CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
<< 『正式決定』と『STB』と『発見』。 | main | なんやかんやと『Dutty Man』。 >>
CHRONIXXとKOFFEEとなんやかんや。


 10月10日。

 

 

 CHRONIXX誕生日。

 

 

 

 

 おめでとう。

 


 現在は引き続き新作の制作中。

 

 

 当初の発売予定から遅れていますけど想定内。期待も信頼もしているので、ただ楽しみにして待っているところ。

 

 

 改めて『CHRONOLOGY』をヨロシクです。

 

 

 CHRONIXX

 CHRONOLOGY

 作品案内

 LINK

 

 

 ずーっと売れ続けていて、聴かれ続けていて、なんか既に「クラシック」「定番」な感じですけど、ココからもずーっとそうなるハズ。

 

 

 特に収録曲の中では国内の「I Can」の配信での再生回数は驚異的。自分もよく聴きますけど。

 

 

 CHRONIXX

 I Can

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 あと、今年は『DREAD & TERRIBLE PROJECT』の発売5周年を記念して、「Jah Is There」を追加収録、ジャケット新装、リマスターで配信限定再発していますので、そちらも是非。

 

 

 CHRONIXX

 Jah Is There

 OFFICIAL VISUAL - In UGANDA

 LINK

 

 

 CHRONIXX

 DTP5 - DELUXE EDITION

 作品案内

 LINK

 

 

 

 それと、今夏にはKOFFEEと共にED SHEERAN&JUSTIN BIEVER「I Don’t Care」REMIXに参加していますので、それも改めて是非。

 

 

 ED SHEERAN & JUSTIN BIEVER

 I Don't Care - REMIX

 Feat. CHRONIXX & KOFFEE

 YouTube

 LINK

 

 

 

 で、来月の10日には、CHRONIXXはKOFFEEと共にUK公演を実施。昨年11月のロンドン公演の続編な感じ。

 

 

 

 

 昨年はチケット10,000枚が完売。昨年の10,000枚完売も大きな話題となりましたけど、今年はチケット約25,000枚の会場で完売間近。スゴい人気。さらに拡大している感じ。現地に居る&行くの皆さんは是非お早めに。

 

 

 

 

 

 KOFFEEのコトも。

 

 

 夏の長期の世界ツアー、EU/USの野外フェス&EU/USの単独公演&DANIEL CAESARとのUS/カナダ・ツアーを終えて、ジャマイカに帰国中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 KOFFEE x NEW YORK

 JAPAN EDITION

 YouTube

 LINK

 

 

 現在はジャマイカで「SCHOOL TOUR=学校訪問ツアー」を実施中。

 

 

 

 

 現地の高校を中心に訪問して、生徒達の前で歌ったり、トークしたりする感じ。って、KOFFEEもまだ19歳ですけど。

 

 

 

 

 でも、年が近くて、実際に現在に世界的活躍をしているKOFFEEの歌や発言、その存在は生徒達にとってリアルで説得力もあるハズ。

 

 

 

 

 テーマは「#HaffiMakeIt」。ザックリと「夢と希望を実現しよう&できる&やらないとダメ」。

 

 

 生徒達と大合唱する大人気曲「Toast」は人生賛歌、生きるコトを祝福、生きているコトに感謝、ザックリと「生きているだけで丸儲け」「だからこそ」なポジティヴなメッセージ&啓蒙ソングでアンセム。

 

 

 KOFFEE

 Toast

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 KOFFEEに限らず、CHRONIXXもそうですけど、ジャマイカのアーティスト達のこうした活動、子供達だけではなく地域・社会へのボランティア活動は昔からの伝統。プロモーションではなく、シェアし合うような感覚と思考と行動。

 

 

 文房具とか物資を寄付するだけではなくて、夢を実現したスターとして、夢を持つ子供達の気持ちと背中を後押しするのも役目。「自分も叶えた、君も叶う」「自分と君に共通するのは努力し続けるコト、その気持ちと姿勢が必要というコト」。

 

 

 

 

 

 KOFFEEも前出のCHRONIXXとのUK公演の他、まだ幾つも海外公演、フェスが予定されていますけど、ココから新曲を制作予定。

 

 

 わずか2曲でメジャー契約、ほぼ真っさらなままに制作した「Toast」を始めとする『RAPTURE』収録曲から、「世界」を見て、知って、感じた短くも濃過ぎる時間での経験がココからの楽曲にどう反映されていくのか、どう成長・進化していくのか、こちらもCHRONIXXの新作と同様に楽しみです。

 

 

 KOFFEE

 EP RAPTURE

 作品案内

 LINK

 

 

 CHRONIXXとKOFEEE、間違いなく現在のジャマイカを代表する、「世界」で活躍するトップ・スター。是非ココからも注目・サポートをヨロシクお願いします。

 

 

 

 

 

 

 今日は以上にします。

 

 

 またね。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.247reggae.com/trackback/2146