CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
OTHERS
CATEGORIES
ARCHIVES
BACK NUMBER
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS

レゲエ日記 24*7 RECORDS | BLOG

24×7 RECORDSのオフィシャル・ブログ -
レゲエ、ジャマイカのこといろいろ。
そんな感じ。ではでは。
LOVE REGGAE MUSIC 24*7!!
REGGAE TEACH ME EVERYTHIG
偶然。

 

 水曜日。

 

 

 偶然

 

 

 一昨日のコトです。中古盤を購入しました。何枚か、何種も持っている作品でしたけど、偶然に出会うとまた購入してしまう作品です。

 

 

 

 

 手に入れたのは、FREDDIE McGREGOR船長『ACROSS THE BORDER』です。

 

 

 84年に日本のCBSソニーから発売されていた日本盤です。海外はRASからでした。

 

 

 日本盤の「帯」のフォントが怪奇映画っぽいですけど、爽快なルーツ&ラヴァーズ作品です。

 

 

 作品がそうなのは、船長のスタイルが爽快なのもありますけど、制作に参加していた当時の船長のバック・バンド=STUDIO ONE BAND、その中心的存在で、後にWYCLIFFE “STEELY” JOHNSONと〈STEELY & CLEVIE〉を設立するCLEVELAND ”CLEVIE” BROWNEの存在も大きかったと思います。

 

 

 

 

 ちょうど、〈JAMMY’S〉からSLENG TENG RIDDIM登場、「デジタル革命」前夜と言うか、その前年の発売作品ですけど、CLEVIEが叩いたシモンズのドラムとか、一部で「デジタル」を導入していて、それも爽快と言いますか、音の広がりを生んで、楽曲と船長のスタイルにもマッチしていました。

 

 

 で、「船長&CLEVIE」による最新作が、現在の船長の最新作『TRUE TO MY ROOTS』、とか思いながら、事務所に戻ってから改めて『ACROSS THE BORDER』『TRUE TO MY ROOTS』を続けて聴いていたら、フト「船長と話してないな」「8月の末だったっけ、最後は」とか思いました。

 

 

 FREDDIE McGREGOR

 『TRUE TO MY ROOTS』

 日本盤 / 24x7RECORDS

 作品案内LINK

 

 

 で、昨日のコトです。

 

 

 夕方にUKの仲間から連絡がありました。日本人で、昨年末からロンドンで暮らし始めている仲間で年下のユーツです。

 

 

 船長のUKツアー、アコースティック・ツアーが昨日から開始されるのは知っていましたけど、その仲間から「船長のツアーにカメラマンとして参加するコトになりました」みたいな感じの連絡でした。「えっ!」です。

 

 

 

 

 ええ、昨日のコトから「なんて偶然」「なんてタイムリー」とか思っていたら、仲間から続けて、「今、船長といます」でしたので、また「えっ!」です。

 

 

 

 

 即「電話する」と伝えて、電話したら、取った仲間は一言「替わります」で、その後に「モシモシ〜、ガハハ」と船長が登場しました。

 

 

 船長も「このユーツはお前の知り合いなんだってな、なんかスゴい偶然だな」で、「でも、俺もこのユーツに会ったことあったのを思い出したんだ。このユーツがずっと前にジャマイカに来た時に偶然会って、その時にお前にポロ・シャツを届けるようにお願いしたんだ」で、「あのポロ・シャツ、まだ持っているか??」。

 

 

 

 

 で、「持ってますよ〜」で、「あのポロ・シャツを自分のところに届けてくれたコトで、そのユーツとも知り合ったんですよ」と言うと、「そっか、なんかの縁なんだな」で、「新しいシャツをまたこのユーツに預けておくから受け取ってくれ」とガハハ。

 

 

 その後も船長となんやかんやと話したりして、船長の記憶力のスゴさとかをまた確認したりして、10分程度の電話を終えました。そんな機会と偶然を与えてくれた仲間にも感謝して。

 

 

 で、「テンション上がるな」と。

 

 

 ええ、まー、その仲間にも言いましたけど、船長との関係も長いですし、何年もの間に何回も話したりしていますけど、いつも話し終えると元気になれる、と言うか、ボジティヴな気持ちにさせてくれます、ずっと変わらずに。

 

 

 まっ、自分の中で、そうした「特別な人=会う&話すだけでエナジーをくれる人」は何人かいるんですけど、そんなにはいないんですけど、その人達に共通しているのは、そうした人達自身が常に元気と言うか、とってもボジティヴ思考でして、色々と問題があっても、そこからもボジティヴになれる方法と手段の角度やヒントを見つけるコトに長けていて、そのままにそれぞれの活動を実践していて、そのままに何年もずっとやり続けていて、前進し続けている人達なんですよね。まっ、ゆえに説得力もあるんですけど。

 

 

 ええ、「憧れるよ」です。とっても。

 

 

 ええ、船長との電話の後にも自分のクズ&ポンコツ加減を反省しました。また。改めて。

 

 

 まっ、「仕事」とかよりも、仕事に向かう自分の気分や感情をコントロールするコトの方が難しいんだよな、で、「自分次第」はわかっていても、なかなかねぇ、と。#ホントにクズでポンコツ #残念

 

 

 で、その後に、何かをもう諦めた気持ちになってから、Billboard Liveに。

 

 

 

 

 ええ、「偶然に知ったアーティストを偶然に知っていた仲間と一緒に行くのは良いな」とRON ARTIST llを観に行きました。

 

 

 ええ、てな感じで、連日「BERESネタ」ばっかで飽きているのは皆さんだけではないです。

 

 

 今日はそれもあって全然関係ないコトにしました。

 

 

 ええ、「ただの日記だよ」と思ったのも皆さんだけではないです。

 

 

 スイマセン。

 

 

 で、ネタには飽きているかもしれませんけど、飽きるまで何度も聴いて、聴き倒してみてください。

 

 

 

 

 是非ヨロシクお願いします。

 

 

 引き続きヨロシクお願いします。

 

 

 以上にします。

 

 

 また明日。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
よしよし。

 

 火曜日。

 

 

 ありがとうございます。

 

 

 今朝にVP RECORDSから届いていたBERES HAMMOND『NEVER ENDING』の報告を見ていたら、日本は4位でした。US / UK / カナダに続いて。ココ最近のアフリカ各国を飛び越えて。初動の販売実績が。

 

 

 

 

 で、それを見ていると、日本でもストリーミングが拡大しているコトを再確認しました。CHRONIXX『CHRONOLOGY』でも確認していますけど。

 

 

 

 

 で、『NEVER ENDING』はアルバムとしても好発進なんですけど、その中の収録曲「Hold You Till It Hurts」は日本が世界でトップでした。報告の中にも「やっぱり、日本人はスロー、バラード、ラヴァーズが好きなんだね」に「そうね」でした。

 

 

 

 

 で、「スゴいな」だったのは、『NEVER ENDING』は、6年振りの新作になるんですけど、初動の発進だけで言うと、もしかしたらBERES HAMMONDの作品としては過去最高というコトです。

 

 

 「63歳でソレってスゴい」です。年齢とか、数字よりも、長年変わらず前進し続けて、人々が求める歌を歌い続けているコト、その情熱とか意志とか、「ホントにNEVER ENDINGだよ」とマキシマム・リスペクトです。改めて。

 

 

 

 

 で、売上はUSがダントツ過ぎるんですけど、勿論、市場の規模、カリビアン・コミュニティの規模とかもありますけど、やはり今年もですけど、毎年のようにしっかりとUS国内をツアーをしているコト、それも大きいと思います。

 

 

 その歌や魅力を直接届けられているだけではなく、ファンにとってもより身近に感じられている思います。それが日本にも欲しいところで、一番難しいところ。

 

 

 あと、コレも一つのBERES HAMMONDのUSでの人気の表れにもなると思うんですけど、ココでも何度もアレした通り、BERES HAMMONDは先週にNYのVP RECORDS店頭で発売記念のサイン会を実施したんです。

 

 

 

 

 で、行かれたコトのある皆さんは知っている通り、VP RECORDSの店頭は決してアクセスが便利な場所にはないんです。マンハッタンとかではなく、クイーンズですし、マンハッタンから見ると一番奥地の終着駅のジャマイカ駅を最寄りとしても、そこからも結構遠いですし。

 

 

 まっ、東京で言うと、都心から八王子まで行って、さらにそこからバスとか30分ぐらい歩くイメージでしょうか。

 

 

 

 

 で、サイン会も週末とかではなく、平日の夕方に開催されたんですけど、それも少し寒い日に開催されたんですけど、その動員は同店の同様のイヴェントの過去最高だった様子で、3時間の予定も大幅に超えて、「少なく見ても400人以上にサインしてた」で、それは「スゴいよ」だったりします。

 

 

 

 と、まぁ、今朝のVP RECORDSからの報告を確認してそのまま書いているので、なんか生々しいと言うか、やたら数字とか順位とか書いてますけど、ぶっちゃけ、それは参考資料ぐらいのモノです、個人的には。勿論、仕事や契約の部分では大事ですし、気にしないといけないんですけど。

 

 

 ただ、それ以上にいつも気にしているのは「素晴らしい作品かどうか」だったりで、その上で、「たくさんの人に聴いてもらいたいな」なら、「届いてるかな」です。その上で、結果としての数字とか順位ぐらいです。個人的には。

 

 

 あと「どうしてもシングル曲とか、リード曲とか、ビデオを制作する曲とかはUSやUK側で決められちゃうけど、それが決してダメってことでもないんだけど、それでアルバム全体を判断されてしまって、他に収録されている『日本ならコレでしょ』って曲とかが聴かれないで判断されるのは残念なんだよな」とかはあります。もう少し言えば。個人的には。

 

 

 で、それが今回の連絡を見て、どちらも「大丈夫かもよ」だったコトが「良かった」だったりします。個人的には。順位とかよりも。

 

 

 ええ、たまによくわからなくもなりますし。で、ずっとそんなのだったら、関わらない方が良いですし。なんかそういう意味でも「ありがとうございます」でした。個人的なコト、不安と安堵、責任と無責任のコトなんですけど。

 

 

 えー、と、余計なコトを意図的に書いてます。たくさん書いてます。わざと。

 

 

 で、BERES HAMMOND『NEVER ENDING』ですけど、未聴の皆さんは是非。配信・CD・LP、どれでも。

 

 

 

 

 で、昨日に新宿をパス・スルー、TOWER RECORDSをパス・スルーした際にドーンと展開頂いてるのを確認できました。ありがとうございます。もしアレなら同店でもゲットください。

 

 

 

 

 あと、同じ新宿ではHMV record shopもパス・スルーしました。こちらではCHRONIXXの7インチが「VOL.1」〜「VOL.3」全て在庫・販売していました。ありがとうございます。

 

 

 

 

 引き続き「VOL.1」の問い合わせも多いですけど、現在に各店に在庫されている分だけとなります。是非ヨロシクお願いします。追加・再入荷はナシです。ご理解・ご了承願います。

 

 

 

 

 そうそう、チト検索し直さないとソースが出てこないんですけど、BERES HAMMONDがUSかどっかのメディアで新作発売用のインタヴューを受けていましたけど、その中で「CHRONIXX」と語っていました。「現在のシーンで気になる後輩は??」みたいな質問で。最初に名前を挙げていました。

 

 

 で、そこからの余談で、今夏のUSツアー中に一度共演したコト、NJ公演で共演して、ホントはBERES HAMMOND & BUJU BANTONのコンビ曲を、事前打ち合わせナシでBUJUのパートをCHRONIXXに振ったら、CHRONIXXがドカーンと盛り上げていたよ、みたいなコトを話していました。

 


 あと、「ジャマイカよりヨーロッパとかの夏フェスの方が人気で動員多くて、それはそれで良いことだけど、もっとジャマイカも頑張らないといけない」「若いアーティスト達ももっと積極的に参加して、自国のフェスとカルチャーに貢献すべきだ」と苦言も呈してしました、その同じインタヴューで。「それで自分は今夏はジャマイカの『Sumfest』に出たんだよ」とか。

 

 

 ね、日本からのインタヴュー要請はいつに受けてくれるんでしょうか?? もう「全部他で答えているよー」となる前に時間を割いて欲しいです。大忙しみたいですけど。

 

 

 えー、てな感じにしておきましょ。

 

 

 よしよし、な感じになってますし。

 

 

 ええ、昨日に新宿をパス・スルーしたのも「やべー、壊れたー」だったからです。パソコンが。正しくはキーボードが。

 

 

 で、なんかやかんやとてんやわんやになって、結果として「もう買い直すか」で、「新宿に在庫あるのか」だったんです。

 

 

 ああ、で、「ありがとうございます」は、MACのサポート・センターの昨日の電話担当者の方にも。1時間悪戦苦闘していたモノを5分で解決してくれました。

 

 

 えー、もう終わりましょう。

 

 

 もう大丈夫そうです。よしよし、です。これぐらい書けば。

 

 

 ええ、「なんか慣れないなー」だった新しいキーボードもコレぐらい書いていると慣れてきました。

 

 

 

 

 とっても良い練習になりました。

 

 

 お付き合いありがとうございました。

 

 

 また明日。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
次々と。

 

 月曜日。

 

 

 サクサクとザクザクと。

 

 

 次々にいきましょ。

 

 

 動画ー。ウチに関係有る無し関係なく「見て」なOFFICIAL VIDEOが色々と公開されています。

 

 

 CULAN「Easy To Love You - REMIX - Feat. KONSHENS」

 

 

 LINK

 

 

 VP RECORDS『REGGAE GOLD 2018 - 25th ANNIVERSARY』収録曲。UKのCULANの人気曲に、ジャマイカの説明不要のトップ・スター、KONSHENSが加わったREMIX。

 

 

 REGGAE GOLD 2018

 25th ANNIVERSARY

 作品案内LINK

 

 

 トロピカル・ハウスっぽかったオリジナルがKONSHENSの「声」一発でグイっとダンスホールに。AGENT SASCO a.k.a. ASSASSINと同様にKONSHENSの「声」は個人的に好物だったりもして、この曲でもその破壊力に拍手。あと、ビデオで何度も登場する女子にも個人的に拍手。好物。

 

 

 

 次。

 

 NAOMI COWAN「Paradise Plum」

 

 

 LINK

 

 

 TOMMY COWANとCARLINE DAVISの娘さん。曲は結構前に出ていましたけど、このタイミングでビデオが登場するのは好調の証。リディム&プロデュースはTEFLON ZINCFENCE。CHRONIXXとかともリンクしている人気プロデューサー。

 

 

 

 

 

 次。

 

 MORGAN HERITAGE「Africa x Jamaica Feat. DIAMOND PLATINUMZ & STONEBWOY」

 

 

 LINK

 

 

 MORGAN HERITAGEの最新曲。タイトル通りにアフリカの人気アフロ・ビート・スター達とのコラボ曲。DIAMOND PLATINUMZはタンザニア、STONEBWOYはガーナ。

 

 

 何度もアレしていますけど、現在のレゲエ&ダンスホールの世界最大市場はアフリカ。アフロ・ポップとも密接・密着して大人気。

数多くのジャマイカのアーティスト達がアフリカに進出していて、週末にはTARRUS RILEYもケニア公演を実施していましたけど、MORGAN HERITAGEはその中でも早くから進出。何度も公演・ツアーを実施している感じ。

 

 

 この曲もアフリカ市場を意識したものと想像。ビデオは公開後1日でアフリカ各国だけで再生回数が12万回を突破中で、アフリカのトップ・スター達とコラボ、ビデオでもアフリカのダンサー達を起用したのも拡散に大きく貢献&成功。

 

 

 

 次。

 

 MAJOR LAZER「Loyal Feat. KIZZ DANIEL & KRANIUM」

 

 

 LINK

 

 

 コレは以前にも紹介した曲&ビデオ。その際に「MAJOR LAZERが全曲にアフリカのアーティストを起用した新作『ESSENTIALS』収録曲」と紹介したのは誤り。正しくはアフリカのアーティストを起用した作品は『AFROBEATS MIX』。スイマセンでした。

 

 

 

 

 で、改めてですけど、KIZZ DANIELはナイジェリアのスター。KRANIUMは説明不要のハズ、NY拠点のダンスホール・スター。まっ、MAJOR LAZERもアフリカに興味津々、アフロ・ビートに夢中、と。

 

 

 で、『ESSENTIALS』は週末に登場したMAJOR LAZERのベスト盤のタイトルでした。

 

 

 

 

 MAJOR LAZERの活動10周年を記念したベスト盤みたいですけど、DIPLOのコメントが色々なメディアで紹介されているのが事実なら、MAJOR LAZERとしての活動停止を受けてのベスト盤なのかもしれません。

 

 

 で、そのベスト盤『ESSENTIALS』にも「Loyal」は収録されています。それ以外にもBUSY SIGNALとのアレとか、もう鉄板と呼べるヒット曲が大量。改めてMAJOR LAZERのスゴさとか、影響力、存在感、あとダンスホールへの貢献の高さとかも確認できる内容となっています。リスペクト。

 

 

 

 次。

 

 ラジオー。ウチに関係したコトで。

 

 

 週末・土曜日にBERES HAMMOND『NEVER ENDING』の特集が放送。

 

 

 BERES HAMMOND

 『NEVER ENDING』

 作品案内LINK

 

 

 19時〜、福岡 / LOVE FM / IRIE MUSIC / DJ LUEで。Ameba Radioで全国で現在も聴けます。

 

 

 

 

 24時〜、横浜 / FM YOKOHAMA / BAYSIDE REGGAE LOUNGE / DJ BANA & MIGHTY CROWN FAMILYで。今回はDJ BANA & SUPER CRISS(FIRE BALL)で。radikoで現在も聴けます。

 

 

 

 

 紹介頂いて大感謝。是非引き続きヨロシクお願いします。配信・CD・LP、全て発売開始中です。

 

 

 

 次。

 

 通販ー。ウチだけのコトで。

 

 

 今夏に発売したRTMEのMESH CAPが全て完売しました。ありがとうございました。

 

 

 24x7RECORDS通販

 LINK

 

 

 コレでSNAPBACKとMESH全種完売です。また自分達のが汚れた頃に新作・再発を検討したいと思います。

 

 

 

 

 今回のCAPは自分達のが汚れたタイミングと、皆さんからの「再発して」の声が多かったタイミングと一致して「作ろ」でしたけど、引き続きそうした意見・要望等ヨロシクお願いします。

 

 

 

 次。

 

 日記ー。個人的なコトで。

 

 

 週末の土曜日。朝に「晴れてる」でした。でも、夕方に仲間達と日比谷野外音楽堂に到着したと同時に雨が降り出して、それも結構な雨で、仲間達と慌てて雨合羽をゲット、慌てて着用して、雨だけではなくて寒さにも耐え続けてライブを見てました。

 

 

 で、三時間ぐらいして「公演終了〜」と同時に雨が止みやがって、「どーゆーコト??」「ライヴの時間だけ??」「嫌がらせかよ??」と文句を言いつつ、「さすがTHE MODS!!」と仲間達と笑いました。

 

 

 ええ、まぁ、「雨の野音」とはTHE MODSの伝説でもあって、「らしい」んです。

 

 

 

 

 「THE MODSのライヴによく行ってますよね??」とよく言われます。実際によく行っているので「大ファン」だと思われています。

 

 

 ですけど、「自分が好きなんだろうと思って、ライヴの度に誘ってくる仲間達がいるからです」なところです。

 

 

 まっ、今回のライヴには知り合いもメンバーのTHE COLTSも出ていたので、でしたけど、ライヴよりもそうした仲間達と会うために、そこでしか会わない仲間達と遊ぶために行っている感じです。

 

 

 まっ、その音楽性とかよりもそっちだったりして、今回も「もー、缶ビールの中にも雨が入っちゃって、なんかビール薄いよ」と笑う仲間を笑ったり、大変失礼ですけど、「あの人、雨でリーゼント垂れてるよ、革ジャンも台無しだよ」とまた笑ったり、もっと失礼ですけど、「いやー、ないわ・・、この曲・・」とまたまた笑ったり、それでも「だめだ、この曲を聴くとテンション上がるよー」とまたまたまた笑ったりして、楽しみました。

 

 

 でも、途中からは全員で黙って、じーっとライヴに見入っちゃって、最後には「いや、スゴいよ」と、「THE MODSはスゴいな」と。

 

 

 ええ、「何年も変わらずにしっかりしたライヴしてて、演奏も歌も枯れないし、こんだけの人達を集めて、熱狂させ続けているんだもんね」と、なんか学ばされる気持ちに。

 

 

 ええ、「ただ続けていればいいもんじゃないのかもしれないけど、変わらないでいるコトもダメなのかもしれないけど、それがなんであれさ、実際に何十年も変わらずに続けている人達を見ると、その強さみたいなものを見せられると、求められている姿を見ちゃうと、なんか絶対に敵わない存在に思えるし、素直に尊敬するし、なんか憧れる部分はあるよね」と、何十年も変わらずにバカを続けているな仲間達と、全員オッサン&ポンコツになっている仲間達と「良いもの見せてもらったなー」となんか感謝して帰るコトに。

 

 

 「寒いからラーメン」とか言いながら。

 

 

 まっ、そーゆー時間です。そーゆー時間のために行く感じです。

 

 

 で、自分を含めて、仲間達全員がそれぞれの日々の生活の中で色々とあったり、大変なタイミングにいつもTHE MODSのライヴがあるのは偶然と言うか、なんか不思議です。突然雨が降り出すことよりも。

 

 

 えー、と、週明けからダラ書きでスイマセンでした。

 

 

 以上にします。

 

 

 今週もヨロシクお願いします。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 


 

| 報告 | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 金曜日。

 

 

 10月19日。

 

 

 BERES HAMMOND『NEVER ENDING』。先週の12日の配信&CDに続いて、本日がLP商品のUS正式発売日です。

 

 

 BERES HAMMOND

 『NEVER ENDING』

 作品案内LINK

 

 

 配信&CDは全14曲収録。LPは1枚組で全12曲収録です。改めて収録曲&作品案内を上記のLINKからご確認願います。

 

 

 

 

 LP商品は既に日本向商品出荷を開始しています。TOWER RECORDSでは通販がメインですけど、渋谷店には既に入荷しているみたいです。その他、disk Union、HMV他のチェーン店〜DUB STORE他の専門店でも今後に順次入荷・発売開始予定ですけど、各店の通販等で予約・取寄をお勧めします。

 

 

 で、BERES HAMMOND『NEVER ENDING』以外にも今年のVP RECORDSの新作・話題作も、配信&CDだけではなくLPでも発売していますので、合わせて予約・取寄してください。

 

 

 ROMAIN VIRGO『LoveSick』ALBOROSIE MEETS THE WAILERS UNITED『UNBREAKABLE』『KING JAMMY Presents DENNIS BROWN Tracks Of Life』とか。

 

 

 

 

 あと、アナログ限定のJAH9『FEELINGS』も発売開始されていますので是非。7曲入りのEP。LPサイズ。

 

 

 

 

 全て作品案内はサイトでご確認ください。

 

 

 24x7 RECORDS

 RELEASES

 LINK

 

 

 全て良いです。ホントに。

 

 

 

 次。

 

 

 KRANIUM「Sidung」本日配信開始。最新曲&シングル。

 

 

 KRANIUM

 「Sidung」

 DANCE VIDEO

 LINK

 

 

 配信に合わせてダンス・ビデオも公開されましたので、上記のLINKから視聴ください。

 

 

 プロデュースはSAK PASESUPS DUPS。来年2月に発売予定のアルバムからの先行曲。ATLANTIC / WARNERからのリリース。

 

 

 iTunesでも「レゲエ」のトップにバナーがドーンです。

 

 

 

 

 ESTELLE『LOVERS ROCK』BERES HAMMOND『NEVER ENDING』のバナーと並んでいる感じが「いいね!」です。

 

 

 一人のサポーターの存在で伝え方が変わるコトを実感しています。「#ThankYu」です。

 

 


 次。

 

 

 違う話。

 

 

 「REGGAE GIRLZ」。ジャマイカの女子サッカー代表チームの愛称です。男子チームは「REGGAE BOYS」です。

 

 

 そのREGGAE GIRLZが来年にフランスで開催されるワールド・カップの予選を突破、出場権を獲得しました。SNSを見ていると、BOUNTY KILLER他多数のアーティスト達も「わーい」「すげー」「よく頑張ったー」と称賛しまくっています。

 

 

 

 

 で、そのREGGAE GIRLZは来週末にUK遠征で試合をするみたいです。その試合には同様にUK遠征中のFREDDIE McGREGOR船長も来て、歌を歌うみたいです。多分「I Was Born A Winner」を歌うと思います。

 

 

 

 UKに行く&居るの皆さんは是非。

 

 

 あと、もし、「その日は・・」なら船長の公演に。アコースティックでのツアーはなかなか観れません。

 

 

 

 

 あと、船長に会えたら、「日本公演を」と伝えてください。そろそろ来ないと、とは思っています。新作も来年頭に予定されていますけど、その後にでも来て欲しいです。

 

 

 とにかく世界各国からのオファーが多くて、「Go Freddie Go」はいいですけど、いつもどっかにGoしてて、なかなかタイミングが合わないんですけど、なんとかしたいところです。

 

 

 FREDDIE McGREGOR

 「Go Freddie Go」

 作品案内LINK

 

 

 

 FREDDIE McGREGOR

 「Go Freddie Go」

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 

 てな感じです、とりあえず、今日は。

 

 

 えー、今週もありがとうございました。

 

 

 来週もヨロシクお願いします。

 

 

 来週はちゃんとしよ、は自分に。

 

 

 ええ、反省、今週は。

 

 

 なんか、発送しかしてなかった印象。ほとんど人とかにも会わずに。クルー&仲間ともSNSだけで。それで勝手に「ロンリー」気分になっているし。面倒臭いし。オッサンなのに。

 

 

 でも、通販の皆さんには感謝。梱包&発送作業も好物だったりしますし。

 

 

 24x7 RECORDS

 通販 / SOUVENIRS

 LINK

 

 

 

 えー、良い週末を。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 14:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
『ありがとうございます』とダラダラ。

 

 木曜日。

 

 

 ありがとうございます

 

 

 今朝にNYの仲間とチャット状態に。

 

 

 仲間は「普段ならまず来ないよ」のクイーンズの奥地のVP RECORDSの店から。

 

 

 

 

 「昨日ぐらいからこっちは冬だよ」の寒空の下で。

 

 

 「BERES来るのが遅いよ」と待ちながら。

 

 

 「BERES来たけど、一人一人とサインだけじゃなくて写真とか撮っているからすごく時間掛かっているよ」と待たされながら。

 

 

 

 

 で、しばらくしたら、「BERESと会えたー!!」。

 

 

 ええ、VP RECORDSでのBERES HAMMOND『NEVER ENDING』発売記念のサイン会に参加してくれていました。

 

 

 

 

 

 ありがとうございます。

 

 

 次。

 

 

 えー、昨日に渋谷までテクテク。TOWER RECORDSまで。週末にパス・スルーした時にフライヤーを持っていなかったので届けるために。

 

 

 

 

 アポとか取らずに勝手に行きましたけど、バイヤーの岩田さんと会えました。「ESTELLEBERES HAMMONDもいい感じですよ」と言われて、「大きく展開して頂いているのもいい感じだからです」と感謝。

 

 

 

 

 

 ESTELLE

 『LOVERS ROCK』

 作品案内LINK

 

 

 

 BERES HAMMOND

 『NEVER ENDING』

 作品案内LINK

 

 

 フライヤーをお渡しして、「BERESの面を商品と一緒に置いてください」とか言っていたら、その片面を見て「あっ、コレ、ウチでも取り扱いたんですよ」と言われました。

 

 

 

 

 ええ、CHRONIXX7インチ「VOL.2」「VOL.3」

 

 

 VOL.2

 A: I Can

 AA: Skankin' Sweet

 作品案内LINK

 

 

 

 VOL.3

 A: Likes

 AA: Legend

 作品案内LINK

 

 

 で、お話していたら「あらら」・・。

 

 

 ええ、「ウチの告知・案内がわかりづらかったかな」と反省しましたけど、「VOL.1」がHMV record store 渋谷店の4周年記念としてリリースされていたので、今回の2タイトルも「VOL.1」と同様にHMV仕切り&HMV以外の店舗は東洋化成さんからの配給・流通となっていて、東洋化成さんから受注とかの案内がくるんだろう、と勘違いされていたご様子。TOWER RECORDSの渋谷店だけでなく、本部も。「オーダーしたいのに、案内来ないなー」と。

 

 

 VOL.1

 A: Majesty

 AA: Spanish Town Rockin'

 作品案内LINK

 

 

 で、「いやいや、違います。今回の『VOL.2』『VOL.3』の2タイトルはDUB STOREさんが配給・流通していますので、DUB STOREさんから取り寄せられます」と岩田さんにも説明、あと事務所に戻って本部の担当者にも連絡していたら、「あっ」。「フライヤー届けた後に渋谷でランチするのを忘れた」で、「腹減ったよ」。グーをグッと我慢。

 

 

 ええ、でも、グッド。「了解しました、DUB STOREさんから取り寄せます」の本部の担当者からのレスにお腹はともかく、気持ち的には満たされていたので全然平気で「嬉しい」「良かった」、で、ありがとうございます。

 

 

 ええ、できるだけ多くの皆さんに、簡単にお買い求め頂きたくて、あと、できるだけ皆さんのお買い求め先の選択肢を増やしたくて、皆さんそれぞれに貯めているポイントカードとかもありますでしょうし、なんかできるだけストレスみたいなのを軽減したいので、取り扱頂ける店舗が多い方がいいな、です、ウチとしては。

 

 

 

 

 まっ、今回も数は限られていますし、全国全店とかは無理ですけど、なるべく皆さんの街の、いつものレコ屋で普通にゲットしてもらいたな、な、とこ。ウチとしては。#SupportYourLocalRecordShop

 

 

 えー、で、コレは関係各位に。もし、上記のTOWER RECORDSさんみたいに商品のオーダーに関して勘違いとかされていたらアレしてください。DUB STORE&ウチで大丈夫です。なにかあれば連絡ください。ヨロシクお願いします。

 

 

 

 次。全然違う話も。

 

 

 ウチ以外の話も。

 

 

 てか、個人的な話だったりもするんですけど。

 

 

 えー、最近はELLA MAI『ELLA MAI』が話題ですけど、素晴らしいと言うか、とっても素敵な作品で自分もお気に入りですけど、なんですかね、聴いていると、なんかESTELLE『LOVERS ROCK』と通じる世界観みたいなものを感じるのは自分だけでしょうか??

 

 

 

 

 いや、サウンドとかスタイルも違うんですけど、どちらも頭文字が「E」だからでもないんですけど、どちらも女性で、どちらもUKだからでもないんですけど、どちらも、どっか懐かしくて、でも新しくて、とっても「現在」な感じがなんか共通している感じがしてて、それでどっちも好きなんですよ、なところです。どうでしょ??

 

 

 

 

 えー、あとですね、ココ最近では、WALSHY FIRETHE EXPANDERS「THANKS FOR LIFE」というRIDDIMを制作して、ワン・ウェイでリリースしていますけど、その中のCOCOA TEA「Mad House」が素晴らしいです。

 

 

 

 COCOA TEA

 「Mad House」

 視聴LINK

 

 

 ええ、個人的には、WALSHY FIREこそがMAJOR LAZERの「レゲエ&ダンスホール頭脳」だと思っていますけど、そのWALSHY FIREの「レゲエ愛」なRiddimがCOCOA TEAと合わないわけはないだろう、なんですけど、もー、そのCOCOA TEAの歌声と歌とメロディーとフローが個人的には「最高じゃまいか」です。

 

 

 その「じゃめーーか」と歌われる部分とかが最高過ぎます、ホント。もう「じゃめーーか」の「か」の部分の声の抜け方とか最高なんです。ええ、個人的に、ですけど、是非聴いてみてください。

 

 

 えー、あとですね、来月に来日するIBA MAHRの新曲もいい感じです。声も好きです。来日の予習としてもチェックしてみてください。

 

 

 IBA MAHR

 「Million Thoughts」

 視聴LINK

 

 

 それと、改めてですけど、2015年のデビュー・アルバムも是非。タイトル曲はオリジナルと、TARRUS RILEYとのリミックスもどちらも人気曲で、どちらも収録されています。復習しておきましょう。

 

 

 IBA MAHR

 『DIAMOND SOX』

 作品案内LINK

 

 

 

 IBA MAHR

 「Diamond Sox Feat. TARRUS RILEY」

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 

 来日案内

 LINK

 

 

 

 以上にしましょ。

 

 

 なんかダラダラと書いててスイマセンでした。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「ご報告」を。

 

 水曜日。

 

 

 今日はウチのコト。

 

 

 「ご報告」を

 

 

 いきましょ。

 

 

 JAH CURE

 

 

 

 

 先に再確認させて頂きます。JAH CURE本人のSNSとかでのアレもあって「9月に出る」「11月に出る」と拡散されていた新作『ROYAL SOLDIER』は、現時点で来年2月の発売を目指して進行中です。VP RECORDSからです。

 

 

 で、その新作からの先行曲として「Risk It All Feat. PHYLLISIA ROSS」「Life Is Real x POPCAAN x PADRINO」は現在配信開始中です。「Risk It All」はOFFICIAL VIDEO、「Life Is Real」はLYRIC VIDEOが公開中です。

 

 

 Risk It All

 Feat. PHYLLISIA ROSS

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 Life Is Real

 x POPCAAN x PADRINO

 OFFICIAL LYRIC VIDEO

 LINK

 

 

 で、新ネタとして、さらに新作からの先行曲として「Marijuana」が来月頭に配信開始される予定となっています。

 

 

 既に同曲のOFFICIAL VIDEOも撮影されていますので、発売に合わせて公開されると思います。是非お楽しみに。

 

 

 

 

 あと、邦題を「マリファナ」か「大麻」か「葉っぱ」にするか迷っています。読み方としては「マリワーナ」か「マリワナ」です。邦題が必要となってから決めます。キメてはないです。

 

 

 

 次。

 


 CHRONIXX

 

 

 

 

 UKのRUDIMENTALの新作『TOAST TO OUR DIFFERENCE』に参加しています。

 

 

 

 

 RUDIMENTALは4人組のバンドで、DRUM & BASS〜EDMとかでアレみたいです。メジャーのATLANTIC/WARNERと契約していて、なんか数百万枚売れていて、スゴい人気者でして〜、

 

 

 と、検索しながら書いてます。バレてるとは思いますけど。スイマセン、詳しくは知らないんです。

 

 

 で、そのRUDIMENTALは、CHRONIXX『CHRONOLOGY』収録曲「Loneliness」をプロデュースした人達です。CHRONIXXに教えられました。

 

 

 Loneliness

 OFFICIAL AUDIO

 LINK

 

 

 ええ、確かに『CHRONOLOGY』のクレジットにも「Produced by Rudimental and the Picard Brothers」と書かれていて、「あー、あのRudimentalが、そのRUDIMENTALなんですね」でした。

 

 

 リリースの時に確認したら「UKのプロデューサー」ぐらいのレスでしたので、「へー」なままスルーしてました。スイマセン。

 

 

 で、まぁ、そうしたRUDIMENTALとの関係もあって、今回は「返礼」みたいな感じで、JESS GLYNNEと共に「Dark Clouds」と曲で新作に参加した様子です。

 

 

 

 

 JESS GYNNEも詳しくは検索してください。UKの女性のシンガー・ソング・ライターみたいです。スイマセン。

 

 

 ああ、あと。そのRUDIMENTALの新作『TOAST TO OUR DIFFERENCE』にはPROTOJEも参加、タイトル・トラックで参加していて、OFFICIAL VIDEOも出ています。ええ、色々と近い人達なんだと想像しています、RUDIMENTAL。

 

 

 「Toast To Our Difference」

 Feat. SHUNGUDZ, PROTOJE & HAK BAKER

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 

 最後。

 

 

 BERES HAMMOND

 

 

 

 

 今朝に少しだけインスタで中継されていたのを見てました。ええ、NYの現地10/16にマンハッタンのSOHO/Apple Storeでイヴェント、NY在住の音楽ライター、ROB KENNER氏との質疑応答/トーク・ショーを実施していました。

 

 

 

 

 ROB KENNER氏は以前に『VIBE』とかでもレゲエ&ダンスホールを紹介していました。USではよく知られた人です。初めてリンクした時の印象は「なんか二木崇さんっぽいな」でした。

 

 

 あと、BERES HAMMONDはNYでは他にも精力的に色々と新作『NEVER ENDING』をプロモ中で、IRISH & CHINの番組とか、MAX GLAZERRED BULL RADIOとかにも出演しました。

 

 

 

  

 

 

 『NEVER ENDING』

 作品案内LINK

 

 

 で、昨日にMAX GLAZERと電話で話したら、「初めてちゃんとBERESと話した」で、「ホントに??、何度も会っていると思ってた」と伝えたら、「いやいや、恐れ多くて・・、だって、BERESだぜ。何度も見たり、会ったことはあるけど、気楽に話しかけられないよ」で、「初めてちゃんと話せたけど、すっげー嬉しかった、あと、すっげー緊張した」で、BERES HAMMONDのスゴさと言うか、凄み、その立ち位置みたいなものも改めて確認しました。

 

 

 まっ、BERES HAMMONDがどれだけリスペクト=尊敬を集めていて、愛されているかは、それこそショーとか、その楽屋とかで集まる人達の数や様子や態度を見ればわかって、自分も理解していましたけど、MAX GLAZERぐらいでもそうなんだと、少し「ほー」でした。

 

 

 で、MAX GLAZERはRIHANNAのバックDJも務めていたコトもあるので、「どっちが緊張する??」と聞いたら、「そりゃ、BERESさ」と即答してました。あと、「RIHANNAだってきっとBERESと会うと緊張すると思うよ」「彼女も大ファンだし」とも。「ほー」。

 

 

 で、MAX GLAZERから「会って緊張する人っているの??」「会えるとしたら、でもいいけど」と聞かれて、「広瀬アリス」と伝えました。

 

 

 

 

 えー、で、BERESは現地の今日17日にはVP RECORDSでサイン会を実施。現地の皆さんで行ける人は是非。

 

 

 

 

 VP RECORDSも既に準備完了。これだけ早く準備しているのも珍しいですけど、それも「BERESだから」とのコト。

 

 

 

 

 てな感じでしょうか。

 

 

 ああ、そうそう、昨日に提灯が届きました。MIGHTY JAM ROCKKYARAさんから。今夏の「HIGHEST MOUNTAIN 2018」にサポートとしてアレしたモノです。

 

 

 

 

 で、「HIGHEST MOUNTAIN 2018」は来月にDVDとして発売される予定です。お楽しみに。

 

 

 で、「あー、あの日の大阪も暑かったな〜」で、「特に朝からの甲子園がさ〜」「朝5時起きで行って何時間も並んだよな〜」「あの時に一緒になった名前も知らない優しい人達は元気かな〜」で、「それを思うと、すっかり秋よね〜」なんですけど、毎年この時期になるとVP RECORDSから発売される恒例の作品があるんですけど、今年は、と言うか、今回は少し変わるみたいです。

 

 

 #STB

 

 

 また色々と正式にアレしたらご報告・ご案内させて頂きます。お問い合わせ頂いてます店頭の皆さんにはスイマセン。ヨロシクお願いします。

 

 

 以上にします。

 

 

 

 また明日。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
違う話。

 

 火曜日。

 

 

 違う話。

 

 

 「読書の秋」ー。
 

 リットーミュージックさんから『THE ROCKSTEADY BOOK』が発売されています。OVERHEATの石井社長が作られた本です。先日にその発刊記念パーティーでゲットしました。

 

 

 

 

 スカとレゲエの間、わずか2〜3年の間に生まれたロックステディの楽曲は現在も愛され続けています。その楽曲やアーティストや背景とかを知るのに役立つガイド本だと思います。

 

 

 掲載されている楽曲が全て聴けるといいなぁ、と思います。廃盤のレコード/CDも多いですし、配信されていない曲も多いです。と言うか、60年代のロックステディの楽曲だけではなく、ジャマイカの音源の多くは廃盤と未配信だらけです。もったいないです。

 

 

 

 「読書の秋」ー。

 

 アルテス・パブリッシッングさんから『レゲエ入門』を頂きました。牧野直也さんの本です。以前に音楽之友社から発行されていた本が13年振りに再登場、ディスク・ガイドとか色々と追加して新版として発売されました。

 

 

 

 

 レゲエの歴史・成り立ちとかを知るには役立つ内容で、 一気に読める構成にもなっています。自分も初版当時のものは持っていますけど、改めて今回の新版を読み直してみたいと思います。

 

 

 

 「読書の秋」ー。

 

 『レゲエ入門』を発刊したアルテス・パブリッシッングさんからは『文化系のためのヒップホップ入門』第2弾も発刊されています。

 

 

 

 

 大ヒットした人気作の続編で、今回は2012〜2014年を、今回も長谷川町蔵さんと大和田俊之さんが対談形式で紹介してくれています。

 

 

 ヒップホップの音楽と言うか、それが登場・人気を獲得した背景・理由を教えてくれて、日本のコトにも色々と波及していて、単純に読み物としても面白いです。

 

 

 で、既にSNSとかでも色々と話題にもなっていて、今回もヒットしていますけど、既に第3弾、2015年〜現在の内容のモノも発売が決定しているそうです。

 

 

 「いいなー」です。

 

 

 ええ、こうした視点とか企画でレゲエの本が出るといいなー、です。

 

 

 いや、ただ、「このシリーズのレゲエ編を!!」と言うのではなくて、なんか「現在」のレゲエを紹介する内容の本が欲しいところです。

 

 

 良い意味で気楽に、楽しく、幅広くに伝わるような。「あー、聴いてみよ」となるような。あと、「あー、なるほど、そういうアレがあって人気になっているね」とか聴いている人達の理解につながるような。

 

 

 ええ、先日にも知り合いに「少しダンスホールをサボっていたら、現在に何を聴いて良いかわからなくなったよ」「誰がイケてるのか、どの曲・作品を聴いておくべきなのかとかさ」「あと、なんでそれが重要な作品とかなのかもさ」と言われて、「そうなるよね」とも。

 

 

 ちゃんと追っている仲間でも「どーしてRYGIN KINGは突然人気になっているんですか??」となるよね、とも。

 

 

 本、雑誌、サイトとか無いですし。

 

 

 ええ、「聴けばわかる」はそうなんですけど、「何を聴けばいいか」とか、「聴いてもわからんコト」もあるわけでして、そこをアレしないと広がらない、伝わらない、もったいない、なぁ、と。

 

 

 えー、アルテス・パブリッシッングさん他各出版社&編集者の皆さま、是非ご検討願います。

 

 


 てな感じです、今日は。

 

 

 ええ、ウチ関係のコトはナシにしました。

 

 

 ええ、ココ連日同じようなコトばかりになってましたし。

 

 

 ええ、皆さんもウンザリしていたと思いましたので。

 

 

 ええ、皆さんはとっくにESTELLEの新作も、BERES HAMMONDの新作も、CHRONIXXの7インチもゲットしているハズですし。

 

 

 ああ、スイマセン、一つだけ。

 

 

 お問い合わせを複数頂きましたので。

 

 

 

 

 通販。RTME。新作。HOODIE。DARK NAVY / GRAY。

 

 

 どちらも「サイズ切れ」が発生していますけど、どちらも追加生産の予定は「無=ナシ」とさせて頂くコトにしました。

 

 

 大変申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご了承願います。

 

 

 

 以上にします。

 

 

 また明日。

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

| 報告 | 14:48 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
ビックラ。

 

 月曜日。

 

 

 ビックラ。

 

 

 まっ、昨年の最下位を思うと、今シーズンを2位で終えたのもビックラでしたけど、ノーヒットノーラン喰らって終戦にはビックラ。

 

 

 相変わらず強いのか弱いのかわかりません。今夜の予定が変わったコトはわかりました。神宮球場はまた来年に。

 

 

 ああ、スイマセン、ヤクルトの話ではないです。

 

 

 土曜日にフロリダのVP RECORDSでBERES HAMMONDのイヴェントが実施されました。本人参加のサイン会です。その前日に新作『NEVER ENDING』が発売されたのを記念したイヴェントです。

 

 

 

 

 で、VP RECORDSのフロリダのスタッフはビックラしたそうです。午後からのイヴェントでしたけど、開店前から大量のファンが集結したそうです。

 

 

 

 

 まっ、VP RECORDSのフロリダ店は事務所と出荷センター&倉庫に隣接した店で、これまでもたくさんこうしたイヴェントを開催していますけど、これまでにないぐらいファンが集まったみたいです。

 

 

 で、BERES HAMMONDも訪れた人達に一人一人サイン&写真をしたそうですけど、大幅に予定時間を超えてイヴェントは実施されたそうです。

 

 

 

 

 まっ、それだけBERES HAMMONDが人気なのもありますけど、やはり久々の、6年振りの新作を待っていた人達が多かったみたいです。「そりゃそーだ」です。

 

 

 えー、で、何度もアレしていますけど、同様のイヴェントはUS現地の明後日17日にVP RECORDSのNY店でも実施予定です。

 

 

 

 

 現地に行く&居る人は是非。もしかしたら早めに行った方が良いかも。あと、BERES HAMMONDに会ったら「日本公演して」とお伝えください。コレも何度もアレしていますけど。ヨロシクお願いします。

 

 

 で、BERES HAMMOND『NEVER ENDING』ですけど、先週金曜日に国内でも配信開始、好発進、しています。ダウンロード、ストリーミング、どちらでも是非。

 

 

 あと、輸入盤CD商品ですけど、昨日にTOWER RECORDS渋谷店をパス・スルーしたらドーンと発売開始していました。

 

 

 

 

 「早っ」とビックラしつつ感謝しました。

 

 

 ココから他店にも順次入荷・発売開始となりますので是非ヨロシクお願いします。各店のサイト等を是非チェック&通販も有効利用ください。

 

 

 LP商品はUS10/19、今週金曜日が発売日ですけど、こちらも同様です。是非ヨロシクお願いします。

 

 

 BERES HAMMOND

 『NEVER ENDING』

 作品案内LINK

 

 

 ああ、あと、TOWER RECORDS渋谷店ではESTELLE『LOVERS ROCK』と並べてドーンと展開頂いていたコトにも感謝で「正解」。

 

 

 ESTELLE

 『LOVERS ROCK』

 作品案内LINK

 

 

 ええ、どちらも合わせて是非。大推薦。今秋にぴったり。あと、たまたまですけど、どちらも「オレンジ」な感じのアートワークもハロウィンっぽくてなんか旬なタイミング。

 

 

 ええ、今年のハロウィンで仮装される皆さんは、女子はESTELLE、野郎はBERES HAMMOMDのコスプレをしてください。その際は是非写真も送ってください。なんか考えます。笑いながら。

 

 

 えー、ホントは以下に長々と書きましたけど、全部削除。

 

 

 バッド・マインドは全部削除。

 

 

 今週もヨロシクお願いします。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんやかんや。

 

 金曜日。

 

 

 クドい

 

 

 のは知ってます。

 

 

 いきましょ、待ちに待った発売です。

 

 

 BERES HAMMOND

 『NEVER ENDING』

 作品案内LINK

 

 

 BERES HAMMOND、6年振りとなる待望の新作『NEVER ENDING』は本日10/12が正式発売日。

 

 

 本日より配信開始で、iTunesとかでもドーン。#ThankYu

 

 

 

 

 Spotifyでは収録曲「I’m Alive」が「New Music Friday」に選出。#ThankYu

 

 

 

 

 で、その「I’m Alive」OFFICIAL VIDEOが発売に合わせて公開に。

 

 

 「I'm Alive」

 OFFICIAL VIDEO

 LINK

 

 

 新作を制作したBERES HAMMONDのHARMONY HOUSE STUDIOで撮影。一緒に登場しているバンド&コーラス嬢は実際のBERESの専属バンドの人達。ギターの一人はいつもヘヴィメタ風。

 

 

 あと、JAH CURE / ROMAIN VIRGO / ALBOROSIE他、数多くのアーティスト達も登場しているので是非最後まで確認してみてください。

 

 

 あっ、そうそう、JAH CUREは昨日10/11が誕生日でした。インスタとか見ていたらクルーザーで海上パーティーしていました。

 

 

 

 

 と言うか、JAH CUREはインスタのストーリーをアップし過ぎです。でも、ちょいちょい登場する娘さんが可愛いです。でも、めちゃ甘やかされています。

 

 

 

 で、JAH CUREと言えばPOPCAANPADRINOをフィーチャーした新曲「Life Is Real」がUSでも人気上昇中。

 

 

 「Life Is Real」

 OFFICIAL LYRIC VIDEO

 LINK

 

 

 同曲は新作からの先行曲。先日も書きました通り、新作は現時点で来年の2月の発売を目指していますけど、予習はどんなに早くからやっておいてもOKなので是非チェックしておいて。

 

 

 で、戻って、BERES HAMMONDですけど、ジャマイカ時間の昨日11日の夜に新作のリスニング・パーティーを開催。本人は勿論、MARCIA GRIFFITHS / ROMAIN VIRGO / DONOVAN GERMAIN他も登場した様子。

 

 

 

 

 で、BERES HAMMONDはUS時間の明日13日にマイアミに飛んで、VP RECORDSのフロリダ店舗で発売記念のイヴェントを開催。

 

 

 

 

 で、同イヴェントは来週の17日にもVP RECORDSのNY店舗でも開催。

 

 

 

 

 もし、現地に行く&居るで行ける人は是非参加ください。BERESに「日本でショーして」と伝えるのも忘れずに。

 

 

 で、CD商品は日本に向けて出荷開始中、来週19日が正式発売日のLP商品も同様。TOWER RECORDS他各店のサイトで入荷・発売を確認してゲット頂ければ幸い。CDは配信と同様に14曲。LPは12曲。是非ヨロシクお願いします。

 

 

 

 

 

 次。

 

 

 「完売」

 

 

 

 

 CHRONIXXです。来月11日にロンドンで開催するショーのチケットが既に完売した様子。

 

 

 同ショーはCHRONIXXのマネジメントが主催・企画する自主公演。5月のNYに続く特別公演。

 

 

 で、NY公演は5000人キャパで完売しましたけど、今回のロンドン公演は10000人キャパとNYの倍。現地での人気の高さも理解できるところ。日本でも外タレの公演で10000人動員&完売は相当なレベル。CHRONIXXもUKでは外タレ。

 

 

 で、そのCHRONIXXの7インチ企画の「VOL.2」「VOL.3」を一昨日の10日、CHRONIXXの誕生日に発売開始したのも「クドい」ハズ。

 

 

 

 「VOL.2」LINK

 

 「VOL.3」LINK

 

 

 で、今回もウチからのリリースで日本からのリリースですけど、クドくなんやかんやしていたら、ココ数日の海外からの問い合わせがドーン、多過ぎて「うーむ」。

 

 

 まっ、製造枚数も限定ですので「どーしよ」ですけど、「ある段階で海外でも発売開始しよう」とは思っています。なので、「まだ大丈夫」は事実ですけど、「もしアレなら先にアレしておいて」も事実。追加製造等はしませんので。ウチの通販でも取り扱い中です。ヨロシクお願いします。

 

 

 24x7通販

 LINK

 

 

 あと、今回の発売に合わせて、「『VOL.1』はありますか??」のお問い合わせも多いのですけど、確かなのはHMV record shop渋谷店。ええ、自分も昨晩に確認してきましたので。

 

 

 

 

 「VOL.1」は同店の4周年記念作としてリリースされていますので、同店が一番確実。通販もあるハズ。

 

 

 「VOL.1」LINK

 

 

 あと、「VOL.2」「VOL.3」もその「VOL.1」をリリースしたコトでリリースできるコトにもなっていますので、もうまとめて同店でゲットしてください。

 

 

 

 

 で、新ネタとして、CHRONIXXの新曲、ではないんですけど、CHRONIXXがフィーチャーされた新曲が登場してるのでチェックしてみてください。USのラッパー、BERNERの曲にフィーチャーされています。

 

 

 BERNER

 「Meditation Feat. CHRONIXX」

 LINK

 

 

 

 と、今週は発売もありましたので、なんかCHRONIXXとBERES HAMMONDばっかでスイマセンでした。クドくてスイマセンでした。でも、どーかヨロシクです。

 

 

 えー、以上にします。

 

 

 また来週もヨロシクお願いします。

 

 

 良い週末を。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

| 報告 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
長いよー。

 

 木曜日。

 

 

 長いよー。

 

 

 いや、ココを長々と書くという意味ではないです。

 

 

 ええ、なんとなく、「検査しとくかー」と行ってみた病院の待ち時間が長過ぎました。

 

 

 「グアムとかならとっくに着いてるな」「今頃水着だろ」でした。

 

 

 てな感じで、予定が全て変わってしまいました。

 

 

 ココも長々と書く時間もなくなりました。

 

 

 皆さんにとっては良いコトなのかもしれません。

 

 

 えー、コレだけにします。

 

 

 明日10/12が正式発売日

 

 

 なので、今夜24時に配信開始

 

 

 BERES HAMMOND

 『NEVER ENDING』

 作品案内LINK

 

 

 6年振りの新作。間違いない作品。まるごとベレス。まずは聴いて。

 

 

 是非ヨロシクお願いします!!

 

 

 以上です。

 

 

 

 そんな感じ。ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 報告 | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |