CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
<< なんやかんや。 | main | なんやかんやと色々と。 >>
『遅れたご報告』とかなんやかんや。


 水曜日。

 

 

 色々とワサワサ。

 

 

 体調を崩したコトと、そのせいでCOCOA TEAのライヴを見逃したコトを深く反省&後悔しながらワサワサと休んでいた期間のコトを取り返していたりします。

 

 

 で、スイマセン、遅れた「ご報告」があります。

 

 

 少し前のコトになるんですけど、

 

 

 自分が休みに入ったのは台風19号が直撃した先々週の土曜日でしたが、その影響で自分も予定より16時間遅れて旅先に到着したのですけど、到着してスマホを起動させたら留守電が1件入ってました。

 

 

 「大至急連絡をくれ」とFREDDIE McGREGOR船長からのメッセージが入っていました。

 

 

 ココ最近に船長と連絡を取り合っているコトもあって、「そのコトかな」「でも、『大至急』って、何か自分に伝えたコトに問題があったかな」と思いつつ、少し面倒にも思ってしまいました、正直なところ。旅先でしたし、「休もう、仕事とかは全部アレして」な気分でしたので。

 

 

 でも、それをそのままにスルーして休む気にもなれずに、船長の滞在地の時差とかもあって確認した翌日に電話してみました。

 

 

 

 

 で、電話に出た船長からは開口一番に「おー、待ってたよ」で「大丈夫か??」と。

 

 

 「家族や仲間も大丈夫か??、みんな無事なのか??」と。

 

 

 ええ、船長は「日本の台風のニュースを見ていて心配になって連絡したんだ」でした。

 

 

 それを聞いて、自分勝手な思い込み&勘違いして、ワガママに面倒にも思った自分を恥じました。

 

 

 思えば、船長はいつもこうした時に真っ先に連絡をくれる人でした。震災の時もつながるまで電話を掛け続けてくれました。

 

 

 で、船長からは自分にだけではなく、皆さんにもお見舞いの言葉を頂いていて、それを伝えるように言われていました。

 

 

 「皆さんの無事と安全を願っている」と。

 

 

 お伝えするのが遅れて大変申し訳ございませんでした。何卒ヨロシクお願いします。

 

 

 

 で、船長ですが、一昨日の夜にキングストンでショーに出演していました。当日の21日はジャマイカの「NATIONAL HERO’S DAY」=ジャマイカの発展に貢献した7人の偉人を讃える祝日で、その祝典的なショーで少し歌っていました。

 

 

 

 

 で、毎年「NATIONAL HERO’S DAY」の日(10月第3月曜日)には、ジャマイカ政府によるジャマイカ名誉勲章の授賞式が執り行われますが、今年はSEAN PAULが受賞しました。

 

 

 

 

 これまでもレゲエ・アーティスト&関係者が同勲章を授与されていますが、どちらかと言えばその長い活動と功績に対して授けられる場合が多く、JIMMY CLIFFを筆頭に、それこそ船長とか、所謂ヴェテラン&年配の方々が対象となるケースがほとんどで、今年のSEAN PAULの受賞に対しては「異例の若さでの」と言えるかもしれません。SHAGGY以来かもしれません。

 

 

 あと、SEAN PAULは周知の通り、現在も世界でバリバリにメジャー〈ISLAND〉から新作&新曲をリリース、数多くのトップ・スターとのコラボも実施&リリース、ツアー活動もしていまして、その功績も今後にどこまで拡がったり、大きくなるかがわからない中、まだ「最中・過程」とも言えるタイミングでの授与も異例と言えるかもしれません。それもSHAGGYと一緒ですけど。

 

 

 今夏にリリースされた最新曲はコレです。

 

 

 SEAN PAUL

 When It Come To You

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 ただ、SEAN PAULが今後にどこまでアレするのかはソレとしても、これまでの活動と功績だけで十分にそうした評価を受けたり、対象となるコトは明らかだったりもして、そうした意味では遅すぎる受賞と言えるのかもしれません。

 

 

 で、「へー」な皆さんはコレを。

 

 

 SEAN PAUL

 - A Life in Riddims -

 LINK

 

 

 UKのBBCが今夏に公開したSEAN PAULのドキュメンタリーです。本人も出演してこれまでのキャリアをまとめて紹介してくれています。それこそ水球していた頃から、「それに合わせて、Just Gimme A Light〜、って口ずさんでみたのさ」とブレイクの頃から現在までを紹介してくれています。

 

 

 改めてSEAN PAULの「スゲー」を再確認できる内容で、「そもそもこうしたドキュメンタリーが制作されるのがスゲー」だったりもするんですけど、それを見つつ「ああ、自分の知り合いのユーツ達の中には『SEAN PAULがきっかけです』『DUTTY ROCK』『Diwaliの曲で』と言う人達も結構多いんだよな」と思ったりもしました。

 

 

 「もうユーツじゃねぇか、アイツらも」ですけど、その功績と言うか影響の大きさを思ったりもしました。

 

 

 そうそう、先の船長が電話している写真も「SEAN PAULがきっかけです」なユーツがUKで撮影して送ってくれたもので、そのユーツも、宮田君ですけど、彼も「もうユーツじゃねぇか」ですけど、もしSEAN PAULがいなかったら現在にUKに移ってレゲエ関係の写真とか撮ってないわけで、それも「スゲー」です。

 

 

 えー、SEAN PAULに「受賞おめでとうございます」。

 

 

 振り返ると、自分もSEAN PAULの登場と世界、そして日本でのブレイクに色々と授けてもらったりもしています。お祝いだけではなく感謝の気持ちも込めて「おめでとうございます」です。それと「今後のさらなる活躍も期待しています」です。

 

 

 長いな、です。

 

 

 復調しつつある証拠です。

 

 

 引き続きヨロシクお願いします。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.247reggae.com/trackback/2149