CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
<< 「スイマセン」と「CHRONIXX!」。 | main | なんやかんや。 >>
「面白い」&「可愛い」&「嬉しい」。

 

 金曜日。

 

 

 面白いじゃまいか。

 

 

 ええ、昨晩にEUツアー中で、スウェーデンに滞在中のFREDDIE McGREGOR船長から連絡有。「今日はやっとオフ日」「色々と溜まっていたコトをやる」「お前に予告していた新曲も送る」と連絡有。

 

 

 

 

 先日にココでアレした通り、「早く聴かせたい」「新曲」「カヴァー曲」と予告していた曲が届きました。

 

 

 で、「このデカいファイルをそのまま貼って送るのが船長」と届いたメールのサイズ表記を見て驚きはしませんでしたけど、「それにしてもデカいファイルだな」で、以前のアナログ回線当時をTBT。うん、あの当時なら届かないな。

 

 

 で、開いてみたら、ファイルは3つ。「ああ、MIX違いもまとめて送ったのかな」とチェックしてみたら全部違う曲。つまり新曲はカヴァー曲だけではなく3曲。

 

 

 で、カヴァー曲のは「おー、あの人の曲をカヴァーしたのかー」「また船長らしい、と言うか、ジャマイカの人達は音楽を幅広く聴いているなぁ」「ラヴァーズ・ロックも得意とする船長らしい世界観と選曲だな」「ってか、自分にとってはまたこっちがオリジナルになるな」で、「いいね!」と繰り返し聴いてみたりした感じ。

 

 

 で、残りの新曲、2曲は、どちらも最初に「?」。「歌」とか「イントロ」とかではなく「会話」が録音されている感じ。

 

 

 それもよく聴いてみると、「あっ、コレは録音ブースにいる船長が、スタジオで卓をイジっているCLEVIE BROWNE(STEELY & CLEVIE)と会話している声だ」「CLEVIEと作っているんだ」に気付く感じ。

 

 

 

 録音されているのは船長の声だけで、「うんうん、こんな感じで歌うってことだろ?」「頭から強めに歌ってみるよ」「とりあえず試してみよう」「イメージはキャッチできている」とか確認したりしているのがわかる感じ。

 

 

 

 

 で、曲がスタートすると、途中のまだきっと歌詞が未完成の部分では「らーらーらー」とか、あと間奏のパートの前には「CLEVIE!、ココからホーン・セクションでこんなメロディを入れるんだ」と「ぱーぱーばー」とか、「サビのコーラスはこんな感じで」と「わーわーわー」とか入っている感じ。

 

 

 あと、「CLEVIE、ココはこれぐらいのスペースにするつもりか?」「わかった、とりあえずそのままにして歌っておこう、実際に歌う時までに調整しよう、俺はもう一度サビをリフレインするスペースがあっても良いと思っただけだ」とかも録音されている感じ。

 

 

 所謂「デモ」&「ラフ」音源。

 

 

 で、「おおー、こんな感じで曲を作り上げていくんだ」なんですけど、それが「面白いじゃまいか」だった感じ。

 

 

 ええ、アーティストとプロデューサー、それも船長とCLEVIEという盟友と言うよりも、シーンの重鎮同士がこんな感じで実際にやり取りしながら曲を作っているのを確認できるのは面白いと言うか、興味深い感じ。

 

 

 

 

 「ヴァイブスで!」もホントと言うか、「それがないなら録れないでしょ」なんですけど、「うんうん、そうだよね、そんなに雑ではないと言うか、結構緻密に作っているよね」とかも思ったところ。「メールの送り方とは別人だな」と。

 

 

 まっ、今後にこれらの曲を船長がどうするのかはアレですけど、是非お楽しみに。カヴァー曲はそれとして、新たに作っている新曲はどちらもルーツ・ロック。CLEVIEとの曲がメインの最新作『TRUE TO THE ROOTS』の延長線上にある感じの曲。引き続き船長はそのモード。自分としては大歓迎。新曲が出るまでに再確認しておいて。

 

 

 FREDDIE McGREGOR

 『TRUE TO MY ROOTS』

 LINK

 

 

 

 可愛いじゃまいか。

 

 

 ええ、JAH9が髪型を変えてました。本人にそう言うと𠮟られそうと言うか、「外見で人を言うと言うコトは〜」と睨まれそうですけど、感じたコトが全て。ええ、一見して「えっ? JAH9?、可愛いじゃまいか」と思っただけです。

 

 

 

 で、『HARDCORE』は絶賛配信開始中。最新作『9』収録シングル+CHRONIXX参加REMIX+来日間近MAD PROFESSORによるDUB MIXの全3曲収録の配信限定作。

 

 

 JAH9

 『HARDCORE』

 LINK

 

 

 JAH9は、CHRONIXXのUSツアーにも参加したり、USの大規模音楽市のSXSWにも参加したり、ココ最近は大忙し。ココからもっと忙しくなるハズ。楽しみ&期待&ご注目を。

 

 

 

 嬉しいじゃまいか。

 

 

 ええ、地域限定ネタで恐縮ですけど、現在TOWER RECORDS渋谷店内にMUROさんがプロデュースする「TOKYO RECORDS」というPOP UP SHOPが設けられています。MUROさん関連作品のレコード、CD、中古盤とかグッズがドーンです。

 


 で、現在にそこで『MURO DIGGIN' GREENSLEEVES』のポスターも展示頂いている様子。

 

 

 

 

 ええ、2013年に国内盤としてスペース・シャワーさんからリリース頂いた公式MIX CD。MUROさんがGREENSLEEVES音源をセレクト、レコードでMIX、本作用のJOHNNY OSBOURNERANKING JOEの特別音源・DUBも制作・収録している特別作。

 

 


 あと、アートワークはMUROさんの発案で、GREENSLEEVESの『RANKING JOE / WEAK HEART FADE AWAY』『THE REVOLUTIONARIES / GOLD MINE DUB』のアートワークをモチーフにNOVOLさんに描いて頂いたもの。

 

 

 

 

 まっ、もともとは、ある仲間からの「宿題」として動き出して、足掛け3年掛けて制作&発売した作品。自分としても特別に思い入れがある作品。

 


 で、現在に展示頂いているポスターは実は3枚しか作らなかったもの。MUROさん分、ウチ分、それと「宿題」としたくせにもう渡すことはできない仲間の分。

 


 現在に各店の在庫は少ないと思いますけど、見つけたら是非ゲット下さい。ウチの通販でも少量在庫しています。是非ヨロシクお願いします。

 

 

 『MURO DIGGIN' GREENSLEEVES』

 LINK

 

 トレーラー動画

 LINK


 24x7通販

 LINK

 

 

 で、ウチの通販と言えば、今週から新作を続々と発送開始させて頂いています。是非引き続きヨロシクお願いします。

 

 

 

 

 新作に合せてセール商品も是非。本日にもその中の1アイテムが完売しましたけど、どれも在庫もタイトなのはご理解・御了承下さい。

 

 

 あと、今週にアレしたJAH CURETシャツ、「RECORD STORE DAY」商品の『WHITE MAN IN HAMMER SMITH PALAIS』はどちらも来週に準備・用意・開始します。それらと合せて色々とご検討頂いている皆さんはそれを待ってからでもアレかもしれません。ヨロシクお願いします。

 

 

 

 

 『WHITE MAN IN HAMMER SMITH PALAIS』

 LINK

 

 

 以上にします。

 

 

 たくさん書きました。

 

 楽しく書けました。

 

 楽しい一週間でした。

 

 

 また来週も。

 

 良い週末を。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.247reggae.com/trackback/1580