CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
<< 買ってよ。 | main | RTME。 >>
雑談。
 


  木曜日。



  ジメジメ。



  えー、梅雨が明けると夏なんですけど、夏のフェスの案内が続々と到着中。



  で、海外からの案内も多いんですけど、「今年は」と言うか「今年も」ヨーロッパのフェス関係がスゴい感じ。



   フェスに限らず、現在もモーガン・ヘリテイジがツアーしていたり、T.O.K.も出発直前だったり、フレディ船長も出航直前だったりして、個々のジャマイカのアーティスト達のツアーも多いんですし、大型のフェスの前後に個々のツアーも組んでいたりしてますけど、とにかく「ヨーロッパの方がショーを観れるんじゃないか?」な感じ。90年代の日本もそう言われましたな。



  ジャマイカにも恒例の「SUNFEST」が今月に開催ですけど、そこの色々な「業界の政治」「派閥問題」とかを避けて、意図的にヨーロッパに向かうアーティスト達もいる様子。あと、「収益」が大きい様子。



   まっ、ヨーロッパは、UKとか特にそうですけど、ジャマイカ/カリブ移民が多くて、レゲエも一般的なものになっていたりして、それを受け入れられる態勢が揃っていますけど、ツアーに関して言えば、フランス、ドイツ、イタリアとか、あとスペインとか、オランダ、スイスとかも当たり前ですけど、全部陸続きで ツアーを組み易かったりするのも大きい感じ。各国・各地のプロモーターの経費も削減されるので、実現し易い感じ。



  あ と、各国・各地に名前の大きさとかはそれとして、地元のサウンドも居たりして、アーティストのダブ仕事も待っていてくれる様子。一公演単位でのギャラが低くても、まとまった公演数や各地での副業もあると、アーティストにとっては大きな収入・収益になるので皆さん行きたがる感じ。



  たまにアーティストと話すと、「ヨーロッパで何ショーやるかはよく分かってないけど、とりあえず何月何日〜何月何日まではヨーロッバ。それで幾らになる」と、遠洋漁業とかしている人達みたいに話されたりする感じ。



   まっ、ジャマイカ国内でそれだけの収入をその期間内に獲得するのは困難ですし、特に印税とかダブ仕事もなく、レコーディングもコンピューターが中心となっている中では、バンドの人達はそれが最大の収入源でして、彼らの「親方」にもなるアーティストからすると「仕事を取ってあげたい」という気持ちにもな る感じ。



  で、当然「仕事をくれる親方」には良いバンド・メンバーが集まる感じ。で、そこでバンド内で競争が生まれるとバンドがさらに良くなる感じ。それでショーの質も良くなるので、親方にもツアーの仕事や依頼が増える感じ。それで全員が「いいね!」になる感じ。バンド名は一緒でも、メンバーに変動があるのもそうした理由。「首」「引き抜き」とか色々。



  なので、「仕事をくれる」、しかも「大きな仕事をくれる」だったブジュ・バントンのパック・バンドの「シャイロ・バンド」がブジュの例の件で、親方を失った時には、メンバー達も他の親方達に誘われたり、自分達から別の親方探しをした感じ。



   昨年のフレディ船長の来日ツアーの時のビッグ・シップ・バンドのドラマーは元シャイロ・バンドのプリンス。船長も「アイツはめちゃくちゃ上手いから誘った」とニコニコ。ゆえに以前のドラマーは「首」。厳しい。けど、確かにショーでのプリンスの貢献度は素晴らしく、「納得」と膝をワン・ドロップ。で、プリンスにずっとワン・ドロップのコトを来日中に聞いていたコトは余談。「タイミング」「間」。簡単そうで深過ぎ。



  なんでしたっけ?



  ああ、ショーとかを思うと、現在のヨーロッバの状況はスゴいですよ、な話です。ベレス・ハモンドとかも「普通」にツアーしてますし。来てよ、日本。「遠いよ」「日数の割にはショーの本数が少ないよ」「他のアジアも行けないの?」って言わないで。



  それと、現在にニュージーランドのカチャファイヤや、ニューヨークからメタ&ザ・コーナーストーンズもヨーロッパをツアーしていますけど、ジャマイカ以外からも強力なメンツが観られる感じ。



   で、こうした状況がヨーロッパのアーティストとかシーンにも良い影響とか刺激とかにもなって、その活性化に貢献と言うか連動している感じ。ツアーで来たアーティスト達との共演とか、一緒に録音したり、ヨーロッパのレーベルから作品を出したり、またヨーロッパのアーティストがそこでリンクしたジャマイカのアーティストや関係者によってジャマイカで紹介されたりとかなんか色々。リッチー・スティーヴンスとジェントルマンとかもそんな感じ。



  まっ、ダラダラ書いてますけど、今夏に休みとか仕事でヨーロッパ行かれる方は事前に現地での情報をゲットするといいかも。もしかすると「すっげーラッキー」なものも観れるかも。



   お勧めは幾つもありますけど、8/2-8/4にドイツで開催の「REGGAE JAM」もいいな。船長にも会えますし、ロメイン・ヴァーゴ君もビジー・シグナルも出る。あと、現在に一番観たいクロニクス、ジャー・9も出るし、UKの ギャッピー・ランクス、ランディ・ヴァレンタイン、それにシリー・ウォークスのサウンド・システムも出るみたい。

  REGGAE JAM
  https://www.reggaejam.de/



  あと、その後のスペインで8/17-8/24開催の「ROTOTOM SUNSPLASH」もお勧めです。チト期間が長いですけど、その分色々と世界中からの豪華メンツをまとめて観れる感じ。日本からもマイティ・クラウンも出るし。

  ROTOTOM SUNSPLASH
  http://www.rototomsunsplash.com/en/



  と、雑談でしたー。



  そんな感じ。ではでは。




| 長い | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.247reggae.com/trackback/697