「発売開始」ー。

 

 

 通販。RTME。新作。予定通りに本日12時〜発売受付開始しています。

 

 

 休日出勤したのはコレの確認、サイトでなんやかんやが無いコトをアレするためでした。

 

 

 - SOUVENIRS -
 24x7 RECORDS
 ONLINE STORE
 
LINK

 

 

 発売開始の少し前に商品説明ページの記載ミス、誤字を仲間が指摘・連絡してくれました。

 

 

 「麺100%」ってなっているよ、と。

 

 

 正しくは「綿100%」です。訂正します&しました。

 

 

 「食べられるTシャツになるところだった」「それはそれで今回のデザインだと合っていたりもする」とかやり取りして笑いました。

 

 

 ミスして良かったですし、それを確認・指摘してくれる仲間がいてくれて良かったです。

 

 

 そのやり取りに癒されました。

 

 

 ええ、正直、自分が自分で驚くぐらいに面倒になっていました、昨夜から、ずっと、BOBBY DIGITALの訃報に。

 

 

 世代的にBOBBY DIGITALの作品・楽曲・仕事は自分にとってはリアルタイムで、ど真ん中で、永遠です。

 

 

 上記の作品集とかもそうですけど、現在に聴き直す中で新たに理解できるコト、発見も存在していて、現役で新鮮です。ずっと聴いていくと思います。

 

 

 あと、当時の石井さんとBOBBY DIGITALとしていた仕事も自分の中では大きいです。

 

 

 そうした仕事が存在しているコトは知っていても、それを日本で、東京で、近くで見せてくれた人、示してくれた人はそうはいませんでした。

 

 

 ええ、もしBOBBY DIGITALがいなければ、と思ったりしていました。

 

 

 仮にそうだったとしてもレゲエ&ダンスホールは間違いなく存在していました。

 

 

 ただ、BOBBY DIGITALがいなければ存在しなかったレゲエ&ダンスホールの音も間違いなく在ったと思ってます。

 

 

 その音に激しく惹かれたコトとか、その理由とか、幾つかの個人的な思い出や出来事を思ったりして、少しシリアスにも、ナイーヴにもなっていました。自分でも厄介な自分の面倒な部分です。

 

 

 それに厄介&面倒になってました。

 

 

 連絡をくれた仲間に感謝します。ありがとうございました。

 

 

 あと、その仲間も含めて、即反応・商品をオーダー頂いてる皆さんにも感謝します。

 

 

 ミスないように、生麺とか送らないように、月曜日から順次発送させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 引き続きヨロシクお願いします。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 13:30 | comments(0) | - | - | - |