CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
なんやかんや。

 

 ワサワサ。

 

 

 今週はなんかワサワサ。

 

 

 それは「いい感じ」の意味だったりも。

 

 

 で、そんなワサワサの中で昨日にワザワザ会う時間を割いてくれたDJ LUEさんにも感謝。

 

 

 

 

 KOFFEEのステッカーのサイズにそのお顔の小ささもわかるね。

 

 

 LUEさんはいつもは福岡。短い東京出張の中で会うコトができました。

 

 

 毎月一回、LUEさんの番組、LOVE FM『IRIE MUSIC』に電話で出演させて頂いていて、そこそこの期間になりますけど、実際に会う機会は数えるほど。貴重な機会に感謝です。

 

  

 LOVE FM

 『IRIE MUSIC』

 毎週土曜日・19時〜

 LINK

 

 

 で、KOFFEEのステッカー&LUEさんと言えば、『IRIE MUSIC』でも「Toast」とかOA頂いたりしていますけど、その「Toast」のライヴ映像が公開されていますのでチェックしてみてください。

 

 

 KOFFEE

 「Toast」

 GENIUS - OPEN MIC

 LINK

 

 

 まっ、コレは「ライブ」と言うか、KOFFEEがUSのGENIUSの人気企画「OPEN MIC」に出演した時の動画です。

 

 

 で、「Toast」は『RAPTURE』にも勿論収録されますのでヨロシクお願いします。

 

 

 KOFFEE

 Debut EP

 『RAPTURE』

 国内3/15配信開始日

 作品案内

 LINK

 

 

 『RAPTURE」は、来週の今日3月15日には配信開始となっています。国内は3月14日24:00〜配信開始となります。

 

 

 是非是非お楽しみに〜。

 

 

 

 で、「KOFFEE」だけではなくて「COCOA」と「TEA」も再確認しましょ。

 

 

 コチラも15日が発売日です。

 

 

 COCOA TEA

 『MUSIC IS OUR BUSINESS』

 作品案内

 LINK

 

 

 COCOA TEAの編集盤で、VP RECORDSから登場します。BOBBY DIGITAL〈DIGITAL-B〉が制作・プロデュースしたCOCOA TEAの楽曲で構成された特別企画作となります。

 

 

 7インチでしかリリースされていなかった曲も収録されていたりするのは嬉しいところ。

 

 

 あと、BOBBY DIGITALがバリバリだった頃の名リディムを色々と確認できるのも嬉しいところ。

 

 

 と、なんか「コア・ファン向きの作品」と勘違いされそうですけど、ヒット曲、人気曲も勿論収録されていまして、もしかしたら収録されている中では一番広くに聴かれているのはこの曲かも。

 

 

  COCOA TEA

 「Waiting In Vain」

 LINK

 

 

 ええ、BOB MARLEYのカヴァーです。

 

 

 で、この超有名曲のカヴァーが、COCOA TEAのオリジナリティも、その歌声・歌の素晴らしさも、あと、BOBBY DIGITALのリディム、アレンジ、ミックスの素晴らしさ、その丁寧な仕事も分かり易く伝えてくれていると思います。

 

 

 ええ、そうした高品質楽曲ばかりの作品としても是非チェック頂きたいです。CDと配信は全20曲。LPは全12曲。

 

 

 で、COCOA TEAもですけど、この作品で「この音が好きだな」となったら、是非BOBBY DIGITALが手掛けた名曲だらけのこちらも是非。

 

 

 

 

 

 REGGAE ANTHOLOGY

 BOBBY DIGITAL

 VOL.1 - XTRA WICKED

 作品案内

 LINK

 

 

 

 REGGAE ANTHOLOGY

 BOBBY DIGITAL

 VOL.2 - SERIOUS TIME

 作品案内

 LINK

 

 

 

 

 

 ええ、「プロデューサー」「レーベル」でディグっていくのも楽しいです。

 

 

 で、「曲が多過ぎ・・」とかの場合にもこうした編集作は役立ちます。

 

 

 

 と、以上にしましょ、今日は。

 

 

 なんか中途半端な感じで恐縮ですけど。

 

 

 ええ、チト「急げ」が色々とあります、今日は。

 

 

 昨晩に「SPACE  SHOWER AWARD」PUSHIMのアルバム『immature』のリリパとハシゴして遊んでいた時から「明日はヤバいコトになるぞ・・」とわかっていましたけど、「その通り」で「それ以上」な感じです、今は。

 

 

 

 

 遊んでもらった分だけ頑張りしょ。

 

 


 えー、今週もありがとうございました。

 

 

 来週もヨロシクお願いします。

 

 

 良い週末を〜。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「日記」。

 

 時間がタイトなので「日記」にします。

 

 

 

 昨晩に「24x7 RECORDS」の2人と再会しました。

 

 

 「24x7 RECORDS」として独立する前の、まだレコード会社内のレーベルとしてワサワサしていた頃に一緒に働いていた後輩でした。

 

 

 

 

 「24x7 RECORDS」は、1994年にテイチク・レコードというレコード会社内でレゲエ専門レーベルとしてスタートしています。

 

 

 自分を中心としてスタートして、レーベル名も自分が名付けています。

 

 

 当時のテイチクの社長に直談判してスタートさせてもらいました。

 

 

 まだ入社して数年の20代でした。

 

 

 まだ「ダメなら辞める覚悟です」の言葉も薄っぺらかったハズです。

 

 

 それを笑って了承してくれたのは当時は喜びでしかなかったですけど、現在では不思議でしかたありません。

 

 

 

 

 「24x7 RECORDS」は、1999年3月にテイチク・レコードでの活動を終了しました。

 

 

 2000年3月に自分が改めて「24x7 RECORDS」として設立して現在に至ってます。

 

 

 

 

 2人に会ったのは20年振りでした。

 

 

 当時の自分のコトを思うと、今からでも謝らないといけないコトは山ほどありました。

 

 

 でも、そんな過去の話はそんなに出ませんでした。それぞれの現在の話ばかりしました。

 

 

 それは楽しく、求めていた時間でした。

 

 

 ただ、その中で自分を可愛がってくれた先輩が亡くなってしまっていたコトも知りました。

 

 

 それにはかなり凹みました。

 

 

 その先輩が自分にしてくれたコト、授けてくれたモノ、それらで頭がいっぱいになり、それを口にもしました。

 

 

 その自分に「だから生きないとダメなんですよね」「死ぬから生きないとダメってコトなんですよね」と後輩は言いました。

 

 

 「24x7 RECORDSの同窓会ですから」とも。

 

 

 

 

 久々に良い夜でした。「生きてて良かった」でした。

 

 

 改めて気づかされたコトも多い夜でした。

 

 

 

 

 改めて全ての仲間達、いつも許してくれてる皆さんに深く感謝します。

 

 

 ありがとうございます。

 

 

 Gratitude Is A Must。

 

 

 

 

 

 REGGAE TEACH ME EVERYTHING

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんやと反省。

 

 

 おっ。

 

 

 LITTLE SIMZ『GREY AREA』

 

 

 

 

 昨日も書いたんですけど、昨夜にbmrでも紹介されていました。

 

 

 bmr

 LINK

 

 

 フルで試聴もできるみたいなので確認してみてください。改めてCHRONIXXとの曲も確認してください。

 

 

 で、LITTLE SIMZもロンドン育ちなんですけど、ロンドン育ちと言えば、ESTELLEもそうでして、そのESTELLEの『LOVERS ROCK』収録曲「Slow Down」でフィーチャーリングされているALICAI HARLEYもロンドン育ちです。

 

 

 ESTELLE

 『LOVERS ROCK』

 作品案内

 LINK

 

 

 で、「Slow Down」は「デジタル限定」で、CD商品には収録されていないので、もし「知らん」なら以下から確認してください。CD購入頂いてる皆さんにはなんか「スイマセン」。

 

 

 ESTELLE「Slow Down」

 Feat. ALICAI HARLEY

 LINK

 

 

 で、聴いた通りに「ダンスホール女子じゃまいか」なんですけど、ALICAI HARLEYはキングストン生まれのジャマイカンです。

 

 

 で、ESTELLEは『LOVERS ROCK』では、このALCAI HARLEYもですけど、HOODCELEBRITTYNICK+NAVIとか、ジャマイカにルーツを持った若い女子アーティスト達が参加しています。

 

 

 その女子達のダンスホール、それぞれの国や都市の中で会得した感覚をブレンドしたダンスホールを取り入れるコトで楽曲とアルバムの要素と魅力を広げるコトに成功しているとも思います。

 

 

 で、その女子達の中で、NY拠点のHOODCELEBRITTYもメジャー契約を獲得、「Walking Trophy」でブレイクして話題となっていますけど、ALICAI HARLEYもロンドンで着実に勝ち上がってきていて、メインストリームに進出しつつあります。

 

 

 まっ、「へー」ぐらいだと思います。

 

 

 自分も「へー」でしたし。

 

 

 ええ、去年のロンドンのイヴェントの楽屋にALICAI HARLEYがいて、と言うか、それが彼女とは分かってなくて、彼女が他の派手な女子達とワイワイしているのを見てて、「あの女子達はダンサーなの??」と聞いていたぐらいで、仲間から「いや、あの真ん中なのはALICAI HARLEYですよ」と言われても、「へー」ぐらいでした。

 

 

 

 

 ええ、とっくに『LOVERS ROCK』もリリースされていたのに「へー」でした。時差ボケで眠かったのもありましたけど。酷いです。

 

 

 で、「へー」で、「あー、じゃあ、なんか『ロンドンのAKANE』ってことにしとこ」「髪の色とかもそんな感じだ」なままにしてしまってました。

 

 

 ああ、AKANEも新作『AKANEAMG』が出ているのでチェックしておきましょ。AKANEもジャマイカのダンスホールと、暮らしている日本の感覚をブレンドして彼女のスタイルを模索・追求している感じで頼もしいです。

 

 

 

 

 

 で、今朝の「おっ」は、その「ALICAI HARLEYじゃん」でして、UKのSONYからのメールを見ていた時でした。

 

 

 ええ、今月末にKOFFEEがロンドンで出演するイヴェントにALICAI HARLEYも出演予定で、そのイヴェントが「完売になってる」の連絡でした。

 

 

 

 

 で、それを見て、「あー、やっぱり、あの時にちゃんとチェックしときゃよかった」は役立たずです。

 

 

 で、皆さんにも同じようなミスをして頂きたいので、「ちゃんとチェックしましょ」です。

 

 

 ええ、この人もロンドンから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、「へー」ではなくて。

 

 

 いや、「わかっとるわい」だと思いますけど。

 

 

 でも、なんか念を押しておきます。

 

 

 ええ、昨日もスケジュール帳にも、スマホにもメモっていた予定を飛ばしてました。

 

 

 くしゃみと共にぶっ飛ばしてました。

 

 

 「わかっとるわい」のつもりだっただけに凹みました。

 

 

 自分が行かなくても、打ち合わせはそのまま普通に進められたコトを聞いたのも凹みました。

 

 

 いや、「だから泣いてるんだ??」ではなくて、ただ止まんないだけ。

 

 

 えー、まぁ、タイトにいきましょ、です。

 

 

 んがー。

 

 

 ダメだ、なんかもう限界ラヴァーズ。

 

 

 以上にします。

 

 

 いや、効くと言うか、キツいな〜、この鼻炎薬。

 

 

 ボーっ、だよ。

 

 

 ボケてるのがさらにボケー、だよ。

 

 

 危険ドラッグだよ。

 

 

 眠くなるし。

 

 

 おやすみなさい。

 

 

 ごめんなさい。

 

 

 また明日。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんやと色々と。


 は

 

 は

 

 はーー

 

 はっくしょーん

 

 

 「いや、花粉症ではない」は自分に。タイトに。気合いと気持ちで打破。 #昭和の子

 

 

 いきましょ。

 

 

 「ご報告・ご案内」を。

 

 

 ウチ関係から。

 

 

 昨日の確認から。

 

 

 KOFEEEデビューEP『RAPTURE』は日本国内は3月15日配信開始。

 

 

 LINK

 

 

 海外も当初は15日でしたけど、それが14日開始に変更となったのは日本も理由。時差の関係で同日だと数時間「日本先行」となるんですけど、それを気にした様子。

 

 

 

 

 「まっ、そりゃ自分達の作品なら自分達から最初にリリースしたいよね」とSONY UKの判断にも理解。日本も15日ですけど、14日の24時開始となりますので、「まぁ、同日だったりもするよね」とウチも快諾。これまでのシングルは日本だけ一週間とか遅れて配信していましたので、「少しは交渉できるようになったでしょ」は自己満足。

 

 

 えー、発売に合わせて日本で公開するモノも幾つかあります。仕込んでます。またご報告しますけど、是非お楽しみに。

 

 

 

 次。昨日に今年の「RECORD STORE DAY」用の作品、VP RECORDSの限定商品・4タイトルをご案内しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 LINK

 

 

 サイト内で色々と説明しています通り、「UK公式かー」で、「日本でも買えるといいな」で、各レコード販売店の皆さんに「ヨロシクお願いします」なんですけど、全国全店には告知も出来ていないと思いますので、是非皆さんからも通っているレコード店の人に「こんなの出るってさ」「オーダーしようよ」と伝えてください。ヨロシクお願いします。

 

 


 次。コレは初報告。CHRISTOPHER MARTINがNYのテレビ、ニュース番組に紹介されていました。

 

 

 LINK

 

 

 ええ、先日にNY、ブルックリンの高校を訪問して、ユーツ達に「暴力とかダメよ」「ポジティヴにいこ」とか、今月の15日にVP RECORDSからリリースする新曲「Life」の通りにエデュケートしていたコトが紹介されていて、その様子、本人のインタヴューも放送されていました。

 

 

 LINK

 

 

 で、「レゲエのアーティストがこうした活動をしてますよ」とニュースになるのは、もしかしたら「意外」「ビックラ」「へー」なのかもしれません。まっ、「逮捕〜」「出所〜」も多いイメージもあるので。まだまだ。

 

 

 あと、もしかしたら「ジャマイカのアーティストがブルックリンの学校に??」「生徒達にワーワーと取り囲まれているじゃまいか」「なんか人気者じゃまいか」ですけど、CHRISTOPHER MARTINはNYでは人気者です。

 

 

 

 

 「Cheater's Prayer」でブレイクした頃から頻繁にショーをしていますし、前作『BIG DEAL』からの「Pirates Of Caribbean」とか色々な曲も現地の人気局HOT97とかからヒットしてたり、HOT97主催のフェスとかにも出演していて、NYでは確かな人気と知名度を獲得しています。多分想像されている以上に知られていますし、聴かれています。

 

 

 

 

 なので、現地のユーツ達からしたらジャマイカのアーティストの中でも距離感の近い存在です。まっ、あと、NY、特にブルックリンとかはジャマイカン&カリビアンも多く、レゲエもダンスホールも当然知られていますので、「そりゃ知ってるよ」だったりもします。

 

 

 で、「日本でももっと聴いて」で、新曲「Life」も前作『BIG DEAL』も、5月登場予定の新作『AND THEN』もヨロシクです。

 

 

 で、そのCHISTOPHER MARTIN「Life」も紹介した「PICK UP REGGAE」の最新版が昨日に更新されています。

 

 

 LINK

 

 

 Cansystemさんのサイト。ウチの推薦曲とかを紹介させて頂いているコーナー。是非確認ください。

 

 

 

 次。コレも初報告で、コレはウチ以外のコト。

 

 

 「NY」と書きましたけど、NY育ちのジャマイカンで現在のトップ・スターと言えば、KRANIUM。クレニアム。彼はクイーンズ出身。

 

 

 

 

 先週末に新曲「Just The Style」がATLANTIC / WARNER MUSICから配信開始されています。ALKALINEを迎えた楽曲です。アルカライン。人気者。

 

 

 

 

 で、曲もかなりいい感じなんですけど、公開されたOFFICIAL VIDEOもいい感じです。是非確認してみてください。

 

 

 LINK

 

 

 ね、KRANIUMももっと日本では知られても良いと思うんですけどね。海外でのブレイク、販売数とかスゴいコトになっているんですけどね。まっ、かなり際どいスラックネスも多くて、日本ではアレなのかもしれませんけど、日本のワーナーさん、そろそろヨロシクお願いします。ホントに。

 

 

 

 次。コレも初案内で、コレもウチ以外のコト。

 

 

 で、KRANIUMと同じチーム、FREQUENT FLYERSがマネージメントしているのはCHRONIXX。KOFFEEもそうなんですけど。

 

 

 

 

 で、そのCHRONIXXが参加しているLITTLE SIMZ新作『GREY AREA』が先週末に発売開始されています。国内盤のCDもBEAT INCさんから発売されています。

 

 

 LINK

 

 

 LITTLE SIMZはロンドン出身の女性ラッパー。日本にも一度来たコトがあるみたいなので「知ってるよ」な人も多いのかも。

 

 

 で、CHRONIXXは「Wounds」という曲にフィーチャリングしてアルバムに収録されています。聴いてみましょ。

 

 

 LINK

 

 

 他にもMICHAEL KIWANUKA、LITTLE DRAGON、CLEO SOLもアルバムには参加しています。個人的にはかなり気に入ってます。

 

 

 で、CHRONIXXとLITTLE SIMZのコラボは今回は二度目。3年前には「LMPD」をリリースしています。聴いてみましょ。

 

 

 LINK

 

 

 で、CHRONIXXによるとLTTLE SIMZは「若くて才能のある存在」とのコトで、「それは君もそうですよ」でして、「アレはどーなってるの??」には「ミックス作業をしているから待ってて」「エンジニアがツアーから戻るのを待っているんだ」とのコト。

 

 

 ええ、CHRONIXXで早く報告したいコトがあるんですけど、少し遅れています。でも、確実にアレしますので是非お楽しみに。

 

 

 えー、なんやかんやと他にも報告したいコトもありますけど、今日は以上にします。

 

 

 ええ、「結構書いたよ」&「長いよ」。

 

 

 あと、「ティッシュ買いに行きたいよ」も。

 

 

 

 

 また明日〜。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「まとめてドーン」と「詳細後報します」。

 

 

 今週もヨロシクお願いします。

 

 

 「正式案内」ー。

 

 

 まとめてドーン。

 

 

 コレから。

 

 

 KOFFEE『RAPTURE』

 

 

 

 

 デビューEP・国内3月15日配信決定。アートワーク&収録内容決定。

 

 

 

 作品案内

 LINK

 

 

 是非チェックください。

 

 

 

 次。

 

 

 ココからは全てVP RECORDS関係。

 

 

 4タイトル、全て「RECORD STORE DAY 2019」限定商品

 

 

 『ROOTS FROM THE YARD』

 

 

 7inch BOX SET

 作品案内

 LINK

 

 

 ROOTS RADICS『12INCHES OF DUB』

 

  

 LP

 作品案内

 LINK

 

 

 

 JOHNNY OSBOURNE『NIGHTFALL』

 

 

 LP

 作品案内

 LINK

 

 

 

 FREDDY McKAY「Another Weekend」&EARL 16「Live Together」

 

 

 12inch

 作品案内

 LINK

 

 

 

 で、上記4タイトル、全ての作品の案内にも記載しましたけど、全て「UK」の公式タイトルで、日本の「RECORD STORE DAY」公式タイトルではありません。

 

 

 で、生産枚数も限定で、UKは勿論、EU/USを優先出荷予定みたいですけど、日本の各店の皆さんはいつものVP RECORDS商品と一緒に検討頂ければと思います。できれば日本のファンの皆さんのためにも入荷・販売頂ければと思います。

 

 

 ヨロシクお願いします。

 

 

 で、今日は以上にします。

 

 

 ココからダラ書きして、それに付き合わせるのなら上記のLINKから全てをちゃーんと確認頂きたいから。

 

 

 あとね、ビックラしているから。そのコトでワサワサしているから。

 

 

 いや、それもダラ書きしたくなるアレですけど、なんか色々とアレしてから。まだワサワサしているから。

 

 

 ああ、でも、ウチを売るコトはしませんよ。

 

 

 詳細後報します。

 

 

 KOFFEEのEPのコトもだけど。

 

 

 また明日。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんやと色々と。

 

 3月。

 

 

 今月もヨロシクお願いします。

 

 

 VP RECORDSカレンダーは『SHABBA RANKS/JUST REALITY』

 

 

 

 

 1990年〈DIGITAL-B〉作品。プロデュースはBOBBY DIGITAL。

 

 

 今年のカレンダーは「VP RECORDS設立40周年記念」仕様。過去のリリース作品が毎月のテーマ&写真。

 

 

 

 

 で、ちょうど一週間前にはロンドンで「VP40TH」記念イヴェント開催。ブリクストンのTHE RITZYで開催中の展示会のレセプション・パーティーが開催。

 

 

 

 

 ブリクストン在住の仲間に「行ってみて」で、仲間から「行ってみた」と報告と共に送られてきたのはこの写真。

 

 

 

 

 「チョコレートなんですよ」で、「作ったパティシエを紹介されました」で、「色々と新しいリンクができて良かったね」。

 

 

 で、そんなこんなのVP RECORDSから3月にリリース作品で決定している作品は以下の2作品。

 

 

 どちらも3月15日発売予定。

 

 

 COCOA TEA『MUSIC IS OUR BUSINESS』

 

 

 作品案内

 LINK

 

 

 再編集作品。先にも出てきた〈DIGITAL-B〉、BOBBY DIGITALがプロデュースした楽曲をコンパイル、1985〜1996年の期間ら制作された20曲を厳選収録した作品。

 

 

 シングル/7インチとか、コンピで収録されていたりとかで、『まとめてくれ〜」だったファンには嬉しい内容のハズ。所謂「鉄板」「定番」「代表曲」「大ヒット」だけではなく、目配りが利いた「レア」「貴重曲」が多いのも嬉しいハズ。

 

 

 現在もトップ・シンガーとして、あと、それこそKOFFEEとかをフック・アップしたり、シーンへの貢献も大きいバリバリのスターが、〈VOLCANO〉〈JAMMY’S〉〈MUSIC WORKS〉〈XTERMINATOR〉とかと同様に激好相性・相思相愛だった〈DIGITAL-B〉での音源集。そのリディム・トラック&アレンジとかにも注目して楽しみましょ、な好企画作。

 

 

 CD商品&配信に加えて、12曲収録のLP商品も有。ヨロシクお願いします。

 

 


 CHRISTOPHER MARTIN「Life」

 

  

 作品案内

 LINK

 

 

 先日に「配信開始日を間違えました、15日でした」とお詫び&ご案内させて頂いたばかりの最新シングル。

 

 

 今週に何度もアレしていますのでアレしますけど、改めてヨロシクお願いします。

 

 

 そうそう、で、この「Life」が収録される新作『AND THEN』はVP RECORDSによると「US5月3日発売」はかなり安全とのコト。またアレしますけどヨロシクお願いします。

 

 


 続いて、VP RECORDS以外も。

 

 

 今月はなんと言ってもKOFFEEです。

 

 

 

 

 ええ、デビューEP『RAPTURE』が登場します。

 

 

 で、その詳細の正式発表は、SONYのUKから「KOFFEE自身が最初に発表するから、それを待って」「3月1日以降にKOFFEEが発表する」とのコト。

 

 

 なので、もしかしたらジャマイカ時間の本日に本人のSNSとかで発表されるかも。それを受けてウチも正式発表予定で、週明け〜来週には発表できたらなぁ、なとこ。

 

 

 

 

 まっ、現在に最も注目・期待を集めているKOFFEEの世界に向けてのデビューEPとなりますので、是非ヨロシク&お楽しみに&サポートもヨロシクお願いします。

 

 

 

 あと、正式発表と言えば、VP RECORDS関係に戻りますけど、来週に「RSD商品」の詳細のご案内をさせて頂きます。

 

 

 ええ、「RSD=RECORD STORE DAY」で今年は4月13日世界同時開催で、VP RECORDSはUKに公式エントリーしています。4タイトルのリリースを予定しています。

 

 

 

 

 日本のRSDにはエントリーしていませんし、日本にその商品がどれだけ入荷されるかもアレなんですけど、「こんなをリリースします」だけでも皆さん&各店のバイヤーさんにも知って頂いて、通販&入荷等をご検討してもらえたら、とご案内させて頂く予定です。

 

 

 といったところ。

 

 

 で、それ以外で3月と言うと、

 

 

 BUJU BANTONの復帰公演がジャマイカで3/16開催。ライヴ・ストリーミング希望。

 

 

 トリニの今年の「CARNIVAL」も3月開催のハズ。ええ、SOCAの最重要祝典。今年も『SOCA GOLD』発売されるといいな。

 

 

 それと、DAVID RODIGANの来日ツアーも3/20〜、大阪・仙台・横浜・福岡で開催。行きましょ。

 

 

 と、色々と楽しんでいきましょ。

 

 

 春ムードになってきますし、気温の上昇に合わせてテンションも上げていきましょ。

 


 で、ココで、サヨナラ集中力・・。

 

 

 いやいや、絶対花粉症なんかじゃねーから!!、は自分に。

 

 


 今週もありがとうございました。

 

 

 来週もヨロシクお願いします。

 

 

 良い週末を。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 気分は「合格発表」。

 

 

 ええ、ずーっと仲間とコツコツしていた仕事、スタートからアレすると結構な時間を掛けて、でも動き出してからはかなりのスピードでやってきた仕事がありまして、今日はその仕事に対しての一つの結果が出る日でした。

 

 

 ザックリと言えば、クライアントは海外でして、そのクライアントさんに対して、これまでにその仕事を進めているコトは報告していましたけど、その完成形、こちらとして「コレでどうでしょう??」と仕上げたモノに対して先方から判断される日でした。

 

 

 昨日中にそれを送って、時差の関係で今朝に「回答が届いているハズ」で、少し緊張感を持って事務所に来て、なにか祈るようにパソコンのメールを開ける感じでした。自分からの報告を待っている仲間のコトも思いながら。

 

 

 で、結果は「合格」でして、それも先方の複数の方々に一斉に送ったメールに対して、こちらとしては一番回答をして欲しかった相手からのレスでそれを知って、ただの「合格」以上に「合格」した気分でした。

 

 

 と、冷静に書いてますけど、気持ちとしては「わーーーーーーい!!」&「やったーーーーー!!」です。

 

 

 仲間にも速攻報告して喜び合いました。仲間も勿論「わーーーーーーい!!」&「やったーーーーー!!」でした。

 

 

 まっ、一番嬉しかったのは、そのスタートから何度も何度も熟考して、再考して、何度もやり直したり変更して、何度も仲間ともやり取りして、その仕事の中でこちらとして詰め込んだ想いみたいなもの、「なんでそーしたの」「どーしてそうすることにしたの」だけではなく、「こーすることによって単に作品としてではなく、そこに『物語』を宿すコトになると思うんです」を先方がその通りに、正しく理解頂いていたコト。

 

 

 ええ、その『物語』に共感して共有してもらえないと、それは労働として「合格」なだけで、仕事としては「ダメだった」になったハズで、一番悩んで時間も要した「物語」を正しく理解してもらえたコトが嬉しくて、あと、「あー、やっぱ最初の二案は不正解だったな、今思うと甘かったな、あのまま無理やり進めなくて良かったな」だったりもしました。

 

 

 まっ、あと、「合格」したから言えるんですけど、その仕事を進めていく時のスピード感、仲間との連日のやり取りとか作業のテンポ、緊張感と集中力が持続したままサクサクとドンドンとガンガンと進んでいく感じは良かったと言うか、なんか心地良かったです。

 

 

 ええ、仕事は一人ではしないものですし、相手や仲間があって存在もしますし、その中でお互いの役割や責任も存在していきますけど、そのコラボ感、チーム感が今回はとっても楽しかったです。

 

 

 厳しいコトも言い合えたり、求め合えたりして、「良いモノにしよう」「より良くしていこう」「相手に認めさせるだけでなく、喜ばすだけでもなく、驚かしてやろ」、「俺達の考えたやり方で」は口にしないでも「そんなの当たり前」なままに、お互いに伝え合う口も、相手の意見を聞き合う耳も、相手に対する敬意も持って進められたのが楽しかったです。

 

 

 「上下ではなくて横」「チーム」「コンビ」で、「気分はCHAKA DEMUS&PLIERS」でした、なんとなく。

 

 

 まっ、報告した仲間は「あー、もーこの時間から飲みてぇー」で、自分も「嬉しい」よりもなんか「安堵ってか、なんか脱力だよ」でしたけど、今回の「合格」は一つの結果でして、ゴールではなくて、自分と仲間にはココからもう一つそれが「こーなりますよーに」と願うと言うか、狙っているコト、次の段階もありますので、「いや、やっとパスポートをゲットしただけ」「まだ入口」「ココから『世界』に」とお互いに確認し合いました。

 

 

 ええ、「世界へ」でして、「ヤったる」「イったる」です。下ネタではないです。

 

 

 と、きっと「知らんわ」「ウザいわ」「ポエムか」「こーゆーとこだよ」だと思いますので、本題を。

 

 

 ええ、イントロでした。

 

 

 いきましょ。

 

 

 ああ、コレもコラボですね、言われてみたら、って、言われなくても。

 

 

 聴けばわかりますし、書いてるし。

 

 

 公式歌詞動画が公開されました。

 

 
 ESTELLE Feat. MALEEK BERRY
 「Move Up」
 OFFICIAL LYRIC VIDEO
 
LINK

 

 

 ESTLLE『LOVERS ROCK』収録曲です。

 

 

 

 

 先日も書いたと思いますけど、この曲がココに来てUS等で急上昇しています。「Billboard Reggae Single Chart」でも1位になったりしてます。ESTLLEがアルバム発売後の初の公式USツアーを開始していたのもなんか影響されているのかもしれません。

 

 

 

 

 で、このタイミングでビデオが登場したのもそうした現在の勢いをさらに加速させるためで、アニメーションにしたのはきっと「ツアー中」で撮影とかはアレだったんだろうな、です。

 

 

 でも、既に『LOVERS ROCK』からはたくさんのビデオが有りますので、このアニメーションは新鮮で良いな、とも。歌詞も伝わりやすいですし、と。どうでしょ??、是非チェックください。

 

 

 で、改めてですけど、MALEEK BERRYはUK拠点のアーティストで、ルーツであるナイジェリアでも活躍しています。ESTELLEもお母さんはセネガル出身ですし、お互いに「アフリカ」「UK育ち」と共通項はあります。

 

 

 MALEEK BERRY

 OFFICIAL

 LINK

 

 

 で、その両者の共通項も意識したのかアフロビート的な曲調でプロデュースしたのはSUPA DUPSです。コレも。

 

 

 

 

 TARRUS RILEYとの「Love Like Ours」もSUPA DUPSでしたけど、『LOVERS ROCK』の中でSUPA DUPSはプロデュース面では中心的な役割を果たしています。ああ、「ダップス」ではなくて「ドゥープス」です。BLACK CHINEYです。

 

 

 ESTELLE Feat. TARRUS RILEY
 「Love Like Ours」
 OFFICIAL VIDEO
 
LINK

 

 

 で、まぁ、改めてですけど、ESTELLE『LOVERS ROCK』にはMALEEK BERRY、TARRUS RILEY以外にも、CHRONIXXKRANIUMAGENT SASCOLUKE JAMESHOODCEREBRITTY等々、数多くのコラボ、好曲・好仕事曲が収録されていて、それぞれの「物語」が作品全体の振り幅、ヴァラエティを増大させています、サウンド面だけではなくて。是非そのへんもアレして再度ご確認してみてください。

 

 

 ESTELLE
 『LOVERS ROCK』
 作品案内
 
LINK

 

 

 てな感じで、今日は以上で、今月は最後です。

 

 

 今月もありがとうございました。

 

 

 来月と言うか、明日からの3月には色々とリリース・案内・発表も多くなります。色々と仕込みも加速しています。

 

 

 是非引き続きヨロシクお願いします&お楽しみに。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スイマセーン!!


 スイマセーン!!

 

 

 「3月15日」が正解でした。

 

 

 一昨日にご案内させて頂いた新曲の配信日の件、

 

 

 CHRISTOPHER MARTIN「Life」の件です。

 

 

 CHRISTOPHER MARTIN
 「Life」Digital Single

 3/15 Release
 作品案内
 
LINK

 

 

 「3月1日」と間違ってご案内していました。

 

 

 改めて「3月15日」でヨロシクお願いします。

 


 完全にウチの確認ミス。

 

 

 ご指摘頂いた関係先のご担当者の方に感謝。

 

 

 あと、結婚おめでとう。

 

 

 と、今朝にそれに「あー」&「やっちまったー」&「スイマセーン!!」とアタフタした後に横浜に移動。

 

 

 MIGHTY CROWNの事務所で打ち合わせ。

 

 

 

 

 自分は「広瀬アリス」としか発言しなくて「スイマセーン!!」のままに「急いで事務所に戻らないとー」。

 

 

 

 

 

 ええ、月末もありますけど、なんやかんやと色々とアタフタ。

 

 

 色々とある「今月中に」を急いでやりたいとこ。

 

 

 慌てず、急いで、確認はタイトに、は自分に。反省も込めて。

 

 

 えー、なので、今日は以上にします。

 

 

 せっかくチェックしてくれたのにヌルい内容でスイマセーン!!

 

 

 また明日。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。


 必見。

 

 

 UKのBBCが制作、昨年の11月に放映したDAVID RODIGAN先生のドキュメンタリー『REGGAE FEVER』の映像が公開されています。

 

 

 BBC

 DAVID RODIGAN

 REGGAE FEVER

 LINK

 

 

 約1時間。素晴らしいです。

 

 

 RODIGAN先生の個人の歴史と人生を振り返りつつ、UKでのレゲエの歴史、サウンド・システム・カルチャーの歴史とか体系的に制作されていて、数多くのレゲエ関係者も登場、当時を紹介・証言していて、RODIGAN先生の私感・記憶だけに頼った内容になっていないのが素晴らしいです。

 

 

 勿論、全編英語ですけど、映像を通じて理解できるとも思いますので、貴重な映像も使用されていますので、是非見てみましょう。

 

 

 個人的には「来日したら質問してみたいな」だったコトの回答も結構出てきて「なるほど、そうだったんですね」も色々。

 

 

 昨年の11月のロンドンでRODIGAN先生に会った際に、自分からの質問に対して、一つの質問に対して、たくさん話してくれて、脱線もして違う話もしてくれて、それはそれで嬉しくも、光栄でもあったんですけど、「いや、まだまだ質問したいコトはあるんですけど・・」だったりもしましたので、とっても助かりました。

 

 

 ああ、で、何度もアレしていますけど、来日が迫ってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 LINK

 

 

 行くべきです。

 

 

 RODIGAN先生を知っているとか知らないとか関係ないです。あと、知らないのなら余計に行くべきです。レゲエを知らなくても行くべきです。

 

 

 なんか勲章とかもらっているぐらい偉い人だから、とっても有名な人だから、ではないです。人を殺して勲章をもらっている人も知っていますし、有名なぐらいクズな人も知っています。

 

 

 よく「愛情」と言いますけど、そのなんか綺麗で聞こえも良いけれども、なんかアテにならない言葉の正しい意味を正しく伝えてくれると思っています。正しい「愛情」の言葉の定義を、そのレゲエへの愛情を通じて理解させてくれると思います。

 

 

 失礼ですけど、狂ってます。コレほどレゲエの魅力に狂っている人はそうはいないです。そう狂わせてしまうほどのレゲエの魅力も伝えてくれると思います。

 

 

 自分もそのために行きます。

 

 

 と、映像をじーっと見ていて時間が押しています。

 

 

 今日は以上にします。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 「ご案内」を。

 

 

 今週金曜日に配信開始です。

 

 

 

 CHRISTOPHER MARTIN

 「Life」- Digital Single

 作品案内

 LINK

 

 

 ね、今週金曜日は3月1日なので、なんか春な感じになりますし、アートワークも春っぽい色合いです。

 

 

 って、たまたまだと思いますけど。

 

 

 桜の色とかも気にしていないでしょうし。

 

 

 でも、曲は確かに春っぽいと言うか、ポジティヴな内容でして、卒業〜入社・入学、新期・新学期とかで色々と環境も変わったりする春にはピッタリかもしれません。

 

 

 って、ジャマイカとかは9月ですけど。

 

 

 まっ、いいや。

 

 

 

 で、「Life」は新作からの先行シングル曲・配信限定発売となります。

 

 

 で、ココ最近に「新作からの先行曲です」とご案内させて頂くコトが多いのですけど、その新作がいつにリリースされるのかは全然ご案内できていなかったりしますけど、CHRISTOPHER MARTINに関しては違います。

 

 

 

 

 いや、「なんだ、この写真??」ではなくて、新作の発売はUS5月3日です。VP RECORDSからハッキリとそう発売日も連絡されています。色々な詳細・素材も続々と届いています。

 

 

 で、新作のタイトルも『AND THEN』と連絡されています。

 

 

 なんか「安全」とも読めるようなタイトルですけど、それぐらいリリース準備は順調の様子です。

 

 

 で、新作の詳細は改めさせて頂くとして、まずはこの「Life」をヨロシクお願いします。

 

 

 あと、合わせて一昨年のデビュー・アルバム『BIG DEAL』も復習ヨロシクお願いします。

 

 

 CHRISTOPHER MARTIN

 『BIG DEAL』

 作品案内

 LINK

 

 

 TVコンテスト番組優勝後に、本格ブレイクした「Cheaters Prayer」〜「Pirates Of Caribbean」等、色々なヒット曲もまとめて楽しめる一昨年の時点でのベスト盤的な内容です。上記LINKから色々と試聴もできますのでチェックください。

 

 

 

 

 「スウィートなダンスホール・シンガー」はその通りですけど、それだけでなくガッチリとレゲエも、あとR&Bとかもイケちゃう実力派だというコトも伝わる作品だと思います。

 

 

 ええ、なんか「あー、CHRISTOPHER MARTINねー」とチト軽く見られている皆さんは確認しておくよーに。各楽曲だけではなく、その構成力とかも含めてもかなり充実した「アルバム」です。

 

 

 コレぐらいの作品をデビュー・アルバムとして作れているだけに、新作もそれを超えてくれるモノとなるコトを期待しています。

 

 

 と、今日は以上です。

 


 ええ、週明けですけど、既にヘロヘロ。

 

 

 週末にずーっと原稿を書いててヘロヘロ。

 

 

 いや、ココだけではなくて、そーゆーのもいつも「書き過ぎ」。

 

 

 今回も4000字でいいのに、13000字も書いてて、「マジかよ」ではなくて「どーしよ」なとこ。

 

 

 自分でも自分にウンザリ。「長ぇーよ、バカ」なのと「ヘタクソ」なのと「無駄が多いんだよな」なとこ。いつも。

 

 

 

 と、そっちを片付けます、今日は。

 

 

 頑張ろっと。

 

 

 また明日〜。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 17:59 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |