CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
<< なんやかんやと「前例のない時間」。 | main | なんやかんやと『ご案内・ご報告』と『れっと・いっと・ごー』。 >>
なんやかんやと『ただ行っただけ』。

 

 「放送自粛」

 

 

 と、「パチンコ店」の報道を見ていて思いました。

 

 

 ええ、BOOGIE MAN「パチンコマン」

 

 

 BOOGIE MAN

 パチンコマン

 YouTube

 LINK

 

 

 いや、勿論「パチンコ賛歌」では全くないですけど、それでも現在は「そうだろな」と。雰囲気的に。

 

 

 で、先日にBOOGIE MANに連絡しました。なんとなく。

 

 

 

 

 いや、「パチンコマン」のコトではなくて、「コレって一緒に行ったやつだよね??」と。

 

 

 KILLAMANJARO vs KING ADDIES

 Portmore Enetertainment Centre

 APRIL 22 1995

 LINK

 

 

 ええ、別に検索とかしたわけでもないんですけど、なんか突然にネットに「アナタにオススメ」みたいに表示されて「ん??」と見た、と言うか、聴いたんです。

 

 

 いくつかに分かれて動画になっているのは知っていましたけど、コレは5時間半のほぼフル音源で、「こんなのあるんだ」&「とっくに知られていた??」でした。

 

 

 でも、BOOGIE MANも「そうですね」と共に「こんなクリアな音で音源残っているんすね」とレスしてきたので、「あー、そんなには知られてない音源なんだ」と思いつつ、「まー、どっちでも良いけど、コレは在宅モードの現在には良いね」と垂れ流しして聴いてました。

 

 

 ええ、現在も「歴史的サウンド・クラッシュ」とされる「KILLAMANJARO vs KING ADDIES」の音源です。1995年4月22日開催ですから、ちょうど25年前ぐらいです。

 

 

 BOOGIE MANは、その前年の94年に「パチンコマン」をヒットさせて、95年にデビュー・アルバムを制作開始、そのデビュー・アルバムに収録する2曲を制作するためにジャマイカに行くコトになりました。

 

 

 で、自分は当時に「パチンコマン」をリリースしていたレコード会社の中で94年からレーベルとして「24x7 RECORDS」を開始していて、そのBOOGIE MANが所属していた別部署の人から「ジャマイカのレコーディングをコーディネイトして」と言われて一緒に行くコトになりました。

 

 

 で、キングストンに着いたら、もうこのクラッシュのコトでワサワサしていました。使用したスタジオのMIXING LABでも皆さんワサワサで、エンジニアを依頼したFATTA=LYNFORD “FATTA” MARSHALLも、BULBY=COLIN “BULBY” YORKとかも「どっちが勝つかなー」「ジャロじゃろ」とかでワサワサでした。

 

 

 ええ、皆さんがこのクラッシュ、RICKY TROOPERを要するジャマイカのKILLAMANJAROと、当時にTONY MATTERHORNも所属していたNYのKING ADDIESとのガチンコ決戦にワサワサしていました。

 

 

 で、「行きましょー」と自分達も行くコトにしました。「ポートモア・エンタテイメント・センターって、どんなセンター&会場かなー」とバンをチャーターして行ってみました。

 

 

 そしたら、ただの空き地。ブロック屏とフェンスで囲まれただけの空き地。そこに長蛇の列。並んで待ってても横入りされるだけ。なので「皆さん、着いて来てくださーい」とグイグイ進む感じ。なんか自分は旅行ガイド的な役割にもなっていて。

 

 

 ええ、BOOGIE MAN以外にもスタッフは複数同行していまして、BOOGIE MAN以外は全員初ジャマイカで、あくまでもBOOGIE MANの当時のスタッフで、特にレゲエとか、少なくともハーコーなサウンド好きとかではなくて色々とケアが必要だった感じ。

 

 

 で、「あー、なんとか会場に入れた」で、「皆さん無事ですかー」に「スイマセン、パスポート失くしました」な人がいて、「えっ!?」ではなくて「イラっ!!」。

 

 

 間違いなく年上の方でしたけど、「こんなところにパスポートとか持って来ないでくださいよ!!」とキレつつも、「あー」「もー」で、自分が探しに行くコトに。

 

 

 で、「絶対スリだよ、スラれているよ」「明日に大使館に連絡かー」とかイライラしてたら、ゲート近くで肩をパンパン叩かれて、「なんだよー」と見たら、ジャマイカン。手にパスポートを持って「お前の??」で解決。ギヴ・サンクス。

 

 

 で、まぁ、当時のクラッシュなので、勝敗をジャッジするわけでもなく、ただ持ち時間をお互いにプレーし合って、客が「勝った」「負けた」を自由に判断する感じなので、そのプレーを聴きながら「おー、キタキター、始まるぞー」なんですけど、「皆さん、楽しみますよー」と周りを見たら、「おーい、一人いないじゃんか」。

 

 

 ええ、同行していた中の一人がいない、しかも女性で、「えっ!?」ではなくて「イラっ!!」。

 

 

 間違いなく年上の方でしたけど、「おい、どこだよ」とプレーとか聞かずに客をかき分けて探していたら「おーい!!」。

 

 

 ブロック屏にもたれて、しゃがんで爆睡しているじゃまいか、で、叩き起こしたら「時差で眠いわ〜」。意味なく「全身ヒョウ柄で良かったっすよ」。

 

 

 で、再びにプレーに集中しつつ、BOOGIE MANに「このADDIESのTONY BLAXTONって本物かな」とか話してたら、今度は「帰りたーい」。

 

 

 ええ、同行していた一人、もう一人の女性が、徐々にギューギュー&緊張感も熱も高まっていた雰囲気にビビって半泣き状態に。 

 

 

 で、「えっ!?」で「イラっ!!」としたら、頭の真横で「パンパンパン」と乾いた音がして、「なんだよ、耳が痛いだろ」と見たら、セキリュティが銃を撃っていて、「へー、銃ってこんなに乾いた音がするんだね」ではなくて、「おいおいおいおい」で、「塀を乗り越えて入って来ようとしてる客をめがけてマジで撃ってんじゃん」で、それを「セキュリティが撃っている」と理解していた自分達はそれとして、「誰かが銃を乱射している」と勘違いした離れた客達はパニックになって、もうなんかぐちゃぐちゃに。

 

 

 で、同行していた一人、その中での一番の責任者的な立場の人が「八幡、もう出るぞ、全員連れて出れるようにしろ」と言うのに「えっ!?」で「イラっ!!」。「アンタだろ、その役目は」と思いつつも、「皆さん脱出しまーす」に。

 

 

 でも、出ようとしてもゲートには大量の人でぐちゃぐちゃで、「あー、無理だろ」な感じに。「どーしよー」なままに、それでも「いいですかー、皆さん、列になってくださいねー、各自の手を掴んで離さないようにしてくださいねー」「自分が進んで行くので、それに手を離さず列になったまま続いてくださいねー」とグイグイ。

 

 

 「あー、毎朝東京の満員電車に乗っている経験とスキルはポートモアで役立つか〜」と進んだんですけど、「やっぱり出れないよ」「ゲートを開けたら人が出るタイミングに中に入り込む人も出てくるからって閉じてやがるよー」で困ってたら、「あっ!!」。

 

 

 ええ、そこでバッタリと当時にジャマイカで暮らしていたNAHKIさんと再会。普通に、あの声で「やぁ、久しぶり」「ジャマイカ来てたんですね」で、「いや、それどころじゃないじゃないですよ」。

 

 

 でも、NAHKIさんが冷静だったのは知っていたらから。「アソコのフェンス、押したら出れるよ」で「えっ!?」。

 

 

 それで、全員無事脱出。自分の役目は完了。

 

 

 ええ、なので、「行きました」ではありますけど、「全然聴いてなかったのに等しいです」で、「最後まで居ませんでした」です。正確には。

 

 

 なので、翌日以降にスタジオとかで「えっ!? 行ったの??」「どーだった??」と聞かれても「うーん、バッドだったねぇ」と誤魔化した感じ。

 

 

 当時はネットとかもないので、テープとかが出回るまでは行った人に聞くしかないから、「どっち??」「何をプレーした??」と聞かれるんですけど、「うーん、バッドでしたよ」。

 

 

 と、25年経った現在に「へー、こんな感じだったのねー」と知る感じ。「てか、ガン・ショットとかあっても普通にプレーが続くってスゴいな」と当時の「普通」も確認する感じに。

 

 

 ああ、で、この一夜のコトも少し歌われた曲をBOOGIE MANはジャマイカで録音して、そのデビュー・アルバムにも収録しています。

 

 

 いや、「さすが、BOOGIE MAN。すぐに曲にしたってよ」ではなくて、「ジャマイカに行く時までにリリックを作ってなかったよ」です。まっ、それぐらい当時は多忙だったというコトにしますけど。

 

 

 再発してくんないかな。アルバムとか、当時のカタログとか。

 

 

 

 

 少し自分も考えようかな。

 

 

 と、今日は以上にします。

 

 

 うん、長いよね。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 14:48 | comments(0) | - | - | - |