CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
<< なんやかんやと色々と。 | main | なんやかんやです。 >>
なんやかんや。


 今日は時間ナシです。

 

 

 代わりにコレを見て。

 

 

 約2時間半です。普段にココを全部読み切るのにかかる時間と同じぐらいだと思います。ちょうどいいハズです。

 

 

 

 YouTube

 LINK

 

 

 ええ、先週にお伝えしていました。

 

 

 NYのIRIE JAMのライヴ配信シリーズ、現地27日に開催されたその最新回のフル動画です。

 

 

 ライヴはジャマイカのTUFF GONGスタジオで実施されていて、AGENT SASCOBOUNTY KILLER CHRONIXXの順に登場で、そのメンツもですけど、その内容がめちゃくちゃ格好良い&素晴らしいです。

 

 

 ココ最近のこうした動画の中では個人的にはダントツです。

 

 

 PC画面を見ながら興奮して手が上がっていました。

 

 

 「ヤバっ!!」と一人の事務所で独り言を口にする自分も「ヤバっ」だったかもしれません。#仕事しろ 

 

 

 で、順番は逆ですけど、CHRONIXXは代表曲に「Same Prayer」「Dela Move」の新曲も含んだセット・リストをある意味全てフリー・スタイルのような展開で披露しているんですけど、そのリラックスしつつも高い集中力とVIBESで引き込んでいく力は圧倒的でして、そのリリックや言葉だけでなく、一挙手一投足を追ってしまう感じでした。今回も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 その存在感もですけど、CHRONIXXならではのグルーヴはやはり特別だと確信しますし、改めて自分が惹かれる理由も確認していました。

 

 

 ああ、あと少し次の新曲も披露していたりもして、「アレ?? もう発表していいの??」でしたけど確認を取ります。

 

 

 で、その前のBOUNTY KILLERは、もー圧巻のヒット・メドレー。「どんだけヒットあるの!?」「ワン・フレーズだけでドーンよ」と片っ端からヒット曲を連射してくれるんですけど、もうそれがスゴ過ぎて笑ってしまったりもするんですけど、コレもまた素晴らしい集中力でして、そのテンションの高さで最初から最後まで持って行かれてしまいます。

 

 

 

 

 まっ、ただただ「がーさす番長」ととっくに分かりきっているコトを再確認する感じでしたけど、あのBEENIE MANとのクラッシュの時も思いましたけど、「もしかしたら現在が一番脂乗ってないか??」と思わせてくれるそのスキルとエナジーが素晴らし過ぎます。

 

 

 で、BOUNTY KILLER、CHRONIXXがそうやって集中力が高い、素晴らしいライヴを披露するのに大きく影響、刺激させたのはトップに登場したAGENT SASCOのせい、と言うか、おかげだと思います。

 

 

 そのライヴが後に続く2人を本気にさせたと思います。

 

 

 半端なく格好良かったです。半端ないです。もう、その声、フロー、エナジー、スキル、どれも「ヤバー!!」なんですけど、最初の「おーい、エンジニア、チト音をフィックスしてくんないかー」から、徐々にスイッチが入って、本気モードでブっ放し始めていく感じ、その圧倒的な展開は個人的には「MVP」。この2時間半の中で一番喰らいまくった時間でした。

 

 

 

 で、そりゃBOUNTY KILLERほどはないですけど、それでも「あったあった」「コレはビッグ・チューン」と00年代のヒット・リディムでASSASSIN名義時代のヒット曲をメドレーしていく場面、撃ち抜いてくる場面の格好良さは「こーゆーの!!」「こーゆー瞬間を言うの!!」「ダンスホールは最高ーっ!!」の時間・場面・瞬間でもありました。

 

 

 で、勿論新曲「LOCO」も披露していますけど、それも見ていて、「あー、90年代のダンスホールの影響を受けて00年代に登場しているけど、そのエッセンスを00年代、10年代、そして現在の20年代まで取り入れたり、受け継ぐだけではなく、現在もそのままにブレンド&進化させつつ、しっかりとアジャストさせて表現できているDeeJayってそうはいないんだよな」とAGENT SASCOの魅力と、自分が声やフローやスタイルやリリックだけでなく現在でも惹かれる理由も確認した感じでした。

 

 

 

 

 「うん、SASCO以外だと、あとはBUSY SIGNALとかかな・・」とかと。

 

 

 あと、「学ぶね・・」とかと。

 

 

 まっ、いいや、

 

 

 とりあえず、絶対見ておいて。絶対ね。

 

 

 

 あと、もう一つ。コレも動画。見ておいて。

 

 

 HIGHSNOBIETY

 LINK

 

 

 KOFFEEの特別動画が昨夜に公開されました。

 

 

 コレは現在にフランス・パリで開催されているファッション・ウィーク「Not In Paris」での企画。

 

 

 で、「Not In Paris」とネーミングされているのはコロナの影響でリモート開催となっているから。

 

 

 で、KOFFEEはなーんとTHOM BROWNEとコラボ。トム・ブラウン。ファッション・デザイナー。そのキャリアも華麗ですけど、その名前で現在にブランドも存在・運営しています。もし「知らない」なら検索。

 

 

 で、今回はNYでTHOM BROWNEがKOFFEEをイメージして衣装&コーディネイトを考案、その衣装等をジャマイカのKOFFEEの元に送って、それを着用して撮影された特別動画って感じ。

 

 

 で、今回のコラボはTHOM BROWNEはKOFFEEの才能に惹かれていたコトもですけど、そもそものきっかけはKOFFEEが今年のGRAMMY賞の式典でTHOM BROWNEがデザインして服を着用していたコトだった様子。

 

 

 

 

 まっ、互いの才能に対してのリスペクトがベースに存在していたコトがきっかけ&理由。「コラボの基本」。

 

 

 で、時間切れです。

 


 今日は以上、今月は以上にします。

 

 

 今月もありがとうございました。

 

 

 来月も引き続きヨロシクお願いします。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 12:31 | comments(0) | - | - | - |