CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
<< CHRONIXX「FUJI ROCK」とポンコツ。 | main | 『正式決定』と『質問』と『いよいよ』。 >>
「あいむ・そーーりーー」。

 

 木曜日。

 

 

 サクサク、と。

 

 

 目標&予定&未定。

 

 

 ええ、昨日が「長過ぎだよ」と思いますので。バランス。

 

 

 100回ぐらいスクロールして読み切ってくれた皆さんに「お疲れ様でした」。

 

 

 拡散してくれた皆さんには「ありがとう」。アクセスがドーンにビックラ。

 

 

 「ご案内」を。

 

 

 7/29に開始、8/6まで実施させて頂く予定となっています、E.S.P. TRICKSTAR東京&大阪店での「POP UP SHOP」のコト。

 

 

 LINK

 

 

 

 

 ええ、CHRONIXXの来日と『CHRONOLOGY』の発売を記念して、あと、CHRONIXX達のOutDehとウチのRTME(REGGAE TEACH ME EVERYTHING)のコラボを紹介させて頂くコトを目的とした企画なんですけど、昨日にE.S.P. TRCKSTARのイチ君から連絡ありました。

 

 

 「『CHRONOLOGY』発売記念Tシャツが完売しました」「東京、大阪の両店共に完売しました」と。

 

 

 「早っ」→ビックラ→「感謝します」。

 

 

 で、「CHRONIXX自身がFUJI ROCKとかで着用してたのも大きいんだろうな」と。

 

 

 

 

 ええ、本人もかなりお気に入りで、ホントは別に衣装を持参していたんですけど、渡したら「ヤバー!!」「黒ボディが一番好きなんだよー」「今日のショーはコレ着る」「ベルトも靴もコレに合うカラーの持ってる」と。で、ショーだけではなく、その前の取材からずーっと着用してました。

 

 

 

 

 で、「コレも」と『CHRONOLOGY』のアートワークそのまんまのデザインの缶バッジを渡したら、「最高だ!!」と、「缶バッジをTシャツに付けるとアートワークが目立つ効果になってるんだ」と、こちらの意図を読み取ってくれて、ニコニコしながら付けてました。

 

 

 

 

 

 えー、で、この『CHRONOLOGY』のTシャツですけど、E.S.P. TRICKSTARでの「POP UP SHOP」終了後にウチの通販で発売予定です。ええ、既報の通り「POP UP SHOPで先行発売、その後にウチで」は当初からの予定でした。

 

 

 あと、「ウチの通販では、MとLサイズだけです」も既報の通りで変更ナシです。もしアレでしたら「スイマセン」。

 

 

 缶バッジは購入特典として配布します。是非ヨロシクお願いします。

 

 

 


 で、E.S.P. TRICKSTARでの「POP UP SHOP」では、引き続き「RTME x OutDeh」のコラボ商品他を発売頂いてます。普段はウチの通販だけでの販売ですので、「現物見たい」の皆さんは是非。そちらも「残数がタイトです」とのコトですので是非。ああ、このモデルさんがイチ君です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 まっ、コチラも来日時にCHRONIXXから「もう何枚か着てるけど、このまま三ヶ月ツアーに出るから着替えとしても衣装としても追加で何枚か欲しんだけど」「白ボディを追加で欲しい」「MとLで」とか言われましたけど、「持って来てないよ、先に言っておいてくれたら用意したのに」で、「あいむ・そーーりーー」でした。

 

 

 

 

 ええ、今回の来日時のCHRONIXX一行との流行り言葉は「あいむ・そーーりーー」。

 

 

 ええ、「I’m Sorry=ゴメン、スイマセン」をワザと日本語な発音で、ワザとダラシなく伸ばして言うのが流行り言葉&笑いネタに。

 

 

 ええ、日本語だと、「ハイハイ、す・い・ま・せ・ん・で・し・たー」と、「全く悪いって思ってないだろ?」「開き直りやがって」と突っ込まれるような言い方で使うのが正しい感じです。

 

 

 ええ、今回の来日では空港から空港まで、自分が彼らを誘導する役割だったんですけど、「こっちこっち、早くこっちに来てー」と一行を誘導してみたら、「あっ、違ったよ、間違えた、あっちだった」とかで、みんなが「えー」「日本人なのに日本の表示がわかんないのかよー」「ポンコツー」とかブーブー言った時に、自分が「あいむ・そーーりーー」とそんな感じで言ったら、全員がなぜか爆笑して、以来、帰国するまでなんか誰かがヘマしたり、ポンコツだったりすると「あいむ・そーーりーー」と言って全員で笑う、って感じになってました。

 


 まっ、自分が一番言う感じだったんですけどね。言わなくても分かると思いますが。

 

 

 「なぁ、リハの時間を間違えてない? 行かなくていいの?」

 

 

 「なぁ、俺達に『絶対に携帯しておいて』って言ってたパスが落ちてんだけど、コレお前のじゃない?」

 

 

 「なぁ、またボールペン落としてるよ、まただよ、どーしてちゃんと持ってられないの?」

 

 

 「なぁ、飯食う場所って、反対じゃない? なんでいつも調べもしないで適当なコト言うの?」

 

 

 「なぁ、俺達に『楽屋に行って』って言うけど、楽屋の鍵を持ってるのお前じゃないの? 入れないんだけど。タバコ吸いに行かれても困るんだけど」

 

 

 ええ、たくさん言いましたね。数えてないです。

 

 

 ええ、そんだけ笑ったという意味でもあります。たくさん笑いました。

 

 

 まっ、毎回「アーティスト帯同」は緊張したりもするもんです。仕事ですし。旅行ではないですし。なんか緊張と言うか、気を使うもんです。ああ、FREDDIE McGREGOR船長の時は「緊張」だけです。直立不動です。「ハイ」。「スイマセンでした」。早口です。

 

 

 でも、今回は以前にも会ってますし、全員年下。

 

 

 自分からしたら「よー、いいかー、小僧どもー、俺についてきやがれー」です。

 

 

 あと、オッサンの特権もあります。

 

 

 「てかな、お前の父ちゃんと仕事させてもらってたんだよ」

 

 

 「てかな、父ちゃんに言うぞ、『朝食券』無くして涙目になってたって」。

 

 

 ええ、CHRONIXXの父ちゃんはCHRONICLE、ギターの二人の父ちゃんはそれぞれSTEPHEN “CAT” COORE(THIRD WORLD)とNAMBO ROBINSON。ええ、学ばせてもらった先輩達の息子達と仕事してるのは感慨深かったりもしました。

 

 

 ああ、亡くなったNAMBO ROBINSONの息子が「NAMBO指輪」してたのも良かったです。なんか「父ちゃんはスゴい人だったよね」「ミュージシャンとしては勿論だけど、それ以前に人として素晴らしい人柄の人だった」「あの笑顔はホントに素敵だった」とか自分が知っているNAMBOさんのコトを話せて、彼がそれをニコニコと聞きながら「うん、ウチの親父はさ〜」と嬉しそうに色々と話してくれたのも嬉しかったです。こーした時間が「来日」の時間の中で好物だったりもします。

 

 

 

 

 まっ、小僧達からしたら「もうこのオッサン、とんだポンコツだよ」「俺たちがチェックしてないと危険だよ」「ケアするのはこっちだよ」だったと思いますけど、それでいいんです。

 

 

 ええ、自分も先輩達、彼らの父ちゃん達から「自分で考えろ」「自分でなんとかしろ」と教えられてましたので。

 

 

 ええ、教えられた伝統を伝承するんです。

 

 

 ええ、「うるせーな、適当なコト言ってんじゃないよ」には「あいむ・そーーりーー」。

 

 

 ええ、「全然サクサクじゃないよ」「長ぇよ」「今日も」にも「あいむ・そーーりーー」。

 

 

 また明日。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.247reggae.com/trackback/1656