CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
めちゃくちゃ観たーーい!!

 

 木曜日。

 

 

 今日はコレ!!

 

 

 『HAVANA MEETS KINGSTON』

 

 

 LINK

 

 

 「予告」していましたけど、発売が正式決定しました。

 

 

 上記の「LINK」から作品詳細を是非ご確認ください。

 

 

 あと、そのLINK先でもLINKをアレしていますけど、このサントラ盤のアレとなっている映画の予告編動画も是非ご確認ください。

 

 

 

 予告編動画

 LINK

 

 

 

 

 

 素晴らしいです。

 

 

 で、是非映画を日本でも公開して欲しいです。

 

 

 映画関係者の皆さん、そのLINKを持っている皆さん、是非是非ヨロシクお願いします。

 

 

 めちゃくちゃ観たーーい!!

 

 

 ホントにヨロシクお願いします!!

 

 

 今日は以上にします。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ねずみ先輩。

 

 水曜日。

 

 

 結局、昨日はとっとと帰宅。

 

 

 色々な予定は全てドタキャン。

 

 

 渋谷で開催されていた『FREMAGA』の10周年パーティーも。

 

 

 渋谷で開催されていたYELLOWMANのショーも。

 

 

 悪寒に「あかーん」と薬飲んでバターン。

 

 

 自分のポンコツぶりにまた凹むコトに・・。

 

 

 で、それを深く反省しつつも少しでも早く治すコトに専念するコトに。

 

 

 ええ、今日は来日中のEEK-A-MOUSEに話を聞かせてもらうコトになってました。

 

 

 時間を調整&割いてくれたオカマイに感謝。

 

 

 で、ヘロヘロしつつも、「ココはしっかりしないと」と待ち合わせ場所に行ったら「えっ」。

 

 

 ドアを開けて、いきなり自分の長年のヒーローが座っていたりするとなんかビックラします。「本物だよ」と。嘘です。

 

 

 ええ、自分が初めて聴いたり、知ったのがいつだったかはちゃんと覚えていないですけど、その時から現在までそれなりの長い時間をずっと聴いてきたヒーローがそこに普通に座っていると逆に「嘘だろ」と現実感がないもんです。「本物なのか」と。ホントです。

 

 

 

 

 で、そのままたっぷりと、たっぷり過ぎるぐらい聞かせて頂いた話も嘘かホントかよくわからないものばかりだったのも最高でした。「本物だよ」と。「ダンスホールそのものだよ」と。「生きる伝説なのと同時に生きるダンスホールだよ」と。

 

 

 あと、久々でした。「あー、サイン欲しいな」とか「あー、一緒に写真撮りたいな」と普通に思った人は。

 

 

 仕事とか始める以前のユーツ時代に〈VOLCANO〉とかに喰らってますので、その〈VOLCANO〉からのLPにサインしてもらいました。〈VOLCANO〉のJUNJOのコトや、ROOTS RADICSのコトや、あの当時のコトを教えてもらいつつ。

 

 

 

 

 で、そのLPも〈VOLCANO〉からGREENSLEEVESを通じて世界に発売されていたものでしたけど、その流れでGREENSLEEVESのコトも聞いたりしました。

 

 

 「そうだな、GREENSLEEVESからの作品は自分のキャリアにとって重要だった、それは間違いない」と言ったりしてました。

 

 

 今日に色々と聞かせて頂いた話をどこかで「インタヴュー」として掲載できるようにしたいと思います。

 

 

 ああ、で、会話の最後に「GREENSLEEVESの40周年記念で作ったTシャツがあるんですけど」と言うと、「お前のところが作ったの? TONY McDERMOTTと? へー、そりゃ欲しいね、Lサイズをくれ」と言われたのでプレゼントさせてもらいました。色々な過去からのコトを結びつけるとそうしたプレゼントできるコトはとっても光栄なコトでした。「ホントかよ??」でした。

 

 

 

 

 会話を終えてから並んで写真を撮ってもらいました。その後に自分が個人的にずっとEEK-A-MOUSEに対して思っていたコト、授けてもらったと思っていたコト、それらに対しての感謝の気持ちを本人に直接伝えました。

 

 

 終始クールな人でしたけど、「そうか、そうか」と照れ臭そうに笑って握手してくれました。

 

 

 素晴らしい時間に感謝しました。

 

 

 とにかく、なんか「ホントかよ??」が連発&連続の夢のような時間でした。

 

 

 で、そんな時間の間は自分が風邪引いていたコトとか忘れていました。

 

 

 終わってテクテクと事務所まで帰っている途中に、それまでのテンションが落ち着くにつれて、また「だるーっ」となってきました。

 

 

 えー、というわけで、今日もとっとと帰ります。

 

 

 なんかスイマセン。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 火曜日。

 

 

 今週もヨロシクお願いします。

 

 

 色々とドーン。

 

 

 その1。公開開始。

 

 GAPPY RANKS新作『PURE BADNESS』が先週金曜日〜先行配信開始されているのは既報の通り。CD商品は来月27日発売予定のコトも。

 

 

 PURE BADNESS

 作品案内

 LINK

 

 

 で、その『PURE BADNESS』収録の「When I Grow Up」オフィシャル・ビデオが公開されました。ご確認ください。

 

 

 When I Grow Up

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 で、『PURE BADNESS』からはタイトル曲「Pure Badness」に続くビデオですけど、監督とかがどちらも同じで「なんか似てるね」も。合わせて「Pure Badness」のビデオもご確認ください。

 

 

 Pure Badness

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 

 

 その2。公開開始。

 

 こちらもオフィシャル・ビデオKRANIUM最新曲「Meet & Beat」

 

 

 Meet & Beat

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 改めてですけど、NY/クイーンズ出身のダンスホール・スター。現在にATLANTIC / WARNERと契約しているメジャー・アーティスト。ココ最近は数多くのトップ・スター達の人気曲のリミックスへの参加とかで、ダンスホール以外でも人気の悪ガキ。日本でもジワリジワリと認知&人気が高まっていますけど、USではそろそろメイン・ストリームに喰い込みそうな勢い。ココからに要注目。

 

 

 で、ビデオの中で、OutDehのバーカーを着ているエキストラもいますけど、OutDehのチーム・メイトで、CHRONIXXとかと同じマネージメント所属。なんかキャラは真逆な二人ですけど、CHRONIXXとKRANIUMは仲良し。

 

 

 

 で、「Meet & Beat」は「Meet & Greet」をアレしたテーマ&タイトル。「Meet & Greet」は、よくアーティストの公演の時に楽屋とかでファンとアーティストとかが面会・交流したりするコト。日本だと「楽屋訪問・楽屋挨拶」みたいなコト。

 

 

 で、まぁ、ビデオの通り、そうしたファンを「Beat」しちゃうぜ、な内容。まっ、ユーモアです。「イケてる俺」演出なのと、「実際にそうしている人を笑う」&「その目的な人達を笑う」って感じです。

 

 

 で、そんな「Meet & Greet」も予定されている&「Meet & Beat」も歌われるでしょうUSツアー日程も発表されています。是非今後もご注目下さい。

 

 

 

 

 

 

 その3。更新&追加。

 

 で、ツアー日程と言えば、サイト内「公演案内」で来月の「JOSEY WALES公演」を更新、各公演のフライヤー画像を掲載しました。全ての公演の画像ではないですけど。前回に案内してなかった公演も追加してたりもしますので是非。

 

 

 

 

 それと、来月の「CHANNEL ONE公演」を追加もしています。UKの老舗のルーツ&カルチャー全開サウンドです。現時点では東京&福岡公演だけの様子ですけど是非。

 

 

 

 公演案内

 LINK

 

 

 

 

 その4。到着。

 

 『FREMAGA』。オカマイ編集のタイトルのまんまなフリー・マガジンですけど、最新号が配布開始となっています。最新号は10周年記念号。今夜に渋谷で記念パーティーあるハズ。

 

 

 

 

 キングストン在住のオカマイなので当然ジャマイカ&レゲエ・ネタも豊富。是非ゲット&確認してみてください。TOWER RECORDS他、全国各箇所で順次無料配布開始みたいです。

 

 

 で、本紙面でさっきも出てきましたOutDehのコトとかも紹介されていたり、ウチも1ページをそのまんま「GREENSLEEVES 40TH」として掲載しています。それらもご確認ください。

 

 

 

 

 

 で、「GREENSLEEVES 40TH」と言えば、今朝もTシャツのオーダーを確認&「ありがとうございます」&「発送します」。引き続きヨロシクお願いします。

 

 

 24x7 RECORDS

 通販

 LINK

 

 

 

 

 その5。ご回答

 

 で、「引き続き」と言えば、CHRONIXX『CHRONOLOGY』の件でのお問い合わせが色々と多いです。

 

 

 CHRONOLOGY

 LINK

 

 

 まずですけど、CD商品は輸入盤だけです。日本盤での発売予定はありません。現在にTOWER RECORDS / ROCKERS ISLAND / DUB STORE他で販売頂いてます。各店の通販等も是非ご活用ください。ウチでも通販はありますけど、送料・手数料とかアレなので他店をお勧めします。

 

 

 

 

 で、配信は国内のほぼ全てのサイトで販売しています。ハイレゾ配信も実施しています。あと、本来はCD限定のボーナス・トラックも国内ではそのまま追加しています。

 

 

 

 それと、LP商品は現在に各店で販売頂いている分だけになっています。輸入盤です。限定生産です。CD / 配信とは収録曲が異なっていて、全10曲となっています。DUB STOREさんが一番在庫あると思います。

 

 

 

 

 あと、以下の写真は現在USツアー中、NAS & MS. LAURYN HILLとツアーをしているCHRONIXXが週末にアトランタでZINC FENCE REDEMPTIONのHECTORと撮った写真ですけど、この写真でCHRONIXXが着用しているTシャツ、日本限定のTシャツへのお問い合わせが多いですけど、「完売」&「追加生産ナシ」となっています。大変申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご了承願います。

 

 

 

 

 

 

 と、いったところです、とりあえず。

 

 

 

 えー、あとは「やっちまったよー」です。

 

 

 自業自得。

 

 

 ええ、自分が反省するためだけに書いておきますけど、「連休とかで遊ぶのはいいけど風邪とか引くなよ、馬鹿」。

 

 

 えー、季節もなんか変わり目。皆さんもご自愛&ご注意を。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 金曜日。

 

 

 えー、「今週も今日で最後だー」と。

 

 

 「んがー、長かったー」と。

 

 

 チト色々とあった週で「あー、やっと金曜日だよー」だったりも。

 

 

 まっ、そう言いつつ、昨日とかサボってましたけど。

 

 

 ええ、打ち合わせから事務所に戻る気力が失せて、そのまま神宮球場でボケーっと野球とか観てました。

 

 

 

 

 「気分転換も必要なの」「無理にすると楽しくないの」、「ウチは有休も代休もないブラック企業なの」「コレぐらいいいじゃまいか」とか言い訳して。

 

 

 まっ、最下位を独走するヤクルトの本拠地でして、昨日は対戦相手が5位の中日というコトでスタンドはガラガラ。その「ダメだこりゃ」なユルい空気感と、心地良い空気がなんか気持ちを楽にさせてくれたりもして、ホントに良い気分転換になったりしました。

 

 

 

 うん、ポンコツなヤクルト・スワローズに感謝。最下位決定オメデト。来年は頼むよ、ホント。

 

 

 あー、全然関係ないですけど、って、そもそもどーでもいいコト書いてますけど、「うわっ、全身ヤクルト・グッズだよ」「熱狂的なファンなんだろうな」な人達に限って、そうは試合とか観ていませんね。様子を見ていると、だいたい4回の裏ぐらいで、集中力切れてたりしてます。「なんか野外のレゲエ・フェスにもこういう人達っているよね」と思ったりしました。

 

 

 

 

 

 えー、「うるせーな」でしょうから、ちゃんと。

 

 

 えー、「クドイなー」かもしれませんけど、GAPPY RANKS『PURE BADNESS』です。

 

 

 LINK

 

 

 昨日の通り、本日からiTunes他で先行配信を開始しています。その他詳細はサイト内にアップしましたので、上記の「LINK」から確認ください。

 

 

 

 えー、次。昨日にCHRONIXXのチームと連絡を取ってました。ええ、神宮球場から。

 

 

 「NASとLAURYN HILLとのUSツアーはどんな感じ??」と。「なんか写真とかないの??」と。ええ、現在ツアー中です。

 

 

 

 

 そしたら、今朝までにSNSとかで連発してアップしてました。この写真もその中のものです。DMXとNASと一緒に写った画像です。DMXもツアーに参加している様子です。「CHRONIXX、顔が緊張してるよ」です。

 

 

 

 

 で、今朝に「LAURYNとはリンクしてないの?」と質問したら、即レスで「LAURYNは同じツアーだけど、移動とか全部違う行動で、他のアーティスト達とはリンクしていない、現在のところ」「毎日リハだけで4時間やっていりしてて、なんか自分の世界と時間に入り込んでいる」と。「それはそれでプロフェッショナルだね」と。

 

 

 ああ、「LAURYN HILL」と言えば、以前のFUGEES仲間のWYCLEF JOHNが新作『CARNIVAL III』をリリースしました。自分も今日に輸入盤をTOWER RECORDSでゲットしましたけど、日本盤も出ると思います。

 

 

 

 

 で、買ったばっかでまだ聴いていないんですけど、こっちは音源は聴いていたけどやっと買えたものです。

 

 

 

 

 ええ、SAMORY I『BLACK GOLD』のCDです。DUB STOREでゲットしました。

 

 

 「サモーリ・アイ」です。サボってばっかの自分は「サボーリ・アイ」とか呼ぶのはどうかな、と思いましたけど、どーでもいいです。自分が自分でうるさく感じるコトに疲れたりします。うるさいんだよ、ホントに。

 

 

 えー、前にも書いた気もしますど、ジャマイカ出身の新進ラスタ・シンガーです。ROLYがプロデュースしています。STONE LOVEのROLYです。最近はSTONE LOVEとは別に活動しているコトが多いです。

 

 

 

 

 で、自分もSAMORY Iを気にしたのはROLYがプロデューサーだったからでした。ええ、JAH9もROLYが最初のアルバム『NEW NAME』をプロデュースしていて、そのROLYの嗅覚と感覚みたいなものを信用していたからだったりします。

 

 

 

 

 で、『BLACK GOLD』ですけど、改めて聴いてますけど、しっかりとしたルーツ・ロック・アルバムです。生音もリメイクもありますけど、ストレートにルーツ・ロックです。

 

 

 で、SAMORY Iもステディなルーツ・ロック・シンガーです。個人的には「全然違うけど」と前置きしつつも、少しGARNETT SILKとかに通じる部分とかもあって、なんか惹かれます。全然違うんですけど、と念押しで。

 

 

 まっ、一発で「おー」ではなくて、何度も聴いてて「あー」と沁みてくるタイプです、自分には。それはJAH9のデビュー・アルバムの時と似た印象かもしれません。

 

 

 13曲、全てがSAMORI Iの歌唱曲ではなくて、DUBも入ってたりします。現在のROLYらしい感じもします。どうしてもROLYと言うと、あの90年代のアイドル的な人気を獲得していたスター・サウンド・マン頃の印象が強いですけど、現在はすっかりラスタ・マンです。自身のプレーでもファンデーションを中心にDUBとかもプレーしています。勿論、「あの当時のを」と言われれば楽勝にできちゃうんですけど。

 

 

 えー、ともたまにはウチ関係以外の作品も、と紹介してみました。良かったら聴いてみてください。

 

 

 あと、これも改めてで、これもウチ関係ではないですけど、JESSE ROYALのデビュー・アルバム『LILY OF DA VALLEY』の発売が近づいてきています。US10/6発売でiTunesでは予約受付も開始されています。

 

 


 US、NYのEASY STARからの発売です。是非リマイドを。

 

 

 ええ、まっ、昨晩もヤクルトを観ていて、「うーむ、山田選手以外に若いスターがいないなー」と。そうした新しいスターがどんどん出てこないと競争もないでしょうし、活性しないだろうし、「必要だよね」と。ヴェテラン選手と同じぐらいに。

 

 

 で、まぁ、レゲエで言うと、今シーズンで言うと、DAMIAN MARLEYが12年振りの新作をリリースとか、MORGAN HERITAGEがグラミー獲得後の初アルバムをリリースとか、ヴェテラン達も頑張ってくれていますけど、若手もCHRONIXXやRAGING FYAHやJAH9は勿論なんですけど、このSAMORY Iとか、JESSE ROYALとかどんどん広がっていって欲しいな、と。

 

 

 うん、特にJESSEとかは日本では下地はありますし、そうしたところからも広がって、色々と良い相乗効果だったりが起きていけるといいなぁ、と。ええ、サボートしましょ。

 

 

 まぁ、あと、レゲエだけではなく、ダンスホールの若手達がもっとちゃんと新作とかリリースしてくれるといいんですけどね。

 

 

 個人的には最近はALKALINEとか気になっているんですけどね。最初は「コラ、コンタクトだろ、ちゃんしろ」でしたけど、コンシーズンの夏前のジャマイカのナショナル・スタジアムのショーとかぐらいから、「なんか思っていたより全然いいじゃまいか」と気づきました。やっと。「ちゃんとショーできるんだ」を確認できたのもありましたけど。良い意味で変で、それが面白くもクセになってます。新しいし。うん、ちゃんとした感じでアルバム出して欲しいな。世界に向けて。

 

 

 と、ダラ書きになってスイマセン。

 

 

 来週はちゃんとしましょ&頑張りましょ、と。

 

 

 今週は惨敗どころか、ヤクルト・スワローズ状態でしたので、その分を取り返しましょ、と。

 

 

 えー、連休で整えておこ、と。

 

 

 皆さんも良い連休を。

 

 

 今週もありがとうございました。

 

 

 来週もヨロシクお願いします。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 木曜日。

 

 

 えー、昨日のココは諸事情で「休刊」させて頂きました。

 

 

 で、今日も諸事情は継続していますし、なんか気持ちがワサワサしていますけど、「コレだけはご案内をさせて頂きたいぞ」と。

 

 

 ええ、今晩には開始されますし。

 

 

 

 いきましょ。

 

 

 

 GAPPY RANKSです。

 

 

 もう説明不要と信じます。何度もココでも書いてますし。

 

 

 「UK拠点で常に世界を周っているレゲエ&ダンスホール・スター」〜。

 

 

 「2010年のGREENSLEEVESから発売されたデビュー・アルバム、UK〈PECKINGS〉がプロデュースした〈TREASURE ISLE〉とかの往年のジャマイカの名リディムを使用した『PUT THE STEREO ON』でブレイク」〜。

 

 

 

 

 PUT THE STEREO ON

 INTERVIEW

 LINK

 

 

 「それ以降は自身の〈HOT COFFEE MUSIC〉から作品をリリース」〜。

 

 

 

 

 「初来日は2011年の3月11日の東日本大震災の当日で、その体験をもとにしたチャリティ・ソング「I Was There」もリリースして、その時の日本での体験で日本人の震災時の行動に感銘を受けて、その後に誕生した自分の子供に『JAPAN』と名付けたほどの親日家」〜。

 

 

 I Was There

 Official Video

 LINK

 

 

 「日本にはこれまで3回来日してて、特にUNITY SOUNDと仲良し」〜。

 

 

 

 

 「ああ」のハズ。「ギャッピーね」のハズ。

 

 

 これまでの作品、楽曲、日本公演での記憶、あと、TOWER RECORDS横浜ビブレ店でのサイン会とかの記憶もスロー・バックしたハズ。木曜日ですし。

 

 

 

 

 

 で、「皆さんよろしーか」と確認させて頂いたとしてですけど、そのGAPPY RANKSが新作『PURE BADNESS』を発売します。

 

 

 

 

 前作の『GUIDE ME』以来、約2年振りの新作です。

 

 

 GUIDE ME

 LINK

 

 

 常に世界を周っていて、常に新曲とか発表し続けていて、中には「コレは・・、権利関係とか大丈夫ですか・・??」もあって、色々と混乱もさせてくれるピュアにバッドなGAPPY RANKSですけど、今回の『PURE BADNESS』はこれまで同様に自身の〈HOT COFFEE MUSIC〉からの作品、なんて言うか公式作品です。

 

 

 で、発売日ですけど、配信は明日の9/15に世界同時に開始します。今晩24時〜です。

 

 

 で、CDは来月の10/27にUS発売開始予定です。VP RECORDSのインディー・レーベル配給部門のVPALからのリリースとなります。各店の関係各位には近々に正式にご案内させて頂きますが、VP RECORDS商品と合わせて発注可能です。

 

 

 で、明日の配信開始日に合わせてサイト内でもページを設けます。改めてご確認頂きたいと思います。

 

 

 で、『PURE BADNESS』収録曲、アルバム・タイトル曲のオフィシャル・ビデオが既に公開されていますので、まずはそれをご確認頂ければと思います。

 

 

 Pure Badness

 Official Video

 LINK

 

 


 と、スイマセン、以上です。「ご案内」は。今日は。

 

 

 で、またワサワサに戻ります。

 

 

 いや、至極個人的なコト。

 

 

 「色々あって当たり前」と自分に言い聞かせて落ち着いて対応すべきコト。

 

 

 そう言い聞かせている時点で「落ち着いてない」を確認するコト。

 

 

 慌てずにいきたいトコ。

 

 

 ああ、そうだ、『GREENSLEEVES 40TH』Tシャツ、ワサワサしつつ確認したら、「YELLOW」のMサイズが完売となってました。Lサイズのみとなっています。もし、アレなら少し慌ててください。「WHITE」と「GRAY」はM&Lサイズ、慌てないで大丈夫です。それと「LIGHT GREEN」は全て完売しています、スイマセン。

 

 

 24x7 RECORDS

 通販 / SHOPPING

 LINK

 

 

 えー、以上です、と。

 

 

 えー、KEEP CALM、と。

 

 

 そして、STAY FOCUS、と。

 

 

 色々と乗り越えていきましょ、と。

 

 

 いい天気なんだけどね、と。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 火曜日。

 

 

 うーん、

 

 ほー、

 

 へー、

 

 なーるほどー、

 

 

 えっ!?

 

 

 アレ?、もーこんな時間か・・。

 

 

 いやー、面白いなー、です。

 

 

 「キューバかー」です。

 

 

 ああ、「キューカンバ」は「きゅうり」のコトです。

 

 

 ええ、MACKA-Bは「キューカンバ」をパトワ読みで「ククンバ」と発音して歌にしてます。「きゅうりの歌」として有名になっている曲で、今月末の新作『HEALTH IS WEALTH』に収録予定です。

 

 

 LINK

 

 

 ああ、そうじゃなくて、「キューカンバ」じゃなくて「キューバ」のコトです。

 

 

 面白いなー、は。

 

 

 ええ、MACKA Bの宣伝をしておきたかったから、間違ったフリをしました。

 

 

 正直に生きたいと思っています。チト嘘つきに振り回されてそう思っています。

 

 

 えーっと、もしかしたら以前にも少し紹介したかもしれませんけど、『HAVANA meets KINGSTON』って映画、ドキュメンタリー映画が、現在公開準備中です。来年に公開される予定となっています。日本での公開は未定の様子です。

 

 

 

 

 で、「予告編」を見て頂ければ分かり易いと思いますけど、早い話が「ジャマイカのミュージシャン達がキングストンからキューバのハバナに行って、現地のミュージシャン達と一緒に作品を制作する」のドキュメンタリーです。

 

 

 予告編

 LINK

 

 

 で、映画は来年ですけど、そのサントラ盤となるアルバム、その映画の肝となる両国のミュージシャン達が共同して制作した音源が収録されたアルバム、が、年内にVP RECORDSから世界発売されるコトが正式決定しました。また詳細は改めてご案内します。

 

 

 で、その連絡、メールを朝に確認してから、VP RECORDSからの資料とかと一緒に送られてきた音源とかを聴いていたら「面白いなー」と。

 

 

 作品には「レゲエ」と「アフロ・キューバン」の合体音楽となっているので、純粋なキューバ音楽とかではないのは理解していますけど、その中で感じられる「キューバ」がなんか「面白いな」と言うか、単純に「素敵だな」と。

 

 

 ええ、それをきっかけにして、いろいろとキューバ音楽の検索&試聴&視聴を繰り返しています。

 

 

 ええ、といった感じで、今日は全然仕事してないです。

 

 

 ええ、正直にそう言っときます。

 

 

 ただ、仕事のための準備だよ、とも言っておきます。

 

 

 ええ、仕事を通じて自分が知らなかったコトを知ったり触れるコトを面白いと思います。

 

 

 でも、キューバは言葉がわからないからわからないコト多いです。それも興味深くさせます。

 

 

 まぁ、仕事を通じて知らなかった人と出会うコトも面白いと思ってます。

 

 

 ただ、何言ってんだかわかんないと言うか、平気で嘘ついてくる人とかには興味はないです。連絡とかしないでください。

 

 

 ああ、連絡して下さい。デスパイネ選手は。ソフトバンクの。

 

 

 

 

 ええ、連絡して下さい。聞きたいコトあります。キューバのコトで。通訳の方もお願いします。

 

 

 あと、キューバではないですけど、広島の通訳の人も違う意味で会いたいです。

 

 

 それと、映画関係の皆さんも連絡下さい。この映画、是非日本でも公開して下さい。かなり面白いですし、音楽も映像も素晴らしい内容です。と言うか、出て来る人達が素晴らしすぎます。

 

 

 すいませーん、以上でーす。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「ありがとうございます」&「決定です」。

 

 月曜日。

 

 

 今週もヨロシクお願いします。

 

 

 まずは「ありがとうございます」。

 

 

 先週末、金曜日の夕方に発売開始させて頂いた「GREENSLEEVES 40TH T-SHIRTS」ですけど、数多くの皆さんからオーダー頂いています。

 

 

 GREENSLEEVES 40TH

 24x7 SHOPPING

 LINK

 

 

 本日から商品発送を開始させて頂きますが(日時指定されている皆さんにはそれに合わせて送らせて頂きます)、今朝から出荷作業でワサワサしています。

 

 

 オーダー頂いたコトに「嬉しいな」ですけど、そうやって直接送らせて頂けれるコトも「嬉しいな」で、「この人はまただよ」「この人は久しぶりだよ」とか確認しながらワサワサと作業させて頂くのも「嬉しいんだよね」とニヤニヤです。

 

 

 で、今回はボディ・カラーが4カラーありますが、スイマセン、その中で「LIGHT GREEN」はMサイズ、Lサイズともに完売してしまいました。

 

 

 

 

 届いた順にオーダーを確認していて、「アレ、間違った?」「LIGHT GREENしか販売してないコトになってる?」と慌てましたけど、そうではありませんでした。

 

 

 「このLIGHT GREENってカラーは、90年代のGREENSLEEVESの12インチ・スリーヴとかレーベル、ロゴで使っていたカラーをイメージしていますよね」とメモ欄に書いて頂いた方には「大正解」です。ちなみに「YELLOW」も80年代をイメージしています。

 

 

 

 

 あと、「Sサイズ、XLサイズがないからオーダーできません」の方には「大変申し訳ありません」。

 

 

 今後に検討していきたいと思います。今後にGREENSLEEVES側にも確認して追加生産の許諾が得られた場合にはそうしたサイズでの生産も検討したいと思います。その際には事前に告知・ご連絡させて頂くように致します。何卒ヨロシクお願い致します。

 

 

 

 で、事前に告知と言えば、「決定です」です。

 

 

 ええ、RTME x OutDehのコーチ・ジャケットです。前回までのネイビーではなく、黒ボディで生産します。SとXLも少し作れると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 LINK

 

 

 メインは海外販売用になっています。OutDeh側からの要望を受けて生産します。今月末には完成予定なので、来月頭から国内分、ウチ分も販売予定です。また詳細はご報告致します。

 

 

 で、この黒ホディのコーチ・ジャケットは既に3着ありまして、自分が個人分として勝手に作って、自分が持っているんですけど、その中の1枚を7月末のCHRONIXXの「FUJI ROCK」来日・出演の時に着て行きました。「雨だし」「少し寒いし」「全部黒にしたい気分だし」とかで。

 

 

 

 

 ああ、その「FUJI ROCK」の模様は週末にフジテレビNEXT ライブ・プレミアムで放映されてました。CHRONIXXも映ったみたいです。見れた人はどんな感じだったか教えてください。観たいです。

 

 

 で、そのFUJI ROCKの時に、自分の持っていた3着のコーチ・ジャケットの黒ボディのうちの2着をCHRONIXXに送る約束をしました。

 

 

 「わかったわかった、黒があるのを言わなくてアレだったけど、別に隠していたつもりではないんだよ、持って来てないから後から送るよ」と、CHRONIXXが日本を離れた後に直行&突入したEUツアー、そのツアーでUKに入るタイミングで送りました。

 

 

 それで、CHRONIXXからも「もっと送ってよ」「欲しがっている人がたくさんいるんだよ」「ツアーの時に全員で着たいし」と連絡がありました。OutDeh側も「もう前回のネイビーの海外分は全て完売してて、追加希望が大量だから黒で作って送って」と。それで今回に作るコトになりました。それで「ウチでも少し取り扱えるでしょ」と判断しました。

 

 

 えー、という感じで、コーチ・ジャケット、黒ボディ、「決定です」です。是非ヨロシクお願いします。

 

 

 

 

 えー、と、なんか「服の話と宣伝ばっか」でスイマセン。

 

 

 もう少し音楽のコトをちゃんと書きたいな、は少し前からも思っています。求められているかとはアレとして。自分として。ちょっと色々と思うコトもありますし。

 

 

 えー、とりあえず、そんなコトも考えつつ、「どんな風に書こうか」とかも考えながら、今はますば発送を急ぎます。もう少しで黒猫さんがやってくる時間なので。

 

 

 また改めます。

 

 

 改めて、即オーダー頂いている皆さんに「ありがとうございます」。

 

 

 改めて、今週もヨロシクお願いします。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 金曜日。

 

 

 いきましょ。

 

 

 「本日配信開始」

 

 MAD PROFESSOR meets JAH9『IN THE MIDST OF THE STORM』。VP RECORDS。

 

  

 

 MAD教授によるJAH9『9』のDUBアルバム。今春のUK「RECORD STORE DAY」公式商品としてクリア・ヴァイナルのLPで900枚限定生産&発売されていた作品の正式リリース。

 

 

 デジタルとしては本日に初登場。USでのCD & 通常版LPは今月29日登場予定。是非ヨロシクお願いします。

 

 

 作品案内 LINK
 REGGAE ZION LINK
 iTunes JP LINK

 

 

 

 「本日発売開始」

 

 GREENSLEEVES設立40周年記念「GREENSLEEVES x TONY McDERMOTT x 24x7 RECORDS」Tシャツ

 

 

 LINK

 

 

 昨日のココで色々とご案内&ご紹介させて頂いた通り、本日18時〜弊社通販サイトで販売開始させて頂きます。

 

 

 LINK

 

 商品発送は来週月曜日開始。受取日を指定頂く場合を除いて順次商品発送開始させて頂きます。

 

 是非ヨロシクお願いします。

 

 

 

 「変更」

 

 EEK-A-MOUSEのコト。昨晩に案内されていました。

 

 

 

 EEK-A-MOUSEが出演する9月16日に大阪で開催されるイヴェント「SPLASH」ですけど、会場と開演時間が変更となっています。心斎橋のSUNHALL24時開演に変更されています。ご注意ください。詳細は主催する「TURTLE MAN’S CLUB」のサイト・FB等でご確認ください。

 

 


 「発行」

 

 『Gladdy Unlimited - Riddim Special Edition』。OVERHEATさんから本日に頂きました。

 

 


 OVERHEATさんは来月に「Gladdy Unlimited」を開催します。亡きGLADSTONE “Gladdy” ANDERSONへのトリビュート・イヴェントです。今回の本・ZINEはそれに向けて発行されたものですが、詳細は以下でご確認ください。販売&取り扱い先も掲載されています。

 

  

 LINK

 

 で、この本・ZINEを制作したOVERHEATのEC社長とGladdyさんの関係、それは「絆」と言えるのかもしれませんけど、それはこの本・ZINEの中でも確認できますが、そのEC社長のGladdyさんへの愛情、それは「信頼」と言えるかもしれませんけど、それがこの本・ZINEに溢れています。

 

 

 個人的にはこの本・ZINEで、改めてGladdyさんのコトを理解できたコトもですけど、そうしたEC社長の想いを、それとそれをただ想うだけではなくて、こうしてカタチとするコト、イヴェント開催もですけど、「Gladdy」を伝えていこうとするコト、そうした行動と熱意、それは「情熱」と言えるかもしれませんけど、それを理解できたコトに感激します。「ジーンとくるZINE」。

 

 

 また、そこまでEC社長を動かすコトに改めてGladdyさんの演奏家・ミュージシャンだけではない人としてのスゴさ、魅力を想像します。

 

 

 あと、学びます。イヴェントを開催するのも、本・ZINEを発行するのも色々とつきまとうものは存在すると思います。それはとっくに理解した上で、カタチとして伝え届けていくためにつきまとうモノを突破していく気持ち、それは「スピリット」、特にレゲエらしいスピリットと言えるかもしれませんけど、それを改めて確認、改めて学びます。それに憧れ、一番「ジーン」。

 

 

 何か自分に力を、それは「刺激」と言えるかもしれませんけど、それを与えてくれたコトに感謝します。今回も。また。

 

 

 色々とあったと言うか、色々とモヤモヤしていただけで何もできなかった今週の最後に何か力を与えてくれました。

 

 

 

 以上にします。

 

 今週もありがとうございました。

 

 来週もヨロシクお願いします。

 

 良い週末を。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「案内」&「更新」&「決定」&「公開」とか。

 

 木曜日。

 

 

 今日は色々。

 

 

 コレから。

 

 

 「案内」。

 

 SIZZLA『I’M YOURS』

 

 

 SIZZLA

 『I'M YOURS』

 LINK

 

 

 既報の通り、SIZZLAの最新作です。通算70数作目です。GYPTIAN他のヒットで知られるJOHNFXがプロデュース、その〈FX MUSIC〉から先月11日にリリースされています。

 

 

 で、既報の通り、そのCD商品、輸入盤商品をVP RECORDSが独占流通を開始していて、国内ではTOWER RECORDSに入荷・発売開始となりました。同社の通販サイト=TOWER ONLINEでも販売開始されています。また同サイトの「店舗で取置き」から各店の取り扱い状況も確認できます。是非ヨロシクお願いします。

 

 

 TOWER ONLINE

 LINK

 

 

 で、同作はUSとかで好発進中で、特に先週末のFM横浜「Bayside Reggae Lounge」でSAMI-Tもプレーしていたアルバム・タイトル曲「I’m Yours」が人気です。是非試聴してみてください。

 

 

 SIZZLA / I'm Yours

 試聴

 LINK

 

 

 

 次。

 

 「更新」&「決定」。

 

 「GREENSLEEVES設立40周年記念」サイト内ページを更新&トップ・ページに移動。

 

 

 GREENSLEEVES 40th

 LINK

 

 

 サイト内ページは既報の内容が多いですが、ココまでの内容をまとめてます。再度ご確認願います。

 

 

 あと、同ページ内にも掲載してますが、「予告」していました「40周年記念Tシャツ」の発売を予定通りに明日9/8に開始させて頂く予定としています。

 

 

 

 

 改めてですけど、「GREENSLEEVES x TONY McDERMOTT x 24x7 RECORDS」トリプル・コラボTシャツです。

 

 

 

 

 GREENSLEEVESの40周年を記念して、82年にROGER CRACKNELLが撮影したロンドン / シェパーズ・ブッシュに存在したGREENSLEEVESのレコード・ショップの写真、RANKING DREAD、GENERAL SAINTも映ったGREENSLEEVESが管理するオフィシャル写真を、GREENSLEEVESの数多くのアートワークを手掛けてきたイラストレーター&グラフィック・デザイナーのTONY McDERMOTが新たにイラストで再現・再生して頂きました。そのイラストをプリントしたTシャツになります。

 

 

 プリント・カラーはブラック。

 

 

 ボディ・カラーは「WHITE」「YELLOW」「LIGHT GREEN」「GRAY」の4カラー。

 

 

 サイズは「M」と「L」。

 

 

 特典は特製ステッカー&ポスト・カード。

 

 

 

 

 価格は「税込¥3500」。

 

 

 弊社通販サイトで、明日の18:00〜、の発売を予定しています。商品出荷は来週月曜日開始予定です。

 

 

 24x7 RECORDS通販

 LINK

 

 

 UKのGREENSLEEVES、TONY McDERMOTT先生にはサンプルを送付&確認済。あと、現在にGREENSLEEVESが所属しているNYのVP RECORDSにも。みなさん「いいね」。特に自身のイラストが忠実にプリントされているコトにTONY先生は「素晴らしい」と。

 

 

 UK、NY側での販売も打診されましたけど、それは今後に決めるとして「日本で発売開始」に「いいね」。現時点では日本限定発売&限定生産とさせて頂きます。ココから年内、40周年期間内に販売させて頂きます。是非ヨロシクお願いします。

 

 

 

 次。

 

 「更新」&「公開」。

 

 「公演案内」内に来日が決定しているETANAJOSEY WALESの画像を追加しました。

 

 

 

 

 公演案内

 LINK

 

 

 既に掲載してますYELLOWMANとEEK-A-MOUSEの画像を踏襲した感じです。

 

 

 

 

 

 

 「公演に便乗して商品告知」ですけど、「公演に行く際に是非各アーティストの作品・楽曲を予習して行きましょう」です、その方がきっと楽しくなるから。それと「公演から帰った際に是非各アーティストの作品・楽曲を復習しましょう」です、その方がもっと楽しくなるから。

 

 

 是非ヨロシクお願いします。

 

 

 

 次。

 

 「公開」。

 

 FAY-ANN LYONS「Block The Road」

 

 

 FAY-ANN LYONS

 「Block The Road」Official Video

 LINK

 

 

 オフィシャル・ビデオが公開されました。今春に登場した最新作『BREAK THE WORLD』収録曲です。ガーナ出身で現在話題のSTONEBWOYがフィーチャーされています。STONEBWOYは前出のSIZZLAの最新作にも参加しています。

 

 

 FAY-ANN LYONS

 『BREAK THE WORLD』

 LINK

 

 

 で、FAY-ANN LYONSは女性トップのSOCAスターですけど、男性トップのSOCAスターで、FAY-ANN LYONSの旦那のBUNJI GARLINの最新作『TURN UP』は先週に発売されたばかり。夫婦ともどもヨロシクです。

 

 

 BUNJI GARLIN

 『TURN UP』

 LINK

 

 

 で、二人は先週からNYに。連休とかでしたけど、旦那のリリパやHOT97フェス、あと、カリビアン祭日の恒例のブルックリンのパレード&カーニヴァルとかにも参加。同パレードに山車、まっ、トラックですけど、スピーカーを積んだ、をVP RECORDSも出してましたけど、今年にそのトラックに乗車していたのはほぼ全員SOCAアーティスト。

 

 

 

 

 ええ、以前にもアレしましたけど、ココ最近のSOCAの勢い、世界的な人気はスゴいとこ。ダンスホールがメインストリームに使用されるコトも増えていますけど、SOCAがダンス系で使用されるコトはもっと増えている感じで、今年の『SOCA GOLD 2017』もココ数年で最高のセールスを継続中。まっ、ストリーミングがメインになりつつあるのでわかりづらくなっていますけど、「そっかー」とビックラするぐらい。

 

 

 と、SOCA夫婦だけではなく、『SOCA GOLD 2017』も是非。夫婦も収録されていますし。

 

 

 『SOCA GOLD 2017 (CD+BONUS DVD)』

 LINK

 

 

 と、今日は告知&宣伝だらけ。

 

 

 なんかスイマセン。

 

 

 また明日。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「そうだよね」。

 

 水曜日。

 

 

 「そうだよね」と。

 

 先日に仲間のSNSで「そうだよね」と。

 

 同時に「仲間だね」とも。久しく会えてないけど。

 

 

 

 HUGH MUNDELL『AFRICA MUST BE FREE BY 1983』

 

 

 

 先日にVP RECORDS / GREENSLEEVESから再登場。

 

 

 LINK

 

 

 今回の再登場に合わせて聴いている、と言うか、聴き直しています。

 

 

 BOB MARLEYとかのいくつかの他の作品と同じように「持ってる」「何度も聴いている」「知ってる」となったまま、最後にいつ聴いたのか覚えていない感じのままでしたけど、再登場が決定したコトをきっかけに聴き直しています。で、再登場してからも連日聴いていたりします。

 

 

 自分がいつに持っているモノを買ったのかとか覚えていないですし、何度も聴いて、いつに知った気持ちになっていたのかもよく覚えていないですけど、なんか今回に聴き直してみて、「アレ? こんなに良かったっけ?」と思ったりしています。

 

 

 決して「そんなに良くないな」と思っていたのではなくて、「以前よりも良く思えるな」です。

 

 

 自分が持っていたモノと、今回の再登場のモノは収録曲とかは同じです。違うのは、リ・マスターされているコトと曲順です。

 

 

 

 

 自分が持っていたモノにも、AUGUSTUS PABLOによるDUBアルバム『AFRICA MUST BE FREE BY 1983 DUB』は合わせて収録されていますが、それはオリジナルに続いて、ボーナスみたいにDUBアルバムが追加されているんですけど、今回の再登場のモノはオリジナルの各曲の後にそのDUBが収録されています。

 

 

 

 

 ええ、下の画像の通り、ジャケットの裏面を見ると、オリジナル・アルバムの9曲に続いて、DUBアルバムの8曲が収録されているように思われてしまうと思いますけど、上のブックレットの画像の通り、実際には1曲を除いて、オリジナル曲→そのDUB MIX曲が交互に収録されています。

 

 

 

 

 変則的に思われるかもしれませんけど、レゲエでは特別な収録方法と言うか、スタイルではありません。こうしたスタイルもジャマイカのレゲエならではのカルチャーだったりします。こうした不親切なジャケ表記もそうですけど、それは見直してもいいかな、とは思っています。

 

 

 で、その再登場のモノのそうした曲順、収録スタイルが、持っていたモノと違うので、新鮮と言うか、「以前より〜」と思わせてくれるのかはよくわからないですけど、ただただ「あー、良いな、前より好きだな、この作品」なんです。

 

 

 で、冒頭の「そうだよね」はそうしたコトではないです。そうではなくて、その仲間がこの『AFRICA MUST BE FREE BY 1983』をCHRONIXX『CHRONOLOGY』に続けて聴ける、聴いてみると良い、みたいなコトを彼のSNSで書いてたコトで、自分も「そうだよね」&「そうなんだよね」なんです。

 

 

 LINK

 

 

 自分も『CHRONOLOGY』と『AFRICA MUST BE FREE BY 1983』を無意識に続けて聴いていたりするコトが多くて、そのアーティストもプロダクションも時代も色々と違うんですけど、なんか一緒に、流れで、そのまま聴いてる、そのまま聴けちゃうんだよなぁ、なんです。仲間が言うみたいに。

 

 

 まっ、自分とその仲間と同じ感覚でそうなのかはわかりません、その仲間とも久しく会ったり話したりしてませんし。多分一緒と想像はしますけど。

 

 

 で、個人的と前置きしますし、抽象的でしかないんですけど、両作に通じる「凛としてミスティック」な部分が自分としてツボなんだろうな、と。歌声に共通点を感じますけど、それよりもそれかな、と。

 

 

 ええ、なんか自分のツボを両作で確認したりしている感じもします。「あー、こーゆーの」「こーゆーのだけではないけど」「こーゆーのを求めてレゲエを聴いてたりするんだよね」とか。

 

 

 まっ、「そんな個人的なコトなんか知らん」でしょうし、「うるせーな」でしょうし、「結局は宣伝でしょ」でしょうけど、なんか良かったら試してみて欲しいな、はホントです。

 

 

 ええ、特にこっちからしても「うるせーよ」な世代の人達ではなくて、CHRONIXX世代の皆さんも試してみて欲しいなと思います。

まっ、「1983年までにアフリカが〜、って、現在は2017年だよ」でしょうし、ジャケとかの雰囲気も「濃いなー」でしょうけど試してみて。多分、「なーんだ」で良い意味で普通に聴けちゃうと思うし、その歌声とかサウンドも抵抗なく入ってくると思うから。

 


 あと、コレは今回の再登場のモノで思ったんですけど、DUBを知るのに適しているな、と。

 

 

 ええ、こうやって「ハイ、コレがオリジナル」→「ハイ、コレがそのDUB」と続けて収録されていると、その違いと言うか、「DUBってこういうコト、そういうリミックス」と頭で理解できますし、「続けて聴いて一曲って感じにもなるね」と感覚として「なーんだ、そんな難しく思ったりしなくていいのか、ただ、それもそうやって楽しめばいいのか」と理解できるかな、と。

 

 

 ええ、「知っとるわい」なうるせー皆さんも人から「DUBってなーに?」とか聞かれたら、この作品を紹介してあげてみてください。

 

 

 で、まぁ、そんな感じで聴いていると、「あー、『CHRONOLOGY』のDUBアルバムとかあるといいなー」とも。うん、AUGUSTUS PABLOが存命だったらお願いしたいかも。

 

 

 で、そんなコトを思っていると、「あー、ありがたいね」なのはJAH9ALBOROISE

 

 

 ええ、もうすぐ出る『IN THE MIDEST OF THE STORM』JAH9『9』DUBアルバム。DUBを手掛けたのはMAD PROFESSOR

 

 

 LINK

 

 

 

 LINK

 

 

 で、そうそう、「もうすぐ出る」ですけど、色々と変更もあって、配信は今週の金曜日、9/8に世界同時開始になりました。UKの商品発売日も9/8に繰り上がりました。その他の地域、USとか日本はこれまでお伝えしています9/29から変更ナシです。ヨロシクお願いします。

 

 

 ええ、「どんどん宣伝臭くなっているよ」には「うるせーな」ですけど。

 

 

 ああ、ALBOROISEは『FREEDOM IN DUB』、自身の最新作『FREEDOM & FYAH』DUBアルバムを出したばかりだから。

 

 

 LINK

 

 

 

 LINK

 

 

 本人がDUBも手掛けていますけど、そもそもこの人は歌も演奏も録音もMIXも全部自分でやる人なので、オリジナルを制作していた時からDUBアルバムのコトも想定・想像して作っていたハズ。

 

 

 ええ、『9』も『FREEDOM & FYAH』も個人的に好きな作品なので、このDUBアルバムは嬉しいとこ。

 

 

 と、結局「宣伝」にしかなってなくてアレですけど、開き直りますけど、それでも、そうしたアレはソレとして是非色々と試してみて欲しいです、全部。

 

 

 

 あ〜〜、あと、誰が自分をDUB MIXして。

 

 

 うん、ダラダラと自分が書いたモノを1/5ぐらいの文字量にして。

 

 

 オリジナルの後じゃなくて、前に掲載して。

 

 

 そうしたら、きっとみんな助かるから。

 

 

 掲載するためのパスワードとか教えるから。

 

 

 ええ、今そう思いました。

 

 

 書きながら。

 

 

 「そうだよね」と。

 

 

 「ホント」に。

 

 

 もう終わりにします。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |