CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
<< なんやかんや。 | main | なんやかんやと『楽しみ』。 >>
なんやかんやとダラダラ。


 なるほど〜

 

 

 と、スマホで学びました。

 

 

 NYのコト。

 

 

 いや、現地の街の情報は溢れていますけど、現地のレゲエ・シーンの情報はその大きさを思うと少なくて、また偏っていたりもして、知りたい「どんな感じ??」が今ひとつ分かりにくかったりします。

 

 

 勿論、VP RECORDSの本社はNYにあるので彼らに聞いたり、MAX GLAZERとか現地のDJ&関係者達に直接聞いたりしてはいますけど。

 

 

 

 

 で、ココ最近にVP RECORDSが「NOWA POWAに合わせて踊って動画をアレして」なチャレンジ企画をSNSで実施したりしてて、

 

 

 

 

 それを通じて「あー、やっぱりNY、ブルックリン拠点のNOWA POWAって現地ではスゴい人気なんだな」を確認していました。

 

 

 NOAH POWA
 Spend ’Nuff Money

 発売案内&試聴
 
LINK

 

 

 

 

 

 ええ、この新曲「Spend 'Nuff Money」の発売に合わせた企画なんですけど、そのリリースに向けてVP RECORDSから届いていた「資料」での「スゴい人気です」よりも、そうした動画を投稿している人達の様子・容姿・雰囲気・人種の幅、あと投稿数とかで「目」&感覚でそのスゴさを理解できた気もしています。

 

 

 まっ、コレはNOAH POWAに限らずなんですけど、例えばKRANIUMもNY、クイーンズ拠点で、メジャー契約&プラチナム・ディスクも獲得していたり、配信の再生数とかだとVYBZ KARTELとかよりも世界では多かったりもしていますけど、そのスゴさもなんか伝わってこない感じがしています。

 

 

 

 

 まっ、どーしても「ジャマイカ」が存在するシーンですから、ジャマイカで注目&人気、それこそVYBZ KARTELとかの曲よりも人気にならない限りはNOAH POWAもKRANIUMもジャマイカ出身ではあっても「外様」な扱いのままジャマイカからは発信されなかったりもするのもあるとは思います。

 

 

 まっ、でも、KRANIUMの「Gal Policy」は現在にジャマイカにも浸透しつつあるので、もしかしたらココで一気に変わるかも、と期待もしています。

 

 

 KRANIUM

 Gal Policy

 OFFICIAL LYRIC VIDEO

 LINK

 

 

 ああ、あと、NYと言えば、HOODCELEBRITTYもそうです。

 

 

 

 

 ええ、「Walking Trophy」『REGGAE GOLD 2018』収録曲でブレイクして、メジャーに進出している女性ダンスホール・アーティストです。

 

 

 HOODCELEBRITTY

 Walking Trophy

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 

 REGGAE GOLD 2018

 作品案内

 LINK

 

 

 彼女が3月に新曲「Run Di Road」を発表しているんですけど、約一ヶ月半でOFFICIAL VIDEOだけでも約2500万回再生されているんですけど、全然伝わっていない気がしています。

 

 

 HOODCELEBRITTY

 Run Di Road

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 で、「スゴい再生回数だね」と驚くんですけど、曲を確認してもっとビックラしました。

 

 

 ええ、上記からチェックして。

 

 

 ええ、BAM BAMCHAKA DEMUS & PLIERS「Murder She Wrote」。それの更新版。

 

 

 

 

 ええ、この大ネタでハズしたら最悪ですけど最高に仕上げてくれています。

 

 

 それがこの再生回数、世代を超えて人気を集めている理由だとも思います。

 

 

 

 ね、NYにも良いアーティストが色々といるんですよね。音もスタイルも良いんですよね。もっと知れたり、知られたりすると良いんですけどね。

 

 

 で、「あー、NYに行きたいなー」となって、我慢するしかないんですけど、次回はもっとこーしたNYアーティストのショーとか観たいですね。野球だけでなく。

 

 

 ええ、これまでもNYに行ってもジャマイカのアーティストばっか観て来たような気がしています。

 

 

 やっぱ現地でも「ジャマイカ」はあったりして、ショーの数もフェスとかも「ジャマイカ」の方が地元勢よりも目立ったり、大きかったりもしますので。

 

 

 まぁ、NYでもそうならそりゃ情報もそうなるよな、ですけど。

 

 

 ああ、で、最初に戻ってNOAW POWAですけど、「Spend ‘Nuff Money」の人気を受けて、それに続いて「No Stress」が今後にシングルとして配信で再リリースされるコトになりました。

 

 

 

 

 また詳細はアレしますけど、「No Stress」は昨年の『STRICTLY THE BEST VOL.60』で初公開・収録された&されている曲です。

 

 

 NOAH POWA

 No Stress

 OFFICIAL AUDIO

 LINK

 

 

 同作収録曲として既に配信はされていますけど、改めてシングルとして再リリースされる予定です。

 

 

 STRICTLY THE BEST VOL.60

 作品案内

 LINK

 

 

 ああ、で、この『STRICTLY THE BEST VOL.60』のアートワークはMURASAKI画伯に描いて頂いたモノで、一緒に参加した「VP RECORDS設立40周年記念コンサート」の会場をテーマにして描いてもらったものなんですけど、

 

 

 このコンサートもNY、マンハッタン、そのど真ん中のセントラル・パークで開催されたんですけど、出演したアーティストにはNYのアーティストはゼロだったな、です。ELEPHANT MAN / JUNIOR REID / RAGING FYAH、それにESTELLEでしたし。

 

 

 

 

 うん、そりゃそーなるな、です。

 

 

 って、日本もそんな感じなんですけどね。

 

 

 えー、と、なんか変な時間に海外の動画ライヴとか見てたりして、なんかダラダラしちゃっていたりもして、ダラ書きみたいでスイマセン。

 

 

 で、「明日は朝の7時からコレかー」で、「また、昼に眠くなるなー」です。

 

 

 

 

 ええ、もー、以上にしましょ。

 

 

 変な時間ですけど、おやすみなさい。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 15:29 | comments(0) | - | - | - |