CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
<< ドーン。 | main | あらら。 >>
『カラスの死骸をくわえた猫』と『シズラ』。



  金曜日。



  なんかヘロヘロ。



  色々と仕事も同時進行で重なっていたり、二日続けて夜に富ヶ谷商店街でトラブルで少し「疲れたニャー」。



  「ニャー」と言えば、今朝は「猫がカラスの死骸を口にくわえて、自分の顔の上を通過する夢」で「うわーっ!」と起床・・。「どんだけバッド・マインドが溜まっているんだよ」と朝から反省・・。あー、怖かった・・。



  「せっかくの人生をアホ達に絡まれてトラブっている場合でも、それでバッド・マインド上昇させている場合じゃないぜ」「生んでくれた親も嘆くぜ」です。



   ええ、チト強引ですけど、明後日は「母の日」。今朝も出社して「忘れてたー」と花を注文。キューピッドが届けてくれる便利な時代。でも、感謝の気持ちを込めて。「生んでくれてアリガト」ですけど、この年になると段々と「生きててくれてアリガト」。離れていても、年重ねてもずっとアナタの子供です。あい・ らぶ・ゆー。



  で、「母の日」と言えば、レゲエの「母賛歌」は大量。まっ、貧しい環境の中でお母さんに頑張って育ててもらったアーティストも多数。フレディ・マクレガー船長の新作『FREDDIE DI CAPTAIN』収録の「My Story」で描かれる「お母さん」にも号泣です。ダンプリンしかテーブルにない家庭、子供も可哀想ですけど、精一杯頑張ってもそれしか出来ないお母さん の心情を思うと泣けちまいます。聴いておいて。コレは船長の幼年期を歌った曲。

  FREDDIE McGREGOR / My Story
  http://youtu.be/AkjZ6FOEAmk



  あと、有名なのはシズラ「Thank You Mama」ですな。『DA REAL THING』収録のバラード。今週末は世界中の現場できっと流れるハズ。

  SIZZLA / Thank You Mama
  http://youtu.be/32ZI1yWUdNc



  で、「『DA REAL THING』がリリースされたのはー」と確認したら、2002年。「えーっ?」。もうそんな経ってるんですな。「昨日のコト」とは言いませんけど、自分の中では「最近」。ザッツ・オッサン。



   まっ、で、『DA REAL THING』のコトをシズラは「00年代の自分の代表作」と言っています。「90年代は『BLACK WOMAN & CHILD』」だとも。どちらも〈デジタル・B〉ですな。で、そう発言したのは新作『THE MESSIAH』の発売にあたってのジャマイカのメディアとのやり取りの中で。



  ええ、新作『THE MESSIAH』は今月登場です。昨日にサンプル盤も到着していて、日本への発送準備も始まっているので、USの28日発売よりも早く店頭に並ぶかもしれません。で、作品詳細はサイト内に掲載していますけど、本作は「70枚目」のアルバムとのコト。前にも書いたかもしれませんけど、ビックラです。ちゃんと数えて、覚えているのにもビックラです。

  SIZZLA 『THE MESSIAH』作品紹介
  http://www.247reggae.com/vp/release/1305.html#vp02



  シズラは新作『THE MESSIAH』が「10年代の代表作になる」と言ってます。あと6年以上ありますけど、それぐらいの意気込みと自信です。自分の拠点〈カロンジ〉セルフ・プロデュースで制作しているので思い入れも強いかと思います。



   で、事前に試聴音源を聴けていなかったので、今日に届いたサンプル盤を確認しました。セラシエ皇帝と並ぶジャケットを見て、「重厚なルーツ」「大ラスタ賛歌集」と思ってましたけど、勿論そうした部分もありますけど、それだけではなく、良い意味で実にリラックスした作品です。



   「限りなくピュアなシズラ」「完璧なソロ・アルバム」と説明していたのも、より自分と自然に素直に向き合っているという感じで、妙な力みが抜けています。拠点のオーガスト・タウンの山の中のジャッジメント・ヤードで、静かに、でも確かに自分と向き合っている感じのイメージが浮かびます。



  と、「先に聴けるからって先に色々と言うなよ、カラスの死骸くわえた猫とか連れて行くぞ」と言われそうなので、このへんにしておきます。「Thank You Mama」のシズラが好きなら気に入るよ、とだけ最後に加えるだけにします。是非お楽しみに。



  ああ、あとシズラで「母の日」と言えば、先程の「Thank You Mama」のビデオにシズラのお母さんもチラッと登場しています。ああ、あと、先日にシズラのお父さんの映像も発見しました。初めて見ました。

  SIZZLA'S FATHER INTERVIEW
  http://youtu.be/11eMYXtB-jI



   まっ、『THE MESSIAH』とは「神の子」ですけど、シズラももともとは普通の子。ええ、ディスとかではなく、その当たり前に安心します。シズラが90年代からずっと頑張っていて、それこそ70枚もアルバム出すってまさに「神業」ですけど、その才能だけでなく、きっと弛まずに努力もしてきていると思います。それに励まされます。「あー、俺だって」「いつかは」「見ててね、とーちゃん、かーちゃん」です。



  で、新作は仰々しいタイトルですけど、「大きいコト言ってるなー」ではなくて、作品を聴いて、「シズラも『神の子』となれるように理想を抱いている、静かに、でも、確かに」ってこ となのね、となんか思ったりです。って、また余計なコト書いた。猫とか連れて来ないでニャー。



  今週もありがとうこざいました。



  良い週末を。



  来週もヨロシクです。



  そんな感じ。ではでは。




| 長い | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。