CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
<< なんやかんやと『公開』。 | main | なんやかんや。 >>
時の過ぎゆくままに。

 

 「あー、もー、バカヤロー」。

 

 

 えー、スイマセン、少しサクサクといきます。

 

 

 【報告】MURASAKIさん

 

 

 

 昨日によーやくお渡しできました。

 

 

 MURASAKIさんにVP RECORDS設立40周年記念のアートを手掛けて頂いたコト、その経緯、それが日本地域だけではなく、VP RECORDS公式として世界で使用されコトはお伝えしてきた通りです。

 

 

 

 

 で、そのアートを使用した、VP RECORDS本社が製作、NYで配布開始しているポスターの現物をお渡しするコトができました。

 

 

 

 

 合わせて、そのアートを使用した、ウチが製作、配布開始している日本用パンフレットの現物もお渡しできました。

 

 

 

 

 よーやく現物を手にも目にもできたMURASAKIもニコニコ。手掛けたご本人が喜んでいるのは自分の喜び。

 

 

 

 

 そのまま「打ち上げ」のフリして焼き鳥屋で4時間。確かに「長いな」。

 

 

 でも、時間は前にしか進まないのですけど、前向きな話をしているとさらにスピードが加速して「あっ」と言う間。

 

 

 ただし、前日からの話し過ぎ=アゴ痛いは悪化。

 

 

 

 【報告】『Riddim』最新号

 

 

 

 

 今朝にドーンと届きました。

 

 

 年に2回、春と秋にOVERHEATさんから発行されている雑誌版「Riddim」の最新号。

 

 

 最新号にはウチも広告出稿。ココでもVP RECORDS設立40周年を告知した内容で、当然その公式アートであるMURASAKIさんのアートをドーン。

 

 

 

 

 で、その広告にマッチした一昨日にサイト版「Riddim」で公開されたばかりの藤川毅さんによる「VPレコーズ40年の軌跡」もドーンと掲載。

 

 

 

 

 是非、広告と記事ページをセットで確認頂きたいところ。MURASAKIさんが描いたVP RECORDSの設立当時の店頭の元となった写真も記事ページ内には掲載されているので、それもも見比べたりして頂きたいところ。

 

 

 あと、サイト版に掲載頂いたKOFFEEのインタヴューも掲載されています。

 

 

 

 

 さらに、サイト版で掲載頂いたDAVID RODIGANのインタヴューも掲載されています。

 

 

 

 

 どちらも自分が書いているのでアレですけど是非是非読んで頂きたいです。

 

 

 それ以外にも最新号は色々と掲載されていますけど、今回も写真がとにかく豪華で素晴らしい限り。

 

 

 ココ最近は毎号が「まるで写真集」とも言える感じになっていますけど、今回もそう。ホント、もう「フリー・マガジンでいいのか」ぐらい豪華。ホントにリスペクトです。そもそも「VOL.347」って。347回発行してるってスゴイです。

 

 

 で、『Riddim』雑誌版・最新号はココから各所で配布開始される様子です。是非是非ゲットください。

 

 

 あと、本日発送分からウチの通販には同封させて頂きます。前出のVP RECORDSのUS版ポスターとか日本版パンフとかも。数に限りが有りますコトだけご了承願います。

 

 

 通販

 LINK

 

 

 えー、以上にします、今日は。

 

 

 ええ、チト「あー、もー、バカヤロー」なんです。

 

 

 いや、一昨日ぐらいから「今日には届くかなぁ」な海外からの荷物があって、さっきに状況を確認したんです。電話で。運送会社さんに。サイトでは状況がアバウト過ぎたのと、「あれ、この時間というコトは今日も届かないってコト??」と。「ヤバいぞ」と。

 

 

 で、「少々お待ちください、確認致します」から、電話の保留音と言うか保留音楽を延々とループで聴かされ続けたんです。

 

 

 一旦その音楽が止まって「あっ、担当者さんが出てくる」と勘違いして、自分から「もしもし〜」と話しかけた瞬間にまた音楽が再開されるのってスゴく嫌です。とってもロンリー。誰も近くに居なくてラッキー。

 

 

 ああ、先日にウチの通販のお客さんに確認したいコトがあった時の保留音みたいなのは「銭形平次のテーマ」でした。

 

 

 「なんだコレ??」「なぜ銭形平次??」と思いつつ、それに合わせて「お〜と〜こぉ〜だったぁらぁ〜」と歌いそうになりましたけど、歌っている時に相手が出てこられたら嫌なので我慢しました。

 

 

 そんなコトはどーでもいいよ、と自分に。

 

 

 ええ、結局のところ、

 

 「確かに荷物は集荷されています」

 

 「ですが、サイトに掲載されている予定とは異なっています」

 

 「現地で予定していた便には搭載されていません」

 

 「予定していた便の荷物が多過ぎて、載せられませんでした」

 

 「安い運賃を選択されているとそういう目に遭いやすいです」


 「現地のイースター休暇でさらに現地を出るのが遅れています」

 

 「GW期間中は税関も配達もお休みです」

 

 「なので、届くのは二週間後です」

 

 「正式に日程はGW明けにご確認ください」

 

 

 で、「間に合わない・・」「間に合わねぇってコトなんだよ」が判明したところです。

 

 

 「あー、もー、バカヤロー」となっているところです。

 

 

 ええ、チト困ってます。

 

 

 チトではないな。

 

 

 もし「どーなってる??」の電話掛かってきたら、とりあえず延々と歌ってみる、保留音のフリして、どーだろ?

 

 

 今なら気分で沢田研二の「時の過ぎゆくままに」かなぁ。

 

 

 って、もっと怒られるだけ。

 

 

 あーあ、どーしよー・・。

 

 


 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.247reggae.com/trackback/2046