CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
「あの娘」。

 

 金曜日。

 

 

 こんな時間。

 

 

 晴れたから。

 

 

 都内は好天。なんか久々。

 

 

 ええ、洗濯してたら遅れました。

 

 

 で、洗濯物を干しながら「こーゆー天気に合うね〜」でした。ええ、聴きながら干してました。

 

 

 JAH CURE「Risk It All」Feat. PHYLLISIA ROSS

 

 

 LINK

 

 

 上記LINKから試聴ください。

 

 

 JAH CUREの最新曲です。今年の公式第一弾曲になります。配信開始されました。

 

 

 

 

 フィーチャリーングされているPHYLLISIA ROSSは「あの娘」です。

 

 

 ええ、JAH CUREの2009年のビッグ・ヒット「Call On Me」、2010年のビッグ・ヒット「Unconditional Love」でもJAH CUREとタッグを組んだPHYLLISIAです。どちらも全員聴いたコトあるハズです。

 

 

 

 JAH CURE Feat. PHYLLISIA

 「Call On Me」OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 JAH CURE Feat. PHYLLISIA

 「Uncoditional Love」OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 ええ、なので「黄金コンビの再共演」とか言っときます。

 

 

 で、この新曲「Risk It All」は、現在に2015年の『THE CURE』以来となる新作を準備中ですけど、その新作からの先行曲としてリリース、です。

 

 

 JAH CURE

 『THE CURE』

 作品案内LINK

 

 

 あと、多分、その新作の前に今夏の『REGGAE GOLD 2018』にも収録されるでしょ、それに合わせてビデオも制作・公開されるでしょ、今夏のJAH CUREのテーマ曲みたいな感じで展開されていくでしょ、VP RECORDSの予定では、です。

 

 

 なので、まずは聴いて&知っておいてください。ココから多分何度もココでもアレする際に色々と省略して「CUREのアレ」と書いても「あー、アレね」と理解できるようにしておいてください。

 


 ああ、『REGGAE GOLD 2018』と書きましたけど、まだ正式には発表されていません。『SOCA GOLD 2018』は今月の25日に発売されます。忘れていたら、「そっかー」と思い出してください。

 

 

 『SOCA GOLD 2018』

 作品案内LINK

 

 

 あとですね、来週にはBERES HAMMONDの新曲「I'm Alive」が配信開始されます。来週の金曜日です。

 

 

 

 

 来月にはその7インチもリリースされます。嬉しいです。

 

 

 

 

 

 もう7インチも完成しているみたいなので、ROMAIN VIRGO『LoveSick』LPみたいに遅れることはないと思います。楽しみにしておいてください&『LoveSick』LPの件、重ねてスイマセン。

 

 

 ROMAIN VIRGO

 『LoveSick』

 作品案内LINK

 

 

 ああ、あと、『LoveSick』と言えば、MIGHTY CROWNによる『LoveMix』を公開させて頂いてますけど、今週に「収録曲名を知りたいんですけど」のお問い合わせがチラホラです。そうやって「気になった」「知りたい」は嬉しく、わざわざお問い合わせ頂くエナジーも嬉しいです。

 

 

 

 

 で、曲リストはサイト内に掲載していますので、そちらをご確認、上記のLINKから確認頂ければと思います。ヨロシクお願いします。

 

 

 あと、お問い合わせと言えば通販に関して多いのは「KILLERのL、XLは再入荷予定ありますか?」。

 

 

 

 

 ええ、OutDeh x DAVID CORIOです。

 

 

 24x7 RECORDS

 通販LINK

 

 

 で、回答としては「現時点では再入荷予定はありません」「OutDehでも欠品・品薄」「OutDehも再生産予定ナシ」です。

 

 

 で、ご案内しています通り、ESP TRICKSTAR東京・大阪・通販でも商品は取り扱って頂いてます。在庫等お問い合わせ頂ければ幸いです。

 

 

 ESP TRICKSTAR

 LINK

 

 

 で、その他のアイテムもサイズによって通販の在庫がバラバラです。で、その他のアイテムも現時点で再入荷予定はナシです。ご理解・ご了承願います。

 

 

 で、女子の皆さんからのお問い合わせも多く、滅多にないコトですけど、ほぼ全員がTHE FUGEESへのお問い合わせで、ほとんどが「レディース・サイズの入荷予定ありますか?」なんですけど、「ナシ」です。申しわけございません。

 

 

 

 

 ただ、それをアレするために「S」を在庫しています。着方とか色々とアレかもしれませんけど、イケると思います。「M」をオーダーされている方も多いですし、多分大丈夫だと思います。何かあれば気楽にご連絡頂ければと思います。

 

 


 といったところでしょうか。

 

 

 以上にしましょ。こんな時間ですし。

 

 

 色々と遅れを取り返すぞ、ですし。今日は。

 

 

 ええ、なので、昨日のココをアレして、「僕も、私も、こんな人と出くわしたコトありますよ〜」な連絡をくれた皆さんには感謝しますけど、レスはしません。笑ったけど。ご理解・ご了承願います。

 

 

 

 えー、今週もありがとうございました。

 

 

 来週もヨロシクお願いします。

 

 

 良い週末を。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「現状に対しての最大の脅威」。

 

 木曜日。

 

 

 こんな時間。

 

 

 知らないうちに晴れているし。

 

 

 何人かの仲間達と長電話してました。

 

 

 昨日も海外の仲間達と長電話してました。

 

 

 話すコトが尽きない仲間達がいてくれるコトには感謝しかないんですけど、「やるど」と思っていたコトが全くできていないのは困ったコトです。

 

 

 今から自分は「やるど」なので、皆さんは以下を見ておいて&聴いておいてください。

 

 

 QUEEN IFRICA「Cease All War」

 

 

 QUEEN IFRICA 

 「Cease All War」

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 新曲なんだと思います。最新作で個人的にも愛聴盤の『CLIMB』以降に作られた曲なんだと思います。

 

 

 QUEEN IFRICA

 『CLIMB』

 作品案内LINK

 

 

 今週にこのOFFICIAL VIDEOを見て、初めて「知った」&「聴いた」です。

 

 

 個人的にまた好きなアイフリカ姐さんの曲です。

 

 

 個人的に大好きなLUCIANO Feat. LOUIE CULTURE & TERROR FABULOUS「In This Together」を元ネタにしたリディムとフローも好きを増大させてくれます。後半のDeeJayパートとかは「まんま」のフローです。

 

 

 メッセージも「反戦」と「いいね!」をポチしたくなる内容なんですが、そのイメージよりも器用で様々な歌い方・声使いをするアイフリカ姐さんらしく、シリアスな内容の曲ではそれに合わせた歌い方をしていて、それがまた「いいね!」です。

 

 

 個人的には最後にもう一度DeeJayパートを、その徐々に熱を帯びていく曲展開を冷ますことなく最後まで上げてもらいたかったなぁ、ですけど、それはそれとしても良い曲、と言うか、好きな曲です。

 

 

 で、そんななんやかんやナシに、一発で「かっけー」と思ったのは昨日に初めて聴いたKABAKA PYRAMID & CHRONIXX「Ghetto Blues」です。コレも新曲みたいです。

 

 

 REGGAEVILLE

 LINK

 

 

 上記のLINK先で「STRAIGHT MIX」「DUB MIX」「INSTRUMENTAL」と聴けました。

 

 

 KABAKA PYRAMIDも今月25日に『KONTRABAND』をリリース予定ですけど、どうもそれには収録されていない様子です。同作にもCHRONIXXも参加していますけど、タイトルは「Blessed Is The Man」でコレとは違う曲みたいです。

 

 

 

 

 まっ、それはそれとして、KABAKA PYRAMIDはどれも「かっけー」ので新曲、新作も含めて色々とチェックした方がいいです。

 

 

 「カバ科」に属する動物ではなくて、CHRONIXX / PROTOJE / JESSE ROYALとかと同じ「ルーツ・リヴァイヴァル・ムーヴメント」に属する仲間です。よりDeeJayなスタイルです。

 

 

 ああ、あと、彼女も同じ仲間だな、は、JAH9ですけど、今朝に最新映像が公開されています。

 

 

 JAH9

 「Greatest Threat To The Status Quo」

 DEADLY Exclusive

 LINK

 

 

 JAH9は『9』に続く新作を制作中ですけど、その制作中のスタジオで『9』に収録されている「Greatest Threat To The Status Quo」をアカペラで歌っている動画です。

 

 

 JAH9

 『9』

 作品案内LINK

 

 

 

 MAD PROFESSOR x JAH9

 『IN THE MIDST OF THE STORM』

 『9』DUBアルバム

 作品案内LINK

 

 

 タイトルは直訳すると「現状に対しての最大の脅威」です。

 

 

 「様々な問題を抱えている現在の世界・社会に対してスピリチュアルな女性は最大の脅威となるのよ〜」と歌っています。

 

 

 「怖ぇー」。

 

 

 ええ、同じスタジオに居た男性スタッフ達にリスペクト。自分なら鳴ってないスマホを耳に当てて、「もしもしー、あーその件ですねー」とか言ったまま退席して、そのまま帰ります。

 

 

 ああ、そうそう、昨夜に帰る時に、富ヶ谷商店街を歩いてたら、向こうから大声で歌を歌いながら歩いて来る女性がいたんです。

 

 

 大声と言うか、怒鳴るように歌いながら近づいてきて、近づくとイヤフォンをしながら、大泣きしながら歌うと言うか怒鳴っているのがわかりました。

 

 

 竹原ピストルでも聴いてるのかと思いましたけど、よくわからないリリックでした。

 

 

 「あー、なんかツラいコトでもあったんだろうな〜」で、「たまーにこーゆー人と出くわすよな〜」で、「電車の中で腹話術で話しかけられた時よりもいいか〜」で、そのままスレ違おうとしたら、彼女が足を止めたんです。

 

 

 「おー、立ち止まったよ」と思いながら、そのままスレ違おうとしたら、なんか知らないですけど、彼女、自分の方を見て、自分を睨むように歌うと言うか、怒鳴るんです。大泣きしている表情と言うか形相で睨むんです。

 

 

 「えっ!? 俺!?」です。

 

 

 その視線を感じながら、スレ違うんですけど、その視線に追いかけられているのがわかるんです。背中から彼女の睨む視線を感じるんです。怒鳴る声も聞こえるんです。

 

 

 「怖ぇー」。

 

 

 でも、事情を知らない人がそれを見ると、「あのオッサンなんかしでかした」になるんです。「女子を泣かして逃げているぞ」になるんです。ハラハラしているうちに「ハラスメント」になるんです。それは「現状に対しての最大の脅威」なんです。

 

 

 なので、さらに「怖ぇー」となって、気づいたら、鳴ってないスマホを耳に当てながら、「もしもしー、あーその件ですねー」とか言ったまま早足で歩いていたんです。

 

 

 ええ、

 

 

 そんなコトを仲間とかと長電話しているから、「こんな時間」なんですよ。

 

 

 また明日。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
熱波。

 

 水曜日。

 

 

 3回聴きました。

 

 

 昨日に。

 

 

 ええ、先月の21日は「RECORD STORE DAY」。NYのVP RECORDSの店舗でも同イヴェントを開催を開催したのはお伝えしていたと思います。

 

 

 

 

 で、当日は店舗の横のスペースにスピーカーを積んで、MASSIVE B / ROAD INTERNATIONAL / BODY GUARD / LP INTERNATIONAL / PRETTY POSSE他の人気サウンドが全てレコードでプレーしたのですけど、特別ゲストとしてBOBBY DIGITALも登場しました。

 

 

 

 

 ちょうど自身の作品、自身のレーベル〈DIGITAL-B〉で制作してきた楽曲を年代順に収録したベスト盤、2タイトル、『REGGAE ANTHOLOGY - BOBBY DIGITAL VOL.1 XTRA-WICKED』『同 VOL.2 SERIOUS TIMES』をVP RECORDSからリリース、そのプロモーションのために息子とNYに入っていたタイミングでしたので、特別ゲストとして当日に参加しました。

 

 

 『REGGAE ANTHOLOGY - BOBBY DIGITAL』

 

 

 

 

 

 『VOL.1 XTRA-WICKED』

 作品案内LINK

 

 

 『VOL.2 SERIOUS TIMES』

 作品案内LINK

 

 

 で、『VOL.1 XTRA-WICKED』に収納されている「DISC 3 = DVD = 特別ドキュメンタリー映画」の中でもBOBBY DIGITALが、自身がKING JAMMYのサウンド=KING JAMMY’S SUPER POWERのサウンド・マン、同サウンドでのDUBプレートを制作するエンジニアとして業界入り、キャリアをスタートさせたコトを話していますが、BOBBY DIGITAL自身もサウンドを運営していました。

 

 

 自身がサウンド出身であるコト、また、師匠のKING JAMMYが自身のレーベル〈JAMMY’S〉のメディアとして、自身のサウンドを保有していたコトも影響されていると思いますが、〈STUDIO ONE〉のCOXSONE DODDが自身のサウンドを保有していたように、レゲエのプロデューサー&レーベルがサウンドを保有することは珍しくない、と言うか、もともとそうだった、と言うか、そうせざるを得なかった時代がありました。

 

 

 周知の通り、レゲエはジャマイカで誕生した音楽ですが、それがジャマイカのメディア=ラジオ等で流されるようになるのにはかなり時間が掛かりました。ゲットーから誕生した音楽、政治や社会のコトから猥雑なコトまでストレートに発信する音楽を流すコトには様々な障害がありました。

 

 

 それゆえに自分達で制作した音楽を伝えるために、既存のメディアに代わるメディアとしてプロデューサー&レーベルはサウンドを保有して、自分達で発信していくことにしていました。

 

 

 また、サウンドの場=ダンス=現場で制作した新曲をプレーして客の反応を確認してからプレスしたりして、プロモーションだけではなくマーケティングの場としても活用していました。

 

 

 客もそこで流れる新曲、プレスされる前のプレ・リリース曲を聴きたくてダンスに集いました。そうした「客寄せ」の目的もあって、その場でしか聴けない特別音源=スペシャル=ダブ・プレートも制作されるようになりました。

 

 

 そのダブ・プレートの多くに各サウンドへのBIG UPのリリックが入るのもそれがそのサウンドの特別音源だというコトを示す証拠、またそのサウンドが他よりも優れている=他のサウンドではなくてこのサウンドを聴きにくるといいよ=客寄せ、の目的もありました。

 

 

 そうしたダブ・プレートのメッセージ性を転化、自分達のサウンドをBIG UPした内容を他のサウンドへのDISSに変えるコトで、サウンド・システム同士の対決=サウンド・クラッシュというカルチャーが発展していきました。

 

 

 で、知っとるわい、です。

 

 

 ココを読んでる皆さんは、そんなコトは、です。

 

 

 あと、また脱線しそうになっとるわい、です。

 

 

 で、戻って、BOBBY DIGITALが保有していたサウンドはHEAT WAVEといいます。訳すと「熱波」です。

 

 

 中心メンバーはSPRAGGA ROOTSでした。BOBBY DIGITALもオーナーだけではなく、ダブ・プレートを制作したり、エンジニアとかも担当していました。

 

 

 HEAT WAVEが精力的に活動していた頃、その途中でよーやくジャマイカにレゲエ専門ラジオ局=IRIE FMが登場した感じです。IRIE FMが誕生したのは1990年です。

 

 

 以降、IRIE FMの成功を受けて、レゲエ専門局が増えるに連れて各プロデューサー&レーベルがサウンドを保有するコトも減っていきました。投資するメディアを電波に移行していきました。

 

 

 で、戻って、VP RECORDSでの「RECORD STORE DAY」イヴェントの特別ゲストとして参加したBOBBY DIGITALは、そのHEAT WAVEの音源をプレーしました。自身が25年振りにマイクも握り、MCも担当しました。

 

 

 で、HEAT WAVEの特別音源=ダブ・プレートばかりを大量投下しましたが、それは自身の〈DIGITAL-B〉楽曲のダブ・プレートだけではなく、他のレーベルからの楽曲のダブ・プレートもたくさんプレーしていました。

 

 

 で、そのほとんどが90年代ダンスホール楽曲でして、まぁ、世代的に自分は「オン・タイム」「青春」でして、「最高」とその1時間ぐらいの音源を3回続けて聴いてました、昨日は。

 

 

 SHABBA RANKS、GARNETT SILKとか「これぞデジB!!」な曲には当然ですけど、個人的には〈PENTHOUSE〉からのJAH MALI「El Shaddai」のダブ・プレートとかに「うわー、もー、仕事にならねーよ」と3回続けて聴いてしまいました。

 

 

 ええ、昨日もそーやってダラダラしてるのに、今日も何をダラダラと書いているんだよ、です。

 

 

 ただ、今日にお伝えしたいのは、「みんなも聴いてみてよ」です。

 

 

 で、自分と同世代だけではなく、ユーツ達にも「聴いてみてよ」です。

 

 

 ええ、この音源からも〈DIGITAL-B〉〈PENTHOUSE〉〈MUSIC WORKS〉とかが中心になって作り出した90年代のダンスホールを現在に「黄金期」と呼んだりする理由も感じられるかもしれません。ええ、知識とか歴史とかはソレとして、歌もリディムも単純に「格好良いんだよなー」は伝わると思います。

 

 

 以下の試聴LINKから聴いてみてください。

 

 

 

 Record Store Day 2018

 Feat. Heat Wave with Bobby Digital

 VP Records Retail Store NYC

 試聴LINK

 

 

 で、それはそのままではないかもしれませんけど、『REGGAE ANTHOLOGY - BOBBY DIGITAL VOL.1 XTRA-WICKED』『同 VOL.2 SERIOUS TIMES』の作品の世界観みたいなものにもつながっているとも思います。是非それも合わせてチェックしてください。

 

 

 

 

 

 

 ええ、今日に一番お伝えしたいのは「買ってよ」です。

 

 

 

 

 今日は以上にします。

 

 

 なんかスイマセン。今日も。

 

 

 また明日。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんやとスイマセン。

 

 火曜日。

 

 

 追加報告。

 

 

 ええ、昨日にGW期間中に公開されたり、決まったコトをまとめて報告させてもらいましたけど、コレもGW期間中に知りました。その予定は聞いていましたけど、「決まったんだ」と。

 

 

 KOFFEE「Raggamuffin」7インチで登場します。

 

 

 試聴LINK

 

 

 改めてですけど、KOFFEEはジャマイカのスパニッシュ・タウン出身の現在18才の女性アーティストです。

 

 

 

 

 スパニッシュ・タウンはキングストンの南に位置する街です。キングストン以前に首都だった街です。イギリス領になってキングストンに首都が移りましたけど、それ以前のスペイン領だった時はスパニッシュ・タウンが首都でした。その街の名前もスペイン領だった時に付けられています。

 

 

 現在は治安の悪い街としても知られています。ジャマイカのマイ・クルーに「スペイン領当時の建物とか見に行きたい」と言ったら、「絶対嫌だよ」と言われたのも覚えています。

 

 

 現在はCHRONIXXの出身地としても知られています。「Spanish Town Rockingは地元のコトを歌った曲です。

 

 

 CHRONIXX

 Spanish Town Rocking

 試聴LINK

 

 

 CHRONIXXがよく自己紹介で、ショーのMCとかで「Spanish Town Original」と自分のコトを言うのは、その街を愛して、誇りに思っているからです。

 

 

 その街のスターである父親、シンガーのCHRONICLEに連れられて、親子で同じ服を着て、その街のダンスに行くのが少年時代のCHRONIXXの楽しみでした。

 

 

 CHRONIXX Feat. CHRONICLE

 Big Bad Sound

 試聴LINK

 

 

 そこでマイクを握り、地元の人達からリスペクトを集める父親は誇りでした。その父親に憧れてアーティストを目指し、その父親の芸名から自分の芸名もCHRONIXXとするようになりました。

 

 

 その父親は、CHRONIXXの世界進出作『CHRONOLOGY』に唯一のゲスト&フィーチャーリング・アーティストとして参加・収録されています。

 

 

 CHRONIXX

 『CHRONOLOGY』

 作品案内LINK

 

 

 その親子でのコンビ曲「Big Bad Sound」は親子が通ったスパニッシュ・タウンでのダンスのコトもテーマになっています。「父と息子でパススルーするからスペースを空けてくれ」「マイクを握るのを恐れてはないさ」なリリックも出てきたりしています。

 

 

 『CHRONOLOGY』の一曲目に「Spanish Town Rocking」、続けて二曲目に父親との「Big Bad Sound」が収録されているのは、世界進出作として、CHRONIXXが自分の出所・キャリアを最初に自己紹介している意味・目的も存在しています。自分がどこから来た、何者かを伝えています。

 

 

 ではなくて、

 

 

 ええ、そんなこんなのスパニッシュ・タウンの出身です、KOFFEEも、です。

 

 

 で、CHRONIXXもKOFFEEを同郷で、仲良しでして、

 

 

 でもなくて、

 

 

 7インチとしてリリースされる「Raggamuffin」はKOFFEEのデビュー2曲目です。

 

 

 昨年秋のデビュー曲「Burning」でタイトル通りに即着火した人気の中で今年の頭にリリースされた曲です。

 

 

 KOFFEE

 Burning

 OFFICIAL VIDEO LINK

 

 

 2月生まれで、当時は17才で、「若いのにスゴいスキルでスゴ過ぎる」「若いのに往年のレゲエ臭が充満してる」「そもそも『ラガマフィン』ってところに充満している」「そのギャップもなんかスゴい」、あと「そのチャーミングなルックスとのギャップもスゴい」と人気・注目がドーンとなってます。

 

 

 今は5月ですけど、今年の上半期を代表するスマッシュ・ヒットと言っても良いぐらいの感じになってます。

 

 

 あと、CHRONIXX、COCOA TEA、MAJOR LAZERとかも夢中になっていますけど、既にメジャー・レーベルからもチェックが入っているとも聞いてます。

 

 

 で、「Raggamuffin」は、曲もリディムも内容もとっても「アナログ向き」な曲でもありましたので、今回の7インチ化は「待望」だったりするかもしれません。

 

 

 で、7インチは今月末の発売を目指しています。プレスはUSで発売元は配信も販売元となっているVPALからです。VP RECORDS内のインディー・レーベル専門配給部門です。「ぴーぱる」と呼びます。

 

 

 で、B面にはリディムではなくて、別曲が収録されます。

 

 

 SHAWN ANTOINE Feat. CHRISTOPHER MARTIN「Up For Grabs」という曲が収録されます。

 

 

 試聴LINK

 

 

 SHAWN ANTONIEはジャマイカの新進シンガーです。KOFFEEよりは年上ですが、13才から活動している甘歌シンガー・ソング・ライターです。自身の音楽性を「REGGAE SOUL」と呼んでいるみたいです。

 

 

 「Up For Grabs」は自身の初の配信限定EP収録曲として昨年の秋にリリースされていて、現在にジワジワと人気を集めている様子です。人気シンガーであるCHRISTOPHER MARTINとの曲というコトで注目度も高いみたいです。

 

 

 で、このA・B面の組み合わせ、収録内容となっているのは、どちらの曲も〈FRANKIE MUSIC〉が制作・プロデュースした曲だから、でして、発売元はVPALですけど、この7インチはジャマイカの〈FRANKIE MUSIC〉からの作品としてリリースされます。

 


 まっ、この組み合わせ・収録内容を見て、〈FRANKIE MUSIC〉としては、KOFFEEの人気に合わせて、SHAWN ANTONIEをもっと売り出したいんだろうな、と想像したりもしています。

 

 

 で、掲載している通り、スリーヴ付きでのリリースで、両面それぞれにジャケットが印刷されている感じになります。

 

 

 日本でも各レコード店に入荷されると思います。あと、もし「そのリリース知らなかった」な店頭ご担当者は是非ヨロシクお願いします。スリーヴの関係で生産限定商品かもしれませんのでお早目にヨロシクお願いします。自分も欲しいのでヨロシクお願いします。

 

 

 ああ、あと、少し戻って、CHRISTOPHER MARTINと出ましたけど、GW突入直前に最新シングル「Come Back」のOFFICIAL VIDEOが公開されています。是非チェックください。

 

 

 CHRISTOPHER MARTIN

 Come Back

 OFFICIAL VIDEO LINK

 

 

 ええ、今夏に予定されている新作、昨年のデビュー・アルバム『BIG DEAL』に続いて登場予定の新作からの先行曲です。既に配信開始されています。

 

 

 「あんだけデビュー・アルバムを待ったに、それが出たら、もう次が出るのか」と思うかもしれませんけど、それだけデビュー・アルバムが調子良かったんですよ、です。新作出る前にデビュー・アルバム『BIG DEAL』もチェックしておいてください。

 

 

 CHRISTOPHER MARTIN

 『BIG DEAL』

 作品案内LINK

 

 

 あと、CHRISTOPHER MARTINはROMAIN VIRGO好きにもオススメです。ROMAIN VIRGO『LoveSick』と一緒に買ってください。

 

 

 ROMAIN VIRGO

 『LoveSick』

 作品案内LINK

 

 

 二人は共にシンガーです。共にTVコンテスト番組の優勝者です。仲良しでライヴァルです。

 

 

 以前にROMAIN VIRGOにそんなコトを言ったら、「でも、僕は最年少で優勝してるからね」と強調されました。ただ甘いだけではないのは新作『LoveSick』からも感じます。負けず嫌いです。それもアーティストとして必要な要素だと思っています。

 

 

 

 二人の今後にも幸あれ!!、です。

 


 ではなくて、

 

 

 なーにが「幸あれ!!」だよ、です。

 

 

 無理やりじゃんか、です。

 

 

 ええ、一枚の7インチのリリースを報告するのに、どんだけ書いているんだよ、です。

 

 

 ええ、自分でも途中から思っていましたよ、です。

 

 

 ええ、自分でもどうやって終わらせるか困ってました、です。

 

 

 多分、人生の中で初めて「幸あれ!!」と書きました。

 

 

 あー、恥ずかしい。

 

 

 どんだけ上から目線なんでしょうか。

 

 

 どんだけ失礼なんでしょうか。

 

 

 どんだけ勘違いなんでしょうか。

 

 

 ええ、たまに目にするレヴューとかを見ていて、その原稿を読んでいて、同じように「どんだけ??」と思ったりしたことがあったのも、その書き手がどう書いて良いか、どうまとめて良いか、もうワケがわからなくなっていたんだろうな、と気づきました。

 

 

 他にも報告するコトありましたけど、もー今日は以上にします。

 

 

 とりあえず、KOFFEE「Raggamuffin」の7インチが出ますよ、です。今日にお伝えしたかったのは。

 

 

 長々とダラダラとスイマセンでした。

 


 反省します。

 

 

 また明日。

 


 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 月曜日。

 

 

 今週もヨロシクお願いします。

 

 

 GW明け。

 

 

 GWボケ。

 

 

 色々とボケているのは自分だけではないハズ。

 

 

 まとめて確認していきましょう。

 

 

 なんやかんやと新しい報告もありますし。

 

 

 

 #1 5/1公開ー。

 

 ROMAIN VIRGO OFFICIAL MIXTAPE『LoveMix』公開。

 

 

 ROMAIN VIRGO

 『LoveMix』

 試聴LINK

 

 

 新作『LoveSick』発売記念。MIXを担当したのはMIGHTY CROWN

 

 

 選曲・制作の中心はSAMI-T。新作だけではなく過去の作品収録曲も使用した全29曲。曲リストはサイトに掲載中。

 

 

 あと、US4/27発売予定でした『LoveSick』のLP商品は生産遅延によって発売日が現時点で来月へと変更しています。ご理解&ご了承願います。正式発売日が決定次第ご案内します。

 

 

 あと、LP商品の収録曲をサイト内に掲載しました。LP商品は全11曲になります。ご確認ヨロシクお願いします。

 

 

 ROMAIN VIRGO

 『LoveSick』

 LINK

 

 

 

 #2 5/2正式決定ー。

 

 ALBOROSIE MEETS THE WAILERS UNITED『UNBREAKABLE』発売決定。

 

 

 ALBOROSIE MEETS THE WAILERS UNITED

 『UNBREAKABLE』

 LINK

 

 

 ALBOROSIETHE WAILERSによるコラボ企画作。新録作。6/29発売予定。VP RECORDSから。

 

 

 THE WAILERS UNITEDとしてFAMILY MANTYRONE DOWNIEJUNIOR MARVIN他参加。

 

 

 さらにBERES HAMMONDJAH CURECHRONIOXXJ-BOOGも参加。豪華。

 

 

 同作収録曲でCHRONIXXを迎えた「Contradiction」試聴音源が5/5に公開されています。同作の先行曲として5/18配信開始も決定です。是非チェック&予習ください。

 

 

 ALBOROSIE「Contradiction」

 Feat. CHRONIXX

 試聴LINK

 

 

 

 #3 5/4公開ー。

 

 RAGING FYAH新曲「Rebel」OFFICIAL VIDEO公開。

 

 

 RAGING FYAH「Rebel」

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 作品案内

 LINK

 

 

 絶賛配信開始中。最新曲。今夏登場予定新作からの先行曲。

 

 

 ビデオの主役を務める子供はYAADCOREの息子。

 

 

 

 

 YAADCOREは、キングストン&世界各地でイヴェント「DUBWISE」を主催する人気ラスタ・セレクター。PROTOJEのバック・セレクターとしても活動中。

 

 

 

 

 RAGING FYAH「Rebel」のビデオと合わせて、YAADCOREによるMIX音源も確認ください。自身も参加している現在の「レゲエ・リヴァイヴァル・ムーヴメント」のアーティスト&楽曲多数です。

 

 

 VP RECORDS

 STUDIO 17 MIX SHOW

 #002 YAADCORE

 試聴LINK

 

 

 

 #4 5/4正式発売日ー。

 

 『LINVAL THOMPSON Presents DUB LANDING』『VOL.1』『VOL.2』がUS5/4に同時再発。GREENSLEEVESから。

 

 

 LINVAL THOMSPON Presents

 『DUB LANDING VOL.1』

 LINK

 

 

 

 LINVAL THOMSPON Presents

 『DUB LANDING VOL.2』

 LINK

 

 

 どちらもLINVAL THOMPSONがプロデュースした「重量級DUBアルバム」。CHANNEL ONEスタジオで、ROOTS RADICSの演奏で制作した楽曲を、KING TUBBYのスタジオで、SCIENTISTPRINCE JAMMYがDUB MIXした楽曲集として1981年と82年に続けてリリースしたシリーズ。

 

 

 今回の再発ではどちらもそのオリジナルの「DUBアルバム」に加えて、そのDUBの元ネタ曲もボーナスとして「VOCALアルバム」として追加収録。さらにTONY McDERMOTTが新たにアートワークを新装・新調。

 

 

 今回の再発を記念して特別MIX音源も5/4に公開。2タイトル収録曲を使用したトリニのルーツ・サウンド、LION TWINによるMIX。是非チェックください。

 

 

 DUB LANDING

 MIX TAPE by LION TWIN

 試聴LINK

 

 

 入荷はココからの店頭が多いと思います。あと、全国全店での取り扱いはないので、是非各店の通販等を有効活用ください。

 

 

 またTOWER RECORDS他、VP RECORDS&GREENSLEEVES商品を取り扱い頂いている店頭・サイトでは注文・予約・取寄頂けますので、是非有効活用ください。ヨロシクお願いします。

 

 

 

 

 

 #5 MOREー。

 

 5/1にOVERHEATさんから『RIDDIM』の雑誌版、フリー・マガジンが発行されています。石田昌隆さんの40ページの「JAMAICA 1982」と題された写真が必見の「ほぼ写真集」の豪華版、保存版です。

 

 

 

 

 その中にウチの広告も掲載させて頂いています。あと、昨年にサイト版で書かせて頂いたJUMBO MAATCHのインタヴューも掲載頂いているのでそれらもご確認ください。

 

 

 

 

 で、本日からウチの通販も「通常通り」です。商品発送の際に『RIDDIM』も同封して発送させて頂きます。

 

 

 24x7通販

 LINK

 

 

 それと、5/1〜有線放送CANSYSTEMでウチがセレクトしたレゲエ特集の放送が開始されています。機会あればチェックしてみてください。ヨロシクお願いします。

 

 

 CANSYSTEM

 特集案内LINK

 

 

 と、まとめて色々と確認しました。

 

 

 なんやかんやと色々とありますけど、是非、改めてヨロシクお願いします。

 

 

 で、引き続きヨロシクお願いします。

 

 

 ええ、今日は以上にします。

 

 

 もう疲れています。たくさん書いたのもありますけど。

 

 

 まとめて休んだ方がなんか疲れるのはなぜなんでしょう?

 

 

 もう一度正しくGWをやり直したい気分です。 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんやとGW。

 

 水曜日。

 

 

 Be Silent。

 

 

 なんか静かです。

 

 

 街が。町が。通りが。

 

 

 GWです。

 

 

 なので「美・サイレント」は山口百恵で、山口百恵のモノマネしているカトリーヌ陽子はなんか知り合いのなっちゃんに似てる、けど、なっちゃんの本名も知らないんだよね、とか余計なコトは書かないコト。

 

 

 ええ、「黙ってろ」と。せっかく静かなんだから。

 

 

 えー、せっかく静かなので爆音で聴いて叱られてください。いや、喜ばれるハズ。

 

 

 ええ、昨日の「予告」通りに公開されました。

 

 

 

 ROMAIN VIRGO

 OFFICIAL MIXTAPE『LoveMix』

 Mixed by MIGHTY CROWN

 

 

 

 UK「WORLD A REGGAE」で。

 

 

 

 LINK

 

 

 同時にVP RECORDSのsoundcloudでも。

 

 

 

 LINK

 

 

 全29曲の曲リストはウチのサイトに掲載しています。

 

 

 ROMAIN VIRGO

 『LoveSick』作品案内

 LINK

 

 

 せっかくサイトもリニューアルしているのでGW中にでも合わせて確認しておいてください。意見・希望あれば教えてください。

 

 

 で、サイトを見ると気付くハズ。

 

 

 ええ、本日に正式発表しました。

 

 

 ALBOROSIE meets THE WAILERS UNITED

 『UNBREAKABLE』作品案内

 LINK

 


 ええ、ALBOROSIEの新作です。コラボ企画作です。コラボ相手はTHE WAILERSです。

 

 

 作品での表記はTHE WAILERS UNITEDですけど、THE WAILERSです。

 

 

 なんか「うぇーい」です。「静かに」です。

 

 

 今月にTHE WAILERSとして来日するJUNIOR MARVINも参加しています。今回は来れなくなったASTON ’FAMILY MAN’ BARRETTTYRON DOWNIEも参加しています。BOB MARLEYを支えた人達との豪華コラボです。

 

 

 さらに、BERES HAMMONDJAH CURECHRONIXXJ-BOOGも参加とさらに豪華です。

 

 

 あっ、J-BOOGって今東京というか日本に来てますよね??

 

 

 昨日にJ-BOOGのインスタを見てたら、都内を食べ歩きしてました。モス・バーガーとかラーメン屋とか焼肉屋とか。

 

 

 

 

 てか、やたらと喰い物ばっかアップする人ですけど。

 

 

 J-BOOGがハワイでレコメンするレストランとかに実際に行くと「多いよ、食べきれないよ」ばかりですけど。

 

 

 何しに来てるんでしょ? 食事? なんか知っている人いたら教えて。

 

 

 でも、読んでないでしょ?

 

 

 今日とか。

 

 

 休んでるでしょ?

 

 

 バーカ

 

 

 嘘ですよ。

 

 

 楽しんでください。

 

 

 

 バーカ

 

 

 コレはホントです。

 

 

 「やっぱ今日事務所に行くのやめます」と朝に連絡、しかもLINEで、してきたウチのクルーは死刑。

 

 

 「やっぱ」ってなんだ? さらに笑顔のスタンプの意味はなんだ? バーカ。

 

 

 えー、楽しく働きます、今日も。

 

 

 明日からは休むつもりです。休みを楽しみたいです。

 

 

 なので、週明け5/8までに商品到着指定頂いてる通販購入者の皆さんには本日にまとめて商品発送させて頂きます。黒猫さんも週明けとかはゴタゴタする様子なので、指定日時通りに届けて頂けるように本日に送らせて頂くコトにします。『Riddim』最新号も同封させて頂きます。ヨロシクお願いします&お楽しみに&ありがとうございます。

 

 

 24x7通販

 LINK

 

 

 あと、OutDehの新作はESP TRICKSTARで是非と再確認。東京店と大阪店。通販も有。

 

 

 ESP TRICKSTAR

 LINK

 

 

 以上にします。

 

 

 良いGWを。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 火曜日。

 

 

 5月突入。

 

 

 

 

 今月のVP RECORDSのカレンダーはANTHONY B。「やがやがよー」。

 

 

 今月もヨロシクお願いします。

 

 

 で、早速色々あります。

 

 

 「予告」ー。

 

 

 

 ROMAIN VIRGO OFFICIAL MIXTAPE『LoveMix』

 Mixed by MIGHTY CROWN The Far East Rulaz

 

 

 MIGHTY CROWNによるROMAIN VIRGO公式MIXTAPEを制作しました。そのまんま。

 

 

 ROMAIN VIRGO新作『LoveSick』発売記念として、タイトルもソレにアレして『LoveMix』です。そのまんま。

 

 

 

 ROMAIN VIRGO

 『LoveSick』

 作品案内LINK

 

 

 そのまんま『LoveSick』の収録曲だけで選曲・収録されているのではなく、ROMAIN VIRGOの過去の曲も選曲・収録されています。

 

 

 選曲とMIXはSAMI-Tが担当してくれています。本MIXTAPE用にROMAIN VIRGO本人からもジングル / ドロップ / シャウト・アウトの音声も届けられています。

 

 

 間も無く公開されます。海外サイトでのプレミア公開を予定しています。予定通りであれば現地の本日に公開されてます。是非お楽しみにしてください。

 

 

 で、コレは新作のプロモーション用でもありますけど、改めてROMAIN VIRGOを広くに知ってもらうべく制作しています。過去の曲も含まれているのもそれが理由です。

 

 

 新作も前作から約6年振りです。自分とかからすればROMAIN VIRGOは新人とは言いませんけど、よく知った新進・若手シンガーではありますけど、10代〜20代前半のユーツからしたらもしかしたら「誰??」かもしれないな、と「こーゆー曲を歌ってきて、こーゆー曲を現在に歌っている人です」を伝えたくて制作しています。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 ええ、以前にもRAGING FYAHで制作していますけど、それと同趣旨・同目的です。

 

 

 

 

 RAGING FYAH OFFICIAL MIXTAPE

 Mixed by MIGHTY CROWN The Far East Rulaz

 LINK

 

 

 「聴いて」「知って」「楽しんで」です。「エデュケーション&エンターテイメント」です。

 

 

 ご協力頂いたSAMI-T&MIGHTY CROWN一家に感謝します。

 

 

 で、本日が正式発行日となるOVERHEATさんからの『Riddim』にも、その中のウチの広告ページにも、同MIXTAPEの案内を掲載していますが、もうすぐ公開になりますので、もうソレを見ていて「どこに公開されてるの??」でしたらもう少しお待ちください&スイマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 「公開」ー。

 

 

 こちらは本日に公開されました。

 

 

 CANSYSTEM

 LINK

 

 

 有線放送のCANSYSTEMさんで「REGGAE特集」が本日から開始、来月末まで展開されます。

 

 

 で、ウチのセレクションとなっています。CHRONIXX / ROMAIN VIRGO / RAGING FYAH / JAH9 / BERES HAMMOND / FREDDIE McGREGORとウチっぽいセレクションとなっています。内容はサイトでも確認できます。

 

 

 もうココとか読んで頂いている皆さんには「知っとるわい」ばかりかもしれませんけど、より多くの皆さんに届けるべく企画ですので、ご理解ください。

 

 

 ええ、こちらも「聴いて」「知って」「楽しんで」です。「エデュケーション&エンターテイメント」です。

 

 

 なので、まぁ、GW期間中ですし、なんかどっかに行った時に、もし有線を選局できるような場所に行った時にでもチェックしてみてください。ヨロシクお願いします。

 

 

 と、以上にします、今日は。

 

 

 GWで休みの人も多くて読んでないでしょ、ではなくて。

 

 

 PCに向かう時間を短くしたいから。同じ姿勢が良くないみたいだから。

 

 

 ええ、もう少しかな、なところです。ギックリ腰も。腰痛も。これまでの経験からするともう少しで回復するハズです。

 

 

 で、そんなこちらのボンコツを気遣ってか、通販のオーダーは引き続き多いのですけど、「いやいや、ゆっくりでいいよ」「腰が治ってからでいいよ」「受け取りはGW空けぐらいでいいよ」と受取指定日をズラして頂いてる皆さんがほとんどで「助かります」です。

 

 

 24x7通販

 LINK

 

 

 ええ、現在は「もう少しかな」ですし、「このままちゃんと治すぞ」だったりもしますので、ゆっくりと言うか、慎重にと言うか、なんか丁寧にと言うか、ロボットみたいな動きで一つ一つ梱包とかしているので発送とかの時間に余裕頂けるとものすごく助かります。

 


 「モノを拾う動作とかロボットっぽいっすよ」

 

 「そのままロボット・ダンス踊ってみてくださいよ」

 

 「ロボット・ダンスとかの世代じゃないんすか」

 

 「痛くて、無理っすか」

 

 「だったらロボットみたいに話してみてくださいよ」

 

 

 キラーエスサイズ、エリーエルサイズ、コンポウシマシタ

 

 デンピョウハリマシタ

 

 

 「アハハ〜、ウケますね、良い感じっすよ」

 

 「なんかウチにもAI導入してる感じもしますよ」

 

 「ウチの事務所が今は世界の最先端っすよ」

 

 「いやー、でも、言えばなんでもやってくれますね」

 

 「痛いのに、ウケるわ〜」

 

 

 と言ったウチのクルーは死刑。

 

 

 

 えー、今月も頑張るよ&頑張れよ、と自分に。

 

 

 今月もどーかお付き合いください、と皆さんに。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 金曜日。

 

 

 ご案内。

 

 

 昨日公開。

 

 

 NYのRED BULL RADIO。RED BULL運営のネット・ラジオ局。その中で、NYのFEDERATION SOUNDMAX GLAZERがホストを務めるレゲエ&ダンスホールの番組があります。120分番組。

 

 

 毎回ゲストが出演して、その最新回のゲストはRAGING FYAH。その最新回の音源が公開、期間限定で聴けるようになっています。日本からも。

 

 

 RED BULL RADIO

 LINK

 

 

 RAGING FYAHの出番は60分頃からほぼ番組最後ぐらいまで。改めてキャリアからリリースされたばかりの新曲「Rebel」まで紹介しています。

 

 

 RAGING FYAH

 「Rebel」

 作品案内&試聴LINK

 

 

 まっ、全編英語ですけど、聴き取りやすいかと思います。過去の曲も流れたりもします。あと、最後にはフリー・スタイルも披露していたりもします。それ以外もMIX SHOWみたいになっていますので、良い意味で垂れ流してして楽しめると思います。GW期間中にでもチェックください。

 

 

 あと、「Rebel」ですけど、まもなくオフィシャル・ビデオが公開予定です。既に完成しています。また公開され次第ご案内します。

 

 

 で、オフィシャル・ビデオと言えば、今週に以下の2曲のビデオが公開されていますので、改めてご確認ください。

 

 

 FREDDIE McGREGOR

 「Go Freddie Go」

 OFFICIAL VIDEO LINK

 

 

 

 FREDDIE McGREGOR

 「Go Freddie Go」配信開始中

 作品案内LINK

 

 

 

 

 BUNJI GARLIN & SHENSEEA

 「Big Bad Soca Remix」

 OFFICIAL VIDEO LINK

 

 

 

 配信開始中&収録予定作『SOCA GOLD 2018』

 作品案内LINK

 

 


 あと、US時間の本日金曜日にはCHRISTOPHER MARTINの新曲「Come Back」のオフィシャル・ビデオが公開されます。

 

 

 

 

 同曲は既にREGGAE ZION他国内の一部サイトで先行配信されていますが、正式な配信開始日は本日・27日で、それに合わせての公開になります。あと、iTunes、Spotifyでの楽曲の配信も本日から開始されています。

 

 

 iTunes JP

 LINK

 

 

 ヨロシクお願いします。

 

 

 ご報告。


 GWですけど、ウチは原則として「暦通り」とさせて頂きます。

 

 

 通販の商品発送も土曜・日曜・祝日はお休みとさせて頂きます。

 

 

 ヨロシクお願いします。

 

 

 と、書いた。

 

 

 もー無理。

 

 

 てか、同じ姿勢で書き続けるのはもー無理。

 

 

 

 

 ええ、昨日にやっちまいました。

 

 

 えー、今週も今月もありがとうございました。

 

 

 良い週末、連休を。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 16:39 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 木曜日。

 

 

 いこか。

 

 

 コレから。

 

 

 昨日に配信開始となったCHRONIXX「I Can - J.L.L Remix」ですけど、試聴音源が公開されました。

 

 

 CHRONIXX

 I Can - J.L.L Remix

 試聴LINK

 

 

 是非ご確認ください。CHRONIXXがレコメンする「新しい才能」=J.L.Lのサウンド&世界観、オリジナル「I Can」との違いみたいなものもご確認ください。

 

 

 で、CHRONIXXはココから再びツアーに。近々なのは今週末のUS西海岸で開催の「KAYA FEST」。二日間開催で今年はZIGGY / STEPHEN / DAMIAN / JULIAN / KY-MANIのMARLEY一家総出演が話題。

 

 

 

 

 CHRONIXXは二日目に出演。昨年に一緒にUSツアーを実施したMS LAURYN HILLと同じ日。

 

 

 

 

 で、MS LAURYN HILLもMARLEY家。BOB MARLEYの息子、ROHANとの間に5人ぐらい子供がいるハズ。

 

 

 ROHANは現在「MARLEY COFFEE」=コーヒー業、「HOUSE OF MARLEY」=ヘッドホンとかの音響機器ブランドとかを展開している人。日本でも展開されていて、それに関係して来日とかもしている感じ。元サッカー選手だったハズ。

 

 

 で、間違いなく元THE FUGEESだったのはMS LAURYN HILL。

 

 

 ただ、先日にOutDehのTシャツとかをなんやかんやしていたら、その場に居たユーツが「そうなんですか?、ってか、THE FUGEESって知らないんですけど」と言われて、「えっ!?」。

 

 

 

 

 OutDeh x DAVID CORIO

 Refugee T-shirts & Light Sweat

 LINK

 

 

 「えっ!?」と同時に「君は幾つなの?」で → 「19歳です」で → 「そりゃ仕方ないか」と。

 

 

 MS LAURYN HILLがLAURYN HILLとしてソロ・デビューして20年だし。

 

 

 

 

 なので、「じゃあ、プリントされているLAURYNの後ろの二人のどっちがWYCIIFFもわかんないよね?」には → 「わいくりふ?、なんかハワイの地名みたいですねw」で → また「仕方ないか」。

 

 

 

 

 まっ、でも、その代わりに色々と「全然知らないな」「そんなデザイナーがいるんだ」な新しいブランドとかのコトを色々と教えてもらってGIVE&TAKE完了。

 

 

 ユーツが「THE FUGEES、聴いてみたいと思います」と言ってくれたのもなんか嬉しかったですけど、教えてもらった新しいブランドに自分が着れそうなアイテムはゼロ。うまく言えないですけど「出川哲郎」な感じになりそうで改めてユーツとの世代・年齢・時代のギャップを実感。

 

 

 いや、ノー・ディスリスペクト。自分のキャラとかにはアレなだけ。こっちの問題なだけ。出川さんにもリスペクト。同じヤクルト・ファン。

 

 

 で、戻ってMARLEY一家と言えば、「そうそう、THE WAILERSだよ」と。

 

 

 ええ、THE WAILERSがBOB MARLEYを支えたバック・バンドだったのは説明不要。

 

 

 

 

 個人的には、BOB MARLEYを入口に、レゲエを聴けば聴くほど、THE WAILERSのサウンド、演奏がいかに特殊と言うか、オリジナルと言うか、ワン&オンリーなのかにも気づいていった感じ。

 

 

 BARRETT兄弟のドラム&ベースとかがいかにスペシャルなものか、とか思った感じ。

 

 

 で、THE WAILERSとタッグを組み、その才能と個性を引き出し、自身の追求するサウンドに導いたBOB MARLEYのスゴさみたいなものも想像した感じ。

 

 

 PETER TOSH、BUNNY WAILER離脱後に、それぞれがソロ・シンガーとして活躍していたRITA MARLEY / JUDY MOWATT / MARCIA GRIFFITHSをコーラス隊=I-THREEとして加入させたのもそうですけど、そのプロデューサーとしてのスゴさみたいなものも想像した感じ。

 

 

 と、そんな個人的なコトではなく、「そうそう」はコレ。伝えないといけないのはコレ。

 

 

 ええ、THE WAILERSは引き続き活動中でして、来月に「GREENROOM FESTIVAL」&Blue Note Tokyoでの公演で来日するのは既報の通りですけど、一昨日に来日メンバーの変更がBlue Note Tokyoから発表されています。

 

 

 バンマスでもあるオリジナル・メンバー、ベーシストのASTON ‘FAMILY MAN’ BARRETTは来日中止になりました。

 

 

 

 

 「えーっ?」かもしれませんが、ええ、「ドクター・ストップ」です。残念ですけど、年齢とかを思うと 「そりゃ仕方ないか」です。

 

 

 今回にTHE WAILERSは日本以外にもオーストラリアとかも周る予定でしたけど、現在のTHE WAILERSでドラムを叩いているFAMILY MANの息子によると、先々週にFAMILY MANさんは少し体調を崩して病院に行ったそうです。昨年ぐらいからちょくちょく体調を崩したりもしていたようです。

 

 

 で、その時に「長時間の飛行機移動、長期間のツアーとかは現在はダメ」と言われたそうです。本人は「いや、行く」だったそうですけど、医者だけではなく、家族も「いや、ダメ」と説得したそうです。FAMILY MANなので家族の言うコトは聞かないとダメです。

 

 

 まっ、自分もココ最近に購入したDUB STOREさんからリリースされたばかりの『ASTON ‘FAMILY MAN’ BARRETT & THE WAILERS BAND / SOUL CONSTITUTION INSTRUMENTALS & DUBS 1971-1982』を聴いていて、コレが「良いなー」でして、「もし来日の時にチャンスがあったら、FAMILY MANにこの作品当時のコトを直接聞いてみたいな」とも思っていたので、その判断はとっても残念ではありますけど、「まずは回復を」と心から、そして「別の機会を楽しみにしてます」です。

 

 

 DUB STORE

 LINK

 

 

 で、来日公演はTHE WAILERSに在籍していたJUNIOR MARVINをメインに予定通りに実施されます。「ポリスとこそ泥」のJUNIOR MURVINではないです。で、先の息子のドラマーもそのまま来日します。

 

 

 あと、「あっ」だったのは、その来日メンバー変更に伴い、ギタリストとしてJR.JAZZが来ることになったコトです。

 

 

 

 90年代から活躍するマルチ・プレーヤーです。自分の中ではBENJY MYAZと似た立ち位置です。数多くの作品にミュージシャンとして参加していたり、ツアー・メンバーとしてもDIANA KINGとか色々な人とやっています。ソロとしてもVP RECORDSからアルバムをリリースしていたりもします。野菜の天プラが好物だったハズです。

 

 

 

 

 まっ、THE WAILERS、そんな感じで、来日メンバーに変更はありますけど、来月に予定通りに来日します。行ける皆さんは是非、です。

 

 

 GREENROOM FESTIVAL 18

 LINK

 

 

 Blue Note Tokyo

 LINK

 

 


 あと、THE WAILERSと言えば、企画作がVP RECORDSから発売予定です。正しくはTHE WAILERSもガッツリと参加している作品です。新録です。

 

 

 それにはFAMILY MANもガッツリと参加しています。近々、来週には正式発表できるかと思います。是非お楽しみに。

 


 と、今日はなんかダラ書き。

 

 

 でも、ダラダラしないで働けよ、と自分に。

 

 

 月末&GW直前。色々山積み。慌てず急いで頑張ろ、も自分に。

 

 

 きっと皆さんと一緒。

 

 

 また明日。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

| 報告 | 14:17 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
ドーン。

 

 水曜日。

 

 

 ドーン。

 

 

 発売決定ー。

 

 TETRACK『LET’S GET STARTED』。

 

 

 TETRACK

 『LET'S GET STARTED』

 作品案内LINK

 


 レア盤なのかも。でも、配給がアレだっただけ。決してマニア&コア&コレクター限定作品ではナシ。

 

 

 70年代のルーツ・コーラス・グループ。3人組。その麗しいハーモニーが多くの人にきっと大丈夫。

 

 

 TERACKAUGUSTUS PABLOが育成。『LET’S GET STARTED』はそのデビュー・アルバムとして1980年にPABLOの〈ROCKERS INTERNATIONAL〉から初発売。

 

 

 その『LET’S GET STARTED』DUBアルバムとしてPABLOが制作、1988年にリリースしたのが『EASTMAN DUB』

 

 

 今回の再発は特別企画。CD商品は『LET’S GET STARTED』『EASTMAN DUB』「2 in 1」、2タイトルを1枚のCDにして発売。

 

 

 「VOCAL盤」とその「DUB盤」が一つになって、TETRACKの魅力だけでなく、PABLOによるDUBの魅力も一枚で確認できる内容。

 

 

 「コレが原曲、コレがそのDUB」と「『DUB』がイマイチわからん」な人にも便利。「PABLOのDUBは大好きだけどTETRACKは知らん」な人にも便利。

 

 

 LPも有。『LET’S GET STARTED』『EASTMAN DUB』2タイトルで、それぞれオリジナル盤通りの内容で復刻。

 

 

 

 

 

 

 発売は全てUS6/22予定。全て輸入盤。国内配信も有。

 

 

 なお、LP商品は生産の状況によって遅延する場合もあることをご理解・ご了承願います。

 

 


 本日配信開始ー。

 

 CHRONIXX「I Can - J.L.L - REMIX」

 

 

 CHRONIXX

 「I Can」

 J.L.L REMIX

 iTunes JP

 LINK

 


 「I Can」はCHRONIXX『CHRONOLOGY』収録の激人気曲。今年に公開されたオフィシャル・美しすぎる・ビデオも話題。

 

 

 CHRONIXX

 『CHRONOLOGY』

 作品案内LINK

 

 

 

 CHRONIXX

 「I Can」

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 同曲には既にREMIXが存在。UKのラッパー、AVELINOをフィーチャーしたTODDLA TによるREMIX。

 

 

 CHRONIXX

 「I Can」

 TODDLA T REMIX

 試聴LINK

 

 

 本日に配信開始となった新しいREMIXを手掛けたのはJ.L.L

 

 

 CHRONIXXによると「ジャマイカの新なる才能」「レゲエ、ダンスホールにとらわれない次のSTEPHEN McGREGOR」。その才能に魅かれて制作されたREMIX。

 

 

 KOFFEEに自身のショーやBBC企画でスペースを譲るのも、バック・バンドのZINCEFENCE REDEMPTIONと色々なアーティストが参加できるセッション・イヴェントを開催しているのも、CHRONIXXが新たな才能を発掘、もっと紹介していきたいから。

 

 

 それを思うと、J.L.Lが「I Can」でREMIXを制作しているのも「納得」と言うか「グっ」とくる感じ。

 

 

 同曲のCHRONIXXの「俺はできる」だけでなく、「君にもできる」のメッセージはJ.L.Lにも向けられている、と勝手に想像。ココからのJ.L.Lにも注目・期待。

 

 


 本日公開ー。

 

 FREDDIE McGREGOR「Go Freddie Go」。

 

 

 FREDDIE McGREGOR

 「Go Freddie Go」

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 配信開始中の最新シングル&新作先行曲のオフィシャル・ビデオが公開されました。

 

 

 船長が船長の格好をして船長の自身を歌った大船組で制作した歌を大船の上で歌っている、といったテーマ&内容です。

 

 

 

 

 ええ、人生は後悔の連続、だけではなくて、航海の連続。

 

 

 ええ、「そうかい」とシニカルにスルーするのではなくて、公開された動画を確認して爽快な気分で前へ、全速前進、全てはきっとオーライ。

 

 

 ええ、「リズム感のある文章」を心掛けるのはソレとして、ダジャレと韻にハマって無理やり書こうとするのは悪癖。とってもウザイ。スイマセン。

 

 

 

 FREDDIE McGREGOR

 「Go Freddie Go」

 作品案内LINK

 

 

 

 本日公開ー。

 

 BUNJI GARLIN「Big Bad Soca - REMIX - Feat. SHENSEEA」。

 

 

 BUNJI GARLIN

 「Big Bad Soca - REMIX」

 Feat. SHENSEEA

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 配信開始中の話題曲のオフィシャル・ビデオが公開されました。

 

 

 「Big Bad Soca」BUNJI GARLINの最新作『TURN UP』収録曲。その中でも特に人気曲。

 

 

 BUNJI GARLIN

 『TURN UP』

 作品案内LINK

 

 

 それを受けて、今年のトリニの「CARNIVAL」をターゲットにジャマイカの一番人気女子、「Loodi」で大ブレイク、CMとかにも出演、トレンド・セッターとして活躍しているSHENSEEAをフィーチャーして制作されたREMIXが今回の曲。

 

 

 SHENSEEA

 「Loodi Feat. VYBZ KARTEL」

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 SOCAの本場トリニ、着火点のNY&マイアミ、そしてジャマイカでも人気。US5/25発売の『SOCA GOLD 2018』にも収録決定。

 

 

 『SOCA GOLD 2018』

 作品案内LINK

 

 

 ええ、「そーか」とスルーするのは禁止。是非ご確認を。

 

 

 また、やった。

 

 

 まっ、いいや、

 

 

 えー、てな感じで、今日は久々にドーンと音楽ネタ。

 

 

 たくさん書いた。

 

 

 また明日。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |