CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
なんやかんやと『お願い』も。


 ワサワサ。

 

 

 金曜日と言うか、師走と言うか、昨晩にやるコト放ったらかしにして、出てきた懐かしいカタログを見たままやらずに帰ってますし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あと、急に「年内に〜」って連絡も増えてきてますし。

 

 

 まぁ、「急に言うな」「そんなの最初からわかってただろ」で既読スルーですけど。

 

 

 ああ、連絡と言えば、通販のコトで今朝にワサワサさせてしまった方々にスイマセンでした。

 

 

 通販

 LINK

 

 

 サイズと在庫もワサワサしていてご迷惑お掛けしました。でも、直接連絡取り合えたコトには感謝です。なんか照れる自分も変ですけど。

 

 

 今後もなんかあれば何なりと連絡ください。ヨロシクお願いします。

 

 

 あと、ヨロシクと言えば、今年も「REGGAE CHRISTMAS特集」をアップしています。

 

 

 LINK

 

 

 新作とかはありません。「定番」「クラシック」で今年もイケる作品ばかりです。今年も是非ヨロシクです。

 

 

 で、そこにもアレしていますけど、VP RECORDSの設立40周年記念BOX SETとかプレゼントに是非。お歳暮とかでも。

 

 

 LINK

 

 

 贈って喜ばれると思いますし、貰って嬉しいと思います。通販とかでチェック&ゲット頂ければと思います。ヨロシクお願いします。

 

 

 えー、案内とかは以上にしておきます、今日は。ワサワサですし。

 

 

 今夜に公開となる動画もありますけど、ご案内・告知は来週にします。

 

 

 VP RECORDS関係でUS時間に合わせての公開なので深夜〜明日になりますので。

 

 

 ええ、「時差」は時に面倒ですけど、今日みたいにワサワサな日は助かります。「急に言うな」「そんなの最初からわかってただろ」と言う必要もありません。

 

 

 あと、今週にKOFFEE〜」と連呼し続けて胃もたれしているかとも思いますので、もう今日はやめときます。コーヒーも飲み過ぎ注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、それに「わーい」なら聴いといて。

 

 

 LINK

 

 

 ええ、Wは「わーい」の略です。

 

 

 嘘です。

 

 

 ああ、「やめときます」も嘘になってます。

 

 

 で、スイマセン、コレだけ、「お願い」を。

 

 

 再確認にもなりますけど、ウチ宛にサイトから連絡をメール頂く際は、必ずメールの「件名」に何か記入してください。

 

 

 「問い合わせ」「質問」とかで簡単な内容で良いので何か必ず記入してください。

 

 

 申し訳ないですけど、空欄・白紙になっているモノは開かないコトにさせて頂いています。色々とリスク回避とかもあって。

 

 

 まっ、ウチって、海外のクライアントから支給されたメルアドとかも多くて、それを色々とコネクトしていたりもして、その海外側がなんかされると大量に迷惑メールとかスパム・メールが届いたりする時もあって、「よくわからんのは全て開かずに削除」とさせて頂いています。

 

 

 で、今週も電話で「何度かメールしているけど返事がない」と連絡頂きましたけど、それが理由・原因だったりしました。

 

 

 まっ、そうやって電話頂けたのはラッキーでしたけど、もし「シカトされてる」「あのボンコツめ」とイライラされている方がいらしたら、ご理解頂き、再度ご連絡頂ければ幸いです。

 

 

 何度かこのコトを書かせて頂いていますけど、チト改めてヨロシクお願いします。

 

 

 

 

 えー、以上です。

 

 

 今週もありがとうございました。

 

 

 来週もヨロシクお願いします。

 

 

 良い週末を〜。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんやと『今年』とか。


 ちょうど一年ぐらい??

 

 

 早いな。でも、確かに少し前のコトに思えたりも。

 

 

 BUJU BANTON
 Trust
 OFFICIAL VIDEO
 
LINK

 

 

 ちょうど昨年の今頃にUS刑務所から釈放、ジャマイカへと帰国しました。そこから現在まではご存知の通りで、この「Trust」は最新曲でOFFICIAL VIDEOも先週に公開されました。

 

 

 以前にもアレしましたけど、「Trust」は90年代〈PENTHOUSE〉時代の盟友のDAVE KELLYがプロデュースした「最新型」と言えるダンスホールで、テーマもスマホ&SNSでの「信用ならんな」とかと「現在」でして、BUJU BANTONが「前線復帰」している感じも伝えてくれています。

 

 

 

 

 ええ、映像で見る限り出所当時よりもかなり締まった感じもしていますし、「あの目=目力」も戻っている感じもしています。この一年でまた目元が垂れた気がしている自分とは大違いです。

 

 

 で、「ああ、3月のBUJU BANTONのジャマイカでの復帰公演も今年のトピックの一つだな」なんですけど、今後のBUJU BANTONの活動・活躍にも注目・期待、そして「また日本に来れるといいなぁ」です。

 

 

 ええ、前にもアレしましたけど、あの逮捕の日は、その三ヶ月後に決まっていた来日公演用のフライヤーの入稿作業を進めていた日で、そのニュースに「えっ!?」と「げっ!!」で、プロモーターさんと「少し様子を見ましょうか」と作業を中断して、結局そのままたち消えてしまったんですけど、またそんなコト、来日とか決まったらがいいなー、と、少しだけTBTモードです。木曜日なので。

 

 

 

 で、そのBUJU BANTONの復帰とは別に今年のトピックと言えば、KOFFEEなんですけど、

 

 

 

 

 もう「知っとるわい」と信じて「以下省略」で前に進みます。

 

 

 「更新」です。「KOFFEE x billboard x HONDA」特別動画。今日も。

 

 

 

 

 第3弾「CHAPTER THREE - WID A FORCE」公開

 

 

 billboard
 YouTube
 
LINK

 

 

 連日更新・公開していますけど、コレで最後かな??  「ココからもやったるで」な内容となっていますし。

 

 

 「ジャマイカのレゲエの遺産を受け継いでやったるで」と頼もしいです。

 

 

 インタヴューだけではなく、「Rapture」「Toast」のライヴ・シーンも使用されています。是非見てください。

 

 

 

 

 あと、この動画を見て、「撮影隊はペガサスに泊まったでしょ」「スポンサーがデカイと良いホテルに泊まれるな」と思った人には「だよね」。

 

 

 えー、HONDAさん、自分は違いますけど、自分の親はHONDAの車にずっと乗ってます。何台か乗り換えているとも思います。是非、ご検討・ご連絡願います。呼びたいんです。スケジュール取れないですけど。

 

 

 

 次。

 

 

 「あー、『今年のトレンド』と言えば彼もそうよね」です。

 

 

 

 

 SQUASH。「スカッシュ」ではなくて「スクワッシュ」。

 

 

 KOFFEEもそうですけど、アーティスト名もシンプルになってきていますね、最近は。

 

 

 日本のバンドとかアイドルの方が複雑で読めなかったりしますね、オッサンですね。

 

 

 6IX。「セックス」ではなくて「シックス」。

 

 

 SQUASHのチーム名です。

 

 

 ああ、別に誰も「セックス」とは呼んでいないですね。

 

 

 SQUASHはモンティゴ・ベイ出身だったと思いますけど、現在はキングストンの「KINGSTON 6」に拠点を置いていて、その「6」から「6IX」とチーム名にしているハズです。SQUASHを「6IX BOSS」と呼ぶのは彼がそのチームの中心的存在だからです。

 

 

 キングストンの街は地域ごとに番号が付いていて、「KINGSTON 6」は「Liguanea=リガニー」と呼ばれる街の山側の地域のハズです。大学のあるMONA地域の下ぐらいだったハズです。

 

 

 で、「もう100万回再生突破??」と、そのSQUASH現在の人気の高さを確認します。

 

 

 SQUASH
 Bandit
 OFFICIAL VIDEO
 
LINK

 

 

 今週に「先週に公開されました」とご案内ばかりの曲です。

 

 

 SQUASHは今年に大量にリリース、たくさんヒットを放っていますけど、この曲もヒットしています。

 

 

 改めてですけど、「Bandit」『ONE WAY RIDDIM』という[ONE WAY]というリディムを使用して制作された楽曲ばかりで構成されたレゲエで「ONE WAY」と呼ばれるアルバムに収録されている楽曲で、この曲も[ONE WAY]というリディムで制作されています。

 

 

 「ややこしい」ではなく「クドい」です。

 

 

 

 ONE WAY RIDDIM

 作品案内

 LINK

 

 

 是非ご確認ください。上記の作品案内のLINKからVYBZ KARTEL「One Way」、CHRISTOPHER MARTIN「Dem Vex」とかの他の人気曲・収録曲のVIDEOも確認できます。

 

 

 

 

 で、確認になりますけど、『ONE WAY RIDDIM』は絶賛発売開始中です。

 

 

 で、VP RECORDSからの作品ですけど、コレは配信限定となっています。CDとかフィジカル商品では発売していません。ストリーミング、ダウンロード、どちらでも是非ヨロシクです。

 

 

 ああ、あと、コレも確認になりますけど、KRANIUM『MIDNIGHT SPARKS』配信限定となっています。

 

 

 

 

 コレは直接ウチ関係ではないですけど、聴いておくべき作品で世界的にドーンとなっています。

 

 

 個人的にはこの曲とかドーンです、現在に。

 

 

 KRANIUM

 Hotel

 Feat. TY DOLLA SIGN & BURNA BOY

 LINK

 

 

 えー、WARNER MUSIC JAPANさん、どーかガッチリと展開してください。スゴく「現在」なダンスホール作品で現在に聴かないと&知られないとなんかもったいないと思っています。

 

 

 TRIDENT君ヨロシクです。

 

 

 以上です、今日は。

 

 

 またね。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんやと『更新』と『公開』とか。

 

 更新

 

 

 「KOFFEE x billboard x HONDA」特別動画。

 

 

 

 

「CHAPTER TWO - MY HERO」公開。

 

 

 billboard
 YouTube
 
LINK

 

 

 今回・第2弾は、KOFFEEが2017年の17歳当時に自身のヒーローであった陸上のウサイン・ボルト選手へのリスペクトを込めて「Legend」を作り、それを自身のSNSで発信したのをボルト選手本人が拡散したコトがデビューへのきっかけとなったコトとかを話しています。

 

 

 「Legend」はコレ。

 

 
 KOFFEE
 Legend - Tribute To USAIN BOLT
 2017年8月公開・17歳当時
 YouTube

 LINK
 

 

 あと、今回の特別動画内では「Rapture」アコースティック・セッションで披露しています。コレは是非確認してもらいたいところ。

 

 

 

 

 あとですね、今回の特別動画の公開に合わせてbillboardのサイトでもドーンと紹介されていますのでチェックしてみてください。

 

 

 billboard

 KOFFEE is The Future of Reggae
 
LINK

 

 

 と、以上、KOFFEEの更新案内でした。

 

 

 

 次。

 

 

 コレもKOFFEEに関係しているコトと言えばそう。

 

 

 JANE MACGIZMO「Midas」OFFICIAL VISUALS公開。

 

 

 JANE MACGIZMO

 Midas

 OFFICIAL VISUALS

 LINK
 

 

 KOFFEE『RAPTURE -  EP』収録曲「Blazin」で共演した女性アーティストの最新曲。

 

 

 KOFFEE

 Blazin

 Feat. JANE MACGIZMO

 OFFICIAL AUDIO

 LINK

 

 

 彼女もLILA IKE / SEVANA / NAOMI COWAN等と共に今年に注目を集めた&集めている期待の女性アーティスト。「KOFFEE世代」ときっと後に言われるハズ。

 

 

 

 

 SPICE、SHENSEEAも飛ばしていますし、ホントに女子が元気・絶好調なのは今年のシーンのトピックの一つ。

 

 

 で、「Midas」も「Blazin」と同様にTeflonZincfenceプロデュースで、TEFLONのレーベルからのリリースで発売開始中。

 

  

 

 

 

 

 

 次。

 

 

 で、以前も書きましたけど、TELFONの自宅はCHRONIXXの自宅の隣で、関係はタイトなんですけど、「スイマセーン」があります。

 

 

 

 

 ええ、少し予告していたコト、今週にCHRONIXXの新ネタ・新案内を予定していましたけど延期するコトにしました。TEFLONもアレしたネタでしたけど延期します。

 

 

 いえいえ、全く。トラブルとかは全くナシ。

 

 

 それどころか「良い話」でそうなりました。色々と未確定だった予定が続々と決定したコトで、「それなら」とそうした判断になりました。

 

 

 まっ、いつも通りに「全部決まってから言え」「中途半端な予告ほど迷惑なコトはない」で申し訳ないですけど、ただ「いよいよだよ」「そろそろ行くぞ」とさらに煽っておきます。お楽しみに。

 

 

 てな感じにしておきます、今日は。

 

 

 あー、そーだ、CHRONIXXと言えば、コレを正式に音源化してくれないかなー、カヴァーですけど。

 

 

 CHRONIXX

 Santa Claus (Do You Ever Come To The Ghetto?)

 CALENE DAVIS Cover

 YouTube

 LINK

 

 

 クリスマスも近いし、って全然そんな雰囲気ないですけど。

 

 

 ええ、経理仕事が溜まってますよ。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんやとサクサクと。

 

 昨日は多過ぎ&長過ぎ。どれも大切ですけど。

 

 

 今日はサクサクと。#バランス

 

 

 追加報告

 

 

 KOFFEE。昨日に紹介した「KOFFEE x billboard x HONDA」の特別動画の件。

 

 

 

 

 そのフル・ヴァージョン「CHAPTER ONE - SPANISH TOWN」が公開されました。

 

 

 billboard

 YouTube

 LINK

 

 

 コレはYouTubeなので全員見れると思います。

 

 

 ジャマイカ、スパニッシュ・タウンでの幼少期の頃のコト、と言ってもまだ19歳ですけど、あと音楽との出会いとか語っています。

 

 

 美しい映像です。丁寧な撮影と編集です。是非ご確認ください。また続編が公開され次第、ご案内させて頂きます。

 

 

 

 次。

 

 今年も

 

 

 GARNETT SILK。命日。今年で亡くなって25年になります。

 

 

 ってコトは、「KOFFEEは生まれていなかったか」で、「CHRONIXXも1歳だったか」で、当時の記憶・感情が残っている自分も随分と時間が経っているコトを実感します。

 

 

 今年もVP RECORDSから発売されている『REGGAE ANTHOLOGY - GARNETT SILK / MUSIC IS THE ROD』を是非、です。

 

 

 

 

 年代順に構成されたベスト盤です。CD商品、LP商品もありますけど、発売から時間も経過していますので配信を活用ください。

 

 

 

 

 あと、今年も「藤川毅 - レゲエ虎の穴」を是非、です。

 

 

 LINK

 

 

 ああ、そうそう、

 

 

 別に昔話をしたいわけではないですけど、少し過去のコト、自分もリアル・タイムで見て、聴いて、体験したアーティストとかのコトは整理・整頓して何かにまとめてみたいな、と少し思う時があります。忘れるから。

 

 

 SILKにしても、もう半世紀ですから、現在にCHRONIXXやKOFFEEを同世代のアーティストとして追っている人達にも、「その道を切り拓いた先人の一人」としてただ「聴いて」とか「聴けばわかる」も無理な話かな、と思ったりもして。

 

 

 自分がSILKに夢中になっていた頃に、先輩達にただ「聴け」「聴けばわかるから」「わからないならセンスないってコトだから」と言われても、その先輩達の世代にとって「良いに決まっている」なアーティスト達が先輩達の姿にも見えて、正直言うと、ただただ面倒臭くて、なんかアーティストにも親近感も持てず、逆に「聴かない」と損も遠回りもして、「そんなに言うなら、聴かないといけない理由を教えてくれ」「聴きたくなるような話をしてくれ」「知らねぇもん」と思っていましたので。

 

 

 って、「サクサク」予定・希望なので戻ります。

 

 

 戻って、追加報告

 

 

 スイマセン、昨日と重複しますけど、通販で発売開始させて頂いてる新作に「サイズ切れ・サイズによっては在庫ナシ」が発生していて、特にRTME x OutDehのスウェットはそれが増えています。

 

 

 通販

 LINK

 

 

 「取り置き希望」とかもあって確定ではなかったりもしますけど、XLサイズ全カラー在庫ナシとなりました。もし、ご検討頂いている方がいらしたら申し訳ありません。キャンセルが出たらサイトに復活させます。

 

 

 

 

 で、商品受取の日時は指定できます。中には「随分先だな」「忘れないようにしないと」な方々もいますけど、そうやって事前に確保頂くのもOKです。再入荷の予定もナシなのでアレでしたらお早めにヨロシクお願いします。

 

 

 あと、一部店舗さんから「卸販売」「取り扱い」の打診連絡を頂いていますけど、現在にその予定はありません。大変申し訳ございません。深く感謝します。

 

 

 

 最後。

 

 

 一つだけ新ネタを。ウチ関係ではありませんけど。

 

 

 JULIAN MARLEYの来日が決定しました。

 

 

 来年3月に東京と大阪で公演予定で、会場はどちらもbillboard LIVEです。

 

 

 

 billboard LIVE東京 LINK

 billboard LIVE大阪 LINK

 

 

 

 公演での来日は久々のハズです。

 

 

 かなり昔に映画撮影で小笠原諸島か伊豆諸島に行っていたのを思い出しました。その映画の記憶も薄れていますけど、って、こーゆーコト。

 

 

 あと、新作『AS I AM』がグラミーにノミネートされています。有力候補だと思います。

 

 

 

 

 と、以上にします、今日は。

 

 

 サクサクだったつもり。

 

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんかんやと『最新案内』大量。

 

 最新案内

 

 

 #KOFFEE

 #快進撃

 #世界基準

 #続々投下

 

 

 いきましょ。

 

 

 「KOFFEE x billboard x HONDA - HONDA Back Stage」

 

 

 

 

 HONDAをスポンサーにbillboardが制作した特別動画です。

 

 

 KOFFEEが選出・起用されて制作されています。

 

 

 諸事情の関係でYouTubeではなくFacebook、Twitter他にアップしています。

 

 

 24x7 RECORDS

 Facebook

 LINK

 

 

 

 24x7 RECORDS

 Twitter

 LINK

 

 

 昨年11月にリリース、世界進出第一弾曲&世界的ブレイク曲となった「Toast」の歌詞を紹介しつつ、ザックリと「神に感謝して与えられた人生という旅を全うしていく」「ココからも突き進んで行く」な内容。是非確認してください。

 

 

 KOFFEE

 Toast

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 まっ、billboard、HONDAにアレされたから「スゴい」ではなく、いや、勿論、スゴいコトなんですけど、世界デビューから1年で、その存在・楽曲・姿勢をココまで届けて、動かしているのはホントに「スゴいな」と。本人からしたら「過程」でしょうけど。

 

 

 是非皆さんもその展開とスピード感に着いていきましょ。同時代に生きて、オン・タイムでそれを目撃・確認できる特権をフル活用しましょ。

 

 

 なんか自分とか「速ぇ〜」とアップ・アッブ・オッサン(仮)になっていますけど、必死に着いていこうとしています。追い越して行ってくれてOKです。どんどんKOFFEEを追ってください。

 

 

 ああ、今回の「HONDA」で思い出しましたけど、マネージメントによると「KOFFEEは運転してもスゲぇ速いよ」らしいです。その活動と同様にブッ飛ばしているみたいです。どうか安全運転で。

 

 

 あと、「運転はオートマだよ」らしいです。HONDAさん、新車をヨロシクお願いします。オートマで。来日するまで自分が預かります。自分もオートマがいいです。どうかヨロシクお願いします。

 

 

 

 次。

 

 

 「えっ!? 10月でしょ!? もー終わってるよ」と思ったら、「2020年10月」の話でした。

 

 

 

 

 KOFFEE、2020年10月に初の南米ツアー実施決定。

 

 

 「もー来年の10月のコトが決まっているの??」と、またその展開とスピード感にビックラする感じ。

 

 

 で、その南米ツアーは「前座」なんですけど、一緒に周るヘッド・ライナーはHARRY

 

 

 「えっ!? HARRYってSTREET SLIDERSでしょ!? もー解散してるよ」と思ったポンコツ世代は検索するように。自分もしました。

 

 

 HARRYはHARRY STYLESONE DIRECTIONのメンバー。現在グループは活動休止中でソロ活動中。

 

 

 

 

 まっ、今夏もDANIEL CAESARと共にUSツアーを実施、異文化・異種交流戦を実施していますけど、先週に両者コラボ曲のOFFICIAL VIDEOも公開されていますけど、

 

 

 DANIEL CAESER

 Cyanide - REMIX

 Feat. KOFFEE

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 そうした交流戦の規模感をさらにギア・アップさせる感じ。「HARRY STYLES」「ONE DIRECTION」を通じて、より多くの、より世界に歌と存在と姿勢を伝えていこうとする感じ。先の「billboard」「HONDA」もそう言えるかもしれませんけど。

 

 

 どちらにしてもそれを実現させているのはスゴいところ。

 

 

 

 次。

 

 

 「本命登場」。

 

 

 KOFFEE

 Toast

 MAJOR LAZER REMIX

 YouTube

 LINK

 

 

 MAJOR LAZERによる「Toast」REMIX

 

 

 コレまでにも「Toast」のOFFICIAL REMIXとしてMURA MASAがリリースされていたり、

 

 

 KOFFEE

 Toast

 MURA MASA REMIX

 OFFICIAL AUDIO

 LINK

 

 

 それ以外にも数多くのREMIXがアチコチでアップされていますけど、このMAJOR LAZER版はなんか「本命」って感じ。

 

 

 ええ、「Toast」はWALSHY FIRE、izyBeatsによるプロデュース曲ですけど、WALSHY FIREを思うと当然MAJOR LAZER版のREMIXはもっと早くに出ていても不思議ではなかったハズで、あとREMIXに最も相応しいハズ。

 

 

 

 

 と、「遂に出た」と言うか「よーやく出た」とチェックしてみてください。

 

 

 あと、少し追加すると、KOFFEEが「Burning」でデビュー、続く「Raggamuffin」で注目を集めたタイミングで即動いたのはWALSHY FIREでした。

 

 

 メジャー進出とか未決段階からKOFFEEと接触して録音を開始して、その流れでメジャー契約決定後に「Toast」も誕生しています。ジャマイカからKOFFEEをWASHY FIREのマイアミのスタジオに招いて制作・録音されています。

 

 

 そのWALSHY FIREの目利き、行動力、スピード感も「スゴい」で、そこでそのままに「Toast」を作ってからのKOFFEEの展開、スピード感も改めて「スゴい」ですけど、もし、もし仮に両者がそこでリンクしていなかったら、どーなっていたのかな、と大きなお世話なコトも少し思ったりもしました。

 

 

 「出会い」とか「タイミング」とかあるよね〜、

 

 

 と、脱線しそうですけど、戻して、次に。

 

 

 先日にKOFFEEがジャマイカ政府&首相から今年の「YOUTHS AWARDS」に選出・受賞したコトを報告しましたけど、「KOFFEEの代わりにお母さんが授賞式に参加した」とか、

 

 

 

 

 それにも関係したKOFFEEのコメント動画が公開されました。

 

 

 LINK

 

 

 まっ、コレは「Create a violence-free and safe Jamaica」と、「暴力のない安全なジャマイカにしていこう」という活動に参加・関連した動画で、ユーツ達に「前向きにいこ」なメッセージを体を揺らしながら語っています。

 

 

 まっ、クリスマスが近づくと色々と荒れるジャマイカですので、それに合わせたタイミングで公開されていると思います。

 

 

 「コムデギャルソンなのね」ではなく、見て前向きになるよーに、ユーツでなくても「Stay Positive」で。

 

 

 で、その気持ちをさらに増進すべく、最新曲「W Feat. GUNNA」を確認しておくよーに。

 

 

 KOFFEE

 W

 Feat. GUNNA

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 で、「W Feat. GUNNA」を週末に紹介頂いたLOVE FM「IRIE MUSIC」FM横浜「Bayside Reggae Lounge」他に感謝します。DJ LUEBANAMASTA SIMONにリスペクト。

 

 

 あと、ココ最近になってKOFFEEを紹介開始頂いている各メディア、非レゲエ専門メディアの皆さんにも感謝します。

 

 

 中には「えっ!?」「デタラメ」「裏をちゃんと取ってよ」「あと、なんでそんなに上からなの??」と「残念・・」な内容とかも正直あったりしますけど、それでも「Better Than Nothing」でして、それをきっかけに聴いて、知って頂ける皆さんが少しでも増えていけばと思っています。

 

 

 えー、引き続き皆さんのサポートをヨロシクお願い致します。

 

 

 あと、先週末から週末にかけて上記に色々と書いたコトでKOFFEEのマネージメントとたくさん連絡を取り合っていましたけど、同じマネージメントに所属するCHRONIXXの新ネタもたくさん教えてもらいました。

 

 

 

 今週にはCHRONIXXで新しいコトを発表・公開できるハズ。是非お楽しみに。

 

 

 うん、いよいよ始まるぞ、です。

 

 

 あと、そのマネージメントが「OutDeh」も運営していて、先方にもウチの「RTME」とのコラボ商品の新作が届いている様子です。

 

 

 

 

 マネージメントのボスは「俺はグレーとパープル!!」とか言ってましたけど、「君が決めたカラーだろ」です。

 

 

 

 

 まっ、クリスマスに向けて先方での発売も開始される様子です。

 

 

 で、ウチ分は週末にも色々とオーダー頂いて感謝しています。

 

 

 で、「サイズ欠け」がまた増えて申し訳ないですけど、今回は追加の予定はない様子なのでアレならお早めにチェックください。

 

 

 通販

 LINK

 

 

 以上です。

 

 

 長々とスイマセン。

 

 

 今週もヨロシクお願いします。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんやと『多い』です。


 多い

 

 

 本日12月6日はリリースが多いです。

 

 

 

 ウチ関係から。

 

 

 VP RECORDS。設立40周年記念作『DOWN IN JAMAICA - 40 YEARS OF VP RECORDS』

 

 

 DOWN IN JAMAICA

 40 YEARS OF VP RECORDS

 作品案内

 LINK

 

 

 フィジカル=BOX SET商品は発売開始されていますが、本日に配信開始です。一部開始されていたりもしますけど、本日に全てでサブスク&ダウンロード開始です。

 

 

 配信

 LINK

 

 

 配信はBOX SET収録全曲の中から82曲となっています。全て40年間の間にVP RECORDSからリリースされてきた楽曲で、その歴史も確認できると同時にレゲエ&ダンスホールの変遷も確認できると思います。是非聴いてください。ずっと楽しめる曲ばかりです。

 

 

 次。

 

 VP RECORDS / GREENSLEEVES。何度かアレしていますけど、以下7インチ・アナログ商品・2タイトルが本日US&UKの正式発売日となっています。

 

 

 A: HUGH MUNDELL「Jacqueline」

 B: ROOTS RADICS「Dangerous Match Three」

 VP9649.7

 

 

 A: JOHNNY OSBOURNE「In Your Eyes」

 B: ROOTS RADICS「Dangerous Match Four」

 VP9650.7

 

 

 どちらも名曲・クラシック。HENRY ‘JUNJO’ LAWESプロデュース。JUNJOの〈JAH GUIDANCE〉レーベルからのリリース曲。ROOTS RADICS演奏。SCIENTISTミックス。CHANNEL ONE録音。UKプレス・スリーヴ付。

 

 

 各店のサイト等で入荷&発売確認、予約&取寄をヨロシクお願いします。

 

 

 

 ウチ以外からも。

 

 

 ATLANTIC / WARNER MUSICKRANIUM『MIDNIGHT SPARKS』

 

 

 

 

 ジャマイカ生まれでNY育ちのダンスホール・スター。「Nobody Has To Know」でブレイク、15年にメジャー契約&アルバム『RUMOURS』をリリースしていますが、 KRANIUM本人によると『RUMOURS』は当時の「イントロダクション作品」で、初めてアルバムとして制作をした今作『MIDNIGHT SPARKS』が自身にとって「デビュー・アルバム」。配信限定発売。

 

 

 日本と世界の状況・人気が隔離していてるアーティストは多いですけど、KRANIUMはその典型。現在の世界での人気はセールスだけではなく、US/EU/アフリカ/オセアニア他世界をツアー&招聘されていたり、ED SHEERAN、MAJOR LAZER他とトップ・スター&異種各道義戦的なコラボも多かったり、昨年の「Red Bull Culture Clash」でもチームを率いて優勝するなど、その活動の規模とかも「スゲーな」レベル。

 

 

 それもボジティヴでコンシャスな姿勢はベースにしつつ、「エロ」「グロ」「ナンセンス」も多めな「悪ガキ」なままにそこまで拡散させているのも「スゲーな」なところ。

 

 

 それをDeeJayだけでなく、シンガーとしても高いスキルを持ち合わせているだけでなく、ダンスホール、レゲエに加えて、ヒップホップもR&Bもアフロビートもへっちゃらな振り幅の広さと確かさで「スゲーな」なレベルまでに仕上げてみせるのも「スゲーな」なところ。

 

 

 『MIDNIGHT SPARKS』はそんな現在のKRANIUMが凝縮。常に制作もしていてシングルも多めなんですけど、その中から厳選された楽曲と新曲で構成された12曲。ゲストもジャンルを超えて多数参加。

 

 

 で、発売に合わせて収録曲から「In Charge」OFFICIAL VIDEOも公開されているのでチェックして。

 

 

 KRANIUM

 In Charge

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 次。

 

 STAR BOY『SOUNDMAN VOL.1』

 

 

 

 アフリカ・ナイジェリアの人気者のWIZ KIDが中心となっているSTAR BOY ENTERTAINMENTからの作品。全7曲、全てにWIZ KIDは参加、全曲にゲストが参加した作品。本日配信開始。配信限定発売。

 

 

 で、その1曲目「Jam」CHRONIXX参加。試聴可能。是非チェック下さい。

 

 

 WIZ KID Feat. CHRONIXX

 Jam

 OFFICIAL AUDIO

 LINK

 

 

 「またアフリカだ」、って、「アフリカって広いし」「各国によって違うだろうし」とか思いつつも、今年は「アフリカばっか」な印象も。

 

 

 CHRONIXXだけではなく、ジャマイカのレゲエ・アーティスト達のアフリカ進出&コラボはホントに「多い」です。

 

 

 ココからもさらに増えると想像しますけど、「こうしたアフリカ各国のシーンの動きを知っている人は連絡ください、教えて」です。

 

 

 

 

 次。

 IN.DIGG.NATIONV.A.『ROCK & GROOVE RIDDIM』

 

 

 

 

 何度かアレしていますけど、とっくに発売されている気になってましたけど、本日が正式発売日

 

 

 PROTOJEの〈IN.DIGG.NATION〉からのワン・ウェイ、[ROCK & GROOVE]リディム・アルバム。

 

 

 PROTOJEがサポートしているLILA IKESEVANANAOMI COWANJAZ ELISEの全て女性アーティスト達の楽曲で構成、それぞれのDUB MIXも収録された全8曲。配信限定発売。

 

 

 JAZ ELISE以外は既に「知ってる」なメンツばかりのハズ。全員が現在に注目を集めている新進・若手女性レゲエ・アーティスト。

 

 

 PROTOJEのこうしたサポートにはリスペクト。自身の活動に並行して、また男性上位のジャマイカのシーンの中で若手&無名の女性アーティスト達を育成・発信していくのは容易ではないハズ。

 

 

 あと、きっとKOFFEEのブレイクの影響も大きいハズ。一つの扉を開けたハズ。ジャマイカには才能に溢れた女性アーティストはきっともっといるハズ。きっとココからもっと出てくるコトに期待・注目したいところ。

 

 

 KOFFEE

 W

 Feat. GUNNA

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 

 もっとあるかもしれないけど、多いのでコレぐらいに。色々と検索・発見してみて。

 

 

 で、文字量も既に多いですけど、少し追加しておきたいのは以下のコト。

 

 

 VP RECORDS『ONE WAY RIDDIM』

 

 

 ONE WAY RIDDIM

 作品案内

 LINK

 

 

 既に発売開始中で、同ワン・ウェイ、[ONE WAY]リディム・アルバムからは発売後にVYBZ KARTEL「One Way」が、

 

 

 VYBZ KARTEL

 One Way - ONE WAY RIDDIM

 LYRIC VIDEO

 LINK

 

 

 『STRICTLY THE BEST VOL.60』に収録されていたり、

 

 

 STRICTLY THE BEST VOL.60

 REGGAE & DANCEHALL

 作品案内

 LINK

 


 CHRISTOPHER MARTIN「Dem Vex」のOFFICIAL VIDEOが公開されていたりしていますけど、

 

 

 CHRISTOPHER MARTIN

 Dem Vex - ONE WAY RIDDIM

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 新たに収録曲からSQUASH「Bandit」OFFICIAL VIDEOが公開されました。

 

 

 SQUASH

 Bandit - ONE WAY RIDDIM

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 SQUASH、今年に一番ブレイクしたアーティストの一人と言えると思います。このタイミングでビデオも作られるのも人気・話題となっているからだったりします。是非チェックしてください。

 

 

 

 次。

 

 一昨日の東京・渋谷クアトロ「Gladdy Unlimited」で見た&聴いたANSEL COLLINSさんの余韻に浸っている皆さんには、

 

 

 

 

 コチラを是非。

 

 

 REGGAE ANTHOLOGY
 WINSTON RILEY
 QUINTESSENTIAL TECHNIQUES
 作品案内
 
LINK

 

 

 当日に演奏されたDAVE & ANSEL COLLINS「Double Barrel」、ANSEL COLLINS制作参加[STALAG]リディムで作られた大定番曲、SISTER NANCY「Bam Bam」TENOR SAW「Ring The Alarm」収録の作品です。

 

 

 WINSTON RILEY〈TECHNIQUES〉レーベルのアンソロジー企画&ベスト盤です。素晴らしい内容です。配信もしています。是非ヨロシクです。

 

 

 

 最後。

 

 「通販」

 

 

 通販

 LINK

 

 

 先日に「オーダーの際は住所とか正確に全部書いて」と書かせて頂きましたけど、その後は全員「正確・全部記入」で大変助かっています。感謝します。

 

 

 で、新作ですけど、ありがたいことに好発進中です。ただ、それで一部商品に「サイズ切れ=サイズによっては完売・在庫ナシ」も出ています。

 

 

 

 

 

 

 もしアレなら「お早めに」。もしアレでしたら「申し訳ございません」。ヨロシクお願いします。

 

 

 と、「多い」と言うか、文字量多過ぎ&書き過ぎ&スクロールさせ過ぎな感じでスイマセン。

 

 

 お付き合い頂いて感謝します。今週もお付き合い頂いたコトにも。

 

 

 ありがとうございました。

 

 

 来週もヨロシクお願いします。

 

 

 良い週末を〜。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。


 KOFFEE

 

 

 

 

 今夏に発表されていたDANIEL CAESAR「Cyanide - REMIX Feat. KOFFEEOFFICIAL VIDEOが公開されました。

 

 

 DANIEL CAESAR

 Cyanide - REMIX

 Feat. KOFFEE

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 DANIEL CAESARは今夏に「FUJI ROCK FESTIVAL 2019」に来日・出演していましたけど、そのままKOFFEEとUS&カナダを一緒にツアーしていました。

 

 

 

 

 かなりの公演数で、好評によりNY他では追加公演もあったりしましたけど、そのツアーの中でもこの曲を二人で共演したりしていました。

 

 

 

 

 で、KOFFEEですけど、このDANIEL CAESARだけではなく、新曲「W」GUNNAとコラボしたり、また今夏のED SHEERAN & JUSTIN BIEBER「I Don't Care - REMIX」にもCHRONIXXと参加したのもそうかもしれないですけど、レゲエ&ダンスホール以外のアーティスト達とのコラボは色々とあるんですけど、それはココからもさらに発売が控えています。

 

 

 KOFFEE

 W

 Feat. GUNNA

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 

 ED SHEERAN & JUSTIN BIEBER

 I Don't Care - REMIX

 Feat. CHRONIXX & KOFFEE

 OFFICIAL AUDIO

 LINK

 

 

 まっ、「W」は違いますけど、それ以外はオファーを受けて実現している感じでして、なんか現在は引っ張りダコだったりもして、RIHAANAのとはどうなってるんだろ、だったりもして、とにもかくにも「人気」「注目」の的です。

 

 

 で、それはそれとして、このDANIEL CAEASRとの曲でもKOFFEEが楽々と馬に乗って、ではなくて、馬に乗っているのはビデオの中だけでして、楽々とトラックに乗って、その抜群のスキルでカマしてくれているところが頼もしいと言うか、素晴らしい限りです。

 

 

 ええ、それが引っ張りダコの理由です。

 

 

 是非そんなところも注意してビデオもチェックしてください。

 

 

 途中で「なんだこれ??」となりますけど、そのまま見るようにしてください。

 

 

 KOFFEEは後半にカマしてくれています。

 

 

 またね。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

| 報告 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
『W』の意味。


 「W」=「Win」=「勝利」。

 

 

 BUZZLE MAGAZINEKOFFEE「W Feat. GUNNA」の歌詞・和訳掲載頂いています。

 

 

 BUZZLE MAGAZINE

 LINK

 

 

 是非OFFICIAL VIDEOと合わせてご確認ください。

 

 

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 今回もKOFFEEはポジティブ。

 

 

 

 

 もしかしたら「金??」「物欲??」と歌詞の中の言葉・単語で思うかもしれませんけど、ザックリと「自分の人生をより良くするためには、より充実したものにするには自分が頑張るしかないでしょ」な感じです。

 

 

 で、「自分達の世代が〜」「自分たちの世代で〜」とよく語るKOFFEEはこうして自分と同じユースを鼓舞し続けている感じです。

 

 

 「頑張ろ」「私も頑張る」「私も出来た」「君にも出来る」と。

 

 「より良い人生のために、社会のために、世界のために」と。

 

 「私たちは幸せになるために生まれている」「ただ、それをそうできるかどうかは自分次第」「だから」と。

 

 

 ジャマイカのハーコー・エリアのスパニッシュ・タウンから世界に、実際にその言葉通りにそのメッセージを実践しているKOFFEEゆえに、ユーツに与える影響も説得力も確かで、ユーツからの支持と人気も確かなモノにしている感じです。

 

 

 「19歳」「女性アーティスト」だけではなく、WALSHY FIRE、izyBeats他によるカッテング・エッジなリディム&プロデュースだけではなく、そのスキルだけではなく、その歌詞・メッセージ、そしてその勝ち得ている状況と現実が信頼と人気の大きな理由でもあります。

 

 

 よく国内で聞かれる「どーしてそんなに世界で人気??」もそれだったりもして、そこが言葉の壁と言うか、日本での展開のアレでもあって、こーした歌詞・和訳はとっても助かります。BUZZLE MAGAZINEにリスペクトです。#GraitudeIsAMust

 

 

 で、KOFFEEですけど、そんな感じでユーツ達に色々とボジティヴな働きかけをしているコトもあって、それは楽曲だけではなく、「学校訪問」とかの活動とかも含めてですけど、ジャマイカ政府から表彰されました。

 

 

 

 

 ジャマイカ政府と言うか、ジャマイカの「総理大臣賞」みたいな感じで、「青少年なんちゃら賞」みたいな感じで、「YOUTHS AWARD」という賞があるんですけど、毎年この時期に発表・授賞式があるんですけど、それを先日に受賞しました。

 

 

 KOFFEEが受賞したのは「ARTS & CULTURE」部門。「芸術文化賞」って感じでしょうか。以前にCHRONIXXも受賞していた賞&部門です。

 

 

 で、授賞式にはKOFFEEのお母さんが出席してKOFFEEの代わりにトロフィーを受け取っていました。

 

 

 

 

 トロフィーには「Leading, Inspiring & Transforming Our Culture」とも刻まれていて、まっ、ザックリと「ジャマイカの文化を広くに伝えた功績」って感じでしょうか。

 

 

 

 

 で、「KOFFEEのお母さんって俺より年下だろな」ではなくて、「なんでKOFFEEは式典に出席しなかった??」はジャマイカを出ていたからです。

 

 

 KOFFEEは週末のドバイでの公演に向けてジャマイカを離れています。と言うか、先月からUK公演とかで出たまんまです。忙しいです。

 

 

 ドバイでは、KOFFEEの他にもPROTOJE / LILA IKE、あとLEE PERRYとかジャマイカ・レゲエ・アーティストも出演しますけど、一緒にWU-TANG CLAN、BURNA BOY、BLACK STAR等の他のジャンルの人気者達も出演するフェスに参加・出演します。

 

 

 

 

 KOFFEEはPROTOJEとかとも仲良しですし、BURNA BOYのカヴァーもショーで歌っていますし、現地では色々とリンク&コラボもあるかもしれません。

 

 

 で、「ドバイ??」かもしれませんけど、ドバイを中心とした中東も現在にレゲエ人気が急上昇、アフリカ各国と共に世界的な市場となっています。サブスクとかスゴいコトになっています。もともと人気だったのがサブスクの登場で表に出て来た印象です。

 

 

 で、そうしたアレもあるからか、それともドバイだからなのか、なんかドバイって「皆さん金持ってますよね、ラクダとか飼ってますよね、家中が金色ですよね」な薄っぺらなイメージでアレなんですけど、同フェスにはPUMA / ADIDAS / REEBOK / FRED PERRY / KENZO / COLE HAAN他スポンサーも大量で、そうしたアレにも日本の状況との隔離を見ます。

 

 

 ね、どれも日本でもドーンなブランドばっかなんですけどね。

 

 

 結構PUMAとかADIDASとか買ってるよ、なんですけどね。

 

 

 で、「いいなー」ではなくて、「どうかお手柔らかに」と思ってしまうのは、「来日公演」です。

 

 

 ええ、こうした最近の海外でのレゲエの人気、アーティストの公演ギャラの高騰はなかなか大変な感じでして、現在の日本の通貨レートだと、こうした海外価格を基準とされると「W」でしかなくなります。

 

 

 ああ、「W」=「ワハハ」=「笑うしかねぇよ」です、この場合は。

 

 

 幸いにして、KOFFEEとかは「日本行きたーい」なので、あとマネージメントも「早く日本に行かせたい」なので、マネー・ゲームは回避できていますけど、それでもあまりに差があるとそれは先方も「W」になります。

 

 

 ええ、KOFFEEはともかく、バンドやクルーのギャラもありますから。そうした人達のギャラも高騰していますから。

 

 

 で、先日に調整していた「来日公演」はスケジュールの関係で破談となりました。先にスケジュールが押さえられていました。

 

 

 コレで二連敗です。どちらも同じ理由で。

 

 

 なので、もう一度組み立て直しています、最初から。

 

 

 どうなるかはわかりませんけど、最終的に「W」にしたいです。

 

 

 この場合は「勝利」の方でいいです。それを勝ち取って実現する、って意味です。

 

 

 その公演が実現したら皆さんと「W」したいです。

 

 

 この場合は「ワハハ」です。笑って楽しみたい、って意味です。

 

 

 「なんか面倒くせーな、この書き方」「面白く書いてるつもりかよ」って思っている人もいると思います、自分以外にも。

 

 

 なので、以上にします、今日は。

 

 

 今日は夜の予定もあって忙しいんですよ、こっちだって。

 

 

 LINK

 

 

 

 また明日。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんかんやと色々と『素敵』。


 素敵。

 

 

 先週末にNY、VP RECORDS本社近くのクラブ=AMAZURAで開催された「REEEWIND」で、DAVID RODIGAN先生&RORY STONE LOVE先輩と共に出演していたU-ROY御大に「王冠」を授与。

 

 

 

 

 ダンスホール、DeeJay、サウンド・システム・カルチャーの礎を築いたU-ROY御大の功績に讃えて。

 

 

 その王冠を授与、マントを着せたのがSHABBA RANKS、KING OF DANCEHALL、というのも素敵。

 

 

 それを演出した主催者のIRISH & CHINも素敵。

 

 

 

 

 現在にその動画とか拡散されているので検索してみて。

 

 

 それを確認したCHRONIXX他多くのアーティスト達も反応して、U-ROY御大への賛辞も大量拡散中。

 

 

 

 

 

 こちらも素敵。

 

 

 先月にスイスで開催されたサウンド・クラッシュの世界大会「1.2.3. BADDADAN CLASH WORLD FINAL 2019」に日本代表として出場、準優勝と大健闘したのは東京拠点のBOTH WINGS

 

 

 

 

 当日の模様はサウンド・クラウドとかにアップされているので検索してみて。

 

 

 

 

 

 

 で、画像もあちこちでアップされていますけど、「??」と思ったのは、ステージ上のSTIFFY君の真ん前に立ち、客席で日の丸とか振っていた年配の日本人の方、「誰だろ??」と。

 

 

 

 

 で、昨日にSTIFFY君とやり取りしていた時に聞いたら、「あれウチの親父ですw」。

 

 

 

 

 わざわざスイスまで応援に行かれたそう。素敵な話です。

 

 

 で、BOTH WINGSは当日のクラッシュ用のカスタムDUBとかも使用したMIX音源をアップしているのでこちらも是非。

 

 

 LINK

 

 

 と、前置きでした。

 

 

 で、本題、ウチからはコレを。

 

 

 VP RECORDS『STRICTLY THE BEST VOL.60』が絶賛発売開始中なのは何度もお伝えしている通り。

 

 

 作品案内

 LINK

 

 

 で、そのYouTube Play Listが公開されました。全曲がOFFICIAL VIDEOってわけではないですけど、全25曲を試聴できます。

 

 

 YouTube

 LINK

 

 

 ええ、今回の『VOL.60』は「REGGAE編」&「DANCEHALL編」同時収録なので全25曲。

 

 

 この通り、ストリーミングも色々とアレですけど、ダウンロードも2枚組CD商品も廉価設定なのでお得。

 

 

 

 

 あと、全10曲のLP商品も有で、シリーズとしては久々のLP・アナログ商品ですけど、最新楽曲収録のLP・アナログ商品は現状ほとんどないのでかなり貴重。価格よりもお得。

 

 

 

 

 諸々ヨロシクです。

 

 

 

 で、以上にします、今日は。

 

 

 短いでしょ??

 

 

 短いって素敵でしょ??

 

 

 ええ、通販オーダーが多いのも素敵でして、その発送作業をできるコトも素敵でして、それで時間が無いのも素敵なコトでして、それでダラ書きしている場合ではないのも素敵でして、ちゃんとカラー・サイズ・個数とかを間違えるコトなく発送できたら素敵でして、届いて喜んで頂ければとっても素敵なんですけど、「おーーーい!!」も。

 

 

 

 

 通販

 LINK

 

 

 ええ、オーダー頂く際にお届け先の「ご住所」とかは正確に全て記入してください

 

 

 「町名と番地だけって・・」とか勘弁してください。「わざとか??・・」と。

 

 

 まっ、「へー、全国に同じ町名がたくさんあるんだなぁ」と知ったコトは素敵なコトなのかもしれませんけど。

 

 

 ええ、マジでお願いします。

 

 

 あと、オーダー頂いている全ての皆さんはとっても素敵です。

 

 

 皆さんありがとうございます。

 

 

 そんな素敵な皆さんには素敵な一日を。

 

 

 また明日〜。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんやと色々と。

 

 今週もヨロシクお願いします。

 

 

 で、今月もヨロシクお願いします。

 

 

 12月で、「早いな」は、きっと皆さんと一緒です。

 

 

 で、VP RECORDSのカレンダーをペラリ。今年最後のペラリ。

 

 

 

 

 今月は『WE REMEMBER DENNIS BROWN』。 

 

 

 WE REMEMBER DENNIS BROWN
 作品案内
 
LINK

 

 

 再発&編集作ではなくて、2016年発売の新作。CLIVE HUNTプロデュースによるトリビュート企画作。

 

 

 FREDDIE McGREGOR / MAXI PRIEST / MYKAL ROSE / SANCHEZ 〜 GYPTIAN / JAH CURE / CHRONIXX / JAH9 / KABAKA PYRAMID / JESSE ROYAL / CHRISTOPHER ELLIS / THE GREEN他、世代・スタイル・国境を超えた豪華過ぎるトップ・アーティスト達が亡き皇帝=DENNIS BROWNの名曲をカヴァー&リメイク。配信&CD&LPでリリース中。

 

 

 個人的にも愛聴盤。多分ずっと愛聴盤。

 

 

 企画としては「よくある」で、こうした企画作は「聴けば結局オリジナルを聴きたくなる」となるのも「よくある」なんですけど、コレはコレでオリジナル・成立・秀逸の激好内容作品。全く飽きないです。

 

 

 プロデュースの力もありますけど、やっぱり参加しているアーティスト達の皇帝とその楽曲に対する想いの強さも大きいな、は想像。その大切さも、こうした作品を作る際には、とも。是非チェックして。今月中に。

 

 


 で、今月のコトの前に確認と感謝を。

 

 

 先週金曜日にKOFFEE新曲「W Feat. GUNNA」の国内配信を開始させて頂きました。

 

 

 KOFFEE
 W
 Feat. GUNNA
 作品案内&OFFICIAL VIDEO
 
LINK

 

 

 かなり怒涛と言うか、慌ただしい進行でのリリースで、事前告知も足らないままでの見切り発車でのリリースになってしまった感じがしていましたけど、ゆえに即反応頂いた皆さんには感謝しかなく、今朝も「1位だ」と好発進できているコトにも感謝します。ありがとうございます。

 

 

 

 

 で、引き続き「サポートをヨロシクお願いします」で、是非「拡散して」&「たくさんの人に教えてあげて」です。

 

 

 LINK

 

 

 あと、週末に早速OAしてくれた「REGGAE Mi REGGAE / WREP - MIGHTY CROWN」「IRIE MUSIC / LOVE FM - DJ LUE」他の各番組&皆さんにも感謝します。

 

 


 次。

 

 先週金曜日には通販でも新作を発売開始させて頂きました。

 

 

 - SOUVENIRS -
 24x7 RECORDS
 通販 / ONLINE SHOP
 
LINK

 

 

 で、こちらもKOFFEEのコトもあって、事前告知が足らないままでの見切り発車でのリリースになってしまった感じがしていましたけど、こちらも即反応頂いた皆さんも多くて深く感謝します。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 色々と足らないままでの展開で反省は多いですけど、ゆえにその反応には「嬉し過ぎる」でしかないです。

 

 

 ただ、商品によっては早くも「サイズ切れ」が発生してたりもして、チト「困ったな」&「申し訳ありません」も。

 

 

 もし、「もー無いじゃん」でしたらスイマセン。もし、追加&再入荷が決まったら、またご案内させて頂きます。

 

 

 引き続きヨロシクお願いします。

 

 

 

 次。

 

 

 で、今月のコトと言うか、今週のコトも。

 

 

 コレはウチ以外のコトですけど、地域限定のコトですけど、OVERHEAT主催「Gladdy Unlimited」が今週水曜日・12/4・東京・渋谷クアトロ開催。

 

 

 LINK

 

 

 ジャマイカから出演するANCEL COLLINSも昨日に無事来日。「石田昌隆さんに似てるな」、ではなくて、行ける人は是非。

 

 

 

 

 行けない人は明日19:00〜のDOMMUNEを是非。

 

 

 LINK

 

 

 

 次。

 

 コレはウチ関係。サイトには掲載していないコト。

 

 

 VP RECORDS / GREENSLEEVESから7インチ・2タイトルUS&UK12/6発売開始

 

 

 

 A: HUGH MUNDELL「Jacqueline」

 B: ROOTS RADICS「Dangerous Match Three」

 VP RECORDS / VP9649.7

 

 

 

 A: JOHNNY OSBOURNE「In Your Eyes」

 B: ROOTS RADICS「Dangerous Match Four」

 VP RECORDS / VP9650.7

 

 

 どちらも再発。どちらもHENRY “JUNJO” LAWESプロデュース。JUNJOと言えば〈VOLCANO〉ですけど、どちらも〈JAH GUIDANCE〉からの曲、JUNJOが〈VOLCANO〉より先に始めていたレーベル。

 

 

 でも、制作の方程式はどちらも同じで、録音はCHANNEL ONEスタジオ+バンドはROOTS RADICS+エンジニアはSCIENTIST

 

 

 どちらもリマスター&特製スリーヴ付。輸入盤=オープン価格。

 

 

 各店の皆さんはオーダーを是非。皆さんは各店にオーダーを是非。

 

 

 ヨロシクお願いします。 

 

 

 で、今年のVP RECORDSは再発7インチ多めでしたけど、年内はこの2タイトルが最後のリリース。「設立40周年だから」ではなく、来年はさらに多め予定。引き続きお楽しみに。

 

 

 

 

 えー、チト書き足らないと言うか、お伝えしたいコトはたくさんありますけど、今日は以上にします。結構書いてるし。

 

 

 あと、色々と急がないといけないコトもありますし、今日は。

 

 

 うん、なんかそれこそ「師走」じゃないですけど、12月になると「やべぇ、時間足らない、急がねぇと」と気持ちがセカセカ&ワサワサしちゃいます。

 

 

 ええ、海外のクライアントが多いと「彼らがクリスマス休暇に入るまでには〜」と実際に少し前倒しに動く&急がないといけなかったりもして余計に。

 

 

 「オイ、アレはどーなってる」

 

 「コラ、アレをもっと説明しろ」

 

 

 ええ、もし、何かあれば連絡ください。急いで慌ててアレしちゃったりしていたりもしますので。

 

 

 ええ、忘れっぽいところもあります。今更ですけど。

 

 

 ああ、あと、スイマセン、誰か自宅に行ってスマホを取って来てください。

 

 

 忘れて来ました。いつもの棚の上にあるハズです。

 

 

 ワサワサしていますし、取りに行くのが面倒です。

 

 

 

 えー、改めて今週も今月もヨロシクお願いします。

 

 

 楽しくいこ、精一杯、は自分に。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |