CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
<< なんやかんやと「ご回答」。 | main | 『王座』と『世界』と『激突』と『感謝します』。 >>
「無理やり」は禁止。


 そっかー。

 

 

 昨日に。いや、SOCAの話ではなくて、R.KELLYのコト。

 

 

 

 

 「マジか!?」ではなくて、どっかで「やっぱ、そっかー」と。

 

 

 R.KELLYのファン、自分とかは。世代もあるかもしれないですけど。

 

 

 確認していないですけど、多分全部のアルバムを持っているハズ。ボーナス・トラックだけのために輸入盤で持っていた作品も後から日本盤で買い直したりもしてます。あと、自伝とかも買って読んだりとかも。「大ファンじゃんか」と書いていて思いました。

 

 

 でも、ショーは一度も観れたコトなくて、「いつか観れたらなぁ」と思っていた一人。

 

 

 一昨年のNYの野外フェス「GROOVIN’ IN THE PARK」に出演すると知って、FREDDIE McGREGOR船長、TARRUS RILEY他レゲエのトップ・スター達と出演してトリを務めると知って、NYや船長の仲間達に「フル・バンドで演るの??」「顔見せではなくて、ちゃんとしたショー??」とか確認しつつ、自分の予定やNY行きの航空券・ホテルの価格もを確認しつつ、あと「なんかNYで仕事を作れんか」と模索した結果、「無理かー、またの機会に〜」とスルーしたのを覚えています。

 

 

 そのショーを仲間が現地からスマホでアレしているのを見て、「ちっ」とすぐに閉じたのも。ええ、ジェラスってホントに好きな証拠です。

 

 

 うーむ・・。

 

 

 ええ、まぁ、ラスタファリアンで、その信念・教義・姿勢みたいなモノも自身の曲で力強く歌っていたBUJU BANTONがドラッグ・ディール、それもコカインで逮捕された時に、それまでのそうした楽曲、自分が愛聴して、何度も自分の力になってくれた楽曲に対して、「さて、どーしたもんか」と自分の中で整理・消化するのに困ったりしました。

 

 

 特にBUJU BANTONは直接会ったりも、話したりも、喧嘩したりも、作品のリリースで仕事したりもしていたコトもあって、それが自分の中の「うーむ」を増大させて、長引かせました。

 

 

 その時のBUJU BANTONほどではないですけど、昨日に知ったR.KELLYのコトで、それまでのR.KELLYの作品・楽曲を「さて、どーしたもんか」で、なんか「うーむ」となっています。なんとなく。

 

 

 BUJU BANTONの時の「ラスタ」と同様に、R.KELLYの「愛の伝道師」ではないですけど、あんだけエロも含めて女性へのソレを歌ってきた人が女性に対してアレしていてきたコトがもし事実だとするなら、「なんてギャップだよ」ですし、BUJU BANTONとは違って、人を傷つけていたのなら、BUJU BANTONの時の「おーい」「もー」「あーあ」だけではなく、「チト無いな、それは」と思ってしまいます。個人的には。感じたコトが全てです。

 

 

 あと、BUJU BANTONの時の「突然」とは違って、R.KELLYは以前からアレされていたので、どっかで「やっぱ、そっかー」なんですけど、ゆえになんかダメージ的なモノは薄いですけど、ゆえにどっかで「そうかもな」と思いつつも、ずっと聴いていた自分に対しても「やっぱ、そっかー」でして、「お前はそーゆーところがあるよ」と何か言われている気になるのもBUJU BANTONの時とは違います。「不都合なコトに蓋をして、なかったコトにしたがったりするよね」と、自分に。

 

 

 ああ、逮捕とかはされていません、現時点では。見守りましょう。

 

 

 不快に思われた皆さんにはスイマセン。

 

 

 で、まぁ、R.KELLYは知っての通り、ジャマイカでも大人気で、レゲエ・ファンからも人気も高くて、一時期は新曲がリリースされると即カヴァーとかリメイクがたくさん出てきたりしてたりもしましたけど、昨日に「あー、TERRY LINENとか、それでブレイクしたよなー」とスロー・バックしてました。昨日は木曜日だったのもあって。#TBT

 

 

 ええ、ブレイク時の「Storm Is Over」「The World’s Greatest」の大ヒット曲はR.KELLYのカヴァーですし、「Your Love Is My Love」はWHITNEY HOUSTON「My Love Is Your Love」がオリジナルですけど、それもR.KELLYがWHITNEY HOUSTONの葬儀で歌った曲だったりもして、R.KELLYと繋がりのある曲と言えます。

 

 

 で、その「Your Love Is My Love」を一曲目に、「Storm Is Over」も収録、あとこれらはR.KELLYとは関係ナシですけど、「Couldn’t Be The Girl For Me」「That’s The Way It Is」「Where Do Broken Hearts Go」とかのヒット曲、カヴァー・ヒットも収録した2001年のデビュー・アルバム『TERRY LINEN』は「すっげー売れたなー」です。

 

 

 

 

 同じ年に発売されたT.O.K.のデビュー・アルバム『MY CREW, MY DAWGS』と共に、日本でもめちゃくちゃ売れたイメージ、ってか、どちらも現在でもずーっと良い意味でダラダラと売れているなぁ、な感じ。

 

 

 

 

 で、どちらもVP RECORDSからの作品で、ウチがVP RECORDSの日本代理店業務を開始した直後ぐらいの作品で、その「すっげー売れてるー」は当時のウチをかなりサポートしてくれました。

 

 

 ええ、売れている作品とかないと、店頭・メディアとかアレしてくれませんので、そうした「売れてる」を通じて、「VP RECORDS??」「日本に代理店あるの??」「だったらさ〜」と色々な方々から知って頂いたり、連絡頂いたり、知り合えたりして、ウチの基盤と言うと大げさですけど、なんか「ゼロ地点」に居たウチをアレするのに大きく貢献してくれました。

 

 

 なので、T.O.K.の方はまたアレするとして、とりあえず今日の時点でアレしたいのは、「TERRY LINEN『TERRY LINEN』もVP RECORDSの40周年の歴史の一部です」でして、「ウチにとっても歴史の一部です」でして、「とにかく今年はVP RECORDSの設立40周年です」でして、「なんか色々とやっていきますのでヨロシクです」でして、『STRICTLY THE BEST VOL.58』『STRICTLY THE BEST VOL.59』のリリースがその第一弾です」でして、「ヨロシクお願いします」なんです。無理やりですけど。

 

 

 

 

 

 『STRICTLY THE BEST VOL.58』

 REGGAE EDITION

 作品案内

 LINK

 

 

 『STRICTLY THE BEST VOL.59』

 DANCEHALL EDITION

 作品案内

 LINK

 

 

 えー、で、「TERRY LINENが今後にR.KELLYのカヴァーをどうすんのかなぁ」は「大きなお世話だろ」なんですけど、「きっと歌い続けていくだろう」です。「アーティストはアーティスト」「曲は曲」な感じでしょうし、と。ええ、VYBZ KARTELも『STRICTLY THE BEST VOL.59』に収録されています。

 

 

 で、以上です、で、オチと言うか、落とし所と言うか、「だから、何を書くのよ」なままに、それを決めないで、ダラダラと書くのは今年はやめるって決めたじゃんか、は自分に。「無理やり」も禁止だったハズ。

 

 

 スタートして一週目、もう崩壊&もう残念です。

 

 

 スイマセンでした。

 

 

 重ねて色々と不快にさせる内容だったら、スイマセンでした。

 

 

 もう一度アレして、来週からトライします。

 

 

 引き続きヨロシクお願いします。

 

 

 良い週末を。良い連休を。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.247reggae.com/trackback/1978