CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
<< なんやかんや。 | main | なんやかんやと色々と。 >>
なんやかんや。


 ワクワク。

 

 

 多分今日から。

 

 

 昨年末から準備していたモノが今日から続々と到着予定。来週まで毎日のように国内外のあちこちから事務所に届く予定。すっげー楽しみ。

 

 

 で、どれも「決まってから言え」で「スイマセン」ですけど、是非お楽しみに&来月からヨロシクです。

 

 

 違う話を。

 

 

 連日「KOFFEE」だったので、それとも違う話を。

 

 

 今日は「KRANIUM」を。

 

 

 

 

 何度もアレしていますけど、改めてジャマイカ生まれでNY育ちのダンスホール・スターです。

 

 

 世界的なスターで、数字だけ見るとVYBZ KARTELとかPOPCAANとかよりも聴かれているのと、聴かれているマーケットも広く、US / EUから、アフリカ / 中東 / オーストラリア&ニュージーランドとかも獲得している感じ。ツアーも世界的。

 

 

 昨日にMASTA SIMONとダラ電話した時も「KRANIUMねぇ、そうなんだよね、なーんで日本では、日本だけではそこまで知られてないんだろね」でしたけど、現在の国内洋楽市況もあってか、契約しているレーベルのATLANTIC、レコード会社で言うとワーナー・ミュージックもほぼ国内ケアはスルー状態だったりするのも影響していると言うか、もったいない感じ。

 

 

 まっ、ワーナーさんの抱える洋楽アーティストは大量で、KRANIUMよりもスターなトップ・スターもたくさんいるわけで、それこそ現在なら近々にプロモ来日が決まったLIZZOとかそうですし、全部を全部タッチできないのは理解してます。ノー・ディスリスペクト。

 

 

 で、「もったいないなぁ」は、そんな感じでKRANIUMが現在に世界で、メジャーで活躍・活動している数少ないダンスホール・アーティストで、日本でもそのフィールドでドーンと知られると、そのフィールドの人達にもダンスホールへの入口・扉みたいにもなって、その全員でないとしても他のダンスホール・アーティストとか、その楽曲とか色々と知ってもらえるだろうになぁ、もそうですけど、

 

 

 何よりもKRANIUMが昨年末にリリースした、実質的なデビュー・アルバムとなる『MIDNIGHT SPARKS』が素晴らしくて、それを聴いてもらえるとなぁ、だったりです。

 

 

 

 

 ええ、アフロビートもトラップもR&Bも「現在」を吸収・消化している「現在」のダンスホールの魅力が詰まった作品は、ダンスホール好き以外の「現在」の音楽好きには楽勝なハズで、そのまま「現在」のダンスホールを楽しむコトも容易にさせてくれると思っています。

 

 

 で、全然すり寄ってなく、そのままにコアなダンスホールでリリックもハードなんですけど、なんて言うか、その伝え方、間口の広い伝え方が秀逸で、配信のみでのリリースですけど、全曲を聴き通させる熱量もアイディアも構成も練られた「アルバム」としての完成度も見事です。

 

 

 で、「もったいないなぁ」とばっかり言っていてもアレでして、「コレぐらいは」とウチで告知画像みたいなのを作って貼ったりしています、SNSとかで。勿論、ワーナーさんに確認&許可を取って。先方も「是非」でして。

 

 

 

 

 でも、「そんなのだけではアレだよな」と思っていたら、先日に発行された『MUSIC MAGAZINE』誌の最新号に作品のレヴューが掲載されていました。書かれていたのは鈴木孝弥さん。

 

 

 MUSIC MAGAZINE

 LINK

 

 

 で、「そりゃコーヤさんならチェックしているよね」でしたけど、そこに書かれていたレヴューが「そうそう、その通り、自分もそう思います」な内容で、なんか勝手にそれに安堵しつつ、「たくさんの人に届くといいなぁ」でした。

 

 

 「ダンスホールの次代をリードする

  ジャマイカ出身歌手の初フル作」

 

 

 で、先日にその写メをKRANIUM側にも送って、「もしかしたら日本で『KRANIUM』と印刷されたのはコレが初めてかもよ」と伝えたら、「モーアレだから、日本に行ってライヴしてぇな、それで直接伝えたいぜ」でした。

 

 

 ええ、「来てよ」でした。ワーナーさんヨロシクです。

 

 

 で、その際に色々と「最近どんな感じ??」とやり取りしたんですけど、その時に教えてくれたのが公開されました、昨日に。

 

 

 KRANIUM

 In Charge - Live Session

 YouTube

 LINK

 

 

 VEVOのコンテンツ「Ctrl」での特別動画。『MIDNIGHT SPARKS』に収録されている「In Charge」ライヴ・セッション動画。見てみて。

 

 

 あと、「In Charge」にはOFFICIAL VIDEOもあるからそちらも是非。

 

 

 KRANIUM

 In Charge - OFFICIAL VIDEO

 YouTube

 LINK

 

 

 あと、USとかEUでも作品発売後のショーが行われていたり、決定していますけど、昨日にロンドン公演が「完売」で追加公演が告知されていましたけど、「まぁ、だよね」と納得ですけど、作品発売によってさらに人気&注目度が上昇している様子、あっちでは。

 

 

 

 

 まっ、好き嫌いはあって当然ですし、以前にも「音とか歌のメロディ&フローは好きだけど、歌詞がエグ過ぎて、エロが過ぎる曲とかもあって、それはあまり・・」と、「いや、君のその格好の方がエロが過ぎないか??、乳半分見えてるじゃんか」な女子に全く視線が合わないまま指摘されたコトもありましたけど、って、そんな音楽の話をその女子としているコト自体が「もったいない」と言うか、もっと違う話をしたかったんですけど、「だって夜中の2時だぜ」「その子も一人で来てたんだぜ」なんですけど、

 

 

 えー、なんだっけ??、

 

 

 ああ、とにかくですね、なんか聴かないのはもったいないから、聴いてみてください、とか言いたいだけです。

 

 

 ええ、とりあえずKRANIUMをヨロシクです。

 

 

 ああ、日本語では勝手に「クレニアム」と表記していますけど、言葉にする時には「クレェニィャム」な感じです。

 

 

 と、書いていたら、荷物届きました。一つ目。ワーイ。

 

 

 またね〜。

 

 


 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 12:11 | comments(0) | - | - | - |